健康管理

家で血圧を測る意味とは?-家で血圧を測るときのコツ-

投稿日:

スポンサーリンク

血圧値の種類

高血圧の診断に使われる血圧の値には、大きく分けて3種類ある。

それが「診察室血圧(白衣高血圧)」「家庭血圧」「24時間自由行動下血圧」だ。

 

診察室血圧とは、病院へ受診した時に医師や看護師が測る血圧である。

家庭血圧は、その名の通り、家で測る血圧。

そして24時間自由行動下血圧が、専用の血圧測定器を24時間使用して測定する血圧だ。

 

【血圧値の種類】

1:診察室血圧(白衣高血圧)

病院へ受診した時に医師や看護師が測る血圧

 

2:家庭血圧

家で測る血圧

 

3:24時間自由行動下血圧

専用の血圧測定器を24時間使用して測定する血圧

 

以上の血圧値の中で、特に重要と言われているのが「家庭血圧」である。

日本高血圧学会の高血圧治療ガイドラインの改定により、家庭血圧の重要性がより一層強調されるようになったのだ。

 

家庭での血圧が重視される理由

では、なぜ家庭で測る血圧が重視されるのか。

それにはいくつか理由がある。

 

1:診察室血圧よりも生命予後の予知に優れている

1つ目の理由が、家庭血圧は診察室血圧に比べ、高血圧症が体へ与える影響を高い精度で予測できるという点だ。

つまり家庭血圧を定期的に測ることが、より良い治療につながることを意味する。

 

2:白衣高血圧・仮面高血圧との区別ができる

また家庭血圧を知ることにより、白衣高血圧や仮面高血圧との区別が可能になる。

例えば診察室で測定した血圧が高くても、診察室外では正常な血圧を示すこともある。

このような高血圧は、診察室だけでは判断できないのだ。

 

*白衣高血圧:診察室で測定した血圧が高い状態

*仮面高血圧:診察室で測定した血圧は正常だが、診察室外では血圧が高い状態

 

もし家で測った血圧が正常で、診察室で測った血圧だけ高いのであれば、薬を服用せずに様子を見ることは少なくない。

 

一方で仮面高血圧のように、診察室で測定した血圧は正常だが、家での血圧が高ければ薬物治療を行うこともある。

 

スポンサーリンク

家での血圧の測り方

家で血圧を測るコツは、大きく分けて5つある。

 

1:朝と夜に測る

1つ目のポイントが、朝と夜に血圧を測るということ。

朝は起床後1時間以内に、トイレを済ませ、食事や薬を飲む前に測る。

そして夜は、布団・ベッドへ入る直前に測ると良い。

 

【血圧の基準値】

家庭血圧の正常値:125/80未満

診察室血圧の正常値:130/85未満

 

2:朝と夜2回ずつ測る

2つ目のポイントが、原則朝と夜に各2回ずつ測るということ。

要するに、1日で計4回血圧を測るということだ。

ただし、どうしても難しいようであれば、1回ずつでも問題はない。

 

この時、測った血圧はきちんと記録しておくことが重要である。

なぜなら、血圧は常に変動しているからだ。

常に変動しているため、血圧の評価は5日間以上の平均の血圧を使うのである。

 

できれば血圧手帳を用いて、記録しておくと良い。

血圧手帳の記録を医師や薬剤師に見せれば、治療がスムーズにいきやすくなる。

 

 

 

3:椅子に座りリラックスした状態で測る

3つ目が、椅子に座りリラックスした状態で測るということ。

安静にして腕や肩の力を抜いた上で、血圧を測定する必要があるのだ。

 

動き回った後に血圧を測ったり、お喋りしながら血圧を測ると、通常よりも高い数値になることがあるので注意したい。

どのような血圧計を選べば良いか

では、どのような血圧計を選べば良いかについて解説したい。

気をつけるべきるポイントは2つだ。

 

1:シンプルな機能の血圧計を選ぶ

1つ目のポイントが、シンプルな機能の血圧計を選ぶということ。

今はスマホやPCと連動させ、グラフ化できるなどの高機能な血圧計も販売されている。

 

しかし、こういった血圧計は値段が高い。

その上、色々な機能がついていたところで、実際にはそれらの機能を使わないことが多いため、血圧計はシンプルな機能のものがオススメだ。

 

2:上腕で測るタイプの血圧計を選ぶ

2つ目が上腕で測るタイプの血圧計を選ぶということ。

今は手首で測る血圧計や指で測るタイプの血圧計も販売されている。

 

しかしこれらの血圧計は、上腕で測る血圧計に比べ、正確性が劣る場合がある。

そのため、最も測りやすい上腕で測るタイプの血圧計を選ぶと良いだろう。

 

スポンサーリンク

おすすめの血圧計

最後におすすめの血圧計について。

シンプルな機能かつ上腕で測るタイプの血圧計には、以下のようなものがある。

どちらかを選んでおけば、問題なく血圧を測ることが可能だ。

 

【オムロン 電子血圧計 上腕式 腕帯巻きつけタイプ HEM-7123】

 

オムロン 電子血圧計 上腕式 腕帯巻きつけタイプ HEM-7123

 

*特徴

◆測定の開始と停止を一つのボタンで簡単操作

◆正しく巻けたかどうかを確認する機能つき

◆腕の形に合わせて、すき間なくぴったり巻ける

 

 

 

テルモ 上腕式血圧計 ES-W500ZZ

テルモ 上腕式血圧計 ES-W500ZZ

*特徴

◆6.5型大画面で見やすい

◆片手で簡単に正しく巻ける

◆測定ミスをお知らせ機能つき

 

RELATED

-健康管理

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.