薬・働き方・プログラミングがメインテーマ

週刊 薬剤師日記

転職

薬局薬剤師に飽きた場合は、どこに転職するのがベストか

更新日:

 

「薬局薬剤師として働いてるけど、飽きてしまった」

 

このような思っている薬剤師は少なくない。

 

僕の友人の薬剤師たちはも「薬局薬剤師に飽きた」という話をよくしているし、僕もたまに思う。

 

そこでこの記事では、「薬局薬剤師として働くのに飽きた薬剤師」にとって、最適な転職先とはどこなのかについて書いてみた。

 

僕はけっこう転職するタイプの薬剤師のなので、多少は参考になるかと思う

 

では本題へ。

 

 

スポンサーリンク

薬局薬剤師に飽きた場合にオススメの転職先とは?

 

薬局薬剤師として働くのに飽きたのであれば、僕はドラッグストアへの転職をオススメしたい。

 

薬局薬剤師に飽きたならドラッグストアが転職先としてオススメ

僕がドラッグストアへの転職をオススメする理由としては3つある。

 

【理由】

  1. 仕事の幅が広い
  2. キャリアの選択肢が広い
  3. 年収が高い

 

良い点1:仕事の幅が広い

ドラッグストアは仕事の幅が広い。

 

おそらく薬局で薬剤師をやっている場合、以下の3つがメインの仕事だと思う。

 

【薬局薬剤師の仕事】

  • 調剤
  • 鑑査
  • 投薬

 

一方、ドラッグストアでは、これらにプラスして市販薬に関する仕事が多くなる。

 

例えば、以下の2つはドラッグストアの薬剤師の典型的な仕事だ。

 

市販薬の接客

薬局にも市販薬は置いてあるけど、品揃えに関してはドラッグストアの方が圧倒的に多い。

 

この数ある市販薬の中から、お客さんの症状をヒアリングして適切な市販薬を選ぶのは、とても面白く感じると思う。

 

「自分に決定権のある仕事は面白い」とよく聞くけど、市販薬の販売はまさにそれで、薬剤師みずから薬を決められる。

 

「薬局薬剤師に飽きたなぁ」という人には、個人的にぜひやってみてほしい仕事だ。

 

市販薬の売り場づくり

ドラッグストアに行くと、市販薬がズラッと並んでいるのをみたことがあると思う。

 

この薬の並び順に関しては、たいてい本部から指定されている。

 

ただし、どのように販促するかに関しては、薬剤師の裁量に任せられていることが多い。

 

例えば「薬の特徴をシンプルに書いたPOPを作って、お客さんが簡単に薬を選べるようにしよう」といった感じで、販促方法を自分で考えることができる。

 

市販薬の販促が好きな薬剤師は意外と多くて、僕がかつて働いていたドラッグストアには「販促が好きだから薬局では働きたくない」と言っている薬剤師もいるほどだった。

 

売り場づくりも自分に決定権があるので、薬局で働くのに飽きた薬剤師にとっては面白く感じると思う。

 

良い点2:キャリアの選択肢が多い

ドラッグストアはキャリアの選択肢が幅広いので、薬剤師以外のキャリアも選びやすい

 

「薬局薬剤師に飽きた」というより、薬剤師自体に飽きた人にとっては、かなり大きなメリットとなるだろう。

 

例えばドラッグストアは市販薬の取り扱いが多いので、どんな商品を取り扱うのかや価格の設定を行う「バイヤー」や、会社独自の商品を開発する「商品企画」などのキャリアが用意されている。

 

それ以外にも、店舗の人員配置を考える「人事」や店舗をまとめる「マネージャー」などのキャリアもある。

 

「薬剤師以外の道も考えている人」にとっては、多くの選択肢があるドラッグストアは良い転職先となるだろう。

 

良い点3:年収が高い

3つ目のオススメポイントが年収が高いということ。

 

ドラッグストアは薬局に比べると、100万〜150万程度年収が高い。

 

年収が高ければ、しばらくして「ドラッグストアの仕事に飽きた」と仮に思ったとしても、「そこそこお金もらってるし、まぁ良いか」と自分の中で納得がいきやすい。

 

お金があれば、仕事以外のところで楽しいことも見つけやすいので、年収が高いに越したことはないだろう。

 

ドラッグストアを転職先として考える場合の注意点

ドラッグストアを転職先として考える場合、2つ注意点がある。

 

もしドラッグストアに興味が出てきたようなら、以下の2つを注意しながら転職活動をやるのがオススメだ。

 

【注意点】

  1. 調剤併設型ドラッグストアを選ぶ
  2. 雑務をやる必要があるかを確認する

 

注意点1:調剤併設型のドラッグストアを選ぶ

ドラッグストアの中でも、調剤併設型のドラッグストアを選ぶようにしよう。

 

今は薬局で働いていて調剤に飽きているかもしれないけど、いざドラッグストアに転職して市販薬関連の仕事しかなくなってしまうと、今度は「ドラッグストアの薬剤師に飽きた」ということになりかねない。

 

処方薬にプラスして市販薬の仕事をできるから飽きにくくなるわけなので、調剤併設型のドラッグストアを選ぶのがオススメだ。

 

注意点2:雑務をやる必要があるかを確認する

2つ目の注意点が、雑務をやる必要があるかを確認するということ。

 

ドラッグストアでは、薬だけでなく、お菓子や食品も扱っている。

 

そのため、お菓子・食品の品出しや発注まで薬剤師に任せているドラッグストアがたまにあるのだ。

 

「お菓子や食品などの仕事もやりたい」というなら別に良いのだけど、「こういった仕事はやりたくない」という薬剤師は、あらかじめ転職サイトのコンサルタントに「お菓子や食品などの品出しとか発注はやりたくない」と伝えておこう。

 

どの薬剤師転職サイトがオススメか

どの薬剤師転職サイトがオススメかだけど、僕はファルマスタッフをオススメしている

 

なぜかというと、転職のミスマッチ防止に特に力を入れている転職サイトだからだ。

 

詳しくは【暴露】ファルマスタッフを使って転職したので感想を淡々と語るという記事を読んでほしいのだけど、面接同行サービスを提供しており、面接中の会話を記録して転職後の「言った・言わない」のトラブルが怒らないようにしてくれる。

 

僕は今までにマイナビ薬剤師、リクナビ薬剤師、ファルマスタッフを使ったことがあるのだけど、個人的にはファルマスタッフが1番サービスが良かった。

 

無料で利用できるので、転職を考えているのであれば登録しておこう。

 

 

 

他の転職サイトと比較したい場合は、以下の記事をどうぞ。

>> 薬剤師転職サイトの違いを徹底比較-実際に使った感想を本音で語る-

 

 

ドラッグストア以外でオススメの転職先はどこか

 

ここまで読み進めて、もしかしたら「ドラッグストアはちょっと微妙だなぁ」と思った人もいるかもしれない。

 

最後にそんな薬剤師向けに、ドラッグストア以外の転職先候補を紹介しておきたい。

 

ドラッグストア以外にオススメ転職先

そんな人には、以下の2つが転職候補としてオススメだ。

 

【オススメ】

  1. 在宅医療に特化した薬局
  2. 薬剤師免許を活かせる薬剤師以外の仕事

 

1:在宅医療に特化した薬局

「薬局はもう飽きた」と思っている薬剤師に薬局を勧めるのもどうかと思うのだけど、在宅医療に特化した薬局は伸びシロがあってとても面白いと思う。

 

在宅医療に特化した薬局がオススメの理由は以下の3つだ。

 

在宅医療は裁量が大きくマンネリ化しにくい

僕も在宅医療をやっているのだけど、在宅医療では「患者がいかに薬を飲みやすくなるか」とか「患者が薬をちゃんと飲めなかった場合の代替薬の提案」などを行うため、薬剤師の裁量が大きく飽きにくい。

 

やはり「あれをやれ!」、「これをやれ!」と言われるよりも、「こうしたら、もっと良いじゃないだろうか」と能動的に働けた方が仕事は楽しい。

 

そういった意味で、在宅医療は工夫の余地がたくさんあるので、楽しく働きやすいと思う。

 

感謝されることがとても多い

薬局で働いていると「説明はいらない!」とか「薬だけ出してくれれば良いんだよ!」みたいなことを言ってくる人がいると思う。

 

けど、在宅医療の患者は薬を管理してくれる家族がいなくて困っていることが多いので、そういったことはほぼなく、感謝される場合がほとんどだ。

 

やはり「ありがとう」と感謝されると、モチベーションや、やりがいにもつながりやすい。

 

薬局の外に出られる

ずっと薬局内にいると、少し気持ち的に疲れたりしないだろうか?

 

在宅医療では、薬を届けるのに薬局の外へちょくちょく出るのだけど、これは大きな利点だと思う。

 

僕は薬を届けに行く時、自転車で出かける。

これが意外と気分転換になったりするのだ。

 

外の空気を吸うと、「よしっ、薬局に戻ってからも頑張ろう」と思えたりする。

 

なので、ずっと室内にいることのない在宅医療は、普通の薬局に飽きたという薬剤師にピッタリだと思う。

 

2:薬剤師免許を活かせる薬剤師以外の仕事

薬剤師の仕事は幸いにも売り手市場なので、いつでも戻ることが可能だ。

 

なので、薬剤師をやめて、薬剤師免許を活かせる仕事につくというのもアリだと思う。

 

薬剤師転職サイトで求人を検索すると、意外と薬剤師以外の求人も掲載されている。

 

パッと検索しただけでも、以下のような仕事を見つけられた。

 

薬事関連

 

薬事関連の仕事としては、主に以下のような業務がある。

 

【主な仕事内容】

  • 薬事に関する問い合わせ対応
  • 研修の講師
  • 研修の企画立案

 

コンタクトレンズの製造販売

 

コンタクトレンズの製造販売の仕事としては、主に以下のような業務がある。

 

【主な仕事内容】

  • 原料の検査
  • データ分析・管理
  • 品質分析

 

メディカルライター

 

メディカルライターの仕事としては、主に以下のような業務がある。

 

【主な仕事内容】

  • 医療従事者向けの資料作成
  • コピーライティング(Webコンテンツの製作)
  • 海外学会発表の取材
  • 翻訳

 

Webメディア運営

 

Webメディア運営の仕事としては、主に以下のような業務がある。

 

【主な仕事内容】

  • OTC・健康関連商品の販売
  • 問い合わせ対応
  • サイト内における商品説明などの修正
  • 商品管理

 

 

治験

 

治験の仕事としては、主に以下のような業務がある。

 

【主な仕事内容】

  • 治験のスケジューリング
  • 被験者の対応
  • 医療機関・担当医師の対応

 

転職を考えているならコンサルタントに相談しよう

転職を考えているなら、転職コンサルタントに相談してみよう。

 

無料で相談に乗ってくれる上、適切なアドバイスもくれるので、効率的かつ効果的に転職活動を進めることができる。

 

さきほども書いた通り、個人的には転職後の「こんなはずでは。。」防止に力を入れているファルマスタッフの利用がオススメだ。

 

【暴露】ファルマスタッフを使って転職したので感想を淡々と語るという記事にも書いたけど、ファルマスタッフは転職希望者のヒアリングもしっかりやっている。

 

なので、「相談しにくい」とか「希望を言いづらい」ということはまずない。

 

転職を考えているなら、とりあえず登録しておこう。

 

 

他の転職サイトと比較したい場合は、以下の記事をどうぞ。

>> 薬剤師転職サイトの違いを徹底比較-実際に使った感想を本音で語る-

 

 

スポンサーリンク

まとめ

薬局薬剤師が飽きたという場合は、調剤併設型ドラッグストアへの転職がオススメだ。

 

調剤併設型ドラッグストアへ転職する利点は、以下の3つである。

 

【理由】

  1. 仕事の幅が広い
  2. キャリアの選択肢が広い
  3. 年収が高い

 

もし「ドラッグストアはちょっと」という場合は、以下の2つがオススメだ。

 

【オススメ】

  1. 在宅医療に特化した薬局
  2. 薬剤師免許を活かせる薬剤師以外の仕事

 

転職コンサルタントに、伝えれば求人情報を紹介してもらえるので、転職を考えているのであれば、とりあえず転職サイトに登録しておくと良いだろう。

 

個人的には、転職のミスマッチング防止に力を入れているファルマスタッフがオススメだ。

 

 

他の転職サイトと比較したい場合は、以下の記事をどうぞ。

>> 薬剤師転職サイトの違いを徹底比較-実際に使った感想を本音で語る-

 

参考になれば嬉しい。

では。

 

RELATED

-転職

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2019 All Rights Reserved.