抗てんかん薬

イーケプラ錠(レベチラセタム)の効果・特徴・副作用

投稿日:

スポンサーリンク

イーケプラ錠(レベチラセタム)の効能・効果

イーケプラ錠(成分名:レベチラセタム)は、SV2Aに作用する抗てんかん薬だ。

簡単に説明すると、イーケプラ錠(成分名:レベチラセタム)は「脳神経の過剰な興奮を抑え、けいれんや意識消失を抑える薬」ということである。

 

【イーケプラ錠の効能・効果】

1:てんかん患者の部分発作(二次性全般化発作を含む)

2:他の抗てんかん薬で十分な効果が認められないてんかん患者の強直間代発作に対する抗てんかん薬との併用療法

 

イーケプラ錠(レベチラセタム)の作用機序

てんかんとは、脳の病気の一種だ。

てんかんでは、脳の神経が過剰に興奮することにより「けいれん」「意識の消失」といった症状が引き起こされる。

 

脳神経の興奮を制御する役割を果たすのが「SV2A(神経終末のシナプス小胞2A)」だ。

神経伝達物質によって、脳神経の興奮は引き起こされている。

この神経伝達物質の放出を「SV2A」がコントロールするのである。

 

ここから分かることは、神経伝達物質の放出を適切に調整できれば、脳神経の異常な興奮を抑制できるということだ。

 

このような作用機序により、抗てんかん作用を示すのが、イーケプラ錠(成分名:レベチラセタム)である。

つまりイーケプラ錠(成分名:レベチラセタム)は、SV2Aに結合して神経伝達物質の放出をコントロールすることによって、てんかんによる「けいれん」や「意識消失」といった症状を抑えるのだ。

 

スポンサーリンク

イーケプラ錠(レベチラセタム)の特徴

イーケプラ錠(成分名:レベチラセタム)には、以下のような特徴がある。

SV2Aに結合して抗てんかん作用を示す

イーケプラ錠(成分名:レベチラセタム)は、神経伝達物質の放出を制御するSV2Aに結合することにより、抗てんかん作用を示す。

他の抗てんかん薬とは全く異なる作用機序であるため、イーケプラ錠(成分名:レベチラセタム)の登場により治療の幅が広がった。

 

N型Ca2+チャネル遮断・細胞内Ca2+遊離抑制作用をもつ

イーケプラ錠(成分名:レベチラセタム)は、SV2A受容体への作用だけでなく「N型Ca2+チャネル遮断作用」と「細胞内Ca2+遊離抑制作用」をもつ。

 

神経の興奮にはイオンが関わっている。

その中でもCa2+は、神経を興奮させるタイプのイオンである。

つまりCa2+によって神経が興奮すると、てんかん発作が現れやすくなるのだ。

 

神経細胞の異常な興奮によって、てんかん発作が現れるのだから「N型Ca2+チャネル遮断作用」と「細胞内Ca2+遊離抑制作用」によりCa2+の働きをコントロールできれば、てんかん発作を抑制できることが分かる。

 

つまりイーケプラ錠(成分名:レベチラセタム)は、SV2A受容体への作用に加えて「N型Ca2+チャネル遮断作用」と「細胞内Ca2+遊離抑制作用」によって、抗てんかん作用を発揮するのである。

 

薬物相互作用が少ない

イーケプラ錠(成分名:レベチラセタム)は、薬物相互作用が少ない薬である。

これはイーケプラ錠(成分名:レベチラセタム)の代謝にCYPが関与しないためだ。

 

CYPは薬の代謝に関与する物質で、CYPの働きに影響を与える薬は、薬物相互作用を引き起こしやすい。

しかしイーケプラ錠(成分名:レベチラセタム)は「アセトアミド基の酵素的加水分解」によって代謝されるため、飲み合わせの心配が少ない。

 

部分発作に対して使われることが多い

てんかんの治療薬は、発作型によって使い分ける。

イーケプラ錠(成分名:レベチラセタム)は、てんかんの中でも「部分発作」に使われることが多い。

>>> 【てんかん】「部分発作」と「全般発作」の違いとは?

 

2010年の発売当時は、部分発作に対して他の抗てんかん薬と併用して使われていたが、2015年からはイーケプラ錠(成分名:レベチラセタム)単独で部分発作に対して使えるようになった。

 

そして2016年からは、強直間代発作に対して、他の抗てんかん薬と併用して使うことが認められたため、幅広い使い方ができるようになってきた。

 

イーケプラ錠(レベチラセタム)の飲み方

通常、イーケプラ錠(成分名:レベチラセタム)は、以下の量を服用する。

 

【イーケプラ錠の用法・用量】

1日の服用量:1000mg

1日の服用回数:2回

1日の最大服用量:3000mg

 

*増量は2週間以上の間隔をあけて1日用量として1000mg以下ずつ行わなければならない

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

イーケプラ錠(レベチラセタム)の飲み合わせ

イーケプラ錠(成分名:レベチラセタム)には、絶対に一緒に服用してはいけない併用禁忌となる薬はない。

 

【イーケプラ錠の併用禁忌薬】

なし

 

イーケプラ錠(レベチラセタム)の注意点

イーケプラ錠(成分名:レベチラセタム)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【イーケプラ錠を服用する際の注意点】

◆自己判断で服用を中止しない

理由:症状が悪化するおそれがあるため

 

◆車の運転を始めとする危険を伴う機械の操作は控える

理由:眠気や注意力、集中力の低下が起こる可能性があるため

 

スポンサーリンク

イーケプラ錠(レベチラセタム)の禁忌

以下に該当する人は、イーケプラ錠(成分名:レベチラセタム)を服用してはいけない。

 

【イーケプラ錠の禁忌】

◆イーケプラ錠の成分またはピロリドン誘導体に対し過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が良くない可能性があるため

 

イーケプラ錠(レベチラセタム)の副作用

イーケプラ錠(成分名:レベチラセタム)の主な副作用としては「ウトウトする」、「鼻づまり」、「喉の痛み」、「頭痛」、「フワフワする感覚のめまい」、「下痢」、「便秘」などが報告されている。

 

【イーケプラ錠の主な副作用】

◆ウトウトする

◆鼻づまり

◆喉の痛み

◆頭痛

◆フワフワする感覚のめまい

◆下痢

◆便秘

 

またイーケプラ錠(成分名:レベチラセタム)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【イーケプラ錠の重大な副作用】

◆中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群

症状:全身が赤くなる、皮膚のただれ、水ぶくれ、高熱、目が赤くなる、発疹など

 

薬剤性過敏症症候群

症状:発疹、発熱など

 

重篤な血液障害

症状:顔色が悪い、動悸、息切れ、疲れやすい、発熱、喉の痛み、出血しやすい、青あざができやすいなど

 

◆肝不全、肝炎

症状:体がだるい、発熱、疲れやすい、皮膚・白目が黄色くなるなど

 

◆膵炎

症状:重度の腹痛、吐き気、嘔吐など

 

◆攻撃性、自殺企図

症状:すぐ不機嫌になる、怒りっぽくなる、不安感がある、自殺しようとするなど

 

◆横紋筋融解症

症状:筋肉の痛み、力が入りにくい、手足のしびれ、赤みがかった尿など

 

◆急性腎不全

症状:むくみ、尿量の減少、吐き気、頭痛、貧血、食欲不振、喉が渇くなど

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること

 

イーケプラ錠(レベチラセタム)を飲み忘れたら

イーケプラ錠(成分名:レベチラセタム)を飲み忘れたら、気づいた時にすぐ服用する。

ただし次の服用時間が近い場合は、忘れた分の薬は服用しなくて良い。

絶対に2回分の量を1度に服用してはいけない。

>>> 他の抗てんかん薬をチェックする

RELATED

-抗てんかん薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.