抗てんかん薬

ビムパット錠(ラコサミド)の効果・特徴・副作用

投稿日:

スポンサーリンク

ビムパット錠(ラコサミド)の効能・効果

ビムパット錠(成分名:ラコサミド)は、Naチャネル阻害薬に属する抗てんかん薬だ。

簡単に説明すると、ビムパット錠(成分名:ラコサミド)は「脳神経の過剰な興奮を抑え、けいれんや意識消失を抑える薬」ということである。

 

【ビムパット錠の効能・効果】

1:他の抗てんかん薬で十分な効果が認められないてんかん患者の部分発作(二次性全般化発作を含む)に対する抗てんかん薬との併用療法

 

ビムパット錠(ラコサミド)の作用機序

てんかんとは、脳の病気の一種だ。

てんかんでは、脳の神経が過剰に興奮することにより「けいれん」「意識の消失」といった症状が引き起こされる。

 

脳神経の興奮には、3種類のイオンが関与している。

それが「Naイオン」、「Caイオン」、「Clイオン」だ。

 

NaイオンとCaイオンは興奮性のイオンで、細胞内に流入することにより、神経細胞を興奮させる。

一方Clイオンは抑制性のイオンで、細胞内に流入することにより、神経細胞の興奮を抑制する。

 

【イオンの特徴】

NaイオンとCaイオン→神経細胞を興奮

Clイオン→神経細胞の興奮を抑制

 

ここから分かることは、神経細胞を興奮させるNaイオンが流入しないようにすれば、脳神経が興奮しなくなるので、てんかんの症状を改善できるということだ。

 

Naイオンの流入に大きな役割を果たしているのが「Naチャネル」である。

Naチャネルとは、簡単に言ってしまうとNaイオンの通り道で、Naチャネルを通してNaイオンが細胞内へ流入する。

 

そのため、イオンの通り道であるNaチャネルを塞いでしまえば、Naイオンが細胞内へ流入しなくなるので、てんかん発作の誘発を抑制できる。

 

Naチャネルの働きを阻害する方法は、大きく分けて2つある。

それが「急速な不活性化」「緩徐な不活性化」だ。

 

急速な不活性化では、Naチャネルの働きが不活性化している時間は一瞬(数ミリ秒)だ。

つまりNaチャネルが不活性化してもすぐにチャネルが開くので、再び脳神経の興奮が起こる。

従来のNaチャネル阻害薬は、「急速な不活性化」を促進するタイプの薬である。

 

一方、緩徐な不活化では、Naチャネルの働きが不活性化している時間が長い。(数秒以上)

当然のことだが、不活性化している時間が長いほどチャネルが開くまでに時間がかかるので、脳神経が興奮しない時間も長くなる。

ビムパット錠(成分名:ラコサミド)は、「緩徐な不活性化」を促進するタイプの薬だ。

 

このような作用機序により、神経細胞の興奮を抑えるのがビムパット錠(成分名:ラコサミド)だ。

つまりビムパット錠(成分名:ラコサミド)は、緩徐な不活性化を促進し、イオンの通り道であるNaチャネルを阻害することにより、抗てんかん作用を示すのである。

 

【ビムパット錠の作用機序】

ステップ1:緩徐な不活性化を促進

ステップ2:Naチャネルの不活性化

ステップ3:Naイオンが細胞内へ流入できなくなる

ステップ4:抗てんかん作用を発揮

 

スポンサーリンク

ビムパット錠(ラコサミド)の特徴

ビムパット錠(成分名:ラコサミド)には、以下のような特徴がある。

新しい作用機序のNaチャネル阻害薬

ビムパット錠(成分名:ラコサミド)は、従来のNaチャネル阻害薬とは異なる作用機序でNaチャネルを阻害する。

 

従来のNaチャネル阻害薬は「急速な不活性化」を促進する薬であるのに対し、ビムパット錠(成分名:ラコサミド)は「緩徐な不活性化」を促す。

再びNaチャネルが開くまでの時間が長いので、神経細胞の興奮抑制作用が強い。

 

薬物相互作用が起こりにくい

ビムパット錠(成分名:ラコサミド)は、薬物相互作用の起こりにくい薬だ。

なぜかというと、ビムパット錠(成分名:ラコサミド)が体から消失する過程では、「腎排泄」と「肝代謝」が関与するためである。

そのため薬の説明書(添付文書)には、併用禁忌や併用注意役の記載がない。

 

ビムパット錠(ラコサミド)の飲み方

通常、ビムパット錠(成分名:ラコサミド)は、以下の量を服用する。

 

【ビムパット錠の用法・用量】

1日100mgより服用を開始し、その後は1週間以上の間隔をあけて増量する。

標準的なを1日の服用量は200mgとなっている。

いずれの場合も、1日2回に分けて服用する。

 

なお、症状により1日400mgを超えない範囲で適宜増減するが、増量は1週間以上の間隔をあけ、1日用量として100mg以下ずつ行わなければならない。

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

ビムパット錠(ラコサミド)の飲み合わせ

ビムパット錠(成分名:ラコサミド)には、絶対に一緒に服用してはいけない併用禁忌となる薬はない。

 

【ビムパット錠の併用禁忌薬】

なし

[ad#ad-up]

ビムパット錠(ラコサミド)の注意点

ビムパット錠(成分名:ラコサミド)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【ビムパット錠を服用する際の注意点】

◆自己判断で服用を中止しない

理由:症状が悪化するおそれがあるため

 

◆車の運転を始めとする危険を伴う機械の操作は控える

理由:眠気や注意力、集中力の低下が起こる可能性があるため

 

スポンサーリンク

ビムパット錠(ラコサミド)の禁忌

以下に該当する人は、ビムパット錠(成分名:ラコサミド)を服用してはいけない。

 

【ビムパット錠の禁忌】

◆ビムパット錠の成分に対し過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が良くない可能性があるため

 

◆重度の肝機能障害のある人

理由:使用経験がなく、ビムパット錠の血中濃度が上昇するおそれがあるため

 

ビムパット錠(ラコサミド)の副作用

ビムパット錠(成分名:ラコサミド)の主な副作用としては「フワフワする感覚のめまい」、「ウトウトする」、「頭痛」、「嘔吐」、「吐き気」などが報告されている。

 

【ビムパット錠の主な副作用】

◆フワフワする感覚のめまい

◆ウトウトする

◆頭痛

◆嘔吐

◆吐き気

 

またビムパット錠(成分名:ラコサミド)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【ビムパット錠の重大な副作用】

房室ブロック、徐脈、失神

症状:めまい、脈が遅くなる、気を失うなど

 

◆中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群

症状:高熱、発疹・発赤、水ぶくれ、目が赤くなる、皮膚のただれなど

 

◆薬剤性過敏症症候群

症状:発疹、発熱など

 

◆無顆粒球症

症状:発熱、喉の痛みなど

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること

 

ビムパット錠(ラコサミド)を飲み忘れたら

ビムパット錠(成分名:ラコサミド)を飲み忘れたら、気づいた時に忘れた分の薬を服用する。

ただし次の服用時間に近い場合は、飲み忘れに気づいても服用しなくて良い。

絶対に2回分の量を1度に服用してはいけない。

>>> 他の抗てんかん薬をチェックする

RELATED

-抗てんかん薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.