時事ネタ

無資格調剤は調剤助手を導入すれば全て解決する

更新日:

最近、無資格調剤の話題が多くなってきている。薬学的な知識のない事務員が調剤に関わったとして、かなり大きな話題となった。

参照:無資格事務員が調剤「深くおわび」 ファーマライズHD

 

無資格調剤に関しては多くの意見があると思う。“薬剤師以外の人間が調剤をするなら調剤報酬を減らすべき”という人もいるだろうし、“無資格で調剤が厳重に処罰するべき”という人もいるだろう。

 

そこで、この記事では僕の無資格調剤に対する考えをまとめた。


 

 

スポンサーリンク

◎無資格調剤はやるべきでないが・・

始めに断っておくが、僕も無資格調剤については良くないと思っている。しかし、だからと言って調剤報酬を減らすべきとか厳重に処罰するべきという意見には賛成できない。なぜならそれらは根本的な解決策にならないからだ。

 

なぜこのような無資格調剤が蔓延してしまっているのかというと、それは単純に薬剤師が不足してるため、無資格者が調剤をしなければ薬局業務が回らないからだ。薬剤師が不足していることが原因なのに、調剤報酬を減らして厳重に処罰することが解決につながるだろうか。

 

僕はどう考えても解決策には繋がらないと思う。調剤報酬を減らしたからといって、薬剤師が湧いて出くるわけでもないのに、なぜ調剤報酬を減らせという話にすり替わってしまうのか意味がわからない。


 

◎無資格調剤の解決策

では、どうすれば解決できるのだろうか。そんなの簡単で調剤助手(テクニシャン)を制度化して、とっとと導入すれば良いのだ。

 

調剤助手(テクニシャン)とはイギリスやアメリカで導入されている制度で、錠剤はもちろんのこと散剤、水剤の調剤などを担当し、薬局業務に欠かせない存在となっている。無資格調剤の問題点は人手不足なのだから、調剤助手を導入してしまえば解決は可能だ。

 

なかには「薬剤師は何をすれば良いの?」と思う人もいるかもしれない。薬剤師は何をやるのかというと、薬学的知識が必要な仕事(処方鑑査など)をメインにする。要するに薬剤師しかできない仕事に集中できるのである。

 

薬剤師の僕が言うのも良くないんだけど、調剤なんて専門知識はほとんどいらない。(注射などはまた別の話だが) 錠剤を棚から取ったり、散剤を量りとったり、軟膏を混ぜることのどこに専門的知識がいるのだろうか。どう考えても研修をやれば誰にでもできることだ。

 

おそらく調剤に忙しくて、監査に時間を十分に割けないという経験をしたことがあるのは僕だけではないだろう。研修をすればできるようなことを薬剤師にやらせて、薬学的知識の必要な業務に集中できない現状はおかしいと思う。

 

調剤助手(テクニシャン)の制度化のメリットは薬剤的判断が必要な業務に集中できるだけではない。患者の待ち時間を減らせることもできるし、経営的には人件費の削減にもつながるだろう。

 

また、近年は在宅医療の普及が進み薬剤師の仕事は薬局の外へと向かいつつある。調剤助手(テクニシャン)の導入によって、在宅業務のための時間を捻出可能にもなる。


 

スポンサーリンク

◎調剤助手に対する反対意見

調剤助手に対する反対意見として“薬剤師の雇用が減る”とか、“調剤基本料の引き下げにつながるかもしれない”というものがある。僕はこれを聞いた時、本当に情けないという感想しか持てなかった。自分たちの仕事の本質を何も分かっていない。

 

薬剤師法の第一条に薬剤師の任務について書いてある。

 

薬剤師は、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによつて、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保するものとする。

 

ここから分かるように、薬剤師の任務とは国民の健康な生活を確保することなのだ。調剤は調剤助手(テクニシャン)に任せ、薬剤師は薬学的知識の必要とする業務に集中することが、この任務をきちんと達成するのに1番良い方法なのではないだろうか。

 

確かに調剤報酬(テクニシャン)の導入で雇用が減ったり、調剤報酬の引き下げの可能性は否めない。しかし、調剤から開放されることによってできた時間を活かして、薬剤師が調剤以外の面で付加価値を与えるチャンスとも言えるのだ。

 

薬剤師の付加価値を増やすことができれば、雇用の減少や調剤報酬の引き下げを気にする必要はない。現状に留まるのではなく、現状を改善するという視点を持って仕事に取り組むことが必要なのである。


 

◎まとめ

調剤助手(テクニシャン)はどういう仕事をする仕事なのか線引きをきちんとし、ルールを明確にさえすれば、日本の医療はより良いものになるだろう。

 

日本は超高齢化社会にすでに突入した。それに伴って薬剤師が社会に貢献できる役割も増えていくはずだ。このような時代に突入しているというのに、いつまでも薬剤師を調剤に縛り続けていて良いのだろうか。

 

僕は調剤助手(テクニシャン)を導入して、薬学的知識の必要な業務に薬剤師が集中できる環境を作ることが非常に重要だと思う。

RELATED

-時事ネタ

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.