抗うつ薬

リフレックス・レメロン錠の効果・特徴・副作用

投稿日:

スポンサーリンク

リフレックス・レメロン錠の効能・効果

リフレックス・レメロン錠(成分名:ミルタザピン)は、ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬(NaSSA)に分類される抗うつ剤だ。

簡単に説明すると、リフレックス・レメロン錠(成分名:ミルタザピン)は「気分の落ち込みを楽にする作用」「意欲を高める作用」を持つということである。

 

【リフレックス・レメロン錠の効能・効果】

1:うつ病・うつ状態

 

リフレックス・レメロン錠の作用機序

うつ病による「気分の落ち込み」や「意欲の低下」、「憂うつな気持ち」は、セロトニンやノルアドレナリンといった神経伝達物質が関与している。

簡単に言ってしまうと、これらの物質は「感情や意欲を伝達する物質」なのだ。

 

セロトニンやノルアドレナリンが減少すると、うつ病の症状が引き起こされるのである。

つまり脳内のセロトニン・ノルアドレナリンの量を増やせれば、うつ病を改善できるということだ。

 

セロトニンが作用する受容体は、大きく分けて3つある。

それが「5-HT₁受容体」、「5-HT₂受容体」、「5-HT₃受容体」だ。

 

このうち抗うつ作用に関与しているのが、「5-HT₁受容体」である。

つまり5-HT₁受容体にセロトニンが作用すれば、抗うつ作用を示すということだ。

 

リフレックス・レメロン錠(成分名:ミルタザピン)は、3つの受容体のうち5-HT₂受容体、5-HT₃受容体のみを阻害する。

そして、抗うつ作用のある5-HT₁受容体は阻害しない。

 

要するに、セロトニンが5-HT₂受容体と5-HT₃受容体に結合できなくなるので、結合できる受容体が「5-HT₁受容体だけ」になるのだ。

その結果、リフレックス・レメロン錠(成分名:ミルタザピン)は、抗うつ作用を示すのである。

 

【Point!】

1:5-HT₂受容体と5-HT₃受容体を阻害

2:結果的に抗うつ作用のある5-HT₁受容体の作用が増強

3:抗うつ作用を発揮

 

 

さらにリフレックス・レメロン錠(成分名:ミルタザピン)は、セロトニンの作用を増強させるだけでなく、ノルアドレナリンの放出を促す作用も併せ持つ。

 

ノルアドレナリンの放出に関与しているのが「α₂受容体」だ。

α₂受容体は刺激されることによって、ノルアドレナリンの放出を抑制する。

 

ここから分かることは、α₂受容体が刺激されないようにすれば、ノルアドレナリンの量を増やせるということだ。

ノルアドレナリン濃度が上昇した結果、うつ症状の改善を期待できる。

 

このような作用機序により、抗うつ作用を示すのがリフレックス・レメロン錠(成分名:ミルタザピン)だ。

 

NaSSA作用機序1

 

つまりリフレックス・レメロン錠(成分名:ミルタザピン)は、α₂受容体を阻害することにより、ノルアドレナリン濃度を上昇させ、うつ病を改善するのである。

 

スポンサーリンク

リフレックス・レメロン錠の特徴

リフレックス・レメロン錠(成分名:ミルタザピン)には、以下のような特徴がある。

NaSSAに分類される抗うつ剤

リフレックス・レメロン錠(成分名:ミルタザピン)は、NaSSAに分類される薬である。

NaSSAは、抗うつ作用が強く、効果の発現も早いことが特徴だ。

 

特に効果の発現の早さは、大きなメリットと言える。

一般的な抗うつ薬は、効果が現れるまでに2週間以上を要するが、リフレックス・レメロン錠(成分名:ミルタザピン)は1週間程度で効果を期待できる。

 

薬物相互作用が少ない

リフレックス・レメロン錠(成分名:ミルタザピン)は、薬物相互作用の少ない薬である。

薬物相互作用の原因となるのが、「CYP」と呼ばれる酵素だ。

一般的に、多くの薬はCYPによって代謝されている。

 

この時に問題となるのが、CYPの働きを強めたり、弱めたりする薬の存在である。

実は薬の中には、CYPの働きを邪魔する作用を持つものがある。

 

そのためCYPに影響を与える薬を服用することにより、併用した薬の代謝が適切に行われなくなってしまう。

その結果、薬物相互作用が現れやすくなるのだ。

 

しかしリフレックス・レメロン錠(成分名:ミルタザピン)は、CYPによる代謝がほとんど行われない。

このような理由により、リフレックス・レメロン錠(成分名:ミルタザピン)は、薬物相互作用が少ないのである。

 

眠気の副作用が出やすい

リフレックス・レメロン錠(成分名:ミルタザピン)は、抗ヒスタミン作用を持つため、眠気が出やすいという特徴がある。

 

ただし、眠気の副作用はデメリットのようにも聞こえるが、不眠を伴う人が服用すれば寝つきが良くなるため、メリットにもなりうる。

 

性機能障害や吐き気の副作用は少ない

現在、主流となっているSSRIやSNRIには「性機能障害」や「吐き気」といった副作用が問題となることがある。

一方リフレックス・レメロン錠(成分名:ミルタザピン)は、「性機能障害」や「吐き気」の副作用が少ない。

 

【代表的なSSRI】

パキシル錠(成分名:パロキセチン)

ルボックス・デプロメール錠(成分名:フルボキサミン)

ジェイゾロフト錠(成分名:セルトラリン)

レクサプロ錠(成分名:エスシタプラム)

 

【代表的なSNRI】

トレドミン錠(成分名:ミルナシプラン)

サインバルタカプセル(成分名:デュロキセチン)

イフェクサーSRカプセル(成分名:ベンラファキシン)

 

1日1回で効果を示す

リフレックス・レメロン錠(成分名:ミルタザピン)は、1日1回の服用で効果を期待できる。

そのため、1日に複数回服用する薬に比べて、飲み忘れなどのリスクが低い。

 

リフレックス・レメロン錠の飲み方

通常、リフレックス・レメロン錠(成分名:ミルタザピン)は、以下の量を服用する。

 

【リフレックス・レメロン錠の用法・用量】

1日の服用量:15~30mg(1日15mgから開始)

1日の服用回数:1回 就寝前

1日の最大服用量:45mg

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

リフレックス・レメロン錠の飲み合わせ

リフレックス・レメロン錠(成分名:ミルタザピン)は、以下の薬と飲み合わせが悪い。

そのため、一緒に使用することはできない。

 

【リフレックス・レメロン錠の併用禁忌】

◆MAO阻害剤 (セレギリン塩酸塩、エフピー)

理由:セロトニン症候群の副作用が生じる可能性があるため

[ad#ad-up]

リフレックス・レメロン錠の注意点

リフレックス・レメロン錠(成分名:ミルタザピン)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【リフレックス・レメロン錠を服用する際の注意点】

◆車の運転を始めとする危険を伴う機械の操作は控える

理由:眠気や注意力の低下が起こる可能性があるため

 

◆緑内障の人は相談する

理由:眼圧が上昇する可能性があるため

 

◆自己判断で服用を中止しない

理由:吐き気や不眠、不安、神経過敏などの症状が現れる可能性があるため

 

◆抗パーキンソン病薬を服用している場合は相談する(服用を止めて2週間以内の場合も含む)

理由:飲み合わせが悪い可能性があるため

 

◆アルコールは控える

理由:薬の作用が過度に現れる可能性があるため

 

◆セイヨウオトギリソウを含む食品は控える

理由:セロトニンの作用が増強する可能性があるため

 

スポンサーリンク

リフレックス・レメロン錠の禁忌

以下に該当する人は、リフレックス・レメロン錠(成分名:ミルタザピン)を服用してはいけない。

 

【リフレックス・レメロン錠の禁忌】

◆リフレックス・レメロン錠に対し過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が悪い可能性があるため

 

◆MAO阻害剤を投与中あるいは投与中止後2週間以内の人

理由:セロトニン症候群の副作用が生じる可能性があるため

 

リフレックス・レメロン錠の副作用

リフレックス・レメロン錠(成分名:ミルタザピン)の主な副作用としては「ウトウトする」「口の渇き」「体がだるい「便秘」などが報告されている。

 

【リフレックス・レメロン錠の主な副作用】

◆ウトウトする

◆口の渇き

◆体がだるい

◆便秘

 

またリフレックス・レメロン錠(成分名:ミルタザピン)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【リフレックス・レメロン錠の重大な副作用】

◆セロトニン症候群

症状:不安、混乱する、興奮、イライラする、発汗、頻脈、下痢、手足の震えなど

 

◆無顆粒球症、好中球減少症

症状:発熱、喉の痛みなど

 

◆痙攣

症状:けいれんする等

 

◆肝機能障害、黄疸

症状:体がだるい、吐き気、食欲不振、皮膚・白目が黄色くなる等

 

◆抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)

症状:尿量の増加、尿が漏れてしまう、嘔吐、頭痛、けいれん、意識障害など

 

◆皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑

症状:高熱、発疹・発赤、水ぶくれ、皮膚の剥がれ・ただれなど

 

QT延長、心室頻拍(torsades de pointesを含む)

症状:脈の乱れ、めまい、動悸、胸の痛み、体がだるいなど

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること。

 

リフレックス・レメロン錠を飲み忘れたら

リフレックス・レメロン錠(成分名:ミルタザピン)を飲み忘れたら、気づいた時に忘れた分の薬を服用する。

ただし次の服用時間に近い場合は、飲み忘れに気づいても服用しなくて良い。

絶対に2回分の量を1度に服用してはいけない。

>>> 他の抗うつ薬をチェックする

RELATED

-抗うつ薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.