抗うつ薬

サインバルタカプセル(デュロキセチン)の効果・特徴・副作用

更新日:

スポンサーリンク

サインバルタカプセル(デュロキセチン)の効能・効果

サインバルタカプセル(成分名:デュロキセチン)は、選択的セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)に分類される抗うつ薬だ。

 

簡単に説明すると、サインバルタカプセル(成分名:デュロキセチン)は「気分の落ち込みを楽にする作用」「意欲を高める作用」などを持つということである。

 

またサインバルタカプセル(成分名:デュロキセチン)には、糖尿病や神経の異常によって引き起こされる「痛み・痺れを和らげる作用」も認められている。

 

【サインバルタカプセルの効能・効果】

1:うつ病・うつ状態

2:下記疾患に伴う疼痛

《糖尿病性神経障害、線維筋痛症、慢性腰痛症、変形性関節症

 

サインバルタカプセル(デュロキセチン)の作用機序

うつ病による「気分の落ち込み」や「意欲の低下」、「憂うつな気持ち」は、セロトニンやノルアドレナリンといった神経伝達物質が関与している。

簡単に言ってしまうと、これらの物質は「感情や意欲を伝達する物質」なのだ。

 

セロトニンやノルアドレナリンが減少すると、うつ病の症状が引き起こされるのである。

つまり脳内のセロトニン・ノルアドレナリンの量を増やせれば、うつ病を改善できるということだ。

 

セロトニンとノルアドレナリンは脳の神経終末から放出され、特定の受容体に作用することによって、感情や意欲を形成する。

しかしセロトニンとノルアドレナリンの量が減っていると、感情や意欲に関する情報をうまく伝達できない。

 

さらに放出されたセロトニンとノルアドレナリンは「トランスポーター」と呼ばれる運び屋によって、神経細胞へ回収されてしまう。

これによって、さらに脳内のセロトニンとノルアドレナリンの量が減ってしまうのだ。

 

ここから分かることは、トランスポーターの働きを邪魔すれば、セロトニン・ノルアドレナリンが回収されなくなるので、脳内のセロトニン・ノルアドレナリン濃度を増やせるということだ。

セロトニン・ノルアドレナリン濃度が上昇した結果、うつ症状の改善を期待できる。

 

このような作用機序により、うつ病を改善するのがサインバルタカプセル(成分名:デュロキセチン)だ。

 

 

つまりサインバルタカプセル(成分名:デュロキセチン)は、トランスポーターの働きを阻害することにより、セロトニン・ノルアドレナリン濃度を上昇させ、うつ病を改善するのである。

 

スポンサーリンク

サインバルタカプセル(デュロキセチン)の特徴

サインバルタカプセル(成分名:デュロキセチン)には、以下のような特徴がある。

1日1回の服用で効果を示す

サインバルタカプセル(成分名:デュロキセチン)は、1日1回の服用で効果を期待できる。

そのため、1日に複数回服用する薬に比べて、飲み忘れなどのリスクが低い。

 

意欲の低下を改善する

サインバルタカプセル(成分名:デュロキセチン)は、うつ病の中でも意欲の低下を伴う症例に有効と言われている。

これはサインバルタカプセル(成分名:デュロキセチン)の服用によって増えるノルアドレナリンが、「意欲や関心に関与している神経伝達物質」と考えられているためである。

 

強い抗うつ作用

サインバルタカプセル(成分名:デュロキセチン)は、抗うつ作用の強い薬である。

これはトランスポーターを阻害する作用が強いためだ。

セロトニン・ノルアドレナリンの再吸収を強く阻害するため、強い抗うつ作用を発揮できるのである。

 

コントロール不良の閉塞隅角緑内障患者に使用できない

サインバルタカプセル(成分名:デュロキセチン)は、コントロール不良の閉塞隅角緑内障に使用できない。(禁忌)

これはサインバルタカプセル(成分名:デュロキセチン)が、ノルアドレナリンの再吸収を阻害するためだ。

 

ノルアドレナリンは、意欲の形成だけでなく、「散瞳」にも関与する神経伝達物質である。

つまりノルアドレナリンが再吸収されないことにより、散瞳が促進されるということだ。

 

その結果、サインバルタカプセル(成分名:デュロキセチン)の使用により、緑内障によって狭くなっている隅角がさらに狭くなってしまい、緑内障の症状が悪化してしまう可能性がある。

 

このような理由により、コントロール不良の閉塞隅角緑内障の人はサインバルタカプセル(成分名:デュロキセチン)を服用できない。

 

良好な鎮痛効果を示す

サインバルタカプセル(成分名:デュロキセチン)は、抗うつ作用に加え、鎮痛作用もある薬だ。

ヒトの体には、下行性疼痛抑制系と呼ばれる「痛みを抑制する神経」が存在する。

 

この痛みを抑制する神経は、セロトニンとノルアドレナリンによって活性化される。

サインバルタカプセル(成分名:デュロキセチン)は、セロトニン・ノルアドレナリンの量を増やす薬であるため、痛みを抑制する神経を活性化させることができるのだ。

 

このような理由により、神経の異常によって引き起こされる痛み・痺れを和らげることができるのである。

 

脱カプセルは推奨されていない

サインバルタカプセル(成分名:デュロキセチン)は、カプセルの中身を取り出して服用することを推奨されていない。

これは脱カプセルした状態での服用に関する体内動態、有効性及び安全性の検討を行っていないためである。

 

やむを得ず脱カプセルする場合は、中身の顆粒を噛み砕いたり、すりつぶしたりせずにそのまま服用しなければならない。

これはカプセル内の顆粒に、胃酸で効果を失わないようコーティングを施しているためである。

 

サインバルタカプセル(デュロキセチン)の飲み方

通常、サインバルタカプセル(成分名:デュロキセチン)は、以下の量を服用する。

 

【サインバルタカプセルの用法・用量】

うつ病・うつ状態、糖尿病性神経障害に伴う疼痛

1日の服用量:40mg(1日20mgより開始)

1日の服用回数:1回 朝食後

1日の最大服用量:60mg

 

線維筋痛症に伴う疼痛、慢性腰痛症に伴う疼痛、変形性関節症に伴う疼痛

1日の服用量:60mg(1日20mgより開始)

1日の服用回数:1回 朝食後

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

サインバルタカプセル(デュロキセチン)の飲み合わせ

サインバルタカプセル(成分名:デュロキセチン)は、以下の薬と飲み合わせが悪い。

そのため、一緒に使用することはできない。

 

【サインバルタカプセルの併用禁忌】

◆モノアミン酸化酵素(MAO)阻害剤 (セレギリン塩酸塩、エフピー)

理由:セロトニン症候群の副作用が生じる可能性があるため

サインバルタカプセル(デュロキセチン)の注意点

サインバルタカプセル(成分名:デュロキセチン)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【サインバルタカプセルを服用する際の注意点】

◆車の運転を始めとする危険を伴う機械の操作は控える

理由:眠気や注意力の低下が起こる可能性があるため

 

◆緑内障の人は相談する

理由:眼圧が上昇する可能性があるため

 

◆カプセルの中身を砕いたり、すり潰さない

理由:期待する効果を得られなくなるため

 

◆抗パーキンソン病薬を服用している場合は相談する(服用を止めて2週間以内の場合も含む)

理由:飲み合わせが悪い可能性があるため

 

◆アルコールは控える

理由:薬の作用が過度に現れる可能性があるため

 

◆セイヨウオトギリソウを含む食品は控える

理由:セロトニンの作用が増強する可能性があるため

 

スポンサーリンク

サインバルタカプセル(デュロキセチン)の禁忌

以下に該当する人は、サインバルタカプセル(成分名:デュロキセチン)を服用してはいけない。

 

【サインバルタカプセルの禁忌】

◆サインバルタカプセルの成分に対し過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が悪い可能性があるため

 

◆モノアミン酸化酵素(MAO)阻害剤を投与中あるいは投与中止後2週間以内の人

理由:セロトニン症候群の副作用が生じる可能性があるため

 

◆高度の肝障害のある人

理由:サインバルタカプセルの血中濃度が過度に上昇するおそれがあるため

 

◆高度の腎障害のある人

理由:サインバルタカプセルの血中濃度が過度に上昇するおそれがあるため

 

◆コントロール不良の閉塞隅角緑内障の人

理由:症状が悪化することがあるため

 

サインバルタカプセル(デュロキセチン)の副作用

サインバルタカプセル(成分名:デュロキセチン)の主な副作用としては「吐き気」「ウトウトする」「口の渇き」「頭痛」「便秘」「下痢」「めまい」「腹痛」「不眠」「体がだるい」などが報告されている。

 

【サインバルタカプセルの主な副作用】

◆吐き気

◆ウトウトする

◆口の渇き

◆頭痛

◆便秘

◆下痢

◆めまい

◆腹痛

◆不眠

◆体がだるい

 

またサインバルタカプセル(成分名:デュロキセチン)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【サインバルタカプセルの重大な副作用】

◆セロトニン症候群

症状:不安、混乱する、興奮、イライラする、発汗、頻脈、下痢、手足の震えなど

 

◆悪性症候群

症状:高熱、発汗、頻脈、血圧の変動、意識障害など

 

◆抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)

症状:尿量の増加、尿が漏れてしまう、嘔吐、頭痛、けいれん、意識障害など

 

◆痙攣、幻覚

症状:けいれんする、見えるはずのないものが見えるなど

 

◆肝機能障害、肝炎、黄疸

症状:体がだるい、吐き気、食欲不振、皮膚・白目が黄色くなる等

 

◆皮膚粘膜眼症候群

症状:高熱、発疹、発赤、水ぶくれなど

 

◆アナフィラキシー反応

症状:呼吸困難、痙攣、血管浮腫、蕁麻疹など

 

◆高血圧クリーゼ

症状:急激な血圧の上昇など

 

◆尿閉

症状:尿が出にくい、尿が出ない等

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること。

 

サインバルタカプセル(デュロキセチン)を飲み忘れたら

サインバルタカプセル(成分名:デュロキセチン)を飲み忘れたら、気づいた時に忘れた分の薬を服用する。

ただし次の服用時間に近い場合は、飲み忘れに気づいても服用しなくて良い。

絶対に2回分の量を1度に服用してはいけない。

>>> 他の抗うつ薬をチェックする

RELATED

-抗うつ薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2019 All Rights Reserved.