健康管理

妊婦は葉酸サプリをいつからいつまでとるべき?適切な量とは?

更新日:

スポンサーリンク

妊婦が葉酸サプリをとるよう推奨されている理由

葉酸はビタミンBの一種で、新陳代謝に欠かせない重要な栄養素の1つである。

妊婦さんが葉酸をとるよう推奨されているのは、赤ちゃんに先天性の病気が発症しないようにするためだ。

 

最近では妊婦さんの間でも知られるようになってきたが、実は葉酸の欠乏や不足によって、二分脊椎症や無脳症などの「神経管閉鎖障害」という奇形リスクが高まるのである。

 

より詳しくいうと、胎児の細胞分裂が活発な妊娠初期に葉酸が不足することにより、「神経管閉鎖障害」の発症リスクは高まりやすい

そこで葉酸が欠乏しないよう、葉酸サプリなどで葉酸を補うことが推奨されているのだ。

 

過去において欧米諸国では、神経管閉鎖障害の発症率が高かった。

このような背景もあり、葉酸の効果について大規模な研究が数多く行なわれていたのである。

 

それらの研究によって、妊娠前から葉酸を摂取することにより、胎児の神経管閉鎖障害の発症リスクが大幅に減少することが示されたのだ。

 

そこで妊娠を望む女性に対して、サプリメントなどからの葉酸摂取に関する勧告が出され、普及するようになった。

その結果、欧米諸国での神経管閉鎖障害の発症率は大幅に減少している。

 

【葉酸摂取が推奨されている理由】

◆先天性の病気が発症しないようにするため

 

妊婦が葉酸サプリをとるべき期間

ではどれくらいの間、葉酸が不足しないようにするべきなのか。

実は妊娠に気づく前から葉酸が不足しないようにする必要がある。

なぜかというと、胎児の器官形成は妊娠の早い段階で始まるからだ。

 

厚生労働省では、2000年に妊娠を望む女性に対して、「妊娠の1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月までの間、通常の食事からの葉酸摂取に加えて、いわゆる栄養補助食品によって葉酸を摂取する」よう通知している。

 

ただし、妊娠3ヶ月まで葉酸を摂取すれば良いというわけではない。

なぜなら、葉酸の効果は奇形を予防するだけではなく、DNA合成にも重要な役割を果たしていいるからだ。

 

動物実験では、妊娠中の葉酸不足により、出生児に悪影響が出ることが報告されている。

このような理由により、妊娠前から妊娠全期間に渡っての葉酸摂取が推奨されている。

 

【葉酸をとるべき期間】

◆妊娠前から妊娠全期間に渡って

>>> 厚生労働省 webサイト

 

スポンサーリンク

葉酸サプリの摂取量の目安

ではどれくらいの葉酸を摂取すれば良いのか。

これは「1日あたり400μg」の葉酸摂取が推奨されている。

 

よく聞かれる質問に

「葉酸サプリメントは、たくさん飲んだ方が良いのですか?」

というものがある。

 

結論から言うと、これは明確にNOだ。

不足してもいけないし、多すぎても良くないのである。

 

外国の調査では、妊娠中期以降に、多量の葉酸を摂取した母親の子供から生まれた子供では、喘息リスクが高まるとの報告もでてきている。

そのため「1日あたり400μg」をコンスタントに飲むことが重要なのである。

 

【摂取量の目安】

◆1日あたり400μg

 

過剰な葉酸サプリメントには注意

前述の通り、葉酸サプリの過剰な摂取は、逆に悪影響が出るので注意が必要だ。

 

必要な葉酸の量が増える妊娠中は、

「サプリメント400μg+バランスの良い食事」

で取っていくことが重要である。

 

「緑黄色野菜」や「海藻類」、「豆腐」などは葉酸が豊富なので、これらを意識的にとると良い。

ちなみに「食事から摂取する葉酸」と「サプリメントの葉酸」は少し違うものである。

 

食事から摂取する葉酸は、専門用語で「ポリグルタミル葉酸」というもので、その吸収率は50%程度だ。

また調理によって、その効果が減少する可能性もある。

 

一方サプリメントの葉酸は、「モノグルタミル葉酸」と呼ばれ、その吸収率は80%と食事由来のものよりも高い。

厚生労働省は特定保健用食品の関与成分として認めており、「安定性」や「生体利用率」が高いのである。

 

以上のような理由により、サプリメントの葉酸は吸収率が良いので、過剰摂取には特に注意が必要だ。

あくまでも適切な量の葉酸摂取が推奨されている。

 

【Point!】

◆サプリメントの葉酸の方が吸収率が高い

◆サプリメントの葉酸400μg+バランスの良い食事で適度な葉酸摂取をしよう


おすすめの薬剤師転職サイトはこちら!

自分に合った転職サイトを使うのが転職成功への第一歩!

オススメの転職サイトをチェックしよう!



RELATED

-健康管理

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.