アレルギー性疾患治療薬

ディレグラ配合錠の効果・特徴・副作用

投稿日:

スポンサーリンク

ディレグラ配合錠の効能・効果

ディレグラ配合錠(成分名:フェキソフェナジン/プソイドエフェドリン)は、抗ヒスタミン成分であるフェキソフェナジン(商品名:アレグラ)と血管収縮剤であるプソイドエフェドリンが配合された抗アレルギー薬だ。

 

より簡単に言うと、ディレグラ配合錠(成分名:フェキソフェナジン/プソイドエフェドリン)は「鼻水、くしゃみ、鼻づまりなどの症状を抑える薬」ということである。

 

【ディレグラ配合錠の効能・効果】

1:アレルギー性鼻炎

 

ディレグラ配合錠の作用機序

通常、ヒトの免疫は、病原性のあるウイルスや細菌に対して反応する。

しかし何らかの原因により、花粉やホコリを始めとする病原性が特にないものに対しても、免疫が過剰に反応してしまうことがある。

 

これが「アレルギー」だ。

花粉に対する免疫の過剰反応を「花粉症」、ホコリ対する過剰反応を「ハウスダスト」と呼ぶ。

 

【アレルギーとは?】

→花粉やほこりなど病原性が特にないものに対しても、免疫が過剰に反応する

 

前述の通り、ディレグラ配合錠(成分名:フェキソフェナジン/プソイドエフェドリン)は、フェキソフェナジン(商品名:アレグラ)とプソイドエフェドリンが配合された薬だ。

そのため、2つの作用機序からアレルギー性鼻炎を改善する。

 

フェキソフェナジンの作用機序

アレルギー症状の原因物質が「ヒスタミン」だ。

このヒスタミンは、肥満細胞から放出される。

 

より具体的に言うと、肥満細胞が花粉やホコリを認識し、それがキッカケとなりヒスタミンが放出されるのだ。

そして放出されたヒスタミンが「H₁受容体」に結合すると、アレルギー症状が現れるようになる。

 

【アレルギーの発症機序】

1: 花粉などの抗原が体内に入る

2: 肥満細胞が抗原(花粉・ほこり等)を認識

3: ヒスタミンを放出

4:花粉症などのアレルギー症状がでる

 

 

ここから分かることは、放出されたヒスタミンがH₁受容体に結合しないようにすれば、アレルギー症状を抑えられるということだ。

 

抗ヒスタミン薬 作用機序

 

このような作用機序により、アレルギー症状を抑えるのがフェキソフェナジン(商品名:アレグラ)だ。

つまりフェキソフェナジン(商品名:アレグラ)は、ヒスタミンがH₁受容体に結合しないようにすることによって、花粉症や蕁麻疹を始めとするアレルギー症状を抑えるのである。

 

プソイドエフェドリンの作用機序

プソイドエフェドリンは、血管収縮薬に分類される鼻づまり(鼻閉)を改善する薬だ。

鼻づまりは鼻水によって引き起こされると思われがちだが、実は鼻の粘膜における血管が拡張することによって引き起こされている。

 

要するに鼻の粘膜における血管が拡張し、空気の通り道が狭まってしまうのだ。

その結果、鼻による呼吸がしづらくなってしまう。

 

ここから分かることは、鼻の粘膜における血管を収縮させれば空気の通り道が広くなるので、鼻づまりを改善できるということだ。

この血管を収縮させる働きをするのが、プソイドエフェドリンである。

 

スポンサーリンク

ディレグラ配合錠の特徴

ディレグラ配合錠(成分名:フェキソフェナジン/プソイドエフェドリン)には、以下のような特徴がある。

抗ヒスタミン薬と血管収縮剤の配合剤

ディレグラ配合錠(成分名:フェキソフェナジン/プソイドエフェドリン)は、抗ヒスタミン薬であるフェキソフェナジン(商品名:アレグラ)と血管収縮剤であるプソイドエフェドリンが配合された薬である。

 

鼻水、くしゃみなどに効果のあるフェキソフェナジン(商品名:アレグラ)は、鼻づまり(鼻閉)に対する効果が弱かった。

そこで鼻づまりを改善するプソイドエフェドリンを配合することにより、1つの薬で鼻水・くしゃみ・鼻づまりを改善することが可能となった。

 

空腹時に服用する必要がある

ディレグラ配合錠(成分名:フェキソフェナジン/プソイドエフェドリン)は、食後に服用すると効果が弱まってしまう。

そのため食後を避け、空腹時に服用しなければならない。

 

長期の服用には向いていない

ディレグラ配合錠(成分名:フェキソフェナジン/プソイドエフェドリン)は、2週間を超えて投与したときの有効性及び安全性は検討されていない。

そのため、長期の服用には向いていない薬と言える。

 

ディレグラ配合錠(成分名:フェキソフェナジン/プソイドエフェドリン)の服用は、鼻づまりの症状が強い時のみの最小限の期間にとどめ、鼻づまりが改善してきた場合には、速やかに抗ヒスタミン剤単独療法などへの切り替えを考慮することが望ましい。

 

徐放性剤

ディレグラ配合錠(成分名:フェキソフェナジン/プソイドエフェドリン)は、薬の有効成分が少しずつ放出されるように設計された「徐放製剤」だ。

そのため、半分に割ったり噛み砕いてしまうと、期待する薬の効果を得られなくなってしまうので注意が必要である。

 

糞便中にゴーストピルが排泄されることがある

ディレグラ配合錠(成分名:フェキソフェナジン/プソイドエフェドリン)は、糞便中に「ゴーストピル」が排泄されることがある。

ゴーストピルとは、薬の有効成分が放出された後の「薬の抜け殻」だ。

 

ゴーストピルは薬の入れ物に過ぎないので、糞便中に薬のようなものが排泄されていても心配する必要はない。

 

ディレグラ配合錠の飲み方

通常、ディレグラ配合錠(成分名:フェキソフェナジン/プソイドエフェドリン)は、以下の量を服用する。

 

【ディレグラ配合錠の用法・用量】

1回の服用量:2錠

1日の服用回数:2回(朝および夕の空腹時に服用)

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

ディレグラ配合錠の飲み合わせ

ディレグラ配合錠(成分名:フェキソフェナジン/プソイドエフェドリン)には、絶対に一緒に服用してはいけない併用禁忌となる薬はない。

 

【ディレグラ配合錠の併用禁忌薬】

なし

 

ただし制酸剤(胃酸を中和させる胃薬)を併用すると、有効成分の1つであるフェキソフェナジン(商品名:アレグラ)の吸収を低下させるとの報告があるので注意が必要である。

 

またグレープフルーツジュース、オレンジジュース、りんごジュースと一緒に服用することにより、フェキソフェナジン(商品名:アレグラ)の吸収率が落ち、抗アレルギー作用が弱まるとの報告がある。

[ad#ad-up]

ディレグラ配合錠の注意点

ディレグラ配合錠(成分名:フェキソフェナジン/プソイドエフェドリン)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【ディレグラ配合錠を服用する際の注意点】

◆噛み砕いて服用しない

理由:少しずつ薬の有効成分が放出されるように作られているため

 

◆グレープフルーツジュース、オレンジジュース、りんごジュースは控える

理由:効果が弱まるおそれがあるため

 

スポンサーリンク

ディレグラ配合錠の禁忌

以下に該当する人は、ディレグラ配合錠(成分名:フェキソフェナジン/プソイドエフェドリン)を服用してはいけないことになっている。

 

【ディレグラ配合錠の禁忌】

◆ディレグラ配合錠の成分および塩酸プソイドエフェドリンと化学構造が類似する化合物(エフェドリン塩酸塩またはメチルエフェドリン塩酸塩を含有する製剤)に対し過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が良くない可能性があるため

 

◆重症の高血圧の人

理由:症状が悪化する可能性があるため

 

◆重症の冠動脈疾患の人

理由:症状が悪化する可能性があるため

 

◆狭隅角緑内障の人

理由:症状が悪化する可能性があるため

 

◆尿閉(尿が出にくい)のある人

理由:症状が悪化する可能性があるため

 

◆交感神経刺激薬による不眠、めまい、脱力、振戦、不整脈等にかかったことのある人

理由:ディレグラ配合錠の有効成分の1つであるプソイドエフェドリンの作用が強く現れる可能性があるため

 

ディレグラ配合錠の副作用

ディレグラ配合錠(成分名:フェキソフェナジン/プソイドエフェドリン)の主な副作用としては「頭痛」、「発疹」、「疲労」、「口の渇き」が報告されている。

 

【ディレグラ配合錠の主な副作用】

◆頭痛

◆発疹

◆疲労

◆口の渇き

 

またディレグラ配合錠(成分名:フェキソフェナジン/プソイドエフェドリン)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【ディレグラ配合錠の重大な副作用】

◆ショック、アナフィラキシー

症状:呼吸困難、血圧低下、血管浮腫など

 

◆痙攣

症状:けいれん

 

◆肝機能障害、黄疸

症状:体がだるい、吐き気、食欲不振、皮膚・白目が黄色くなるなど

 

◆無顆粒球症、白血球減少、好中球減少

症状:発熱、喉の痛み、体がだるい、息切れなど

 

◆急性汎発性発疹性膿疱症

症状:発熱、紅斑(皮膚が赤くなる)、多数の小膿疱(うみ)など

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること

 

ディレグラ配合錠を飲み忘れたら

ディレグラ配合錠(成分名:フェキソフェナジン/プソイドエフェドリン)を飲み忘れたら、気づいた時にすぐ服用する。

ただし次の服用時間が近い場合は、服用しなくて良い。

絶対に2回分を1度に服用してはいけない。

>>> 他のアレルギー性疾患治療薬をチェックする

RELATED

-アレルギー性疾患治療薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.