薬剤師の転職

「薬局薬剤師」に飽きた場合は、どこに転職するのがベストか

更新日:

「薬局薬剤師として働いてるけど、飽きてしまった」

このような感覚を持っている薬剤師は少なくない。

 

そこでこの記事では、「薬局薬剤師として働くのに飽きた薬剤師」にとって、最適な転職先とはどこなのかについてまとめた。

 

スポンサーリンク

薬局薬剤師が合わない場合の最適な転職先とは

「調剤して、鑑査して、投薬しての繰り返しに飽きたから転職を考えている」という薬局薬剤師は実際かなり多い。

 

では薬局の仕事に飽きた薬剤師に最適な転職先としては、どんなところがあるだろうか。

結論から言うと、僕がオススメしたいのは「調剤併設型ドラッグストア」だ。

ドラッグストアと聞くと、多くの薬剤師がこう思うのではないだろうか。

 

「レジ打ちをしなきゃいけない」

「お菓子や日配品の品出しをやらされる」

 

実はこれらの仕事は、調剤室がないタイプのドラッグストアでやらされる仕事だ。

しかし調剤併設型ドラッグストアでは、レジ打ちなどの雑務はなく、薬に特化した仕事をすることができる。

 

実は、僕は調剤併設型ドラッグストアで働いていたことがある。

結局、僕自身はドラッグストアから個人薬局へ転職してしまったのだけど、「薬局で働くのに飽きた」という薬剤師には「調剤併設型ドラッグストア」は良い選択肢になると思う。

 

そこで「薬局」と「調剤併設型ドラッグストア」で実際に働いたことのある僕の経験から、両者の違いや比較についてまとめてみた。

「薬局からの転職を考えている薬剤師」には、参考になるはずだ。

 

薬局とドラッグストアの仕事の違いとは

ではなぜ僕が「薬局で働くのに飽きた薬剤師」へ調剤併設型ドラッグストアをお勧めするのか。

それは「仕事に幅があるから」だ。

 

たしかに薬局に比べると、シフトが不規則になりがちというデメリットはある。

しかし給与は年収換算で150万以上も高い上に、色々な仕事を経験ができるので、薬局に飽きた薬剤師には良い選択肢となるだろう。

 

1:市販薬の接客

薬局では「処方箋の受付」や「調剤」、「鑑査」、「投薬」、「予製の作成」などがメインの仕事となる。

一方、調剤併設型ドラッグストアの場合は薬局の仕事に加えて、「市販薬の接客」や「市販薬の売場作り」などの仕事が加わる。

 

「薬局にも市販薬はある」という意見もあると思うが、ドラッグストアと比べた場合、市販薬の品揃えは圧倒的な差がある。

言うまでもなくドラッグストアの方が、取り扱っている市販薬の数は多い。

 

ドラッグストアでは、この数多くある市販薬の中から、お客さんの症状をヒアリングし、適切な市販薬を勧めることができる。

医師が決めた薬を患者に渡すのではなく、薬剤師が市販薬を選んで渡すのだ。

 

数ある市販薬の中から「症状に合わせて自分で薬を選べる」というのは意外と面白い

「裁量の大きい仕事は面白い」という話はよく聞くが、市販薬の販売はまさに薬剤師の裁量が大きい仕事と言えるだろう。

 

2:市販薬の売場作り

また市販薬の売場作りも、薬剤師の仕事だ。

ドラッグストアに行くと、市販薬がズラッと並んでいるのをみたことがあると思う。

 

この薬の並び順に関しては、たいてい本部から指定されている。

ただし、どのように販促するかに関しては、薬剤師の裁量に任せられていることが多い。

 

例えば

「薬の特徴をシンプルに書いたPOPを作って、お客さんが簡単に薬を選べるようにしよう」

とか

「ベンザブロックの黄色と青色では何が違うのかを簡単にまとめたポスターを作ってみよう」

といった販促方法を自分で考え、それを実行できるのだ。

 

これも先ほど書いたような、かなり裁量のある仕事だ。

実際、僕が働いていた調剤併設型ドラッグストアでは「販促が好きだから薬局では働きたくない」と言っている薬剤師もいるほどだった。

 

僕個人としては、近ごろ話題のセルメディケーションの促進に最も貢献できるのが「調剤併設型ドラッグストアに勤務している薬剤師」だと考えている。

適切なセルフメディケーションを行える環境を整える上で、調剤併設型ドラッグストア薬剤師の重要性はこれからどんどん増していくだろう。

 

3:薬剤師以外のキャリアが多い

そしてドラッグストアでは「薬剤師以外のキャリアが多い」ことも特徴だ。

これはそもそも薬剤師として働くのに飽きた人には、かなり大きなメリットとなるだろう。

 

例えばドラッグストアは市販薬の取り扱いが多いので、どんな商品を取り扱うのかや価格の設定を行う「バイヤー」や、会社独自の商品を開発する「商品企画」などのキャリアが用意されている。

 

それ以外にも、店舗の人員配置を考える「人事」や店舗をまとめる「マネージャー」などのキャリアもある。

「薬剤師以外の道も考えている人」にとっては、多くの選択肢がある調剤併設型ドラッグストアは良い転職先となるだろう。

 

薬剤師自体に飽きたという人も、今までの薬剤師としてのキャリアを最も活かしやすいのが、調剤併設型ドラッグストアと言える。

>>> 薬剤師が転職する時の流れとは?-必ずやるべきことを解説する-

 

スポンサーリンク

ドラッグストアを選ぶ時の注意点

ドラッグストアへの転職を考える時に注意したいのが、あくまでも「調剤併設型の店舗」を選ぶということだ。

間違っても調剤室のないドラッグストアへの転職はしてはいけない。

 

実は僕自身も最初に配属された店舗が、調剤併設型ではなかった。

調剤併設型の店舗は面白いが、調剤室のない店舗は薬剤師らしい仕事ができなくて本当につまらないので、個人的には全くオススメできない。(もちろん人それぞれだと思うが)

 

先ほども書いたが、調剤併設型ではないドラッグストアの場合、「お菓子や日配品の品出し」や「商品の発注」、「レジ打ち」など、一般的な薬剤師がやりたくない仕事がメインとなってしまうからだ。

 

もしドラッグストアへの転職を希望するなら、転職サイトのコンサルタントには「ドラッグストアへ転職したい」ではなく、ちゃんと「調剤併設型ドラッグストアへ転職したい」と伝えよう。

 

間違って調剤室のないドラッグストアに転職をしてしまうと、薬剤師らしい仕事からはどんどんかけ離れていってしまうので注意してほしい。

>>> 薬剤師転職サイトのおすすめはどれ?-現役薬剤師が徹底解説-

 

その他のオススメな選択肢

「ドラッグストアへの転職には惹かれない」という場合。

その場合は在宅医療に特化した薬局がオススメだ。

実は僕も在宅医療をやりたくて、調剤併設型ドラッグストアから薬局へ転職した。

 

在宅医療でも

「患者がいかに薬を飲みやすくなるか」

「患者が薬をちゃんと飲めなかった場合の代替薬の提案」

などを行うため、薬剤師の裁量が大きく飽きにくい。

 

そして僕が在宅医療に従事し始めてから感じたのは、感謝されることが非常に多いということだ。

これは患者に独居老人が多いということが原因だと思う。

 

要するに薬の管理をしてくれる家族がいないので、どうしても適切に薬を使えないということが多いのである。

そこに薬剤師が介入し、適切に薬を服用できるようアシストする。

 

例えば、飲み忘れのないようにお薬カレンダーを使ってみたりして、患者が薬を飲みやすくしてやるのだ。

いかに「薬を飲みやすくするか」を考えるのは楽しいし、「ありがとう」と感謝されることも多いので、やりがい重視の人には在宅に特化した薬局は非常に良い選択肢となるだろう。

 

また最近では無菌室を完備したかなり専門性の高い薬局も増えてきている。

注射剤の調整など、一般的な薬局ではできない仕事もできるので、個人的には非常にオススメの転職先だ。

>>> 薬剤師が転職する時の流れとは?-必ずやるべきことを解説する-

スポンサーリンク

オススメの薬剤師転職サイトとは?

最後にお勧めの薬剤師転職サイトを紹介したい。

 

薬剤師転職サイトに登録すると「待遇の交渉」や「求人の紹介」、「面接日程の調整」、「面接のアドバイス」など便利なサービスを無料で受けることができる。

転職活動が格段にしやすくなるので、転職活動をするなら必ず利用しよう。

 

また現時点では転職を考えてなくても、薬剤師転職サイトに登録しておけば、定期的に求人情報を送ってくれるので何かと便利である。

とりあえず登録はしておくのがオススメだ。

 

僕がオススメしている薬剤師転職サイトは、以下の3つである。

全て無料で利用可能となっている。

 

【おすすめ薬剤師転職サイト】

マイナビ薬剤師 公式サイト

リクナビ薬剤師 公式サイト

ファルマスタッフ 公式サイト

 

ちなみに1つだけ選ぶとしたら、「転職のミスマッチを許さない」社風であるファルマスタッフがオススメだ。

>>> ファルマスタッフに無料登録する

 

▼マイナビ薬剤師の特徴・おすすめポイント

マイナビ薬剤師のおすすめポイント

◆4年連続利用者満足度No.1

◆面談に力を入れているので、転職に関する不安を解消しやすい

◆大手から中小まで幅広く紹介してくれる

 

マイナビ薬剤師の詳細情報

求人数:40000件以上

応募できる職種:薬局、病院、ドラッグストア、臨床開発、学術、営業など

対応している雇用形態:正社員、契約社員、パートなど

 

【詳しくは公式サイトでチェック】

>>> マイナビ薬剤師に無料登録する

 

▼リクナビ薬剤師の特徴・おすすめポイント

リクナビ薬剤師のおすすめポイント

◆日本最大手の人材会社リクルートが運営

◆転職ノウハウが豊富

◆大手の求人に強い

 

リクナビ薬剤師の詳細情報

求人数:35000件以上

応募できる職種:薬局、病院、ドラッグストア、企業など

対応している雇用形態:正社員、アルバイト、パート

 

【詳しくは公式サイトでチェック】

>>> リクナビ薬剤師に無料登録する

 

▼ファルマスタッフの特徴・おすすめポイント

 

ファルマスタッフのおすすめポイント

◆転職後の「こんなはずでは」を防止するために力を入れている

◆調剤薬局に強いコネクションを持つ

◆派遣の求人も多数取り扱い

 

ファルマスタッフの詳細情報

求人数:70000件以上

応募できる職種:薬局、病院、ドラッグストア、企業など

対応している雇用形態:正社員、パート、派遣

 

【詳しくは公式サイトでチェック】

>>> ファルマスタッフに無料登録する

 

▼薬剤師転職サイトの選び方

基本的には、3つ全てに登録した上で転職活動をするのがオススメだ。

なぜかというと、掲載されている求人に違いがあるからだ。

 

複数登録することにより、比較検討しながら転職活動をできるので、自分にあった求人に巡り会いやすくなる。

【おすすめ薬剤師転職サイト】

マイナビ薬剤師 公式サイト

リクナビ薬剤師 公式サイト

ファルマスタッフ 公式サイト

 

 

ちなみに「複数のサイトに登録するのは抵抗がある」という場合。

その場合は、今回の転職で何を最も重視するかを基準にして考えると良いだろう。

 

【ワークライフバランスを希望する場合】

1位:ファルマスタッフ

2位:マイナビ薬剤師

3位:リクナビ薬剤師

 

【大手の会社を希望する場合】

1位:リクナビ薬剤師

2位:ファルマスタッフ

3位:マイナビ薬剤師

 

【大手から小規模の会社まで幅広く考えている場合】

1位:マイナビ薬剤師

2位:ファルマスタッフ

3位:リクナビ薬剤師

 

【高収入を重視する場合】

1位:ファルマスタッフ

2位:リクナビ薬剤師

3位:マイナビ薬剤師

 

【派遣で働くのを希望する場合】

1位:ファルマスタッフ

*マイナビとリクナビは派遣を扱っていない

 

どの転職サイトが良いか迷ったら

ここまで読み進めたけど、まだ「どの転職サイトが良いか決められない」という場合。

その場合は、「ファルマスタッフ」への登録がおすすめだ。

ファルマスタッフに登録しておけば間違いはないだろう。

 

僕がファルマスタッフをオススメする理由は3点。

1つ目が、「転職のミスマッチを許さない」という社風があること。

転職後の「こんなはずじゃなかった」が起こらないよう、しっかりと転職をサポートしてもらえる。

 

2つ目が、「転職面接のサポートがしっかりしている」という点。

ファルマスタッフでは面接対策の相談も無料で乗ってくれる上、転職面接に不安がある場合は、コンサルタントが面接に同行しサポートしてくれる。

 

3つ目が、転職後に起こった「面接の時と話が違う」にも、しっかりと対応してくれるという点。

転職後でもミスマッチがあった場合は、ミスマッチを解消するために力を貸してくれる。

 

以上のような理由により、複数の転職サイトに登録するのに抵抗があるなら、とりあえずファルマスタッフに登録するのがオススメだ。

>>> ファルマスタッフに無料登録する

 

スポンサーリンク

まとめ

少し長くなったので、この記事の要点をまとめる。

 

【Point!】

1:調剤併設型ドラッグストアが転職先としてオススメ

2:調剤併設型ドラッグストアはキャリアの選択肢が多い

3:調剤室のないドラッグストアで働くのはつまらない

4:在宅に特化した薬局も転職の選択肢として非常に面白い

5:転職活動をする時は複数の転職サイトに登録しよう

 

転職サイトは複数登録すると「比較」という視点を持てるので、転職が失敗しにくくなる。

以下の3つは薬剤師転職サイトの中でも、大手に分類されるので、とりあえず3つは登録しておくのがオススメだ。

 

【おすすめ薬剤師転職サイト】

マイナビ薬剤師 公式サイト

リクナビ薬剤師 公式サイト

ファルマスタッフ 公式サイト

 

 

どうしても「複数のサイトに登録するのは抵抗がある」という場合。

その場合は、「ファルマスタッフ」への登録がオススメだ。

 

ファルマスタッフでは、「転職のミスマッチを許さない」という社風がある。

そのため転職後の「こんなはずじゃなかった」が起こらないよう、しっかりと転職をサポートしてもらえる。

>>> ファルマスタッフに無料登録する

 

 

以上、みなさんの転職が上手くいくことを祈っている。

では。


おすすめの薬剤師転職サイトはこちら!

自分に合った転職サイトを使うのが転職成功への第一歩!

オススメの転職サイトをチェックしよう!



RELATED

-薬剤師の転職

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.