抗てんかん薬

テグレトール錠(カルバマゼピン)の効果・特徴・副作用

更新日:

スポンサーリンク

テグレトール錠(カルバマゼピン)の効能・効果

テグレトール錠(成分名:カルバマゼピン)は、Naチャネル阻害薬に属する抗てんかん薬だ。

簡単に説明すると、テグレトール錠(成分名:カルバマゼピン)は「脳神経の過剰な興奮を抑え、けいれんや意識消失を抑える薬」ということである。

 

またテグレトール錠(成分名:カルバマゼピン)には「抑えられない感情の高まりや行動を抑える作用」や「顔面などの感覚に関与する三叉神経痛を抑える作用」が認められている。

 

【テグレトール錠の効能・効果】

1.精神運動発作、てんかん性格及びてんかんに伴う精神障害、てんかんの痙攣発作:強直間代発作(全般痙攣発作、大発作)》

2.躁病、躁うつ病の躁状態、統合失調症の興奮状態

3.三叉神経痛

 

テグレトール錠(カルバマゼピン)の作用機序

てんかんとは、脳の病気の一種だ。

てんかんでは、脳の神経が過剰に興奮することにより「けいれん」「意識の消失」といった症状が引き起こされる。

 

脳神経の興奮には、3種類のイオンが関与している。

それが「Naイオン」、「Caイオン」、「Clイオン」だ。

 

NaイオンとCaイオンは興奮性のイオンで、細胞内に流入することにより、神経細胞を興奮させる。

一方Clイオンは抑制性のイオンで、細胞内に流入することにより、神経細胞の興奮を抑制する。

 

【イオンの特徴】

NaイオンとCaイオン→神経細胞を興奮

Clイオン→神経細胞の興奮を抑制

 

ここから分かることは、神経細胞を興奮させるNaイオンが流入しないようにすれば、脳神経が興奮しなくなるので、てんかんの症状を改善できるということだ。

 

Naイオンの流入に大きな役割を果たしているのが「Naチャネル」である。

Naチャネルとは、簡単に言ってしまうとNaイオンの通り道で、Naチャネルを通してNaイオンが細胞内へ流入する。

 

そのため、イオンの通り道であるNaチャネルを塞いでしまえば、Naイオンが細胞内へ流入しなくなるので、てんかん発作の誘発を抑制できる。

 

このような作用機序により、神経細胞の興奮を抑えるのがテグレトール錠(成分名:カルバマゼピン)だ。

つまりテグレトール錠(成分名:カルバマゼピン)は、イオンの通り道であるNaチャネルを阻害することにより、神経の過剰な興奮を抑え、抗てんかん作用を示すのである。

 

【テグレトール錠の作用機序】

ステップ1:Naチャネルを阻害

ステップ2:Naイオンが細胞内へ流入できなくなる

ステップ3:抗てんかん作用を発揮

 

スポンサーリンク

テグレトール錠(カルバマゼピン)の特徴

テグレトール錠(成分名:カルバマゼピン)には、以下のような特徴がある。

部分発作に対して使われることが多い

てんかんは、脳の神経のどこが興奮しているかによって、2つに分類できる。

それが「全般発作」と「部分発作」だ。

その中でもテグレトール錠(成分名:カルバマゼピン)は、部分発作に対して使われることが多い。

 

てんかん発作の違いについては、以下の記事が詳しい。

>>> 【てんかん】「部分発作」と「全般発作」の違いとは?

 

欠神発作・ミオクロニー発作に対して無効

テグレトール錠(成分名:カルバマゼピン)は、部分発作や全般強直間代発作に対しては有効だが、欠神発作やミオクロニー発作には無効となっている。

 

*全般強直間代発作:意識の消失を伴う全身のけいれんが特徴の発作

*部分発作:身体の一部にけいれんがみられる(意識が消失する場合としない場合がある)

*欠神発作:突然意識がなくなり、少しのあいだ体の動きが止まる

*ミオクロニー発作:全身または手足のの筋肉が一瞬ピクッと収縮する発作

 

躁病に対して使われる

テグレトール錠(成分名:カルバマゼピン)は、躁病に対して使われることがある。

躁病では「じっとしていられない」、「注意力の低下」、「いつもよりお喋りになる」といった症状がみられる。

テグレトール錠(成分名:カルバマゼピン)には、精神を落ち着かせることにより、これらの症状を抑える作用がある。

 

三叉神経痛を抑える作用がある

テグレトール錠(成分名:カルバマゼピン)には、三叉神経痛を抑える作用がある。

三叉神経痛とは簡単に言ってしまうと、顔面など生じる突発的な痛みである。

 

テグレトール錠(成分名:カルバマゼピン)は、神経の興奮を抑える薬だ。

神経の興奮が抑えられた結果、痛みが伝わらなくなるのである。

 

テグレトール錠(カルバマゼピン)の飲み方

通常、テグレトール錠(成分名:カルバマゼピン)は、以下の量を服用する。

 

【テグレトール錠の用法・用量】

▼精神運動発作、てんかん性格及びてんかんに伴う精神障害、てんかんの痙攣発作:強直間代発作(全般痙攣発作、大発作)

1日200~400mg、1~2回の分割服用から開始する。

その後は、適切な効果を得られるまで、少しずつ増量する。

 

標準的な1日の服用量は600mgとなっている。

症状により1日1,200mgまで増量することができる。

 

▼躁病、躁うつ病の躁状態、統合失調症の興奮状態

1日200~400mg、1~2回の分割服用から開始する。

その後は、適切な効果を得られるまで、少しずつ増量する。

 

標準的な1日の服用量は600mgとなっている。

症状により1日1,200mgまで増量することができる。

 

▼三叉神経痛

1日200~400mgの服用から開始し、通常1日600mgまでを分割して服用する。

症状により1日800mgまで増量することができる。

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

テグレトール錠(カルバマゼピン)の飲み合わせ

テグレトール錠(成分名:カルバマゼピン)と以下に該当する薬は、飲み合わせが悪い。

そのため、一緒に服用することはできない。

 

【テグレトール錠の併用禁忌薬】

◆ボリコナゾール(商品名:ブイフェンド)

◆タダラフィル(商品名:アドシルカ)

◆リルピビリン(商品名:エジュラント)

理由:上記薬剤の血中濃度が減少し、作用が減弱するおそれがあるため

テグレトール錠(カルバマゼピン)の注意点

テグレトール錠(成分名:カルバマゼピン)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【テグレトール錠を服用する際の注意点】

◆自己判断で服用を中止しない

理由:症状が悪化するおそれがあるため

 

◆車の運転を始めとする危険を伴う機械の操作は控える

理由:眠気や注意力、集中力の低下が起こる可能性があるため

 

◆アルコールは控える

理由:作用が過度に強くなるおそれがあるため

 

◆セイヨウオトギリソウを含む食品は控える

理由:薬の作用が弱まる可能性があるため

 

◆グレープフルーツジュースは控える

理由:薬の作用が過度に増強されるおそれがあるため

 

スポンサーリンク

テグレトール錠(カルバマゼピン)の禁忌

以下に該当する人は、テグレトール錠(成分名:カルバマゼピン)を服用してはいけない。

 

【テグレトール錠の禁忌】

テグレトール錠の成分または三環系抗うつ剤に対し過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が良くない可能性があるため

 

◆重篤な血液障害のある人

理由:血液の異常を更に悪化させるおそれがあるため

 

◆第II度以上の房室ブロック、高度の徐脈(50拍/分未満)のある人

理由:更に高度の房室ブロックを起こすことがあるため

 

◆ボリコナゾール(商品名:ブイフェンド)、タダラフィル(商品名:アドシルカ)、リルピビリン(商品名:エジュラント)を投与中の人

理由:飲み合わせが悪いため

 

◆ポルフィリン症の人

理由:症状が悪化するおそれがあるため

 

テグレトール錠(カルバマゼピン)の副作用

テグレトール錠(成分名:カルバマゼピン)の主な副作用としては「眠気」「めまい」「ふらつき」「体がだるい」「疲れやすい」「脱力感」「頭痛」「立ちくらみ」「口の渇き」などが報告されている。

 

【テグレトール錠の主な副作用】

◆眠気

◆めまい

◆ふらつき

◆体がだるい

◆疲れやすい

◆脱力感

◆頭痛

◆立ちくらみ

◆口の渇き

 

またテグレトール錠(成分名:カルバマゼピン)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【テグレトール錠の重大な副作用】

◆再生不良性貧血、汎血球減少、白血球減少、無顆粒球症、貧血、溶血性貧血、赤芽球癆、血小板減少

症状:疲労感、動悸、息切れ、発熱、喉の痛み、顔色が悪い、頭痛、青あざができやすい、出血しやすい等

 

◆中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、急性汎発性発疹性膿疱症、紅皮症(剥脱性皮膚炎)

症状:高熱、発疹・発赤、水ぶくれ、目が赤くなる、皮膚のただれ、赤い斑点、白っぽいブツブツができる、皮膚の剥がれ落ちるなど

 

◆SLE様症状

症状:発熱、皮膚が赤くなる、筋肉痛、関節炎、多発性関節痛、胸部痛、心膜炎、胸水など

 

◆過敏症症候群

症状:発疹、発熱など

 

◆肝機能障害、黄疸

症状:体がだるい、吐き気、食欲不振、皮膚・白目が黄色くなる等

 

◆急性腎不全(間質性腎炎等)

症状:尿が出ない、むくみ、体がだるい、発熱、発疹、呼吸困難、疲労感、食欲不振、吐き気など

 

◆PIE症候群、間質性肺炎

症状:発熱、咳、呼吸困難、痰がでやすくなる、肺音の異常など

 

◆血栓塞栓症

症状:胸の痛み、息切れ、呼吸が苦しい、痺れ、痛み、熱感、皮膚の発赤・黒ずみなど

 

◆アナフィラキシー

症状:呼吸困難、痙攣、血管浮腫、蕁麻疹など

 

◆うっ血性心不全、房室ブロック、洞機能不全、徐脈

症状:息切れ、疲れやすい、呼吸困難、むくみ、食欲の低下症状、めまい、脈が遅くなるなど

 

◆抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)

症状:尿量の増加、尿が漏れてしまう、嘔吐、頭痛、けいれん、意識障害など

 

◆無菌性髄膜炎

症状:発熱、頭痛、吐き気、嘔吐、意識の混濁など

 

◆悪性症候群

症状:高熱、発汗、頻脈、血圧の変動、意識障害など

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること

 

テグレトール錠(カルバマゼピン)を飲み忘れたら

テグレトール錠(成分名:カルバマゼピン)を飲み忘れたら、気づいた時に忘れた分の薬を服用する。

ただし次の服用時間に近い場合は、飲み忘れに気づいても服用しなくて良い。

絶対に2回分の量を1度に服用してはいけない。

>>> 他の抗てんかん薬をチェックする


おすすめの薬剤師転職サイトはこちら!

自分に合った転職サイトを使うのが転職成功への第一歩!

オススメの転職サイトをチェックしよう!



RELATED

-抗てんかん薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.