ライフスタイル

薬剤師を辞めて語学留学した話

投稿日:

僕は以前、薬剤師を辞めてフィリピンへ語学留学をしたことがある。

 

仕事を辞めて留学してきたという話をすると「実は仕事を辞めて留学しようかなぁと思ってるんですよね」と留学を考えている薬剤師に相談されることがちょくちょくあるので、意外と留学を考えている薬剤師は多いのかもしれない。

 

そこで、この記事ではよく聞かれる質問についてまとめた。需要があるかは分からないが、留学を考えている薬剤師のお役に立てればなと思う。

[ad#ad-up]

スポンサーリンク

なぜ留学したのか

なぜ僕が薬剤師を辞めて留学したかと言うと、何か他のスキルを身につけ薬剤師以外の仕事も並行してやりたかったからだ。

 

僕はかなり飽きっぽい性格をしている。そのため、死ぬまでずっと薬剤師として働こうなんて1ミリも思えなかった。そこで、東京オリンピックもあることだし「通訳みたいな仕事もできたらなぁ」と思い、留学をして英語を本気で勉強することにしたのだ。

 

仕事を辞めることに不安はなかったか

「留学をするために仕事を辞めるのは不安がなかったのか?」という質問はかなり受ける。結論から言うと、不安は全くなかった。

 

というか薬剤師免許を持っている時点で、仕事を辞めることなんてほぼリスクなんてない。なぜなら薬剤師は売り手市場で、仕事なんていくらでもあるからだ。なぜ不安に思う必要があるのだろうか。

 

この判断は正解だったと思う。実際、留学後の転職活動では5つの会社の面接を受けたが、その全てから内定を貰うことができた。このように、仕事を辞めることなんて全くリスクはない。留学を本気で考えているのであれば、不安に思う必要は全くない。

 

スポンサーリンク

留学をして良かったこと

留学して良かったことも、よく聞かれる質問の1つだ。良かったことはたくさんあるのだけれど、最も留学して良かったと思えることは「語学力が上がった」ことと「面白い人たちにたくさん出会えた」ことだろう。

 

語学力が上がった

まず何と言っても語学力が上がったことが、1番大きな収穫だった。僕は留学を通して、TOEICの全受験者の上位3%にあたる900点を取得することができた。TOEIC900点は本当に強力で、転職活動時も好印象を得ることができ、面接を受けた会社すべてから内定を頂けた。

 

また留学する前は英語を喋ることに対する抵抗感が少しあったが、それがかなり薄まった。僕は観光地に住んでいるということもあり、外国人に道を尋ねられることがけっこうある。

 

留学前は外国人に話しかけられると、少しあたふたしてしまっていたのだが、留学後は道を尋ねられても、当たり前のように対応できるようになった。この変化には、とても感動したのを覚えている。

 

面白い人にたくさん出会えた

2つ目が今まで出会ったことがないような、面白い人たちにたくさん出会うことができたことだ。薬剤師という職業上、普段関わる人は医療従事者が多いわけだが、留学先で出会ったのは今まで接点のなかった世界の人ばかりだった。

 

弁護士、起業家、バックパッカーなど普通に仕事をしていたら出会わないであろう人たちと交流ができたのは、自分の視野を大きく広げてくれた。(1番ぶっ飛んでたのは、家がなかったため、数か月の間ナンパをして宿を確保して生活してた人)

 

これは本当に刺激的な経験で“あー、本当に仕事辞めて留学することにして良かったな”と確信できるほど貴重なものとなった。彼らとの交流を通して、自分のやりたいことをより明確にすることができたのは本当に大きい。

 

帰国後した今でも彼らとの交流は続いており、近況報告会などではとても刺激を頂いている。こういった多様性は、留学ならではメリットのように思う。

 

仕事を辞めて留学する時に気をつけたいこと

最後に仕事を辞めて留学する時に気をつけたいことについて言及しておこうと思う。これはよく聞かれることなのだが、かなり長くなってしまうため、僕が最も重要だと思う2つに絞って書いておく。

 

本気で留学する

まず1つめが、バカンス気分で留学するのではなく、必ず何かしら目に見える結果を留学を通して出すという意識を持って留学をした方が良いということだ。

 

留学にも色々とあって、バカンスを前面に押し出している留学もあれば、ちゃんと語学力を向上させたい人向けの本気留学もある。仕事を辞めて留学するのであれば「遊び」を前面に押し出している留学は避け、本気留学をした方が良いだろう

 

なぜかというと、目に見える結果がないと「こいつは海外で遊んできただけなんじゃないか」と思われるためだ。社会人の留学は学生の留学と違い、シビアに結果が求められる。

 

実際、留学をしに行ったは良いものの、大した収穫を得られずに帰国し、しばらく職を得ることができなかったという人を僕は知っている。(ただし薬剤師ではない) 薬剤師であれば職に困ることはないと思うが、留学での結果がなければ、面接の心証が良くないのは間違いない。

 

そのため「とりあえず留学すれば評価してもらえる」という考えは大間違いと思うべきだ。そんなに甘いものではない。留学するのであれば「私は留学を通して、語学力が向上しました。留学後のTOEICではスコアが○○点上がりました」というように、実際に結果が出たのだと証明できた方が良いだろう。

 

僕の場合はTOEICのスコアを指標として留学をし、最終的にはTOEIC900点に到達することができた。このようにちゃんと結果を出すことができたので、帰国後の転職活動時もかなり評価してもらうことができた。

 

留学をしたのに何も結果が出なかった場合、かなり悲惨である。そのため、遊びの留学は選ばず、本気でスキルを身に着けるための留学を選択して、今後のステップアップにつながるような時間にしてほしい。

 

まだ留学先が決まっていないようなら、とりあえず説明会に参加してみると良いだろう。かなりイメージが沸きやすくなると思う。また、ヨーク国際留学センターではオンラインでの留学の相談をすることもできる。

>>> ヨーク国際留学センター

 

留学前に転職サイトに登録しておく

もう1つが、あらかじめ転職サイトに登録してから留学するということだ。なぜかというと、帰国後にいざ転職活動を始めようとすると、なかなか気分が乗りにくいからだ。「1週間休んでから、転職活動を始めよう」と思っていると、あっという間に時間が過ぎていってしまう。

 

僕は自分の怠惰な性格を分かっていたので、あらかじめ転職サイトに登録し、スタッフの人に「○○月に帰国するので、○○月の半ばくらいに連絡をください」と伝えておいた。もちろん、ダラダラと転職活動を先延ばしにするのを防ぐためである。

 

これは本当に効果があって、あらかじめ登録をしておいて正解だったなと思った。ちゃんとスタッフの人が連絡をくれて、スムーズに転職活動を始めることができたからだ。帰国後に転職サイトの登録から始めてたら、と思うとちょっと怖くなる。

 

「自分は怠惰じゃないから大丈夫」という人は、こんなことをやる必要はないと思うのだが、怠け者だという自負のある人は半強制的に転職活動を始めることが出来るのでお勧めだ。

 

ちなみに僕はマイナビ薬剤師リクナビ薬剤師に登録して、2つのサイトから紹介してもらった求人を比較しながら転職活動をした。ただ、2つに登録するのは面倒だという人は、転職希望者との面談に力を入れているマイナビ薬剤師への登録だけで十分だと思う。

>>> マイナビ薬剤師 公式サイト

 

以上がよく聞かれる質問に対する僕の回答である。参考になれば嬉しく思う。

RELATED

-ライフスタイル

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.