抗うつ薬

テトラミド錠(ミアンセリン)の効果・特徴・副作用

投稿日:

スポンサーリンク

テトラミド錠(ミアンセリン)の効能・効果

テトラミド錠(成分名:ミアンセリン)は、四環系抗うつ薬に分類される抗うつ剤だ。

簡単に説明すると、テトラミド錠(成分名:ミアンセリン)は「気分の落ち込みを楽にする作用」「意欲を高める作用」を持つということである。

 

【テトラミド錠の効能・効果】

1:うつ病・うつ状態

 

テトラミド錠(ミアンセリン)の作用機序

うつ病による「意欲の低下」や「無関心」といった症状には、ノルアドレナリンと呼ばれる神経伝達物質が関与している。

簡単に言ってしまうと、ノルアドレナリンは「意欲・関心を伝達する物質」なのだ。

 

このルアドレナリンが減少すると、うつ病の症状が引き起こされるのである。

つまり脳内のノルアドレナリン量を増やせれば、うつ病を改善できるということだ。

 

ノルアドレナリンは脳の神経終末から放出され、ノルアドレナリン受容体に作用することによって、意欲・関心を形成する。

しかしノルアドレナリンの量が減っていると、意欲・関心に関する情報をうまく伝達できない。

 

この時ノルアドレナリンの放出に関与しているのが「α₂受容体」だ。

α₂受容体は刺激されることによって、ノルアドレナリンの放出を抑制する。

 

ここから分かることは、α₂受容体が刺激されないようにすれば、ノルアドレナリンの量を増やせるということだ。

ノルアドレナリン濃度が上昇した結果、うつ症状の改善を期待できる。

 

このような作用機序により、うつ病を改善するのがテトラミド錠(成分名:ミアンセリン)だ。

 

テトラミド、テシプール 作用機序

 

つまりテトラミド錠(成分名:ミアンセリン)は、α₂受容体を阻害することにより、ノルアドレナリン濃度を上昇させ、うつ病を改善するのである。

 

スポンサーリンク

テトラミド錠(ミアンセリン)の特徴

テトラミド錠(成分名:ミアンセリン)には、以下のような特徴がある。

四環系抗うつ薬に分類される

テトラミド錠(成分名:ミアンセリン)は、四環系抗うつ薬に分類される薬だ。

四環系抗うつ薬に属する薬は、三環系抗うつ薬に比べると、効果・副作用ともにマイルドである。

 

α₂受容体阻害作用をもつ

四環系抗うつ薬は、「α₂受容体阻害作用により、ノルアドレナリンの作用を強める薬」と「ノルアドレナリン再取り込み阻害作用により、ノルアドレナリンの作用を強める薬」に分類できる。

 

その中でもテトラミド錠(成分名:ミアンセリン)は、α₂受容体を阻害することによって、抗うつ作用を示すタイプの薬である。

 

睡眠・鎮静作用が比較的強い

テトラミド錠(成分名:ミアンセリン)は、睡眠・鎮静作用が比較的強い。

そのため不眠症状を伴う場合に、テトラミド錠(成分名:ミアンセリン)は使われることが多い。

 

テトラミド錠(ミアンセリン)の飲み方

通常、テトラミド錠(成分名:ミアンセリン)は、以下の量を服用する。

 

【テトラミド錠の用法・用量】

1日の服用量:1日30mgから開始し、1日60mgまで増量する

1日の服用回数:1回 夕食後あるいは就寝前

1日の最大服用量:年齢、症状により適宜増減

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

テトラミド錠(ミアンセリン)の飲み合わせ

テトラミド錠(成分名:ミアンセリン)は、以下の薬と飲み合わせが悪い。

そのため、一緒に使用することはできない。

 

【テトラミド錠の併用禁忌】

◆モノアミン酸化酵素阻害剤

理由:セロトニン症候群の副作用が生じる可能性があるため

テトラミド錠(ミアンセリン)の注意点

テトラミド錠(成分名:ミアンセリン)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【テトラミド錠を服用する際の注意点】

◆車の運転を始めとする危険を伴う機械の操作は控える

理由:眠気や注意力の低下が起こる可能性があるため

 

◆自己判断で服用を中止しない

理由:吐き気や不眠、不安、神経過敏などの症状が現れる可能性があるため

 

◆抗パーキンソン病薬を服用している場合は相談する

理由:飲み合わせが悪い可能性があるため

 

◆アルコールは控える

理由:薬の作用が過度に現れる可能性があるため

 

スポンサーリンク

テトラミド錠(ミアンセリン)の禁忌

以下に該当する人は、テトラミド錠(成分名:ミアンセリン)を服用してはいけない。

 

【テトラミド錠の禁忌】

◆テトラミド錠の成分に対し過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が悪い可能性があるため

 

◆MAO阻害剤を投与中の人

理由:セロトニン症候群の副作用が生じる可能性があるため

 

テトラミド錠(ミアンセリン)の副作用

テトラミド錠(成分名:ミアンセリン)の主な副作用としては「眠気」「口の渇き」「便秘」「めまい・ふらつき」「脱力感」などが報告されている。

 

【テトラミド錠の主な副作用】

◆眠気

◆口の渇き

◆便秘

◆めまい・ふらつき

◆脱力感

 

またテトラミド錠(成分名:ミアンセリン)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【テトラミド錠の重大な副作用】

◆悪性症候群

症状:高熱、発汗、頻脈、血圧の変動、意識障害など

 

◆無顆粒球症

症状:発熱、喉の痛みなど

 

QT延長、心室頻拍(torsades de pointesを含む)、心室細動

症状:脈の乱れ、めまい、動悸、胸の痛み、体がだるい、意識の消失など

 

◆肝機能障害、黄疸

症状:体がだるい、吐き気、食欲不振、皮膚・白目が黄色くなる等

 

◆痙攣

症状:けいれんするなど

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること。

 

テトラミド錠(ミアンセリン)を飲み忘れたら

テトラミド錠(成分名:ミアンセリン)を飲み忘れたら、気づいた時に忘れた分の薬を服用する。

ただし次の服用時間に近い場合は、飲み忘れに気づいても服用しなくて良い。

絶対に2回分の量を1度に服用してはいけない。

>>> 他の抗うつ薬をチェックする

RELATED

-抗うつ薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2019 All Rights Reserved.