アレルギー性疾患治療薬

デザレックス錠(デスロラタジン)の効果・特徴・副作用

投稿日:

スポンサーリンク

デザレックス錠(デスロラタジン)の効能・効果

デザレックス錠(成分名:デスロラタジン)は、第二世代抗ヒスタミン薬に分類される抗アレルギー薬だ。

より簡単に言うと、デザレックス錠(成分名:デスロラタジン)は「鼻水、くしゃみ、湿疹、皮膚のかゆみなどを抑える薬」ということである。

 

【デザレックスの効能・効果】

1:アレルギー性鼻炎

2:蕁麻疹

3:皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症)に伴うそう痒

 

デザレックス錠(デスロラタジン)の作用機序

通常、ヒトの免疫は、病原性のあるウイルスや細菌に対して反応する。

しかし何らかの原因により、花粉やホコリを始めとする病原性が特にないものに対しても、免疫が過剰に反応してしまうことがある。

 

これが「アレルギー」だ。

花粉に対する免疫の過剰反応を「花粉症」、ホコリ対する過剰反応を「ハウスダスト」と呼ぶ。

 

【アレルギーとは?】

→花粉やほこりなど病原性が特にないものに対しても、免疫が過剰に反応する

 

アレルギー症状の原因物質が「ヒスタミン」だ。

このヒスタミンは、肥満細胞から放出される。

 

より具体的に言うと、肥満細胞が花粉やホコリを認識し、それがキッカケとなりヒスタミンが放出されるのだ。

そして放出されたヒスタミンが「H₁受容体」に結合すると、アレルギー症状が現れるようになる。

 

【アレルギーの発症機序】

1: 花粉などの抗原が体内に入る

2: 肥満細胞が抗原(花粉・ほこり等)を認識

3: ヒスタミンを放出

4:花粉症などのアレルギー症状がでる

 

 

ここから分かることは、放出されたヒスタミンがH₁受容体に結合しないようにすれば、アレルギー症状を抑えられるということだ。

 

抗ヒスタミン薬 作用機序

 

このような作用機序により、アレルギー症状を抑えるのがデザレックス錠(成分名:デスロラタジン)だ。

つまりデザレックス錠(成分名:デスロラタジン)は、ヒスタミンがH₁受容体に結合しないようにすることによって、花粉症や蕁麻疹を始めとするアレルギー症状を抑えるのである。

 

スポンサーリンク

デザレックス錠(デスロラタジン)の特徴

デザレックス錠(成分名:デスロラタジン)には、以下のような特徴がある。

第二世代の抗ヒスタミン薬に属する

抗ヒスタミン薬は、「第一世代」と「第二世代」に分類できる。

(違いについては、以下の記事が詳しい)

>>> 第一世代抗ヒスタミン薬と第二世代抗ヒスタミン薬の違い・比較

 

その中でもデザレックス錠(成分名:デスロラタジン)は、第二世代の抗ヒスタミン薬に属する。

第二世代抗ヒスタミン薬の大きな特徴としては、「眠気の副作用が少ない」ことが挙げられる。

これは、薬が脳へ到達しにくいためだ。

 

デザレックス錠(成分名:デスロラタジン)は、第二世代抗ヒスタミン薬の中でも特に眠気が出にくく、添付文書(薬の説明書)には、自動車の運転を始めとする危険を伴う機械の操作に対する注意喚起の記載がない。

 

また第二世代抗ヒスタミン薬は、第一世代抗ヒスタミン薬に比べると、鼻づまりを改善する効果が高いとの報告がある。

 

デザレックスとクラリチンの違い

デザレックス錠(成分名:デスロラタジン)は、クラリチン錠(成分名:ロラタジン)を改良した薬である。

そのため両薬剤には違いがある。

 

1:プロドラッグかの違い

クラリチン錠(成分名:ロラタジン)はプロドラッグで、CYPで代謝されることにより、その効果を発揮する。

そのため他の薬との相互作用が問題となったり、肝機能障害の有無によって期待する効果を得られないことがあった。

>>> アンテドラッグとプロドラッグの違い-それぞれの作用と代表的な薬-

 

しかしデザレックス錠(成分名:デスロラタジン)はプロドラッグではなく、他の薬剤との相互作用の心配が少なく、肝機能による影響も受けにくい。

高齢者や併用薬の多い患者にとっては、比較的使いやすい薬と言える。

 

2:最高血中濃度到達時間・半減期の違い

最高血中濃度到達時間(T max)はクラリチン錠(成分名:ロラタジン)が1.2時間に対し、デザレックス錠(成分名:デスロラタジン)は3時間となっている。

また半減期はクラリチン錠(成分名:ロラタジン)が7.8時間に対し、デザレックス錠(成分名:デスロラタジン)は27時間である。

 

3:受容体親和性の違い

デザレックス錠(成分名:デスロラタジン)のH₁受容体親和性は、クラリチン錠(成分名:ロラタジン)よりも高いことが分かっている。

 

4:用法の違い

クラリチン錠(成分名:ロラタジン)は夕食後に服用する薬だが、デザレックス錠(成分名:デスロラタジン)は服用タイミングの指定がない。

食後の服用でも良いし、就寝前の服用でも問題ない。

 

デザレックス錠(デスロラタジン)の飲み方

通常、デザレックス錠(成分名:デスロラタジン)は、以下の量を服用する。

 

【デザレックス錠の用法・用量】

1回の服用量:5mg

1日の服用回数:1回

 

*あくまでも原則の用法・用量なので、主治医から指示された通りに服用すること

 

スポンサーリンク

デザレックス錠(デスロラタジン)の飲み合わせ

デザレックス錠(成分名:デスロラタジン)には、絶対に一緒に服用してはいけない併用禁忌となる薬はない。

 

【デザレックス錠の併用禁忌薬】

なし

デザレックス錠(デスロラタジン)の注意点

デザレックス錠(成分名:デスロラタジン)を服用する際は、以下の点に注意する必要がある。

 

【デザレックス錠を服用する際の注意点】

◆自己判断で服用を中止せず、継続して服用する

理由:効果が現れるまでに2〜4週間かかるため

 

スポンサーリンク

デザレックス錠(デスロラタジン)の禁忌

以下に該当する人は、デザレックス錠(成分名:デスロラタジン)を服用してはいけないことになっている。

 

【デザレックス錠の禁忌】

◆デザレックス錠の成分またはロラタジンに対し過敏症(アレルギー)のある人

理由:体質的に相性が良くない可能性があるため

 

デザレックス錠(デスロラタジン)の副作用

デザレックス錠(成分名:デスロラタジン)の主な副作用としては、「ウトウトする」などが報告されている。

 

【デザレックス錠の主な副作用】

◆ウトウトする

 

またデザレックス錠(成分名:デスロラタジン)には、以下の重大な副作用が報告されている。

 

【デザレックス錠の重大な副作用】

◆ショック、アナフィラキシー

症状:呼吸困難、血圧低下、血管浮腫など

 

◆てんかん

症状:けいれん、意識の消失など

 

痙攣

症状:けいれん

 

◆肝機能障害、黄疸

症状:体がだるい、吐き気、食欲不振、皮膚・白目が黄色くなるなど

 

*副作用のような症状が現れた場合は、速やかに主治医に相談すること

 

デザレックス錠(デスロラタジン)を飲み忘れたら

デザレックス錠(成分名:デスロラタジン)を飲み忘れたら、気づいた時にすぐ服用する。

ただし次の服用時間が近い場合は、服用しなくて良い。

絶対に2回分を1度に服用してはいけない。

>>> 他のアレルギー性疾患治療薬をチェックする

RELATED

-アレルギー性疾患治療薬

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.