健康管理

脂質異常症における生活習慣・食事療法のポイント

更新日:

脂質異常症の治療は、薬物療法だけでなく生活習慣の改善や食事療法も非常に重要である。

薬物療法・生活習慣の改善・食事療法の3つのアプローチから、血中のコレステロール・中性脂肪を適切にコントロールすれば、脂質異常症は決して怖い病気ではない。

 

そこでこの記事では、脂質異常症におけるの生活習慣や食事療法のポイントをまとめた。

 

スポンサーリンク

脂質異常症とは

脂質異常症は代表的な生活習慣病の1つで、血液中のコレステロール・中性脂肪が多い状態を指す。

脂質異常症を放置してしまうと血管に脂質がこびりつき、動脈硬化を進行させ心筋梗塞などの重大な病気を引き起こすこともある。

脂質異常症

 

このような病気を引き起こさないためにも、適切な治療が必要なのだ。

脂質異常症の診断基準は、以下のとおりである。

 

【脂質異常症の定義】

LDLコレステロール:140mg/dL以上

HDLコレステロール:40mg/dL未満

中性脂肪(TG:トリグリセライド):150mg/dL以上

 

これらの検査値が正常範囲からはずれていると、脂質異常症と診断される。

コレステロールと中性脂肪の違いについては、以下の記事が詳しい。

>>> 意外と知らないコレステロールと中性脂肪(トリグリセリド)の違いを簡単解説

 

LDLコレステロールとは

LDLコレステロールは、悪玉コレステロールとも呼ばれている。

悪玉という名前だが、実は悪いコレステロールという意味ではない。

 

LDLコレステロールは、コレステロールを全身に運ぶ働きをし、生体内で重要な役割を果たしているのだ。

しかし多くなりすぎると、血管内に付着し血管を塞いだり血管を傷つけてしまうので、適切な範囲でコントロールする必要がある。

 

HDLコレステロールとは

HDLコレステロールは、善玉コレステロールとも呼ばれている。

 

HDLコレステロールは、血中の余ったコレステロールを回収し、肝臓へ運ぶ役割を持つ。

要するに、血管に付着したコレステロールを回収してくれるので、HDLコレステロールは動脈硬化を防いでくれるのだ。

 

ただし善玉だからといって、量が多すぎては良くない。

そのため善玉コレステロールが多い場合でも、脂質異常症と診断される。

 

中性脂肪とは

中性脂肪は体のエネルギーとなるものだ。

しかし中性脂肪が増えることによって、HDLコレステロールが減り、LDLコレステロールが増えるため、動脈硬化の原因となってしまう。

 

脂質異常症における生活習慣のポイント

脂質異常症では、日常生活を送るうえで以下の点に気をつけることが重要である。

 

適度な運動を心がける

脂質異常症では、適度な運動を心がけることが重要だ。

適度な運動は、中性脂肪(トリグリセライド)の低下善玉コレステロール(HDL-C)の増加につながる。

 

運動は軽く汗ばむ程度の有酸素運動を行うと良い。

1日30分以上をできるだけ毎日することが望ましい。

 

【有酸素運動の例】

◆早歩きの散歩

◆ジョギング

◆水泳

◆サイクリング

 

お酒は控えめに

お酒を飲み過ぎると、中性脂肪(トリグリセライド)が増えてしまう

そのため飲酒は適量にし、飲み過ぎには注意が必要である。

 

1日に飲んでも良いアルコールの量は、「ビールなら中瓶1本」、「ワインなら2杯」、「日本酒なら1合」程度が目安となっている。

 

タバコは控える

喫煙は、善玉コレステロール(HDL-C)を低下させる。

また動脈硬化の原因にもなる。

そのためコレステロールの値が気になる場合は、禁煙外来に通って禁煙に挑戦してみるのも良い手段と言える。

スポンサーリンク

脂質異常症における食事療法

脂質異常症では、食事に気を使うことも重要である。

特に以下の点は、必ずチェックしておきたい。

 

甘いものに注意

お菓子をはじめとする甘いものの食べ過ぎは、中性脂肪(トリグリセライド)を増やし、善玉コレステロール(HDL-C)を低下させる。

そのため甘いものは、なるべく控えることが望ましい。

 

植物性脂肪を多くとる

植物性脂肪に含まれる不飽和脂肪酸は、血中のコレステロールを下げる働きを持つ。

特にいわし・サバ・マグロには高度不飽和脂肪酸(EPA)が含まれているため、コレステロールを下げ動脈硬化の予防効果が期待できる。

*魚類も不飽和脂肪酸を多く含むため、植物性脂肪のような働きをする

 

食物繊維を多くとる

脂質異常症では、食物繊維を多くとることも重要だ。

食物繊維は、コレステロールの排泄を促進してくれる。

野菜・果物・きのこ類・いも類・藻類などに多く含まれる。

 

カロリーの過剰摂取に気をつける

肥満も脂質異常症の原因となる。

そのため体重が標準体重に近づくよう、カロリーの過剰摂取を抑えるよう心がけた方が良い。

通常、成人であれば1日あたり1200~2000kcal/日が目安となる。

 

最近は、低カロリーの工夫された食事も販売されている。

こういった食品をうまく利用してカロリーコントロールをするのも、食事療法をする上で有効である。


おすすめの薬剤師転職サイトはこちら!

自分に合った転職サイトを使うのが転職成功への第一歩!

オススメの転職サイトをチェックしよう!



RELATED

-健康管理

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.