薬・働き方・プログラミングがメインテーマ

週刊 薬剤師日記

Programing

【WordPress】アフィリエイトリンクを一括管理する簡単な方法【プラグインなし】

更新日:

 

WordPressにアフィリエイトリンクを直接貼っていると、貼り替えなければならなくなった時に非常にしんどいことになる。

 

なので、この記事ではプラグインなしでアフィリエイトリンクを一括管理する簡単な方法についてまとめてみた。

 

では本題へ。

 

 

スポンサーリンク

アフィリエイトリンクはショートコードにすると管理が楽になる

 

結論から言うと、アフィリエイトリンクはショートコード化して管理するのがオススメだ。

 

WordPressのショートコードとは?

ショートコードとは、投稿記事内に[ショートコード名]と記述することにより、ショートコードに格納された内容を出力できるコードのことだ。

 

ショートコードにアフィリエイトリンクを格納しておけば、[ショートコード名]と記述した箇所にアフィリエイトリンクを出力できるようになる。

 

アフィリエイトリンクをショートコード化するメリット

アフィリエイトリンクをショートコード化するメリットは、アフィリエイトリンクの管理が楽になるということだ

 

例えば、複数の記事に渡って直接アフィリエイトリンクを貼っていたとしよう。

その場合、アフィリエイトリンクを貼り替えなければならなくなった時、各ページ1つ1つ貼り直すハメになる。

 

このやり方は時間がかかるので、かなりしんどい。

 

しかし、ショートコードでアフィリエイトリンクを出力していた場合は、ショートコードの内容を書き換えるだけで、全ての記事のアフィリエイトリンクを一括で変更できる。

 

保守性と生産性が一気に増すのだ。

 

ショートコードを作る有料プラグインもあるのだけど、けっこう高い。

なので、ショートコードの作り方は知っておいても損はないと思う。

 

 

WordPressでショートコードを作る方法

WordPressでショートコードを作る方法

 

ショートコードを作るには、PHPというプログラミング言語で書く必要がある。

けど、コピペでOKなのでPHPの知識がなくてもショートコードを作ることは可能だ。

 

アフィリエイトリンクを出力するショートコードの書き方

以下のように、WordPressテーマのfunctions.phpに書き込もう

このコードをコピペすれば、アフィリエイトリンクを出力できるようになる。

 

function function_name() {
return 'アフィリエイトリンク';
}
add_shortcode('ショートコード名', '呼び出す関数名(function_name)');

 

ここでは、AmazonアフィリエイトのNintendo Switchのショートコードを作ると仮定して説明する。

 

まずは関数名を決める。

関数名はパッと見で分かるようにしておこう。

 

今回は、"switch"という関数名にする。

そうすると以下のようになる。

 

function switch() {
return 'アフィリエイトリンク';
}
add_shortcode('ショートコード名', 'switch');

 

次にアフィリエイトリンクを挿入する。

ここではhttps://switch-amazonというアフィリエイトリンクを挿入すると仮定しよう。

 

ただしURLだけだと不自然なので、「Nintendo SwitchをAmazonでチェックする」という文字列にhttps://switch-amazonへのリンクを挿入するとする。

 

この場合、以下のようにコードを書けば良い。

<a href="xxxxx">のxxxxxに飛ばしたいリンクを、<a href="xxxxx">zzzzz</a>のzzzzzに挿入したい文字列を書く。

 

function switch() {
return '<a href="https://switch-amazon">Nintendo SwitchをAmazonでチェックする</a>';
}
add_shortcode('ショートコード名', 'switch');

 

次にショートコード名を決める。

ショートコード名も分かりやすいものが良い。

 

僕は基本的に関数名と同じにしている。

なので、今回はswitchというショートコード名で良いだろう。

 

function switch() {
return 'https://switch-amazon';
}
add_shortcode('switch', 'switch');

 

以上でショートコードは完成だ。

 

これで[switch]と記事中に書くだけで、Nintendo SwitchをAmazonでチェックするというリンクが出力される。

 

以下のコードをfunctions.phpにコピペして、「関数名」、「ショートコード名」、「アフィリエイトリンク」を任意のものに書き換えればすぐに使える。

 

ぜひ使ってみてほしい。

 

function function_name() {
return 'アフィリエイトリンク';
}
add_shortcode('ショートコード名', '呼び出す関数名(function_name)');

 

WordPressでショートコードを作る時の注意点

最後に注意点について、簡単に書いておく。

 

ショートコードを書く場所は、functions.phpというけっこう重要なファイルである。

なので、バックアップを取った上でコードを書いたほうが良い。

 

あと僕はプログラミングもやるのだけど、普段はRubyという言語を使っており、WordPressで使われているPHPという言語に関してはちょっとかじった程度だ。

 

なので、できる限りシンプルに書いたつもりだけど、もっと良い書き方があるかもしれない。

 

ショートコードは便利だけど、責任は確実でお願いします。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

アフィリエイトリンクをショートコード化すると便利なので、個人的には本当にオススメだ。

 

自己責任でトライしてみてほしい。

では。

RELATED

-Programing

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2019 All Rights Reserved.