薬・働き方・プログラミングがメインテーマ

週刊 薬剤師日記

LIFE

会社に依存したくない薬剤師が知っておくべき「自分株式会社」という考え方

更新日:

 

Twitterをみていると「会社員として働くのはダサい」とか「好きなこと仕事にしたいからフリーランスになる」みたいな人たちが増えてきた。

 

おそらく、終身雇用の時代が終わり「会社に依存したくない」と考える人が増えてきたことの表れなのだと思う。

 

最初に断っておくと、僕はこういった考えに手放しで賛成するという立場ではない。

 

けど、会社や職業の寿命が短くなりつつあるこの時代においては、会社以外の収入源を確保しようとする姿勢はとても大事だと思う。

 

僕も薬剤師以外に、プログラミングしてアプリを作ったり、WEBサイトの運営をしたりして、薬剤師以外の収入がそこそこある。

 

そこでこの記事では、会社に依存したくない薬剤師が知っておくべき「自分株式会社」という考え方についてまとめてみた。

 

では本題へ。

 

 

スポンサーリンク

会社に依存したくない薬剤師は自分を株式会社と考えよう

 

自分株式会社という考え方を理解する上で知っておきたいのが「ポートフォリオ」だ。

 

ポートフォリオとは?

ポートフォリオとは投資でよく使われる用語で、「卵は一つのカゴに盛るな」と説明されることが多い。

 

一つのカゴに卵を盛っているとカゴを落とした時に全部の卵が割れてしまうけど、複数のカゴに卵を入れておけば全ての卵が割れることはない。

 

要するに、リスクヘッジをするために、特定の株だけに投資をするのではなく、複数の株に投資をしましょうという考え方だ。

 

この考え方は会社にも適用されている。(事業ポートフォリオと呼ぶ)

 

例えば、SONYは家電のイメージが強いかもしれないけど、エレクトロニクス事業の他にも、PlayStationのようなエンターテインメント事業、ソニー銀行のような金融事業を行なっている。

 

このように1つの事業に集中してリソースを割くのではなく、経営資源を適切に配分することにより、1つの事業がダメになったとしても他の事業があるのでダメージをある程度軽減できるようになる。

 

これがポートフォリオという考え方だ。

 

ポートフォリオを自分に適用させたものが自分株式会社

このポートフォリオを自分自身に適用させたのが「自分株式会社」という考え方だ。

 

例えば、僕の場合だったらtomoyuki kato株式会社となる。

で、tomoyuki kato株式会社の経営者は僕自身だ。

 

自分株式会社の具体例

まずtomoyuki kato株式会社は、薬剤師事業しかしていないと仮定しよう。

 

この場合、tomoyuki kato株式会社のリソースは以下のように配分されていることになる。

 

【tomoyuki kato株式会社】

薬剤師事業:100%

 

薬剤師事業しかしていない場合は、当然ながらtomoyuki kato株式会社は薬剤師事業に100%リソースを注いでいることになる。

 

つまり、この状態ではポートフォリオとして成り立っていない。

 

例えば、長時間労働を強いられる店舗への異動や、パワハラ上司のもとで働くことになった場合、薬剤師事業にフルコミットしているtomoyuki kato株式会社は大きくダメージを受けてしまう。

 

ダメージを軽減するためにリソースを分散させる

こうならないために、tomoyuki kato株式会社は何をすべきかというと、薬剤師事業以外の何かを始めることだ。

そこで、残業をやめて早く帰り、WEBメディア運営事業を始めたとしよう。

 

そうすると、以下のようにtomoyuki kato株式会社のリソースは分散されることになる。

 

【tomoyuki kato株式会社】

薬剤師事業:60%

webメディア運営事業:40%

 

このようにリソースが分散されると、tomoyuki kato株式会社は薬剤師事業でダメージを受けたとしても、薬剤師事業にフルコミットしている時よりかはかなりマシになる。

 

長時間労働を強いられる店舗への異動や、パワハラ上司のもとで働くことになった場合でも、薬剤師事業から撤退するという選択肢を持てるからだ。

 

tomoyuki kato株式会社の経営者は通訳案内士資格を持っているので、さらに外国人観光客向けの通訳案内業に参入したとしよう。

 

そうすると、さらにリスクは分散されることになる。

 

【tomoyuki kato株式会社】

薬剤師事業:45%

webメディア運営事業:35%

通訳案内事業:20%

 

 

薬剤師が自分株式会社を適用させるメリット・デメリット

薬剤師が自分株式会社を適用させるメリット・デメリット

 

次に薬剤師が自分株式会社という考え方を適用させるメリット・デメリットについて解説する。

 

薬剤師が自分株式会社という考え方を適用させるメリット

メリットとしては、以下のようなことが考えられる。

 

メリット1:会社への精神的依存度を下げやすい

メリットの1つ目が、会社への精神的依存度を下げられるということだ。

 

自分株式会社の話を聞いて「ただ副業をやってリスクヘッジしてるだけじゃねーか」と思った人もいるかもしれない。

 

たしかにその通りなのだけど、副業を「生活の足しになればいいな」と捉えているのと、「薬剤師をやっているのは、自分株式会社の事業の一つに過ぎない」と捉えているかでは大きな違いがあると思う。

 

「生活の足しになればいいな」くらいの考えだと、どんなに理不尽なことがあったとしても逃げるという選択肢を取りづらいけど、「薬剤師事業はあくまでも事業の1つ」という捉え方をしていれば、会社への精神的依存度が低いので撤退という選択肢を取りやすい。

 

近年、過労死とかメンタル系疾患が問題になることが多いけど、これは会社への精神的依存度が高すぎるがゆえに生じやすくなるのだと思う。

 

自分株式会社という考え方は、こういったリスクを回避し、人生を充実させる上で非常に有効なはずだ。

 

メリット2:視野が広がる

メリットの2つめが視野が広がるということ。

 

自分株式会社の考え方を適用すると、薬剤師以外にも仕事をするようになるので視野が広がりやすくなる。

 

例えば、僕はプログラミングをやるのだけど、プログラマの美徳の1つに「Laziness(怠惰)」というものがある。

 

要するに、「面倒な仕事は効率化してうまくサボろうぜ」ってことなんだけど、プログラミングを本格的にやる前は強く意識したことがなかったので、初めてLazinessの考えを知った時は、けっこう衝撃だった。

 

「学生時代のスティーブ・ジョブズがカリグラフィの講義にたまたま潜り込んだことが、Macに美しい書体を実装させるキッカケになった」なんて話もある。

 

このように分野を超えてチャレンジし、自分にとって新鮮な考え方に触れるメリットはかなり大きいように思う。

 

薬剤師が自分株式会社という考え方を適用させるデメリット

個人的にはデメリットよりもメリットの方が格段に大きいのだけど、考えられるデメリットとしては以下のようなことがある。

 

デメリット1:副業禁止の職場が多い

1つ目のデメリットが「副業禁止の職場が多い」ということ。

 

この記事を書いている僕は絶賛転職活動中なのだが、転職コンサルタントによると副業禁止の会社の方がまだまだ多数派のようだ。

 

なので、選べる職場の幅が狭まってしまいがちだ。

 

会社に副業がバレるキッカケは、たぶん住民税だと思う。

会社員の場合、特別徴収という方法で住民税を取られるのだけど、副業である程度稼いでいると住民税がアップしてバレてしまうのだ。

 

そこで確定申告の際に、普通徴税という方法で住民税を納めればバレにくくなる。

 

とは言っても、バレると色々と面倒なので、副業禁止の会社で副業するのは個人的にはオススメしない。

 

そもそも「副業がバレる・バレない」という考えはおかしくて、日本国憲法では「職業選択の自由」が保証されているので、会社の副業禁止規定は明らかに憲法違反である。

 

このように「副業する自由」は平等に与えられているのだけど、なぜか「憲法よりも就業規則の方が重要」と考えている人が多いからだ。

 

なので、副業をやりたいのであれば、副業を認めている職場に転職することを推奨したい。

 

転職サイトの利用を考えている場合は、以下の記事にメリット・デメリットをまとめたのでチェックしてほしい。

>> 薬剤師が転職サイトを使うメリット・デメリット-実体験を赤裸々に語る-

 

デメリット2:薬剤師として中途半端になる

デメリット2が「薬剤師として中途半端になる」ことだ。

 

当たり前だけど、自分株式会社という考え方では、薬剤師事業にフルコミットしないことになる。

 

リソースが分散されるので、薬剤師に特化している人より薬剤師としての能力が落ちてしまう。

 

これは「自分がどう生きたいか」という哲学的な問題なので、確実にこれ!という明確な答えはない。

自分で考える必要がある。

 

僕は「人生一度しかないので、薬剤師以外の仕事もやりたい」と思っているけど、「薬剤師たるもの薬剤師業を極めるべし」という考え方も正しい。

 

なので、1度じっくりと考えてみるのがオススメだ。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

最後に要点を少しだけまとめておく。

 

【自分株式会社】

ポートフォリオの考えを自分自身に適用させたもの

 

Ex

薬剤師事業:50%

webメディア運営事業:40%

通訳案内事業:10%

 

【自分株式会社のメリット】

  • 会社への精神的依存度を下げやすい
  • 視野が広がる

【自分株式会社のデメリット】

  • 副業禁止の職場が多い
  • 薬剤師として中途半端になる

 

参考になれば嬉しい。

では。

 

RELATED

-LIFE

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2019 All Rights Reserved.