病気

めまいの症状とよくある原因とは?-病院受診の目安まで徹底解説-

投稿日:

「めまい」を感じたことのある人は非常に多い。

それだけ身近な症状である「めまい」だが、時に重大な病気のサインとなることもある。

 

そこでこの記事では「めまいの症状や原因」や「めまいが起こりやすい薬」、「病院受診の目安」についてまとめた。

 

スポンサーリンク

めまいの症状と原因

めまいは大きく分けて3種類に分類できる。

それが回転性のめまい」「動揺性のめまい」「失神性のめまい」だ。

 

▼回転性のめまい症状・原因

回転性のめまいは、その名の通り「頭の中がグルグルと回る感じがするめまい」だ。

「耳鳴り」や、音が聞こえづらいなどの「難聴」を伴うことも多い。

「メニエール病」や「脳血管障害」、「脳腫瘍」などが原因となって引き起こされることが多い。

 

▼動揺性のめまいの症状・原因

動揺性のめまいは、「フワフワした感覚やフラフラするような感覚のめまい」だ。

「頭痛」や「手足のしびれ」などを伴うこともある。

 

動揺性のめまいは、様々な疾患により二次的に引き起こされることが多い。

またストレスなどの精神的な負荷が原因となることもある。

 

▼失神性のめまいの症状・原因

失神性のめまいは、「気が遠くなるような感覚があり、意識を失ってしまいそうになるめまい」だ。

イスから立ち上がる時に起こるめまいは、血圧が低下したことにより起こる失神性のめまいである可能性がある。

 

失神性のめまいは、心筋梗塞などの心血管系疾患を伴うことがあり、緊急を要する場合が多い。

そのため、気が遠くなるような感覚のめまいがある場合は、速やかに受診することが推奨される。

 

めまいが起こりやすい薬

薬の副作用として、めまいが起こることも少なくない。

例えば「血圧を下げる薬」「解熱鎮痛薬(NSAIDs)」「抗不安薬」、「抗菌薬」、「筋弛緩薬」は、めまいを起こしやすい薬の代表例である。

 

【めまいが起こりやすい主な薬】

▼血圧を下げる薬

▼解熱鎮痛薬(NSAIDs)

▼抗不安薬(ベンゾジアゼピン系)

▼筋弛緩薬

▼抗菌薬

スポンサーリンク

めまいが起こりやすい病気

めまいを引き起こしやすい病気もある。

特に平衡感覚を司る「前庭」の障害や脳疾患が原因となることが多いが、精神疾患や心疾患系疾患でも、めまいは起こりやすい。

 

【めまいが起こりやすい病気の例】

▼メニエール病

▼良性発作性頭位めまい症

▼前庭神経炎

▼小脳梗塞・出血

▼脳幹梗塞

▼うつ病

▼パニック障害

▼不整脈

▼脱水

▼重度の貧血

 

どのようなめまいなら病院に受診するべきか

めまいに関するよくある疑問として、「どのようなめまいなら病院へ受診すべきか」というものがある。

病院へ受診するかは、めまいの他にどのような症状を伴うかで判断すると良い。

 

例えば「動悸」や「胸の痛み」、「耳が聞こえにくい(難聴)」、「耳鳴り」、「頭痛」、「吐き気」、「手足の痺れ」、「いつもと目の見え方が違う」、「喋りにくい」などの症状を伴うめまいは緊急性が高い。

そのため速やかに受診すべきである。

 

また上記以外の症状でも、明らかに「いつもと違う」という自覚がある場合は、受診が推奨される。

 

【受診するべきめまいの随伴症状】

▼動悸

▼胸の痛み

▼手足のしびれ

▼いつもと目の見え方が違う

▼しゃべりにくい

▼耳が聞こえにくい(難聴)

▼耳鳴り

▼頭痛や吐き気を伴う

 

普段からめまいが起こりやすい体質、いわゆる「めまい持ち」である場合。

その場合は、緊急性は比較的低い。

ただし、いつもと比べてめまいの症状や強さが違うようであるなら、受診するべきである。

RELATED

-病気

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.