抗うつ薬

アナフラニール錠(クロミプラミン)の効果・特徴・副作用

更新日:

スポンサーリンク

アナフラニール錠(クロミプラミン)の効能・効果

アナフラニール錠(成分名:クロミプラミン)は、三環系抗うつ薬に分類される抗うつ剤だ。

簡単に説明すると、アナフラニール錠(成分名:クロミプラミン)は「気分の落ち込みを楽にする作用」「意欲を高める作用」を持つということである。

 

またアナフラニール錠(成分名:クロミプラミン)には、「尿もれ(遺尿症)」や「ナルコレプシーに伴う、急に起こる脱力発作」に対する効果も認められている。

 

【アナフラニール錠の効能・効果】

1:精神科領域におけるうつ病・うつ状態の場合

2:遺尿症

3:ナルコレプシーに伴う情動脱力発作

 

アナフラニール錠(クロミプラミン)の作用機序

うつ病による「気分の落ち込み」や「意欲の低下」、「憂うつな気持ち」は、セロトニンやノルアドレナリンといった神経伝達物質が関与している。

簡単に言ってしまうと、これらの物質は「感情や意欲を伝達する物質」なのだ。

 

セロトニンやノルアドレナリンが減少すると、うつ病の症状が引き起こされるのである。

つまり脳内のセロトニン・ノルアドレナリンの量を増やせれば、うつ病を改善できるということだ。

 

セロトニンとノルアドレナリンは脳の神経終末から放出され、特定の受容体に作用することによって、感情や意欲を形成する。

しかしセロトニンとノルアドレナリンの量が減っていると、感情や意欲に関する情報をうまく伝達できない。

 

さらに放出されたセロトニンとノルアドレナリンは「トランスポーター」と呼ばれる運び屋によって、神経細胞へ回収されてしまう。

これによって、さらに脳内のセロトニンとノルアドレナリンの量が減ってしまうのだ。

 

ここから分かることは、トランスポーターの働きを邪魔すれば、セロトニン・ノルアドレナリンが回収されなくなるので、脳内のセロトニン・ノルアドレナリン濃度を増やせるということだ。

セロトニン・ノルアドレナリン濃度が上昇した結果、うつ症状の改善を期待できる。

 

このような作用機序により、うつ病を改善するのがアナフラニール錠(成分名:クロミプラミン)だ。

 

三環系抗うつ薬 作用機序

 

つまりアナフラニール錠(成分名:クロミプラミン)は、トランスポーターの働きを阻害することにより、セロトニン・ノルアドレナリン濃度を上昇させ、うつ病を改善するのである。

 

スポンサーリンク

アナフラニール錠(クロミプラミン)の特徴

アナフラニール錠(成分名:クロミプラミン)には、以下のような特徴がある。

三環系抗うつ薬に分類される

アナフラニール錠(成分名:クロミプラミン)は、三環系抗うつ薬に分類される薬である。

三環系抗うつ薬の特徴は何と言っても、その作用の強さだ。

重症例における治療効果は、SSRIよりも優れているという報告もある。

 

ただし効果が強い一方、副作用も発現しやすい。

このような理由により、SSRIやSNRIなどの抗うつ薬が主流になりつつあり、以前に比べると三環系抗うつ薬が使用される機会は少なくなっている。

 

神経症に対して使われることがある

アナフラニール(成分名:クロミプラミン)は「うつ病」だけでなく、パニック障害や強迫性障害などの神経症に対して使われることがある。(適応外)

 

これらの神経症も、うつ病と同様にセロトニンの減少によって生じると考えられている。

そのためセロトニンの量を増やすアナフラニール(成分名:クロミプラミン)を服用することによって、症状の改善を期待できる。

 

パニック障害:突然の不安感、動悸、めまいが繰り返し起こる

強迫性障害:鍵がかかっているか何回も確認する、手を洗い続けるなど

 

ナルコレプシーに伴う情動脱力発作に対する適応を持つ

アナフラニール錠(成分名:クロミプラミン)は、「ナルコレプシーに伴う情動脱力発作」に対する適応を持つ。

ナルコレプシーとは、簡単に言ってしまうと「日中に起こる過剰な眠気」だ。

 

ナルコレプシーが発現した時、一時的な脱力感に襲われることがある。

この脱力感に対して、アナフラニール錠(成分名:クロミプラミン)は使用されることがある。

 

遺尿症の適応がある

アナフラニール錠(成分名:クロミプラミン)には、遺尿症に使われることがある。

遺尿症とは簡単に言うと「おねしょ」のことだ。

 

アナフラニール錠(成分名:クロミプラミン)は、抗コリン作用を持つ。

抗コリン作用により膀胱の収縮が抑制されるため、尿が出にくくなる。

その結果、遺尿症を改善できるのである。

 

点滴静注が可能

アナフラニール(成分名:クロミプラミン)は、錠剤だけでなく注射タイプも販売されている。

注射タイプは、「薬が飲めない場合」や「症状が非常に悪い場合」、「うつ症状を早く改善させる必要がある場合」に使用されることが多い。

 

アナフラニール錠(クロミプラミン)の飲み方

通常、アナフラニール錠(成分名:クロミプラミン)は、以下の量を服用する。

 

【アナフラニール錠の用法・用量】

精神科領域におけるうつ病・うつ状態

1日の服用量:50~100mg

1日の服用回数:1~3回

1日の最大服用量:225mg

 

遺尿症

1日の服用量:6歳未満の小児には10~25mg、6歳以上の小児には20~50mg

1日の服用回数:1~2回

1日の最大服用量:年齢、症状により適宜増減

 

ナルコレプシーに伴う情動脱力発作

1日の服用量:10~75mg

1日の服用回数:1~3回

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

アナフラニール錠(クロミプラミン)の飲み合わせ

アナフラニール錠(成分名:クロミプラミン)は、以下の薬と飲み合わせが悪い。

そのため、一緒に使用することはできない。

 

【アナフラニール錠の併用禁忌】

◆モノアミン酸化酵素(MAO)阻害剤 (セレギリン塩酸塩、エフピー)

理由:セロトニン症候群の副作用が生じる可能性があるため

アナフラニール錠(クロミプラミン)の注意点

アナフラニール錠(成分名:クロミプラミン)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【アナフラニール錠を服用する際の注意点】

◆車の運転を始めとする危険を伴う機械の操作は控える

理由:眠気や注意力の低下が起こる可能性があるため

 

◆緑内障の人は相談する

理由:眼圧が上昇する可能性があるため

 

◆前立腺疾患など尿閉のある人は相談する

理由:症状を悪化させるおそれがあるため

 

◆自己判断で服用を中止しない

理由:吐き気や不眠、不安、神経過敏などの症状が現れる可能性があるため

 

◆コンタクトレンズを使用している場合は注意する

理由:涙の分泌が減少し、角膜に障害が現れることがあるため

 

◆口の中を清潔に保つ

理由:長期間服用すると唾液の分泌が減少し、虫歯になりやすくなるため

 

◆抗パーキンソン病薬を服用している場合は相談する(服用を止めて2週間以内の場合も含む)

理由:飲み合わせが悪い可能性があるため

 

◆アルコールは控える

理由:薬の作用が過度に現れる可能性があるため

 

スポンサーリンク

アナフラニール錠(クロミプラミン)の禁忌

以下に該当する人は、アナフラニール錠(成分名:クロミプラミン)を服用してはいけない。

 

【アナフラニール錠の禁忌】

◆緑内障のある人

理由:眼圧が上昇するおそれがあるため

 

◆アナフラニール錠の成分又は三環系抗うつ剤に対し過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が悪い可能性があるため

 

◆心筋梗塞の回復初期の人

理由:症状を悪化させる可能性があるため

 

◆尿閉 (前立腺疾患等) のある人

理由:症状を悪化させる可能性があるため

 

◆MAO阻害剤 (セレギリン) を投与中あるいは投与中止後2週間以内の人

理由:セロトニン症候群の副作用が生じる可能性があるため

 

◆QT延長症候群のある人

理由:心室性不整脈を起こすおそれがあるため

 

アナフラニール錠(クロミプラミン)の副作用

アナフラニール錠(成分名:クロミプラミン)の主な副作用としては「口の渇き」「眠気」「立ちくらみ・めまい・ふらつき」「食欲の低下」などが報告されている。

 

【アナフラニール錠の主な副作用】

◆口の渇き

◆眠気

◆立ちくらみ・めまい・ふらつき

◆食欲の低下

 

またアナフラニール錠(成分名:クロミプラミン)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【アナフラニール錠の重大な副作用】

◆悪性症候群

症状:高熱、発汗、頻脈、血圧の変動、意識障害など

 

◆セロトニン症候群

症状:不安、混乱する、興奮、イライラする、発汗、頻脈、下痢、手足の震えなど

 

◆てんかん発作

症状:めまい、頭痛、震え、手足の痺れ、意識の消失など

 

◆横紋筋融解症

症状:筋肉の痛み、力が入りにくい、手足のしびれ、赤みがかった尿など

 

◆無顆粒球症、汎血球減少

症状:発熱、喉の痛み、疲労感、動悸、息切れ、青あざができる、出血しやすいなど

 

◆麻痺性イレウス

症状:食欲不振、吐き気・嘔吐、便秘、お腹の張りなど

 

◆間質性肺炎、好酸球性肺炎

症状:咳、呼吸困難、発熱、肺音の異常など

 

◆抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)

症状:尿量の増加、尿が漏れてしまう、嘔吐、頭痛、けいれん、意識障害など

 

QT延長、心室頻拍(torsades de pointesを含む)、心室細動

症状:脈の乱れ、めまい、動悸、胸の痛み、体がだるい、意識の消失など

 

◆肝機能障害、黄疸

症状:体がだるい、吐き気、食欲不振、皮膚・白目が黄色くなる等

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること。

 

アナフラニール錠(クロミプラミン)を飲み忘れたら

アナフラニール錠(成分名:クロミプラミン)を飲み忘れたら、気づいた時に忘れた分の薬を服用する。

ただし次の服用時間に近い場合は、飲み忘れに気づいても服用しなくて良い。

絶対に2回分の量を1度に服用してはいけない。

>>> 他の抗うつ薬をチェックする

RELATED

-抗うつ薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.