人生観

薬剤師を辞めて語学留学した話-注意点やメリット・デメリットなど淡々と語る-

更新日:

 

僕は薬剤師を辞めて、フィリピンへ語学留学したことがある。

(英語を勉強しに行った)

 

薬剤師を辞めて語学留学したという話をすると「実は仕事を辞めて留学しようかなぁと思ってるんですよね」と相談されることがちょくちょくあるので、意外と留学を考えている薬剤師は多いのかもしれない。

 

そこでこの記事では、「薬剤師を辞めて語学留学をするのはアリなのか」や「注意点やメリット・デメリット」について僕の考えをまとめてみた。

 

需要があるかは分からないが、語学留学を考えている薬剤師のお役に立てればなと思う。

 

 

スポンサーリンク

薬剤師を辞めて留学した理由

 

まず、なぜ僕が薬剤師を辞めて語学留学したかを書いておきたい。

 

薬剤師を辞めて語学留学した理由

なぜ僕が薬剤師を辞めて留学したかと言うと、薬剤師以外のスキルを身につけたかったからだ。

 

東京オリンピックもあることだし、外人向けの観光案内でもできたらなと思い、以前から僕は薬剤師をやりながら英語の勉強をコツコツ勉強していた。

 

しばらくしてTOEICのスコアも800点を超え、それなりに英語ができるようになってきたので、留学して英語を話せるようになれたらなと思い始めた。

 

さらに言うと、僕はかなり飽きっぽい性格をしている。

そのため、死ぬまでずっと薬剤師だけやるなんて1ミリも考えられなかった。

 

で、薬剤師をいったん辞めて語学留学することにしたのだ。

 

薬剤師を辞めて留学することに不安はなかったか

「薬剤師を辞めて語学留学してきた」という話をすると、「薬剤師を辞めるのに不安はなかったのか?」と聞かれることがよくある。

 

結論から言うと、不安はそこまでなかった。

薬剤師は良くも悪くも安定しているので、辞めてもそこまで給料は変わらないし、職場でも「薬剤師が足りない」という話をよく聞いていたので、選ばなければ再就職は容易だろうと思っていた。

 

そのため、そこまで不安を抱くことなく、勢いで辞めてしまった。

実際、留学後の転職活動で5つの会社の面接を受けたが、その全てから内定をもらえたので、あの時の判断は良かったと思う。

 

 

薬剤師を辞めて語学留学をするメリット・デメリット

薬剤師を辞めて語学留学をするメリット・デメリット

 

次に薬剤師が語学留学するメリット・デメリットについて。

 

薬剤師を辞めて語学留学したメリット

僕が感じた薬剤師を辞めて語学留学したメリットは、大きく分けて2つある。

 

メリット1:語学力が上がった

まず語学力が上がった。

当たり前だけど。

 

TOEIC900点・通訳案内士資格を取得

TOEICのスコアも全受験者の上位3%にあたる900点を超えた。

スピーキングに関しても、国家資格である通訳案内士試験をパスするまでになった。

 

外国人と話すことへの抵抗が減った

語学力と同時に、外国人と接することへの抵抗が減ったのも大きな収穫だったように思う。

僕は有名観光地に住んでいることもあり、外国人に道を尋ねられることがけっこうある。

 

語学留学前は外国人に話しかけられると、少しあたふたしてしまっていたのだが、帰国後は道を尋ねられても、当たり前のように対応できるようになった。

 

帰国後、この変化にはとても感動したのを覚えている。

 

メリット2:面白い人にたくさん出会えた

2つ目のメリットが、面白い人にたくさん出会えたことだ。

薬剤師という職業柄、周りには医療従事者が多いわけだが、留学先で出会った人たちは今までに接点のなかった世界の人たちばかりだった。

 

起業家、弁護士、バックパッカーなどなど、普通に仕事をしていたら出会わなかったであろう人たちと交流できたのは、自分の視野を大きく広げてくれたように思う。

 

僕は今プログラミングをしたり、いくつかWebサイトを運営しているんだけど、この時に出会った人たちの影響がかなり大きい。

 

プログラミングに興味がある人は、以前の記事に勉強法を書いたので良かったらチェックしてみてください。

>> ガチ初心者でもできるWEBプログラミング勉強法-どこから勉強すればいいの?-

 

ルームメイトがぶっ飛んでいた

完全に余談なんだけど、1番「ぶっ飛んでるな」と思ったのはルームメイトだ。

彼はプロ野球選手を目指していたらしいのだけど(お兄ちゃんがプロ野球選手)、怪我をして夢を断念。

 

そこで、仕事をしようと上京してきたんだけど家がない。

で、彼が何をしたかというと、女の子をナンパして数ヶ月も居候生活をしていたらしい。

 

この話を聞いて「人間ってやろうと思ったら何でもできるんだな」と、僕はとても感心してしまった。

それ以来、僕は「とりあえずやってみるか」の精神で行動するようにしている。(大抵のことは女の子をナンパして居候するよりハードルが低いので)

 

ちなみに彼は頭のおかしい人ではなく、ブラックで有名な某企業の営業として働き、20代前半にして年収1000万円以上を稼いでいた優秀な人だ。(一応フォローしておく)

 

帰国後も定期的に会う間柄になった

で、話を戻すと、留学先での経験は本当に刺激的で「本当に薬剤師辞めて留学することにして良かったな」と確信できるほど貴重なものとなった。

 

語学力が上がったのはもちろんのこと、彼らとの交流を通して自分のやりたいことが少しずつ明確になってきたのは本当に大きかった。

帰国後も年に1、2回会っていて、今でも刺激を頂いている。

 

こういった多様性は、留学ならではのメリットだろう。

 

薬剤師を辞めて語学留学したデメリット

デメリットは特にない。

あえて言うなら、履歴書に穴が空いているので、いちいちそれを説明するのが面倒なことくらいだ。

 

それくらいメリットの方が大きかった。

なので、語学留学を考えている薬剤師がいるのなら、僕は「人生1回きりだし行ってきた方が良いよ」とアドバイスしたい。

 

 

スポンサーリンク

薬剤師を辞めて語学留学する時の注意点

薬剤師を辞めて語学留学する時に注意点

 

最後に薬剤師を辞めて語学留学する際の注意点について。

3つアドバイスしたいことがある。

 

結果にコミットすること

1つ目が「結果にコミットする」ということ。

 

社会人の語学留学は結果を求められる

学生ならまだしも、社会人になってからバカンス気分で語学留学するのは全くオススメしない。

必ず「目に見える結果を出す」という意識を持って語学留学した方が良い。

 

留学にも色々あって、楽しさを前面に押し出している留学もあれば、語学力を本気で上げたい人向けの留学もある。

あえて薬剤師を辞めて留学するのであれば、楽しさを前面に押し出している留学は避けるべきだ。

 

目に見える結果がないと、「こいつ仕事辞めて海外で遊んできただけなんじゃないか」と思われやすい。

社会人の留学は、シビアに結果が求められる。

 

「視野が広がりました」では評価されない

自分が採用担当だったとして、「語学留学を通して、いろんな価値観に触れて視野が広がりました」と言う人と、「語学留学を通して語学力が上がり、留学前××点だったらTOEICスコアが帰国後は〇〇まで上がりました」と言う人、どちらを評価するだろう。

 

ほとんどの場合、後者だと思う。

視野を広げるための留学は、人生の選択肢としてはアリかもしれないが、残念ながら転職市場では評価されにくい。

 

『結果がでた+視野が広がった』なら良いけど、視野だけ広がった人は微妙である。

「何それ?」と思われる可能性がかなり高い。

 

転職を考慮しない語学留学なら、そこまで結果にコミットしなくて良い。

 

しかし、そうではないのなら、「TOEICやTOEFLのスコア」でも良いし、「留学先でビジネス的なことをしました」でも何でも良い。

 

何かしら見える形の結果を出そう。

 

英語の基礎学習は留学前からしておこう

2つ目の注意点が、英語の基礎学習は留学前からしておこう。

 

留学先で、文法や単語の勉強に時間を費やすのはもったいない。

国内で英語の基礎知識は固めておいて、留学先では英会話のトレーニングにフォーカスするのがオススメだ。

 

基礎学習としては、TOEIC L&Rの受験が良い。

質の高い参考書がそろっているし、自分の実力がスコア化されるので目標設定もしやすい。

 

最低でもTOEIC600点、できれば700点・800点を目指そう。

 

勉強法については、以下の記事がオススメだ。

>>【初心者向け】TOEICの勉強はどこから始めれば良いのか徹底解説する

 

留学前に転職サイトに登録しておく

もう1つの注意点が、あらかじめ転職サイトに登録してから語学留学するということ。

 

転職サイトのスタッフに帰国する時期を伝えておこう

正直、帰国後に転職活動を始めようとすると、なかなか気分が乗らない。

「1週間休んでから、転職活動を始めよう」と思っていると、あっという間に時間が過ぎていってしまう。

 

僕は自分の怠惰な性格を分かっていたので、あらかじめ転職サイトに登録し、「○○月に帰国するので、○○月の半ばくらいに連絡をください」と伝えておいた。

 

もちろん、ダラダラと転職活動を先延ばしにするのを防ぐためである。

 

数ヶ月後でも転職サイトのスタッフは連絡をくれる

結果として、この方法はかなり効果があって、あらかじめ登録しておいて正解だったなと思った。

 

数ヶ月後にも関わらず、ちゃんと連絡をくれて、ダラけずに転職活動を始めることができた。

「帰国後に転職サイトの登録から始めてたら。。」と思うと、ちょっと怖くなる。

 

「自分は怠惰じゃないから大丈夫!」という人以外は、出国前に転職サイトへ登録しておこう。

半強制的に転職活動を始めることができる。

 

主な薬剤師転職サイトの違いについては以下の記事をどうぞ。

 

>> 薬剤師転職サイトの違いを徹底比較-実際に使った感想を本音で語る-

 

 

まとめ

個人的には、薬剤師を一時的に辞めて語学留学するのはオススメだ。

例えば、英語ができるようになれば、外国人患者の対応もできるし、論文も読みやすくなる。

 

さらに言えば、英語は他のスキルへ水平展開しやすい。

例えば、僕はプログラミングをやるのだけど、プログラミングは日本語よりも英語の情報の方が多いので、情報収集には英語力が必須となる。

 

海外旅行に行った時も、英語ができると便利だ。

そのため、語学力がかなり役立っている。

 

悩んでいるなら、行っておこう。

やらないで後悔するより、やって後悔する方が断然良い。

 

では。

RELATED

-人生観

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.