抗血栓薬

プラビックス錠(クロピドグレル)の効果・特徴・副作用

更新日:

スポンサーリンク

プラビックス錠(クロピドグレル)の効能・効果

プラビックス錠(成分名:クロピドグレル)は、抗血小板薬に属する薬だ。

簡単に説明すると、プラビックス錠(成分名:クロピドグレル)は「血液をサラサラにして、血栓ができるのを抑制する薬」ということである。

 

【プラビックス錠の効能・効果】

1:虚血性脳血管障害(心原性脳塞栓症を除く)後の再発抑制

 

2:経皮的冠動脈形成術(PCI)が適用される下記の虚血性心疾患

《急性冠症候群(不安定狭心症、非ST上昇心筋梗塞、ST上昇心筋梗塞)、安定狭心症、陳旧性心筋梗塞》

 

3:末梢動脈疾患における血栓・塞栓形成の抑制

 

プラビックス錠(クロピドグレル)の作用機序

「ケガをしたら、血を固めて出血を止める」という機能が、人間には備わっている。

しかし何らかの異常により、ケガをしていなくても血が固まってしまうことがある。

この血の塊は「血栓」と呼ばれ、血管を塞いでしまう可能性があるのだ。

 

血管内に血栓ができると、心筋梗塞や脳梗塞の引き金となりうる

そこで血栓ができるのを予防する目的で、プラビックス錠(成分名:クロピドグレル)のような血液をサラサラにする薬が使われるのだ。

 

血栓を作るのに重要な役割を果たしているのが「血小板」だ。

血小板が凝集することにより、血が固まって、血栓ができるのである。

 

血小板の凝集には「cAMP」が関与している。

具体的に言うと、cAMPの量が増えると血小板が凝集しにくくなり、血液がサラサラになるのだ。

 

つまり血液をサラサラにするには、cAMPの量を増やすことが重要ということである。

このcAMPは、「アデニル酸シクラーゼ」と呼ばれる酵素によって作られており、アデニル酸シクラーゼの働きが活性化されると、cAMPが増加するという仕組みになっている。

 

アデニル酸シクラーゼの働きは「ADP受容体」によってコントロールされている。

つまりADP受容体を阻害すれば、アデニル酸シクラーゼの働きが活性化するので、血小板の凝集を抑制できるということだ。

 

このような作用機序により、血液をサラサラにするのが、プラビックス錠(成分名:クロピドグレル)だ。

 

ADP受容体阻害薬

 

つまりプラビックス錠(成分名:クロピドグレル)は、ADP受容体阻害作用により、cAMPの働きを活性化させ、血栓ができるのを予防するのである。

 

スポンサーリンク

プラビックス錠(クロピドグレル)の特徴

プラビックス錠(成分名:クロピドグレル)には、以下のような特徴がある。

不可逆的に作用するタイプの薬

血液をサラサラにする薬は「可逆的に作用する薬」と「不可逆的に作用する薬」に大別できる。

 

「可逆的」とは、水を冷やすと氷になったり、氷が溶けて水になるような、行ったり来たりできる反応のことをさす。

そして「不可逆的」とは、生タマゴをタマゴ焼きにしてしまったら、生タマゴに戻らないような、一方通行の反応のことをいう。

 

プラビックス錠(成分名:クロピドグレル)は、不可逆的に作用するタイプの薬である。

つまり薬の血中濃度が下がっても、しばらく効果が続くということだ。

 

そのためプラビックス錠(成分名:クロピドグレル)の服用中に、手術や抜歯する予定のある場合は、服用を休まなければならない。

血小板の寿命は約10日なので、14日程度の休薬が必要となっている。

 

パナルジン錠よりも副作用の発現頻度が低い

プラビックス錠(成分名:クロピドグレル)は、同じ作用機序を持つパナルジン錠(成分名:チクロピジン)に比べ、副作用の発現頻度が低い。

 

出血の副作用は同程度だが、「血液障害」や「肝機能障害」の副作用の頻度は、パナルジン錠(成分名:チクロピジン)の方が高くなっている。

そのためプラビックス錠(成分名:クロピドグレル)の方が、安全性に優れた薬と言える。

 

ローディングドーズが有効

プラビックス錠(成分名:クロピドグレル)は、ローディングドーズが有効な薬である。

ローディングドーズとは、簡単に言うと「効果を早く発揮させる投与法」だ。

具体的には、投与開始日に通常の用量よりも高用量で投与するという方法である。

 

プラビックス錠(成分名:クロピドグレル)はローディングドーズをすることにより、服用後2時間程度で血小板抑制効果を期待できる。

 

プラビックス錠(クロピドグレル)の飲み方

通常、プラビックス錠(成分名:クロピドグレル)は、以下の量を服用する。

 

【プラビックス錠の用法・用量】

▼虚血性脳血管障害(心原性脳塞栓症を除く)後の再発抑制の場合

1日の服用量:75mg(年齢、体重、症状によっては50mg)

1日の服用回数:1回

 

経皮的冠動脈形成術(PCI)が適用される虚血性心疾患の場合

1日の服用量:投与開始日に300mg、その後は75mg

1日の服用回数:1回

 

▼末梢動脈疾患における血栓・塞栓形成の抑制の場合

1日の服用量:75mg

1日の服用回数:1回

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

プラビックス錠(クロピドグレル)の飲み合わせ

プラビックス錠(成分名:クロピドグレル)には、絶対に一緒に服用してはいけない併用禁忌となる薬はない。

 

【プラビックス錠の併用禁忌薬】

なし

プラビックス錠(クロピドグレル)の注意点

プラビックス錠(成分名:クロピドグレル)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【プラビックス錠を服用する際の注意点】

◆手術などの予定がある場合は相談する

理由:プラビックス錠を服用すると、出血しやすくなるため

 

◆空腹時に服用するのは避ける

理由:臨床試験に置いて、腹痛や下痢、軟便などの副作用がみられているため

 

スポンサーリンク

プラビックス錠(クロピドグレル)の禁忌

以下に該当する人は、プラビックス錠(成分名:クロピドグレル)を服用してはいけない。

 

【プラビックス錠の禁忌】

◆出血している患者(血友病、頭蓋内出血、消化管出血、尿路出血、喀血、硝子体出血等)

理由:止血が困難になる可能性があるため

 

◆プラビックス錠の成分に対し過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が悪い可能性があるため

 

プラビックス錠(クロピドグレル)の副作用

プラビックス錠(成分名:クロピドグレル)の主な副作用としては「肝機能障害」「貧血」「発疹」「胃腸出血」などが報告されている。

 

【プラビックス錠の主な副作用】

◆肝機能障害

◆貧血

◆発疹

◆胃腸出血

 

またプラビックス錠(成分名:クロピドグレル)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【プラビックス錠の重大な副作用】

◆出血

症状:出血しやすくなる等

 

◆胃・十二指腸潰瘍

症状:胃の痛み、吐き気、食欲の低下、嘔吐、血便など

 

◆肝機能障害、黄疸

症状:体がだるい、吐き気、食欲不振、皮膚・白目が黄色くなる等

 

◆血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)

症状:発熱、体がだるい、吐き気、食欲の低下、青あざができやすい、出血しやすいなど

 

◆間質性肺炎、好酸球性肺炎

症状:咳、呼吸困難、発熱、肺音の異常など

 

◆血小板減少、無顆粒球症、再生不良性貧血を含む汎血球減少症

症状:青あざができやすい、出血しやすい、発熱、喉の痛み、疲れやすい、動悸、息切れ等

 

中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、多形滲出性紅斑、急性汎発性発疹性膿疱症

症状:全身が赤くなる、皮膚のただれ、水ぶくれ、高熱、目が赤くなる、発疹、赤い斑点ができる、白っぽい膿のようなブツブツができる等

 

◆薬剤性過敏症症候群

症状:発疹、発熱など

 

◆後天性血友病

症状:青あざができやすい、出血しやすい等

 

◆横紋筋融解症

症状:筋肉の痛み、力が入りにくい、手足のしびれ、赤みがかった尿など

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること。

 

プラビックス錠(クロピドグレル)を飲み忘れたら

プラビックス錠(成分名:クロピドグレル)を飲み忘れたら、気づいた時に忘れた分の薬を服用する。

ただし次の服用時間が近い場合は、飲み忘れた分の薬は服用しなくて良い。

絶対に2回分の薬を1度に服用してはいけない。

>>> 他の抗血栓薬をチェックする

RELATED

-抗血栓薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2019 All Rights Reserved.