薬・働き方・プログラミングがメインテーマ

週刊 薬剤師日記

転職

薬剤師は履歴書をパソコンで書くべき-手書きは絶対にやめよう-

更新日:

 

薬剤師の就活・転職によくある悩みの1つに「履歴書は手書きにするか・それともパソコンで書くか」という問題がある。

 

たしかに悩ましい問題かもしれないけど、僕は圧倒的にパソコンで履歴書を書くことをオススメしたい。

 

この記事では、なぜ薬剤師が履歴書をパソコンで書くべきかをまとめてみた。

就活・転職を控えている薬剤師の参考になれば嬉しい。

 

では本題へ。

 

 

スポンサーリンク

薬剤師の履歴書は手書きでなくパソコンで書くべき理由

薬剤師の履歴書はパソコンで書くべき理由

 

繰り返しになるが、薬剤師の履歴書は手書きではなくパソコンで書いた方が絶対に良い。

 

手書きの履歴書を評価する薬剤師の職場は地雷

なぜ履歴書をパソコンで書くべきなのか。

理由は手書きの履歴書を評価する薬剤師の職場は地雷である可能性が高いからだ。

 

例えば、洗濯機があるのに「洗濯物は手洗いしろ」と言われたらどう思うだろうか?

十中八九「この人、頭おかしいのか?」と思うはずだ。

 

洗濯機があるのに、わざわざ時間をかけて手洗いするなんて明らかにおかしい。

 

手書きの履歴書もそれと同じである。

パソコンという楽に履歴書を書くための機械があるにも関わらず、ミスをしたら書き直す必要のある手書きなんて完全にアホだ。

 

あなたは、洗濯機があるのに「手洗いしろ」という会社で働きたいだろうか?

答えはNOだと思う。

 

パソコンで履歴書を書いて地雷の職場を避けよう

21世紀にもなって手書きの履歴書を評価する会社は明らかに地雷だ。

 

履歴書を手書きにこだわる会社は、生産性をあまり考えていない可能性が極めて高い。

生産性が低い→労働時間が長くなる→従業員が疲弊するという負のスパイラルに陥る可能性がある。

 

こういう職場を避けるためにも、履歴書はあえてパソコンで書こう。

もし面接で「履歴書、手書きじゃないんですね」みたいなこと言われたら、そこに就職するのはやめておいた方が良い。

 

冗談みたいな話なのだけど、生産性を考えていない会社は少なくない。

 

例えば薬局では、在宅医療の医師への報告書を"手書きの方が気持ちが伝わる"と本気で思っている人がいたりとか、Excelを使わず手計算するという人は意外と多かったりする。

 

ITの力を使わないと、終わる仕事も終わらなくなってしまう。

ブラックな職場で働きたくない薬剤師は、手書きの履歴書ではなく、パソコンで履歴書を書くべきだ。

 


 

特に中小規模の職場へ就職・転職する薬剤師はパソコンで履歴書を書くべき

 

特に中小規模の職場へ就職・転職を考えている薬剤師は、パソコンで履歴書を書くことをオススメしたい。

 

中小規模の職場ほどITの活用に力を入れていないので注意

僕の経験上、中小規模の職場ほどITの活用に力を入れていない傾向がある

 

もちろん中小規模の職場が全てダメというわけではない。

中小であっても生産性向上のために、設備投資に力を入れている職場はたくさんある。

 

しかし大手に比べて、中小の規模の会社は「報告書を手書きで書かせる」、「偉い人がExcelの使い方が分からないからExcelを使うな」みたいなことが多い。

 

僕は新卒の時に大手で働いて、その後は中小規模の会社で働いていることが多い。

その経験からもそうだし、友人の薬剤師の話からも、この傾向はまず間違いない。

 

大手はITに力を入れて生産性に意識を向けているが、中小だとその意識が薄くなりがちということは頭の片隅に置いておこう。

 

中小規模の職場で働くことを考えている薬剤師ほどパソコンで履歴書を書こう

何が言いたいかというと、中小規模の職場で働こうと考えている薬剤師ほどパソコンは履歴書で書いた方が良いということだ。

 

先ほども書いた通り、21世紀にもなって「手書きの履歴書をありがたがっている会社」は地雷である。

 

こういった会社は、入った後かなり苦労する。

なので、間違って入社してしまわないように、履歴書は手書きではなく、必ずパソコンで書くようにしよう。

 

もし採用担当が手書きの履歴書に不満そうだったら、その会社に入るのはやめた方が良い。

大手であれば、そこまで心配する必要もないが、中小規模の職場の場合は特にパソコンで履歴書を書くようにしよう。

 

 

スポンサーリンク

薬剤師がパソコンで履歴書を書く方法

薬剤師がパソコンで履歴書を書く方法

 

最後に就活や転職を控えている薬剤師向けに、パソコンで履歴書を書く方法について書いておこうと思う。

 

パソコンで履歴書を書く方法

パソコンで履歴書を書くは以下の通りだ。

 

【パソコンで履歴書を書く手順】

  • 履歴書の雛形を入手
  • 履歴書をパソコンで記入
  • 履歴書の印刷

 

1:履歴書の雛形を入手

パソコンで履歴書を書くには、まず雛形が必要だ。

雛形はハローワークのサイトからもらおう。

 

ハローワーク公式ページ

 

ハローワークのページに飛ぶと、JIS規格履歴書様式例と書かれている箇所にExcel 版のリンクがあるので、これをクリックする。

 

履歴書のダウンロード

 

そうすると、以下のような履歴書の雛形を入手できる。

 

ダウンロードした履歴書

 

もちろん無料でダウンロード可能だ。

>> ハローワーク 公式ページ

 

2:履歴書をパソコンで記入

あとは必要事項をパソコンで記入していくだけだ。

薬剤師の就活・転職は、複数の会社を同時並行で受けることが多い。

 

なので、手書きの履歴書だと氏名や経歴、連絡先を複数書かないといけないが、パソコンで履歴書を書く場合はそれをやらなくて済むので圧倒的に楽だ。

 

会社ごとに変更するのは、通勤時間や志望動機くらいで済む。

 

3:履歴書の印刷

最後のステップは履歴書の印刷だ。

 

正直、印刷というステップも無駄なので、メールに添付して面接を受ける会社に送信したいところではある。

 

しかし残念なことに、紙の履歴書は大手から中小まで必須となっている。

これは僕がこの前転職活動をして、大手から中小まで幅広く面接を受けたので間違いない。

 

残念ながら履歴書の印刷は避けられないのだ。

 

Excelのプリント方法だが、以下のステップで進めよう。

 

【Excelのプリント方法】

  1. 左上の『ファイル』をクリック
  2. 『プリント』をクリック
  3. 『方向』を横に選択
  4. プリントする

 

ちなみに家にプリンターがない場合は、コンビニで印刷可能だ。

USBメモリにデータを入れて、コンビニのコピー機で印刷できる。

 

その場合の注意点としては、ExcelファイルをPDFに変換しておこう。

Excelのままだと印刷できない。

 

PDFへの変換方法だが、『左上のファイルをクリック』し、プリントを選択すると、以下のような画面になる。

赤線が引かれているところのボタンをクリックしよう。

 

履歴書をPDF形式に変換

 

そうすると、PDFで保存という項目があるので、そこを選ぶとPDF形式で履歴書を保存できる。

 

履歴書をPDFで保存

 

これをコンビニに持って行けば印刷可能だ。

 

 

まとめ

履歴書は手書きではなく、パソコンで書こう。

特に中小規模の会社への就職・転職を考えている薬剤師ほど、パソコンで履歴書を書いた方が良い。

 

パソコンで書いた履歴書を嫌がる会社は、地雷である可能性が高い。

なので、あえてパソコンで履歴書を書くことにより、地雷の職場を避けることが可能となる。

 

そして何より、パソコンなら履歴書を簡単に書けるので、あなたの時間も無駄にせず済む。

良いことばかりなので、履歴書はパソコンで書くのがオススメだ。

 

参考になれば嬉しい。

では。

RELATED

-転職

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2019 All Rights Reserved.