抗うつ薬

アンプリット錠(ロフェプラミン)の効果・特徴・副作用

投稿日:

スポンサーリンク

アンプリット錠(ロフェプラミン)の効能・効果

アンプリット錠(成分名:ロフェプラミン)は、三環系抗うつ薬に分類される抗うつ剤だ。

簡単に説明すると、アンプリット錠(成分名:ロフェプラミン)は「気分の落ち込みを楽にする作用」「意欲を高める作用」を持つということである。

 

【アンプリット錠の効能・効果】

1:うつ病・うつ状態

 

アンプリット錠(ロフェプラミン)の作用機序

うつ病による「気分の落ち込み」や「意欲の低下」、「憂うつな気持ち」は、セロトニンやノルアドレナリンといった神経伝達物質が関与している。

簡単に言ってしまうと、これらの物質は「感情や意欲を伝達する物質」なのだ。

 

セロトニンやノルアドレナリンが減少すると、うつ病の症状が引き起こされるのである。

つまり脳内のセロトニン・ノルアドレナリンの量を増やせれば、うつ病を改善できるということだ。

 

セロトニンとノルアドレナリンは脳の神経終末から放出され、特定の受容体に作用することによって、感情や意欲を形成する。

しかしセロトニンとノルアドレナリンの量が減っていると、感情や意欲に関する情報をうまく伝達できない。

 

さらに放出されたセロトニンとノルアドレナリンは「トランスポーター」と呼ばれる運び屋によって、神経細胞へ回収されてしまう。

これによって、さらに脳内のセロトニンとノルアドレナリンの量が減ってしまうのだ。

 

ここから分かることは、トランスポーターの働きを邪魔すれば、セロトニン・ノルアドレナリンが回収されなくなるので、脳内のセロトニン・ノルアドレナリン濃度を増やせるということだ。

セロトニン・ノルアドレナリン濃度が上昇した結果、うつ症状の改善を期待できる。

 

このような作用機序により、うつ病を改善するのがアンプリット錠(成分名:ロフェプラミン)だ。

 

三環系抗うつ薬 作用機序

 

つまりアンプリット錠(成分名:ロフェプラミン)は、トランスポーターの働きを阻害することにより、セロトニン・ノルアドレナリン濃度を上昇させ、うつ病を改善するのである。

 

スポンサーリンク

アンプリット錠(ロフェプラミン)の特徴

アンプリット錠(成分名:ロフェプラミン)には、以下のような特徴がある。

三環系抗うつ薬に分類される

アンプリット錠(成分名:ロフェプラミン)は、三環系抗うつ薬に分類される薬である。

三環系抗うつ薬の特徴は何と言っても、その作用の強さだ。

重症例における治療効果は、SSRIよりも優れているという報告もある。

 

ただし効果が強い一方、副作用も発現しやすい。

このような理由により、SSRIやSNRIなどの抗うつ薬が主流になりつつあり、以前に比べると三環系抗うつ薬が使用される機会は少なくなっている。

 

意欲を向上させる効果がある

アンプリット錠(成分名:ロフェプラミン)は、意欲を向上させる作用がある。

これは意欲に関与する情報伝達物質ノルアドレナリンの再取り込みを強く阻害するためと考えられている。

 

 抗コリン作用が少ない

一般的に三環系抗うつ薬は、抗コリン作用が強く副作用が多い。

しかしアンプリット錠(成分名:ロフェプラミン)は、抗コリン作用が弱いため、高齢者でも比較的使用しやすい薬である。

 

アンプリット錠(ロフェプラミン)の飲み方

通常、アンプリット錠(成分名:ロフェプラミン)は、以下の量を服用する。

 

【アンプリット錠の用法・用量】

1日の服用量:150mg(1回10~25mgから開始する)

1日の服用回数:2~3回

1日の最大服用量:年齢、症状により適宜減量

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

アンプリット錠(ロフェプラミン)の飲み合わせ

アンプリット錠(成分名:ロフェプラミン)は、以下の薬と飲み合わせが悪い。

そのため、一緒に使用することはできない。

 

【アンプリット錠の併用禁忌】

◆モノアミン酸化酵素阻害剤

理由:セロトニン症候群の副作用が生じる可能性があるため

[ad#ad-up]

アンプリット錠(ロフェプラミン)の注意点

アンプリット錠(成分名:ロフェプラミン)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【アンプリット錠を服用する際の注意点】

◆車の運転を始めとする危険を伴う機械の操作は控える

理由:眠気や注意力の低下が起こる可能性があるため

 

◆緑内障の人は相談する

理由:眼圧が上昇する可能性があるため

 

◆自己判断で服用を中止しない

理由:吐き気や不眠、不安、神経過敏などの症状が現れる可能性があるため

 

◆抗パーキンソン病薬を服用している場合は相談する

理由:飲み合わせが悪い可能性があるため

 

◆アルコールは控える

理由:薬の作用が過度に現れる可能性があるため

 

スポンサーリンク

アンプリット錠(ロフェプラミン)の禁忌

以下に該当する人は、アンプリット錠(成分名:ロフェプラミン)を服用してはいけない。

 

【アンプリット錠の禁忌】

◆緑内障のある人

理由:眼圧が上昇するおそれがあるため

 

◆三環系抗うつ剤に対し過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が悪い可能性があるため

 

◆心筋梗塞の回復初期の人

理由:症状を悪化させる可能性があるため

 

◆モノアミン酸化酵素阻害剤を投与中の人

理由:セロトニン症候群の副作用が生じる可能性があるため

 

アンプリット錠(ロフェプラミン)の副作用

アンプリット錠(成分名:ロフェプラミン)の主な副作用としては「口の渇き」「便秘」「眠気「不眠」「食欲の低下」「吐き気」「ふらつき」などが報告されている。

 

【アンプリット錠の主な副作用】

◆口の渇き

◆便秘

◆眠気

◆不眠

◆食欲の低下

◆吐き気

◆ふらつき

 

またアンプリット錠(成分名:ロフェプラミン)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【アンプリット錠の重大な副作用】

◆悪性症候群

症状:高熱、発汗、頻脈、血圧の変動、意識障害など

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること。

 

アンプリット錠(ロフェプラミン)を飲み忘れたら

アンプリット錠(成分名:ロフェプラミン)を飲み忘れたら、気づいた時に忘れた分の薬を服用する。

ただし次の服用時間に近い場合は、飲み忘れに気づいても服用しなくて良い。

絶対に2回分の量を1度に服用してはいけない。

>>> 他の抗うつ薬をチェックする

RELATED

-抗うつ薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.