特定保健用食品(トクホ)とは何か?-薬剤師が徹底解説-

特定保健用食品(トクホ)とは

特定保健用食品(トクホ)とは、身体の生理機能などへ影響を与える成分を含み、「〇〇が気になる方に」といった表示を消費者庁から許可されている食品のこと。

食品には大きく分けて3つの機能がある。

それが「栄養」、「おいしさ」、「健康の維持・調整機能」だ。

トクホはこの3つのうち「健康の維持・調整機能」を強化したものである。

目印として、以下のようなマークがついている。

画像引用元:http://www.jhnfa.org/tokuho1.html

ただし、あくまでも食品であることを忘れてはいけない。

トクホは、医薬品とは明確に異なる。

トクホの種類

トクホには大きく分けて4種類ある。

それが「特定保健用食品」、「条件付き特定保健用食品」、「規格基準型特定保健用食品」、「疾病リスク低減表示特定保健用食品」だ。

▼特定保健用食品

身体の生理機能などへ影響を与える特定の栄養成分を含んだ食品の、「有効性」や「安全性」、「品質」などの科学的根拠を示し、国の厳しい審査・評価のもと、消費者庁より表示が認可されたもの。

▼条件付き特定保健用食品

有効性の科学的根拠が特定保健用食品のレベルに届かないものの、一定の有効性が確認されている食品に対して「限定的な科学的根拠である」という表示をすることを条件に認可されたもの。

要するに、根拠は必ずしも確立されていないが、〇〇に適している可能性がある食品というこことである。

▼規格基準型特定保健用食品

特定保健用食品として認可実績が十分あるなど、科学的根拠が蓄積されている食品について、規格基準により認可されたもの。

消費者庁が定めている規格基準に則っとった申請を行うことにより、消費者委員会の個別審査を受けることなく、トクホ商品を開発できる。

▼疾病リスク低減表示特定保健用食品

関与成分と疾病リスク低減効果が、医学的・栄養学的に確立されていることが示された場合、表示が認可されたもの。

例えば「カルシウムによる骨粗しょう症のリスク低減」や「葉酸による胎児の神経管閉鎖障害のリスク低減」などが該当する。

トクホと栄養機能食品との違い

トクホと似たようなものに、「栄養機能食品」がある。

同じようなものと勘違いしている人が多いのだが、実はこれらは全く違うものだ。

栄養機能食品は、決められた量の栄養成分が含まれていれば、届け出や許可を得ることなく表示することができる。

一方トクホの表示は、原則的に製品ごに臨床試験を行い、審査や許可などのステップを経る必要がある。

要するに、トクホは国からのお墨付きをもらった健康食品なのだ。

トクホは効くのか

では、トクホは本当に効くのだろうか。

トクホの審査では、「関与成分を含む食品摂取群」と関与成分を含まない「プラセボ食品摂取群」の比較試験が行われる。

この試験で統計学的に優位な差が認められなければ、トクホとして販売できないのだ。

つまりトクホの表示がされた時点で、それなりの効果は保証されていることを意味する。

ただし、トクホは病気になっている人で有効性を確認していない。

要するにトクホの臨床試験は、病気の人では行われていないのだ。

「健常人や病気になりそうな人」が対象となっている。

「トクホは効くのか?」という質問は「病気に効くのか」とニアリーイコールだと思うが、以上のような事実から考えると、ハッキリ「効く」と回答するのは難しい。

普通の食品よりは、期待できるといった認識がちょうど良いだろう。

医薬品より効果が低いのは間違いない。

ちなみに国立健康・栄養研究所のウェブサイト内で、トクホの申請時データの概要をチェックできる。

興味があればチェックしてみてほしい。

>>>特定保健用食品の製品情報

薬との併用はできるのか

次に気になることは、「薬と併用できるか」ということだろう。

結論から言うと、それほど大きな影響があるとは考えにくい。

なぜかというと、「トクホはあくまでも食品」だからだ。

さらに言えば、ちまたに溢れかえる怪しい健康食品よりも国の審査を受けているトクホの方が安心できる。

ただし、全く気にしなくても良いというわけではないことに注意したい。

例えば糖尿病患者では糖分が多く含まれたトクホは避けた方が良いし、高血圧患者であれば塩分を多く含むトクホは避けるべきである。

トクホのパッケージには、成分の表示義務がある。

そのため、そういったリスクがあるかを確認するのは簡単だ。

心配なようなら、医師または薬剤師に相談した上でトクホを摂取すると良いだろう。

代表的なトクホ

最後に代表的なトクホについて。

現在は以下のようなトクホが販売されている。

1:お腹の調子を整える食品

◆明治 ブルガリアCaのむヨーグルト

2:血圧が高めの方の食品

カルピス酸乳 アミールS 

3:コレステロールが気になる方の食品

◆2つの働きカテキンジャスミン茶・烏龍茶

4:血糖値が気になり始めた方の食品

◆緑茶習慣スティックタイプ

5:血中中性脂肪、体脂肪が気になる方の食品

◆血中中性脂肪が高めの方の緑茶

6:体脂肪がつきにくい食品

◆ヘルシア 緑茶

7:歯を丈夫で健康にする食品

◆POs-Ca(ポスカ))

8:骨の健康が気になる方の食品

毎日骨ケアMBP