アレルギー性疾患治療薬

セレスタミン配合錠の効果・特徴・副作用

投稿日:

スポンサーリンク

セレスタミン配合錠の効能・効果

セレスタミン配合錠(成分名:d-クロルフェニラミン/ベタメタゾン)は、第一世代抗ヒスタミン薬であるd-クロルフェニラミン(商品名:ポララミン)とステロイドであるベタメゾンが配合された抗アレルギー薬だ。

 

より簡単に言うと、セレスタミン配合錠(成分名:d-クロルフェニラミン/ベタメタゾン)は「鼻水、くしゃみ、湿疹、皮膚のかゆみなどを抑える薬」ということである。

 

【セレスタミン配合錠の効能・効果】

1:蕁麻疹(慢性例を除く)

2:湿疹・皮膚炎群の急性期及び急性増悪期

3:薬疹

4:アレルギー性鼻炎

 

セレスタミン配合錠の作用機序

常、ヒトの免疫は、病原性のあるウイルスや細菌に対して反応する。

しかし何らかの原因により、花粉やホコリを始めとする病原性が特にないものに対しても、免疫が過剰に反応してしまうことがある。

 

これが「アレルギー」だ。

花粉に対する免疫の過剰反応を「花粉症」、ホコリ対する過剰反応を「ハウスダスト」と呼ぶ。

 

【アレルギーとは?】

→花粉やほこりなど病原性が特にないものに対しても、免疫が過剰に反応する

 

前述の通り、セレスタミン配合錠(成分名:d-クロルフェニラミン/ベタメタゾン)は、d-クロルフェニラミン(商品名:ポララミン)とベタメゾンが配合された薬だ。

そのため、2つの作用機序から抗アレルギー作用を示す。

 

d-クラルフェニラミンの作用機序

アレルギー症状の原因物質が「ヒスタミン」だ。

このヒスタミンは、肥満細胞から放出される。

 

より具体的に言うと、肥満細胞が花粉やホコリを認識し、それがキッカケとなりヒスタミンが放出されるのだ。

そして放出されたヒスタミンが「H₁受容体」に結合すると、アレルギー症状が現れるようになる。

 

【アレルギーの発症機序】

1: 花粉などの抗原が体内に入る

2: 肥満細胞が抗原(花粉・ほこり等)を認識

3: ヒスタミンを放出

4:花粉症などのアレルギー症状がでる

 

 

ここから分かることは、放出されたヒスタミンがH₁受容体に結合しないようにすれば、アレルギー症状を抑えられるということだ。

 

抗ヒスタミン薬 作用機序

 

このような作用機序により、アレルギー症状を抑えるのがd-クロルフェニラミン(商品名:ポララミン)だ。

つまりd-クロルフェニラミン(商品名:ポララミン)は、ヒスタミンがH₁受容体に結合しないようにすることによって、花粉症や蕁麻疹を始めとするアレルギー症状を抑えるのである。

 

ベタメゾンの作用機序

ベタメタゾンは、免疫反応を抑制する作用をもつ。

体の外から有害な物質が侵入してきた時、免疫反応はそれらを撃退する役目を果たしている。

 

例えば体の中に細菌が侵入してき場合、侵入してきた細菌を即座に攻撃して、体に悪影響が出ないよう守ってくれているのだ。

 

しかし免疫は、無害な物質であっても間違えて攻撃してしまうことがある。

これがいわゆるアレルギー症状だ。

 

例えば花粉症を引き起こす花粉は無害な物質である。

それにも関わらず、免疫システムが花粉を「有害である」と認識をしてしまうため、鼻水・くしゃみなどのアレルギー症状が現れてしまう。

 

ここから分かることは、免疫機能の働きを抑制できれば、花粉症を始めとするアレルギー症状を改善できるということである。

 

このような作用機序により、アレルギー症状を和らげるのがベタメタゾンだ。

つまりベタメタゾンは、免疫機能を抑制することによりアレルギー症状を抑えるのである。

 

スポンサーリンク

セレスタミン配合錠の特徴

セレスタミン配合錠(成分名:d-クロルフェニラミン/ベタメタゾン)には、以下のような特徴がある。

抗ヒスタミン薬とステロイドの配合剤

セレスタミン配合錠(成分名:d-クロルフェニラミン/ベタメタゾン)は、抗ヒスタミン成分であるd-クロルフェニラミン(商品名:ポララミン)とステロイドであるベタメゾンが配合された薬だ。

 

d-クロルフェニラミンはH₁受容体に作用することにより、ベタメタゾンは免疫機能を抑制することによりアレルギー症状を抑える。

2つの有効成分によりアレルギー症状を抑えるため、効果は強めである。

 

シロップタイプも販売されている

セレスタミン配合錠(成分名:d-クロルフェニラミン/ベタメタゾン)は錠剤タイプだけでなく、「シロップタイプ」も販売されている。

シロップタイプは錠剤を飲み込むのが難しい小児に対して使われることが多い。

 

眠気の副作用がでやすい

セレスタミン配合錠の有効成分である「d-クロルフェニラミン」は、第一世代抗ヒスタミン薬に分類される。

第一世代抗ヒスタミン薬は、有効成分が脳内へ到達しやすいという特徴があるため、眠気の副作用が出やすい。

 

緑内障や前立腺肥大症の人に禁忌

セレスタミン配合錠(成分名:d-クロルフェニラミン/ベタメタゾン)は、「緑内障」や「前立腺肥大症」の人に使用できない。

 

これはセレスタミン配合錠(成分名:d-クロルフェニラミン/ベタメタゾン)の抗コリン作用によって、これらの症状が悪化する可能性があるためである。

「口が渇く」、「尿が出にくい」、「便秘」などの副作用もあるので、特に高齢者が服用する場合は注意が必要となっている。

 

長期間にわたっての投与は避ける

セレスタミン配合錠(成分名:d-クロルフェニラミン/ベタメタゾン)には、有効成分としてステロイドが含まれている。

ステロイドは長期服用により免疫力の低下、血糖値の上昇などが引き起こされることがある

そのため、長期間の投与は避けることが望ましい。

 

インペアード・パフォーマンスに注意

セレスタミン配合錠の有効成分の1つあるd-クロルフェニラミン(商品名:ポララミン)の最も重要な副作用の1つとして「インペアード・パフォーマンス」がある。

インペアード・パフォーマンスとは、簡単に言うと「自覚しにくい集中力・判断力の低下」である。

 

インペアード・パフォーマンスは、脳内受容体占拠率が高ければ高いほど起こりやすいと言われている。

10%以下であれば非鎮静性に属し、インペアード・パフォーマンスは起こりにくい。

 

【脳内受容体占拠率】

10%以下:非鎮静性

10-50%:軽度鎮静性

50%以上:鎮静性

 

d-クロルフェニラミン(商品名:ポララミン)の脳内受容体占拠率は50%以上である。

そのためセレスタミン配合錠は、インペアード・パフォーマンスが起こりやすい薬と言える。

 

勝手に服用を中止してはいけない

セレスタミン配合錠(成分名:d-クロルフェニラミン/ベタメタゾン)は、自己判断で勝手に服用を中止してはいけない。

なぜかというと、セレスタミン配合錠(成分名:d-クロルフェニラミン/ベタメタゾン)の服用を急に止めると、「頭痛」や「発熱」、「脱力感」、「筋肉痛」などが現れる可能性があるためである。

 

予防接種をする際は主治医に相談する必要がある

セレスタミン配合錠(成分名:d-クロルフェニラミン/ベタメタゾン)の服用中に予防接種をする場合は、主治医に相談する必要がある。

これはステロイドを服用している人へのワクチン接種で、予防接種の効果が弱まったり、神経障害が現れることがあるためである。

 

水痘・麻疹に注意

セレスタミン配合錠(成分名:d-クロルフェニラミン/ベタメタゾン)を服用中に、水痘(水ぼうそう)または麻疹(はしか)に感染すると、致命的な経過をたどることがある。

そのため水痘や麻疹のような症状が現れた場合は、速やかに受診しなければならない。

 

セレスタミン配合錠の飲み方

通常、セレスタミン配合錠(成分名:d-クロルフェニラミン/ベタメタゾン)は、以下の量を服用する。

 

【セレスタミン配合錠の用法・用量】

1回の服用量:1〜2錠

1日の服用回数:1~4回

1日の最大服用量:年齢、症状により適宜増減

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

セレスタミン配合錠の飲み合わせ

セレスタミン配合錠(成分名:d-クロルフェニラミン/ベタメタゾン)には、絶対に一緒に服用してはいけない併用禁忌となる薬はない。

 

【セレスタミン配合錠の併用禁忌薬】

なし

 

ただしセレスタミン配合錠(成分名:d-クロルフェニラミン/ベタメタゾン)の服用中に飲酒すると、薬の作用が強く現れる可能性がある。

そのためセレスタミン配合錠(成分名:d-クロルフェニラミン/ベタメタゾン)服用中は、飲酒を控えなければならない。

セレスタミン配合錠の注意点

セレスタミン配合錠(成分名:d-クロルフェニラミン/ベタメタゾン)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【セレスタミン配合錠を服用する際の注意点】

◆車の運転を始めとする危険を伴う機械の操作は控える

理由:眠気を生じる可能性があるため

 

◆緑内障、前立腺肥大などがある人は相談する

理由:これらの症状を悪化させるおそれがあるため

 

◆自己判断で服用を中止しない

理由:服用を急にやめると、発熱や頭痛、脱力感、筋肉痛、食欲低下などの症状が現れる可能性があるため

 

◆予防接種をする場合は相談する

理由:ステロイド服用中のワクチン接種により、神経障害や免疫反応の欠如が報告されているため

 

◆水痘または麻疹の感染を避ける

理由:ステロイド服用中に、水痘または麻疹を発症する可能性があるため

 

◆アルコールを控える

理由:薬の作用が強く現れる可能性があるため

 

スポンサーリンク

セレスタミン配合錠の禁忌

以下に該当する人は、セレスタミン配合錠(成分名:d-クロルフェニラミン/ベタメタゾン)を服用してはいけないことになっている。

 

【セレスタミンの禁忌】

◆他の治療法によって十分に治療効果が期待できる場合

理由:継続して使うことにより、副作用の発現可能性が高くなるため

 

◆セレスタミンの成分に対し過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が良くない可能性があるため

 

◆緑内障の人

理由:症状が悪化する可能性があるため

 

◆前立腺肥大等下部尿路に閉塞性疾患のある人

理由:症状が悪化する可能性があるため

 

また以下に該当する場合、特に必要であれば慎重に投与することは可能だが、投与しないことを原則とする。

 

【セレスタミンの原則禁忌】

◆有効な抗菌剤の存在しない感染症、全身の真菌症の人

理由:免疫機能抑制作用により、感染症の症状が悪化することがあるため

 

◆結核性疾患の人

理由:免疫機能抑制作用により、結核性疾患の症状が悪化することがあるため

 

◆消化性潰瘍の人

理由:胃酸分泌の促進、肉芽組織増殖抑制作用により、潰瘍の症状が悪化又は治るのが遅れることがあるため

 

◆精神病の人

理由:中枢神経系に影響することにより、精神病の症状が悪化することがあるため

 

◆単純疱疹性角膜炎の人

理由:免疫機能抑制作用により、単純疱疹性角膜炎の症状が悪化することがあるため

 

◆後白内障の患者

理由:水晶体線維に影響し、後白内障の症状が悪化することがあるため

 

◆高血圧症の患者

理由:水及び電解質代謝作用により、高血圧症の症状が悪化することがあるため

 

◆電解質異常のある患者

理由:電解質代謝作用により、電解質異常の症状が悪化することがあるため

 

◆血栓症の人

理由:血液凝固促進作用により、血栓症の症状が悪化することがあるため

 

◆最近行った内臓の手術創(傷口)のある人

理由:傷口の修復が遅れることがあるため

 

◆急性心筋梗塞を起こした人

理由:ステロイドにより、心破裂を起こしたとの報告があるため

 

セレスタミン配合錠の副作用

セレスタミン配合錠(成分名:d-クロルフェニラミン/ベタメタゾン)の主な副作用としては、「眠気」、「口が渇く」、「食欲不振」、「気持ちが悪い」、「嘔吐」、「心悸亢進(動悸)」、「浮腫(むくみ)」、「筋肉痛」、「頭痛・めまい」、「血圧上昇」などが報告されている。

 

【セレスタミン配合錠の主な副作用】

◆眠気

◆口が渇く

◆食欲不振

◆気持ちが悪い

◆嘔吐

◆心悸亢進(動悸)

◆浮腫(むくみ)

◆筋肉痛

◆頭痛・めまい

◆血圧上昇

 

またセレスタミン配合錠(成分名:d-クロルフェニラミン/ベタメタゾン)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【セレスタミン配合錠の重大な副作用】

◆誘発感染症、感染症の増悪

症状:ステロイド成分の投与による免疫低下によって感染症が引き起こされる、感染症の症状が悪化するなど

 

続発性副腎皮質機能不全、糖尿病、急性副腎不全

症状:副腎皮質ホルモンの分泌量低下、血糖値の上昇、体がだるい、体重減少、食欲低下など

 

消化性潰瘍、膵炎

症状:胃の痛み、吐き気、嘔吐、下痢など

 

精神変調、うつ状態、痙攣、錯乱

症状:気分が落ち込む、けいれん、思考が混乱するなど

 

骨粗鬆症、ミオパシー、大腿骨及び上腕骨等の骨頭無菌性壊死

症状:骨の密度が低くなる、筋肉のこわばり・筋力の低下、股関節・腕などに痛みを感じるなど

 

◆緑内障、後嚢白内障

症状:視野が狭くなる、視界がかすむ、視力の低下など

 

◆血栓症

症状:血管に血の塊(血栓)が詰まる

 

◆再生不良性貧血、無顆粒球症

症状:頭痛、体がだるい、胸の痛み、発熱、喉の痛み、出血しやすいなど

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること

 

セレスタミン配合錠を飲み忘れたら

セレスタミン配合錠(成分名:クロルフェニラミン/ベタメタゾン)を飲み忘れたら、気づいた時にすぐ服用する。

ただし次の服用時間が近い場合は、服用しなくて良い。

絶対に2回分を1度に服用してはいけない。

>>> 他のアレルギー性疾患治療薬をチェックする

RELATED

-アレルギー性疾患治療薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.