抗血栓薬

バイアスピリン錠(アスピリン)の効果・特徴・副作用

更新日:

スポンサーリンク

バイアスピリン錠(アスピリン)の効能・効果

バイアスピリン錠(成分名:アスピリン)は、抗血小板薬に属する薬だ。

簡単に説明すると、バイアスピリン錠(成分名:アスピリン)は「血液をサラサラにして、血栓ができるのを抑制する薬」ということである。

 

【バイアスピリン錠の効能・効果】

1:下記疾患における血栓・塞栓形成の抑制

《狭心症(慢性安定狭心症,不安定狭心症)、心筋梗塞、虚血性脳血管障害(一過性脳虚血発作(TIA),脳梗塞)》

 

2:冠動脈バイパス術(CABG)あるいは経皮経管冠動脈形成術(PTCA)施行後における血栓・塞栓形成の抑制

 

3:川崎病(川崎病による心血管後遺症を含む)

 

バイアスピリン錠(アスピリン)の作用機序

「ケガをしたら、血を固めて出血を止める」という機能が、人間には備わっている。

しかし何らかの異常により、ケガをしていなくても血が固まってしまうことがある。

この血の塊は「血栓」と呼ばれ、血管を塞いでしまう可能性があるのだ。

 

血管内に血栓ができると、心筋梗塞や脳梗塞の引き金となりうる

そこで血栓ができるのを予防する目的で、バイアスピリン錠(成分名:アスピリン)のような血液をサラサラにする薬が使われるのだ。

 

血栓の生成に大きく関わってくるのが、「血小板」「トロンボキサンA2(TXA2)」だ。

簡単に説明すると、トロンボキサンA2(TXA2)が作用することによって、血小板が血を固める作用を発揮する。

 

ここから分かることは、トロンボキサンA2(TXA2)が作られないようにすれば、血液が凝固しなくなるので、血栓の生成を防止できるということだ

 

トロンボキサンA2(TXA2)は、COX-1(シクロオキシゲナーゼ-1)という酵素によって作られている。

要するにCOX-1の働きを阻害すると、トロンボキサンA2(TXA2)が生成されなくなるので、血栓の生成も抑制できる。

 

このような作用機序により、血栓の生成を抑えるのがバイアスピリン錠(成分名:アスピリン)である。

 

バイアスピリン作用機序

 

つまりバイアスピリン錠(成分名:アスピリン)は、COX-1の働きを阻害することによって、トロンボキサンA2(TXA2)の生成を抑制し、血栓ができるのを予防するのである。

 

スポンサーリンク

バイアスピリン錠(アスピリン)の特徴

バイアスピリン錠(成分名:アスピリン)には、以下のような特徴がある。

不可逆的に作用するタイプの薬

血液をサラサラにする薬は「可逆的に作用する薬」と「不可逆的に作用する薬」に大別できる。

 

「可逆的」とは、水を冷やすと氷になったり、氷が溶けて水になるような、行ったり来たりできる反応のことをさす。

そして「不可逆的」とは、生タマゴをタマゴ焼きにしてしまったら、生タマゴに戻らないような、一方通行の反応のことをいう。

 

バイアスピリン錠(成分名:アスピリン)は、不可逆的に作用するタイプの薬である。

つまり薬の血中濃度が下がっても、しばらく効果が続くということだ。

 

そのためバイアスピリン錠(成分名:アスピリン)の服用中に、手術や抜歯する予定のある場合は、服用を休まなければならない。

血小板の寿命は約10日なので、7日〜10日程度の休薬が必要となっている。

 

川崎病に使われる

バイアスピリン錠(成分名:アスピリン)は、川崎病の適応を持つ。

抗血小板薬の中で川崎病に対する適応を持つのは、バイアスピリン錠(成分名:アスピリン)の他にバファリン配合錠A81(成分名:アスピリン)のみとなっている。

 

*川崎病

全身の血管に炎症が起こる病気。

0~4歳くらいの子どもがかかりやすい。

初期の症状としては、「38度以上の熱」や「目が赤くなる」、「発疹」、「唇や舌が赤くなる」、「手足の赤み・腫れ」、「首のリンパ節の腫れ」などがある。

 

バイアスピリンとバファリン配合錠A81の違い

バイアスピリン錠(成分名:アスピリン)と同じ有効成分の薬に、バファリン配合錠A81がある。

 

バファリン配合錠A81は、アスピリンとダイアルミネートが配合された薬だ。

ダイアルミネートは胃に優しい成分で、「アスピリンによる胃の荒れ」を防ぐ役割を果たす。

 

一方バイアスピリン錠は腸溶錠だ。

腸溶錠とは胃では溶けずに、腸で溶けるように加工した錠剤である。

胃で溶けないため、胃への負担を軽くすることができる。

 

バイアスピリン錠(アスピリン)の飲み方

通常、バイアスピリン錠(成分名:アスピリン)は、以下の量を服用する。

 

【バイアスピリン錠の用法・用量】

狭心症(慢性安定狭心症,不安定狭心症),心筋梗塞,虚血性脳血管障害(一過性脳虚血発作(TIA),脳梗塞)における血栓・塞栓形成の抑制,冠動脈バイパス術(CABG)あるいは経皮経管冠動脈形成術(PTCA)施行後における血栓・塞栓形成の抑制に使用する場合

1回の服用量:100mg

1日の服用回数:1回

1日の最大服用量:症状により1回300mgまで増量可

 

川崎病(川崎病による心血管後遺症を含む)に使用する場合(急性期有熱期間)

1日の服用量:体重1kgあたり30~50mg

1日の服用回数:3回

1日の最大服用量:症状に応じて適宜増減

 

川崎病(川崎病による心血管後遺症を含む)に使用する場合(解熱後の回復期から慢性期)

1日の服用量:体重1kgあたり3~5mg

1日の服用回数:1回

1日の最大服用量:症状に応じて適宜増減

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

バイアスピリン錠(アスピリン)の飲み合わせ

バイアスピリン錠(成分名:アスピリン)には、絶対に一緒に服用してはいけない併用禁忌となる薬はない。

 

【バイアスピリン錠の併用禁忌薬】

なし

バイアスピリン錠(アスピリン)の注意点

バイアスピリン錠(成分名:アスピリン)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【バイアスピリン錠を服用する際の注意点】

◆手術などの予定がある場合は相談する

理由:バイアスピリン錠を服用すると、出血しやすくなるため

 

◆アルコールと一緒に服用しない

理由:胃からの出血リスクが増大する可能性があるため

 

◆15歳未満の小児で水痘やインフルエンザの可能性がある場合は相談する

理由:ライ症候群が引き起こされる可能性があるため

 

◆妊婦で出産予定日が12週以内の場合は相談する

理由:母体や新生児へ悪影響を及ぼす可能性があるため

 

スポンサーリンク

バイアスピリン錠(アスピリン)の禁忌

以下に該当する人は、バイアスピリン錠(成分名:アスピリン)を服用してはいけない。

 

【バイアスピリン錠の禁忌】

◆バイアスピリン錠の成分又はサリチル酸系製剤に対し過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が悪い可能性があるため

 

◆消化性潰瘍のある人

理由:症状が悪化する可能性があるため

 

◆出血傾向のある人

理由:出血傾向を助長するおそれがあるため

 

◆アスピリン喘息の人またはアスピリン喘息にかかったことのある人

理由:喘息発作を誘発させうる可能性があるため

 

◆出産予定日12週以内の妊婦

理由:母体や新生児へ悪影響を及ぼす可能性があるため

 

◆低出生体重児,新生児又は乳児

理由:錠剤を飲み込むことができないため

 

バイアスピリン錠(アスピリン)の副作用

バイアスピリン錠(成分名:アスピリン)の主な副作用としては「出血しやすい」「吐き気」「腹痛」「食欲の低下」「発疹」などが報告されている。

 

【バイアスピリン錠の主な副作用】

◆出血しやすい

◆吐き気

◆腹痛

◆食欲の低下

◆発疹

 

またバイアスピリン錠(成分名:アスピリン)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【バイアスピリン錠の重大な副作用】

◆ショック、アナフィラキシー

症状:呼吸が苦しい,全身が赤くなる,血管浮腫,蕁麻疹など

 

◆出血

症状:出血しやすくなる

 

◆中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、はく脱性皮膚炎

症状:全身が赤くなる、皮膚のただれ、水ぶくれ、高熱、目が赤くなる、発疹、皮膚が剥がれ落ちるなど

 

◆再生不良性貧血、血小板減少、白血球減少

症状:疲労感、動悸、息切れ、出血しやすい、青あざができやすい、喉の痛み、発熱など

 

◆喘息発作

症状:咳、呼吸音の異常(ヒューヒュー、ゼーゼー)、呼吸が苦しいなど

 

◆肝機能障害,黄疸

症状:体がだるい、吐き気、食欲不振、皮膚・白目が黄色くなる等

 

◆消化性潰瘍,小腸・大腸潰瘍

症状:胃の痛み、食欲低下、吐き気、嘔吐、吐血、便に血が混じるなど

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること。

 

バイアスピリン錠(アスピリン)を飲み忘れたら

バイアスピリン錠(成分名:アスピリン)を飲み忘れたら、気づいた時に忘れた分の薬を服用する。

ただし次の服用時間が近い場合は、飲み忘れた分の薬は服用しなくて良い。

絶対に2回分の薬を1度に服用してはいけない。

>>> 他の抗血栓薬をチェックする

RELATED

-抗血栓薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.