健康管理

コレステロールと中性脂肪(トリグリセリド)の違いとは?

更新日:

コレステロールと中性脂肪(トリグリセリド)。

どちらも名前は聞いたことがあるけど、同じものと勘違いしている人は意外と多い。

 

たしかに、コレステロールと中性脂肪(トリグリセリド)はどちらも体内の脂質、いわゆる脂肪の一種だ。

しかし、これら2つの脂質の働きは違うのである。

 

スポンサーリンク

コレステロールとは

コレステロールを簡単に説明すると、細胞膜やホルモン、胆汁(脂肪を消化するための液体)などを作る材料だ。

 

コレステロールと聞くと、「なにか悪いイメージ」を持つ人は少なくない。

しかし、コレステロールは生命維持に重要な役割をする脂質なのである。

 

【コレステロールとは】

◆細胞膜やホルモン、胆汁(脂肪を消化するための液体)などを作る材料

 

さらにコレステロールは、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)と善玉コレステロール(HDLコレステロール)に分類することができる。

 

悪玉コレステロールと善玉コレステロールの違い

よくある勘違いは、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)は悪いコレステロールで、善玉コレステロール(HDLコレステロール)は善いコレステロールということだ。

 

しかしこれは違う。

どちらも必要なコレステロールで、バランスが大事なのである。

 

では、それぞれどのような働きをするのか。

 

悪玉コレステロール(LDLコレステロール)は、肝臓で作られたコレステロールを体の隅々に運ぶ働きをする。

一方、善玉コレステロール(HDLコレステロール)は、血管にくっついた古いコレステロールを吸収して肝臓に送る働きをする。

 

【悪玉コレステロール(LDLコレステロール)の働き】

◆肝臓で作られたコレステロールを体の隅々に運ぶ働き

 

【善玉コレステロール(HDLコレステロール)の働き】

◆血管にくっついた古いコレステロールを吸収して、肝臓に送る働き

 

中性脂肪とは

中性脂肪は、簡単に言ってしまうとエネルギーになる脂質だ。

より具体的に言うと、摂取した栄養を皮下の脂肪組織・肝臓に脂質として蓄えたものを指す。

 

前述の通り、中性脂肪はエネルギー源として重要な役割を果たす。

しかし、摂取しすぎると体脂肪として蓄積されてしまう。

スポンサーリンク

コレステロール・中性脂肪が高くなるとどうなるか

コレステロール、中性脂肪(トリグリセリド)が増え過ぎるとどうなるか。

これは脂質異常症と呼ばれる状態だ。

 

脂質異常症は、自覚症状がなく放置してしまいがちだ。

しかし放置しておくと、動脈硬化が進行し心筋梗塞などの重大な病気を引き起こす可能性がある。

 

脂質異常症は大きく分けて3種類ある。

それが「高LDLコレステロール血症」「低HDLコレステロール血症」、「高トリグリセライド血症(高中性脂肪血症)」だ。

 

それぞれ名前通りの意味で、高LDLコレステロール血症は、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が多い状態。

低HDLコレステロール血症は、善玉コレステロール(HDLコレステロール)が少ない状態。

そして高トリグリセライド血症は、中性脂肪(トリグリセリド)が多い状態のことを指す。

 

これらを総称して脂質異常症と呼ぶ。

 

【高LDLコレステロール血症】

悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が多い状態。

悪玉コレステロール(LDLコレステロール):140mg/dl以上

 

【低HDLコレステロール血症】

善玉コレステロールが少な過ぎる状態。

善玉コレステロール:40mg/dl未満

 

【高トリグリセライド血症】

中性脂肪(トリグリセリド)が多い状態。

中性脂肪(トリグリセリド):150mg/dl以上

 

脂質異常症によく使われる薬

脂質異常症に使われる薬としては以下のようなものがある。

 

HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン系薬)

HMG-CoA還元酵素阻害薬は、コレステロールが産生されるのを阻害する薬だ。

特にLDLコレステロールを強力に低下させる。

その強さによって、スタンダードスタチンとストロングスタチンに分類される。

 

【スタンダードスタチン】

メバロチン (成分名:プラバスタチン)

リポバス (成分名:シンバスタチン)

ローコール (成分名:フルバスタチン)

 

【ストロングスタチン】

リピトール (成分名:アトルバスタチン)

リバロ (成分名:ピタバスタチン)

クレストール (成分名:ロスバスタチン)

 

フィブラート系薬

フィブラート系薬は、中性脂肪(トリグリセリド)を分解する働きをする。

食事の影響を受けやすいことで知られており、食後服用の方が吸収が良くなる。

 

【フィブラート系薬】

ベザトールSR(成分名:ベザフィブラート)

リピディル、トライコア(成分名:フェノフィブラート)

 

コレステロール吸収阻害薬

コレステロール吸収阻害薬は名前の通りの作用を持つ。

つまり、小腸からのコレステロールの吸収を阻害するということだ。

作用の強さは、HMG-CoA還元酵素阻害薬に比べてると弱い。

 

【コレステロール吸収阻害薬】

ゼチーア (成分名:エゼチミブ)

 

ニコチン酸誘導体

ニコチン酸誘導体はHDLコレステロールを増やし、中性脂肪・コレステロール低下作用を持つ。

 

【ニコチン酸誘導体】

ユベラN(成分名:トコフェロールニコチン酸)

 

EPA製剤

EPA製剤は中性脂肪(トリグリセリド)低下作用を期待して使われる。

 

【EPA製剤】

エパデール(成分名:イコサペント酸エチル)

ロトリガ(成分名:オメガ‐3脂肪酸エチル)

RELATED

-健康管理

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2019 All Rights Reserved.