仕事

働くのがしんどい薬剤師へ送る「退職を意識しながら働く」というライフハック

更新日:

 

大学を卒業して薬剤師として働き始める時、1つだけ決めていたことがある。

それが「しんどいなと思ったら、すぐに会社を辞める」ということだ。

 

普通は「専門性のある薬剤師になる!」とか「2年以内に薬局長になる!」みたいな前向きな決意をすると思うのだけど、僕の場合は完全に違うベクトルの決意だった。

 

当時の僕自身も「なんでこんなネガティブな決意してるんだ。。」と思ってたのだけど、いま振り返ると、けっこう良い考え方だったように思う。

 

なので、この記事では「薬剤師が退職を意識しながら働くメリット」について書いてみた。

 

 

スポンサーリンク

退職を意識しながら薬剤師として働くメリット

退職を意識しながら薬剤師として働くメリット

 

僕が新卒で入社した会社は、調剤併設型ドラッグストアだった。

 

配属場所にもよるがハードワークを求められる会社だと聞いていたので、入社前から「たぶん3年以内に辞めるだろうな」とボンヤリと思っていた。

 

就職活動はギャンブル的な要素が強い

入社して実際に働いてみないことには自分に合うか分からないので、就活にはギャンブル的な要素がつきまとう。

そのため、必ずしも自分にとって良い会社に就職できるとは限らない。

 

投資の世界には「損切り」という言葉がある。

簡単に説明すると「損失が〇〇円になったら損を確定させる」と決めておき、過度に損失が拡大しないようにする方法だ。

 

これと同じような考えで、入社前から「どんな状況になったら辞めるか」をあらかじめ考えておくのは、決して悪いことではない。

むしろ、非常に理にかなっていると言えるだろう。

 

そこで、冒頭にも書いた通り「しんどくなったらすぐに辞める」と決めておいたのだ。

 

薬剤師が退職を意識しながら働くメリットとは?

入社してすぐの頃「しんどいなと思ったらいつでも辞めてやるという気持ちで働いてる」と友人に話したら、「ネガティブな奴だなぁ」と笑われたのだけど、退職を意識しながら働くのは大きなメリットがあると思う。

 

僕も「しんどくなったらすぐ辞める」という考え方に効用があるとは思っていなかったのだが、「いつでも辞めてやる」と思いながら働いていると、メンタル的にかなり楽になるのだ。

 

例えば、厄介そうな仕事を振られたとしても「嫌だなあ」という感情より先に、「すぐ辞めるかもしれないし、とりあえず経験としてチャレンジしてみるか」と思えるようになった。

 

もちろん、全ての仕事に対して「とりあえず経験しておくか」と思えたわけではない。

 

先ほども書いた通り、僕は調剤併設型ドラッグストアに就職したので、お菓子とか日配品の品出しとかも仕事の1つだったのけど、これらの仕事に関しては、「すぐに辞めるかもしれないし、とりあえず経験しとこう」とは全く思えなかった。

 

けど、8割くらいの仕事に関しては前向きに考えることができた。

 

退職を意識しながら働いていると、多くの仕事が新鮮に感じてくる。

実際にやってみないことには「自分に向いているか・向いていないか」なんて分からないし、新しい仕事をとりあえずやってみるのは非常に重要なことだ。

 

けっきょく「この会社で薬剤師として働くのは、あまり向いていない」と思って、2年くらいで退職することにしたのだけど「自分はどういう仕事が好きで、どんな仕事が嫌なのか分かって良かったな」と今では思っている。

 

 

退職を意識しながら働くのは決して後ろ向きではない

薬剤師が退職を意識しながら働くのは決して後ろ向きではない

 

退職を意識しながら働くことは、決して悪いことではない。

本当に辞めるかは別の話だけど、「いつでも辞めてやる」と考えながら働くのは、むしろけっこう良いライフハックとなる。

 

退職は遅かれ早かれ誰もが経験する

遅かれ早かれ、会社を辞める日は絶対に来る。

定年を迎えるまで退職を経験しない人もいるだろうし、数週間・数日で退職が現実となる人もいるだろう。

 

ただ、その日は誰にでも確実に訪れる。

特に薬剤師は離職率の高い職種なので、ほとんどの人が何回も退職を経験することになるはずだ。

 

「死を意識すると、日常生活が色づき始める」という話をよく聞くけど、退職もそれに少し似ていると思う。

実際、僕は退職を意識することによって、少し厄介そうな仕事でも新鮮な気持ちで取り組めるようになった。

 

もちろん、つまらない仕事はつまらないままだし、劣悪な労働環境だって変わるわけではない。

 

例えば、薬剤師の職場は閉鎖的なことが多いので、イジメ・パワハラに関連の話はよく聞く。

「退職を意識しながら働く」ことによって、全ての労働環境で前向きに働けるとは限らないのは確かだ。

 

けど、かつての僕のように、多少なりとも精神的に楽になるという効用はあると思う。

 

退職を意識しながら働くのは後ろ向きな考え方ではない

「退職を意識しながら働く」と聞くと、ネガティブな印象を受ける。

 

けど、実際のところは、後ろ向きな考えではないように思う。

なぜなら退職するということは、それと同時に新しいスタートを切ることを意味するからだ。

 

僕の場合、新卒で入った会社を辞めてから、前から行きたかった語学留学に行ってきたのだけど、それから自分が進みたい方向性が少しずつ分かってきたので、結果的にとても良い退職となった。(詳しくは以下の記事)

>> 薬剤師を辞めて語学留学した話-注意点やメリット・デメリットなど淡々と語る-

 

目的意識もなくズルズル働いていると、のちのち後悔するハメになる可能性だってある。

今の職場に満足しているか・満足していないかに関わらず、「どのような状況になったら退職するか」について1度考えてみるのは、とても重要なことだと思う。

 

 

スポンサーリンク

薬剤師が退職を決断する時の適切な撤退ポイントとは

薬剤師が退職を決断する時の適切な撤退ポイントとは

 

ここまで「退職を意識しながら働くのオススメ」と書いてきた。

もしかしたら、「具体的な撤退ポイントはどうすべきか」を知りたいという人もいると思うので、最後にそのことについて書いておきたい。

 

僕の退職する際の撤退ポイント

僕の退職を考え始めるのは、「1ヶ月以上連続で会社に行くのが非常にしんどい・だるい」と思った時だ。

ざっくりで申し訳ないのだけど、いつもこんな風に感じ始めたら退職を考えるようにしている。

 

Apple創業者のスティーブ・ジョブズは、「今日が人生最後だとしたら、今日やることは本当にやりたいことだろうか」と自問し、「No」という答えが続いたら、何か変える必要があると考えていたらしい。

 

あんまり意識の高いことは言いたくないのだけど、この考え方は「退職するかどうか」のかなり良い指針となるように思う。

 

彼のように「イノベーティブな日々を過ごせるように頑張れ」とかは全く思わないけど、「1ヶ月以上連続で、会社に行くのがしんどい・だるい」と思っているのなら、現状を良くする余地は確実にある。

 

現状を改善するための努力は最低限しよう

勘違いしてほしくないのだが、今の会社をすぐに辞めて転職することを推奨しているわけではない。

まずは退職以外に現状を良くする方法はないかを考えるべきだ。

 

例えば薬剤師の場合、店舗・部署を異動するだけでも新たな気持ちで働けるようになったりする。

安易に退職・転職を繰り返すと、退職癖がついてしまうので十分注意してほしい。

 

退職するよりも、異動できないか上司に尋ねてみる方が明らかに簡単だ。

(規模の小さい職場だと、そもそも異動は無理だけど)

 

転職するのは、あくまでも最終手段である。

「色々やったけど、もう状況が改善することはない」と思った時に退職するようにしよう。

 

オススメの薬剤師転職サイトについては、以下の記事をどうぞ。

>> 薬剤師転職サイトのおすすめはどれ?-現役薬剤師が徹底解説-

 

 

まとめ

「専門性のある薬剤師になる!」とか「2年以内に薬局長になる!」みたいな明らかに前向きな決意が好まれる世の中ではあるけど、「精神的にキツイなと思ったらすぐに辞めよう」と考えるのも決して悪いことではない。

 

むしろ僕の経験上、けっこうポジティブな方向に作用するのでオススメだ。

かつての僕のように、退職を意識することによって、気持ち的に楽に働けるようになるかもしれない。

 

参考になれば嬉しい。

では。

RELATED

-仕事

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.