抗てんかん薬

リボトリール・ランドセン錠の効果・特徴・副作用

更新日:

スポンサーリンク

リボトリール・ランドセン錠の効能・効果

リボトリール・ランドセン錠(成分名:クロナゼパム)は、ベンゾジアゼピン系に属する抗てんかん薬だ。

簡単に説明すると、リボトリール・ランドセン錠(成分名:クロナゼパム)は「脳神経の過剰な興奮を抑え、けいれんや意識消失を抑える薬」ということである。

 

【リボトリール・ランドセン錠の効能・効果】

1:小型(運動)発作[ミオクロニー発作、失立(無動)発作、点頭てんかん(幼児けい縮発作、BNSけいれん等)]

2:精神運動発作

3:自律神経発作

 

リボトリール・ランドセン錠の作用機序

てんかんとは、脳の病気の一種だ。

てんかんでは、脳の神経が過剰に興奮することにより「けいれん」「意識の消失」といった症状が引き起こされる。

 

脳神経の興奮には、3種類のイオンが関与している。

それが「Naイオン」、「Caイオン」、「Clイオン」だ。

 

NaイオンとCaイオンは興奮性のイオンで、細胞内に流入することにより、神経細胞を興奮させる。

一方Clイオンは抑制性のイオンで、細胞内に流入することにより、神経細胞の興奮を抑制する。

 

【イオンの特徴】

NaイオンとCaイオン→神経細胞を興奮

Clイオン→神経細胞の興奮を抑制

 

ここから分かることは、神経細胞の興奮を抑制させるClイオンの流入を促せば、脳神経が興奮しなくなるので、てんかんの症状を改善できるということだ。

 

Clイオンの流入に重要な役割を果たすのが「ベンゾジアゼピン受容体」である。

具体的に言うと、ベンゾジアゼピン受容体が刺激されることにより、Clイオンの流入が促進され、過度な神経興奮を抑えられるのだ。

 

このような作用機序により、てんかんの症状を改善するのがリボトリール・ランドセン錠(成分名:クロナゼパム)だ。

 

抗てんかん ベンゾジアゼピン

 

つまりリボトリール・ランドセン錠(成分名:クロナゼパム)は、ベンゾジアゼピン受容体を刺激し、Clイオンの流入を促すことにより過度な神経の興奮を抑え、てんかんの症状を改善するのである。

 

スポンサーリンク

リボトリール・ランドセン錠の特徴

リボトリール・ランドセン錠(成分名:クロナゼパム)には、以下のような特徴がある。

てんかんに対して幅広く使える

てんかんには、実はさまざまな種類がある。

突然起こる全身性のけいれんである「強直間発作」や突然意識がなくなるが数秒で回復する「欠伸発作」、異常行動や意識障害を伴う部分発作がその代表例だ。

 

抗てんかん薬によっては、一部のてんかんに対してしか使えないことがある。

しかしリボトリール・ランドセン錠(成分名:クロナゼパム)は、多くのてんかんに対して使うことが可能となっている。

 

てんかん発作の違いについては、以下の記事が詳しい。

>>> 【てんかん】「部分発作」と「全般発作」の違いとは?

 

粉薬タイプも販売されている

リボトリール・ランドセン(成分名:クロナゼパム)は、錠剤タイプの他に、粉薬タイプも販売されている。

そのため症状やライフスタイルに合わせて、剤形の選択が可能となっている。

 

急性隅角緑内障の人は使用できない

リボトリール・ランドセン錠(成分名:クロナゼパム)は、急性隅角緑内障の人には使用できない。

これはリボトリール・ランドセン錠(成分名:クロナゼパム)の抗コリン作用により、眼圧を上昇させるおそれがあるためである。

 

重症筋無力症に禁忌

リボトリール・ランドセン錠(成分名:クロナゼパム)は、重症筋無力症の人には使用できない。

重症筋無力症とは、全身の筋力が減り疲れやすくなってしまう病気だ。

病気が進行すると、食べ物を飲み込むことや呼吸するのも難しくなる。

 

リボトリール・ランドセン錠(成分名:クロナゼパム)は、神経の興奮を抑えるClイオンを流入させる作用を持つ。

実はこの作用により筋肉の収縮が抑制され、重症筋無力症をさらに悪化させる可能性があるのだ。

 

このような理由により、リボトリール・ランドセン錠(成分名:クロナゼパム)は、重症筋無力症の人に対して禁忌となっている。

 

リボトリール・ランドセン錠の飲み方

通常、リボトリール・ランドセン錠(成分名:クロナゼパム)は、以下の量を服用する。

 

【リボトリール・ランドセン錠の用法・用量】

成人、小児は1日0.5~1mg、1~3回に分けて服用を開始する。

その後は症状に応じて、適度な効果を得られるまで徐々に増量する。

標準的な1日の服用量は、1日2~6mg、1~3回の分割服用となっている。

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

リボトリール・ランドセン錠の飲み合わせ

リボトリール・ランドセン錠(成分名:クロナゼパム)には、絶対に一緒に服用してはいけない併用禁忌となる薬はない。

 

【リボトリール・ランドセン錠の併用禁忌薬】

なし

[ad#ad-up]

リボトリール・ランドセン錠の注意点

リボトリール・ランドセン錠(成分名:クロナゼパム)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【リボトリール・ランドセン錠を服用する際の注意点】

◆自己判断で服用を中止しない

理由:症状が悪化するおそれがあるため

 

◆車の運転を始めとする危険を伴う機械の操作は控える

理由:眠気や注意力、集中力の低下が起こる可能性があるため

 

◆アルコールは控える

理由:作用が過度に強くなるおそれがあるため

 

スポンサーリンク

リボトリール・ランドセン錠の禁忌

以下に該当する人は、リボトリール・ランドセン錠(成分名:クロナゼパム)を服用してはいけない。

 

【リボトリール・ランドセン錠の禁忌】

◆リボトリール・ランドセン錠に対し過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が悪い可能性があるため

 

◆急性狭隅角緑内障のの人

理由:症状が悪化するおそれがあるため

 

◆重症筋無力症の人

理由:症状が悪化するおそれがあるため

 

リボトリール・ランドセン錠の副作用

リボトリール・ランドセン錠(成分名:クロナゼパム)の主な副作用としては「眠気」「ふらつき」「呼吸時にゼーゼーする」などが報告されている。

 

【リボトリール・ランドセン錠の主な副作用】

◆眠気

◆ふらつき

◆呼吸時にゼーゼーする(喘鳴)

 

またリボトリール・ランドセン錠(成分名:クロナゼパム)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【リボトリール・ランドセン錠の重大な副作用】

◆依存性

症状:気分が高揚するなど

 

◆呼吸抑制、睡眠中の多呼吸発作

症状:呼吸の回数が減少する、必要以上に呼吸をするなど

 

刺激興奮、錯乱など

症状:感情が高ぶる、考えがまとまらないなど

 

肝機能障害、黄疸

症状:皮膚・白目が黄色くなる、吐き気、食欲の低下、体がだるい、吐き気など

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること

 

リボトリール・ランドセン錠を飲み忘れたら

リボトリール・ランドセン錠(成分名:クロナゼパム)を飲み忘れたら、気づいた時に忘れた分の薬を服用する。

ただし次の服用時間に近い場合は(4時間以内)、飲み忘れに気づいても服用しなくて良い。

絶対に2回分の量を1度に服用してはいけない。

>>> 他の抗てんかん薬をチェックする


おすすめの薬剤師転職サイトはこちら!

自分に合った転職サイトを使うのが転職成功への第一歩!

オススメの転職サイトをチェックしよう!



RELATED

-抗てんかん薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.