アレルギー性疾患治療薬

クラリチン錠(ロラタジン)の効果・特徴・副作用

投稿日:

スポンサーリンク

クラリチン錠(ロラタジン)の効能・効果

クラリチン錠(成分名:ロラタジン)は、第二世代抗ヒスタミン薬に分類される抗アレルギー薬だ。

より簡単に言うと、クラリチン錠(成分名:ロラタジン)は「鼻水、くしゃみ、湿疹、皮膚のかゆみなどを抑える薬」ということである。

 

【クラリチン錠の効能・効果】

1:アレルギー性鼻炎

2:蕁麻疹

3:皮膚疾患(湿疹・皮膚炎,皮膚そう痒症)に伴うそう痒

 

クラリチン錠(ロラタジン)の作用機序

通常、ヒトの免疫は、病原性のあるウイルスや細菌に対して反応する。

しかし何らかの原因により、花粉やホコリを始めとする病原性が特にないものに対しても、免疫が過剰に反応してしまうことがある。

 

これが「アレルギー」だ。

花粉に対する免疫の過剰反応を「花粉症」、ホコリ対する過剰反応を「ハウスダスト」と呼ぶ。

 

【アレルギーとは?】

→花粉やほこりなど病原性が特にないものに対しても、免疫が過剰に反応する

 

アレルギー症状の原因物質が「ヒスタミン」だ。

このヒスタミンは、肥満細胞から放出される。

 

より具体的に言うと、肥満細胞が花粉やホコリを認識し、それがキッカケとなりヒスタミンが放出されるのだ。

そして放出されたヒスタミンが「H₁受容体」に結合すると、アレルギー症状が現れるようになる。

 

【アレルギーの発症機序】

1: 花粉などの抗原が体内に入る

2: 肥満細胞が抗原(花粉・ほこり等)を認識

3: ヒスタミンを放出

4:花粉症などのアレルギー症状がでる

 

 

ここから分かることは、放出されたヒスタミンがH₁受容体に結合しないようにすれば、アレルギー症状を抑えられるということだ。

 

抗ヒスタミン薬 作用機序

 

このような作用機序により、アレルギー症状を抑えるのがクラリチン錠(成分名:ロラタジン)だ。

つまりクラリチン錠(成分名:ロラタジン)は、ヒスタミンがH₁受容体に結合しないようにすることによって、花粉症や蕁麻疹を始めとするアレルギー症状を抑えるのである。

 

スポンサーリンク

クラリチン錠(ロラタジン)の特徴

クラリチン錠(成分名:ロラタジン)には、以下のような特徴がある。

第二世代の抗ヒスタミン薬

抗ヒスタミン薬は、「第一世代」と「第二世代」に分類できる。

(違いについては、以下の記事が詳しい)

>>> 第一世代抗ヒスタミン薬と第二世代抗ヒスタミン薬の違い・比較

 

その中でもクラリチン錠(成分名:ロラタジン)は、第二世代の抗ヒスタミン薬に属する。

第二世代抗ヒスタミン薬の大きな特徴としては、「眠気の副作用が少ない」ことが挙げられる。

これは、薬が脳へ到達しにくいためだ。

 

クラリチン錠(成分名:ロラタジン)は、第二世代抗ヒスタミン薬の中でも特に眠気が出にくく、添付文書(薬の説明書)には、自動車の運転を始めとする危険を伴う機械の操作に対する注意喚起の記載がない。

 

また第二世代抗ヒスタミン薬は、第一世代抗ヒスタミン薬に比べると、鼻づまりを改善する効果が高いとの報告がある。

 

1日1回の服用で効く

一般的に抗ヒスタミン薬は、1日2回の服用が必要なものが多い。

しかしクラリチン錠(成分名:ロラタジン)は、1日1回の服用で効果を期待できる。

>>> 病院で処方される主な花粉症薬(第2世代抗ヒスタミン薬)の違い・比較

 

レディタブ錠が販売されている

クラリチン(成分名:ロラタジン)には普通錠の他に、レディタブ錠が販売されている。

レディタブ錠とは、口の中で速やかに溶けるタイプの薬だ。

レディタブ錠は「高齢者」や「錠剤を飲みこむのが難しい人」に適した薬である。

 

インペアード・パフォーマンスに注意

クラリチン錠(成分名:ロラタジン)を始めとする抗ヒスタミン薬の最も重要な副作用の1つとして「インペアード・パフォーマンス」がある。

インペアード・パフォーマンスとは、簡単に言うと「自覚しにくい集中力・判断力の低下」である。

 

インペアード・パフォーマンスは、脳内受容体占拠率が高ければ高いほど起こりやすいと言われている。

10%以下であれば非鎮静性に属し、インペアード・パフォーマンスは起こりにくい。

 

【脳内受容体占拠率】

10%以下:非鎮静性

10-50%:軽度鎮静性

50%以上:鎮静性

 

クラリチン錠(成分名:ロラタジン)の脳内受容体占拠率は約10%である。

そのためクラリチン錠(成分名:ロラタジン)は、同じタイプの薬の中でもインペアード・パフォーマンスが起こりにくいと言える。

 

クラリチン錠(ロラタジン)の飲み方

通常、クラリチン錠(成分名:ロラタジン)は、以下の量を服用する。

 

【クラリチン錠の用法・用量】

1回の服用量:10mg

1日の服用回数:1回(食後に服用)

1日の最大服用量:年齢・症状により適宜増減

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

クラリチン錠(ロラタジン)の飲み合わせ

クラリチン錠(成分名:ロラタジン)には、絶対に一緒に服用してはいけない併用禁忌となる薬はない。

 

【クラリチン錠の併用禁忌薬】

なし

[ad#ad-up]

クラリチン錠(ロラタジン)の注意点

クラリチン錠(成分名:ロラタジン)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【クラリチン錠を服用する際の注意点】

◆自己判断で服用を中止せず、継続して服用する

理由:効果が現れるまでに2〜4週間かかるため

 

スポンサーリンク

クラリチン錠(ロラタジン)の禁忌

以下に該当する人はクラリチン錠(成分名:ロラタジン)を服用してはいけないことになっている。

 

【クラリチン錠の禁忌】

◆クラリチン錠の成分に対し過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が良くない可能性があるため

 

クラリチン錠(ロラタジン)の副作用

クラリチン錠(成分名:ロラタジン)の主な副作用としては、「眠気」、「腹痛」、「口の渇き」、「便秘」、「体がだるい」、「吐き気」などが報告されている。

 

【クラリチン錠の主な副作用】

◆眠気

◆腹痛

◆口の渇き

◆便秘

◆体がだるい

◆吐き気

 

またクラリチン錠(成分名:ロラタジン)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【クラリチン錠の重大な副作用】

◆ショック、アナフィラキシー

症状:血圧低下、呼吸困難、喉頭浮腫(のどぼとけ周辺の腫れ)など

 

◆肝機能障害、黄疸

症状:体がだるい、吐き気、食欲不振、皮膚・白目が黄色くなるなど

 

◆てんかん

症状:けいれん、意識の消失など

 

◆痙攣

症状:けいれん

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること

 

クラリチン錠(ロラタジン)を飲み忘れたら

クラリチン錠(成分名:ロラタジン)を飲み忘れたら、気づいた時にすぐ服用する。

ただし次の服用時間が近い場合は、服用しなくて良い。

絶対に2回分を1度に服用してはいけない。

>>> 他のアレルギー性疾患治療薬をチェックする

RELATED

-アレルギー性疾患治療薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.