抗てんかん薬

ラミクタール錠(ラモトリギン)の効果・特徴・副作用

更新日:

スポンサーリンク

ラミクタール錠(ラモトリギン)の効能・効果

ラミクタール錠(成分名:ラモトリギン)は、Naチャネルに作用するタイプの抗てんかん薬だ。

簡単に説明すると、ラミクタール錠(成分名:ラモトリギン)は「脳神経の過剰な興奮を抑え、けいれんや意識消失を抑える薬」ということである。

 

またラミクタール錠(成分名:ラモトリギン)には「抑えられない感情の高まりや行動を抑える作用」や「気分の落ち込みや憂鬱な気分を繰り返す双極性障害の再発や再燃を防ぐ作用」が認められている。

 

【ラミクタール錠の効能・効果】

1:てんかん患者の下記発作に対する単剤療法

《部分発作(二次性全般化発作を含む)、強直間代発作、定型欠神発作》

2:他の抗てんかん薬で十分な効果が認められないてんかん患者の下記発作に対する抗てんかん薬との併用療法

《部分発作(二次性全般化発作を含む)、強直間代発作Lennox-Gastaut症候群における全般発作》

3:双極性障害における気分エピソードの再発・再燃抑制

 

ラミクタール錠(ラモトリギン)の作用機序

てんかんとは、脳の病気の一種だ。

てんかんでは、脳の神経が過剰に興奮することにより「けいれん」「意識の消失」といった症状が引き起こされる。

 

脳神経の興奮には、3種類のイオンが関与している。

それが「Naイオン」、「Caイオン」、「Clイオン」だ。

 

NaイオンとCaイオンは興奮性のイオンで、細胞内に流入することにより、神経細胞を興奮させる。

一方Clイオンは抑制性のイオンで、細胞内に流入することにより、神経細胞の興奮を抑制する。

 

【イオンの特徴】

NaイオンとCaイオン→神経細胞を興奮

Clイオン→神経細胞の興奮を抑制

 

ここから分かることは、神経細胞の興奮を抑制させるNaイオンの流入をブロックすれば、脳神経が興奮しなくなるので、てんかんの症状を改善できるということだ。

 

Naイオンの流入に重要な役割を果たすのが「Naチャネル」である。

簡単に言ってしまうと、NaチャネルはNaイオンが細胞内へ流入するための「入り口」だ。

 

要するにNaチャネルをブロックしてしまえば、興奮性のNaイオンが細胞内へ流入しなくなるので、てんかんの症状を改善されるのである。

 

このような作用機序により、てんかんの症状を抑えるのがラミクタール錠(成分名:ラモトリギン)だ。

つまりラミクタール錠(成分名:ラモトリギン)は、Naチャネルをブロックすることにより、興奮性のイオンであるNaイオンの流入を減少させ、てんかんの症状を抑えるのである。

 

【ラミクタール錠の作用機序】

ステップ1:Naチャネルをブロック

ステップ2:細胞内へのNaイオンの流入が減少

ステップ3:抗てんかん作用を発揮

 

スポンサーリンク

ラミクタール錠(ラモトリギン)の特徴

ラミクタール錠(成分名:ラモトリギン)には、以下のような特徴がある。

てんかんに対して幅広く使える

てんかんには、実はさまざまな種類がある。

突然起こる全身性のけいれんである「強直間発作」や突然意識がなくなるが数秒で回復する「欠伸発作」、異常行動や意識障害を伴う部分発作がその代表例だ。

 

抗てんかん薬によっては、一部のてんかんに対してしか使えないことがある。

一方ラミクタール錠(成分名:ラモトリギン)は、治療対象の発作型が幅広い。

例えば、「部分発作(二次性全般化発作を含む)」や「強直間代発作」、「定型欠神発作」などに対して使用可能となっている。

 

てんかん発作の違いについては、以下の記事が詳しい。

>>> 【てんかん】「部分発作」と「全般発作」の違いとは?

 

チュアブル・ディスパーシブル錠

ラミクタール錠(成分名:ラモトリギン)は、「チュアブル・ディスパーシブル錠」である。

チュアブル・ディスパーシブル錠とは、水で服用する以外にも、錠剤を噛んで服用したり、水に溶かして服用できる薬のことを指す。

 

双極性障害における再発・再燃の防止に対しても使われる

ラミクタール錠(成分名:ラモトリギン)は、抗てんかん作用だけでなく、「双極性障害の再発・再燃の防止」に対しても使われる。

ただし明確な作用機序は分かっていない。

 

重大な副作用に「皮膚障害」

ラミクタール錠(成分名:ラモトリギン)には、重大な副作用として「皮膚粘膜眼症候群」や「中毒性表皮壊死融解症」などが報告されている。

主な症状としては、「発疹」や「38度以上の高熱」、「眼の充血」、「喉の痛み」、「口びるのただれ」、「まぶたの腫れ」などが挙げれる。

 

皮膚障害の副作用を防止する目的で、ラミクタール錠(成分名:ラモトリギン)は、少しずつ服用量を増やしていく。

通常は、2週間程度の間隔をあけて増量することが多いが、発作のコントロール状況によっては、2週間以上の間隔をあけてから増量することもある。

 

ラミクタール錠(ラモトリギン)の飲み方

ラミクタール錠(成分名:ラモトリギン)は、1日1回または2回に分けて服用するが、服用量に関しては「併用している薬」や「症状」、「体重(小児の場合)」によって大きく異なる。

そのため一般化して飲み方の説明をするのが難しいので、主治医から指示された通りに服用すること。

 

スポンサーリンク

ラミクタール錠(ラモトリギン)の飲み合わせ

ラミクタール錠(成分名:ラモトリギン)には、絶対に併用してはいけない併用禁忌となる薬はない。

 

【ラミクタール錠の併用禁忌薬】

なし

ラミクタール錠(ラモトリギン)の注意点

ラミクタール錠(成分名:ラモトリギン)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【ラミクタール錠を服用する際の注意点】

◆自己判断で服用を中止しない

理由:症状が悪化するおそれがあるため

 

◆車の運転を始めとする危険を伴う機械の操作は控える

理由:眠気や注意力、集中力の低下が起こる可能性があるため

 

◆皮膚に発疹や水ぶくれ、口の中や口びるにただれが現れたら相談する

理由:副作用のおそれがあるため

 

◆湿気を避けて保管する

理由:薬が湿気を吸収することにより、錠剤に斑点を生じることがあるため

 

スポンサーリンク

ラミクタール錠(ラモトリギン)の禁忌

以下に該当する人は、ラミクタール錠(成分名:ラモトリギン)を服用してはいけない。

 

【ラミクタール錠の禁忌】

◆ラミクタール錠の成分に対し過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が悪い可能性があるため

 

ラミクタール錠(ラモトリギン)の副作用

ラミクタール錠(成分名:ラモトリギン)の主な副作用としては「発疹」、「頭痛」、「めまい」、「胃腸障害」などが報告されている。

 

【ラミクタール錠の主な副作用】

◆発疹

◆頭痛

◆めまい

◆胃腸障害

 

またラミクタール錠(成分名:ラモトリギン)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【ラミクタール錠の重大な副作用】

◆中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群

症状:全身が赤くなる、皮膚のただれ、水ぶくれ、高熱、目が赤くなる、発疹など

 

◆薬剤性過敏症症候群

症状:発疹、発熱など

 

再生不良性貧血汎血球減少無顆粒球症

症状:皮膚が青白い、疲労感、同期、疲れやすい、喉の痛み、発熱など

 

◆肝炎、肝機能障害および黄疸

症状:体がだるい、吐き気、食欲不振、皮膚・白目が黄色くなる等

 

無菌性髄膜炎

症状:発熱、頭痛、吐き気、嘔吐、意識の混濁など

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること

 

ラミクタール錠(ラモトリギン)を飲み忘れたら

ラミクタール錠(成分名:ラモトリギン)を飲み忘れたら、気づいた時に忘れた分の薬を服用する。

ただし次の服用時間に近い場合は、飲み忘れに気づいても服用しなくて良い。

絶対に2回分の量を1度に服用してはいけない。

>>> 他の抗てんかん薬をチェックする


おすすめの薬剤師転職サイトはこちら!

自分に合った転職サイトを使うのが転職成功への第一歩!

オススメの転職サイトをチェックしよう!



RELATED

-抗てんかん薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.