薬剤師の転職

薬剤師の転職活動は退職後でも大丈夫?

更新日:

「薬剤師の転職活動って退職後でも良いのだろうか?」

これは転職を決意した薬剤師が悩むであろう問題の1つだ。

 

「退職前に転職活動をするべきなのか」それとも「転職活動は退職後でも良いのか」

確かにこれは、意外と悩む問題だと思う。

 

僕自身は、実は退職後に転職活動をしたタイプだ。

そこでこの記事では「退職後の転職活動はアリなのか」について、僕の経験をもとにまとめてみた。

 

スポンサーリンク

転職活動の一般的な流れ

最初に、転職活動の流れを簡単に確認しておこう。

一般的に薬剤師の転職活動は、次のようなステップで進む。

 

1:薬剤師転職サイトに登録

最初に薬剤師転職サイトに登録する。

薬剤師転職サイトを利用するメリットは、「希望する転職先への応募」や「面接日程の調整」、「給与や福利厚生の交渉」などを代行してくれることだ。

 

これらの転職サイトは、無料で利用できる。

効率的に転職活動を行えるので、必ず登録しておこう。

 

転職サイトの選び方については、以下の記事が参考になるので参考にしてほしい。

>>> 薬剤師転職サイトのおすすめはどれ?-現役薬剤師が徹底解説-

 

2:転職サイトのスタッフから連絡がある

薬剤師転職サイトに登録したら、転職サイトのスタッフから連絡がくる。

このタイミングで「こんな職場に転職したい」と伝えれば良い。

 

できるだけ具体的に伝えると、転職サイトのスタッフも求人情報を探しくやすくなる。

例えば「残業が少なくワークライフバランスが良い職場」とか「色んな処方箋を受け付けている職場」とか「在宅医療をやっている職場」といった感じで伝えよう。

 

3:面接を受ける会社を決める

自分の希望を伝えたら、転職サイトのスタッフが、その希望に合った会社を何社かピックアップし、採用条件(給料・勤務体系など)や勤務時間などが詳しく書かれている資料をメールでくれる。

 

そして、その情報をもとに面接を受ける会社を決めることになる。

もちろん納得がいかなければ、違う会社を探してもらうことも可能だ。

 

面接を受ける会社が決まったら、それを転職サイトのスタッフに伝えれば良い。

そうすると、面接のセッティングをしてもらえる。

 

4:面接を受ける

面接のセッティングをしてもらったら、あとは指定された日時に面接会場に行けば良い。

平均で4〜5社くらいを受けるのが普通のようだ。

僕が転職活動をした時は、5社の面接を受けた。

 

ちなみに面接へ1人で行くのが不安な場合は、面接同行サービスを行なっている「ファルマスタッフ」という転職サイトを使うのがオススメだ。

コンサルタントが面接へ一緒に行ってサポートしてくれるので、転職に慣れていない人にとっては心強いだろう。

>>> ファルマスタッフに無料登録する

 

5:内定

面接が終わり何日か経つと、内定の連絡がくる。

薬剤師の転職は売り手市場ということもあり、よほど面接でヘマしなければ、ほぼ内定はもらえると思って良い。

ちなみに僕は、面接を受けた会社すべてから内定をもらえた。

 

転職活動は退職前にするべき?それとも退職後?

では薬剤師の転職活動は、退職前にするべきなのか。

それとも退職後の方が良いのか。

 

僕の経験から言うと、どちらにもメリット・デメリットがある。

そのためメリット・デメリットを踏まえた上で、いつ転職活動するかを決めると良いだろう。

 

先ほども少し書いたが、僕は退職後に転職活動をした。

理由は退職した後に留学をしたからだ。

 

スポンサーリンク

退職前に転職活動するメリット・デメリット

では退職前の転職活動から。

メリット・デメリットは、以下の通り。

 

▼メリット

退職前に転職活動をするメリットは「お金の心配がいらない」ということだろう。

安定した生活基盤を維持しつつ、転職活動をできる。

「貯金がなくなったら、どうしよう」というプレッシャーは、まずない。

 

また転職活動中に良い会社が見つからなくても、「もう少し同じ会社で働く」という方向転換も可能となる。

 

要するに在職中の転職活動は、保険をかけているのと同じようなものだ。

安心して転職活動できるのが、在職中に転職活動をする大きなメリットと言える。

 

▼デメリット

退職前に転職活動する最大のデメリットは、「スケジュールがキツくなる」ということだろう。

仕事しながらの転職活動では、休日に面接を受けに行く必要があるからだ。

しかも仕事が終わった後に、求人情報の収集や履歴書の作成も行わなければならない。

 

薬剤師の転職活動では、通常4〜5社の面接を受けるのが一般的だ。

そのため「休日に2社の面接を受けて、次の休日にまた2社の面接を受ける」というようなハードスケジュールになってしまう。

 

そして面接を受けた翌日は仕事である。

おそらく1週間〜2週間は、ちゃんとした休みを取れないだろう。

友人の薬剤師が、退職前に転職活動をしていたのだが、体力的に正直キツそうだった。

 

もし有給が残っているなら、最終出勤日の後に有給を消化しつつ転職活動するのが1番良いと個人的には考えている。

この方法が1番、肉体的にも精神的にも負担がかかりにくい。

 

詳しくは以下の記事にまとめたので、興味があれば参考にしてほしい。

>>> 薬剤師の転職期間ってどれくらいが普通なの?

 

退職後に転職活動するメリット・デメリット

次に退職後の転職活動について。

メリット・デメリットは以下の通り。

 

▼メリット

退職後に転職活動するメリットは「自由に使える時間が増える」ということだろう。

 

前述の通り、在職中の転職活動はスケジュール的にキツいが、退職後の転職活動ではそのようなキツさはない。

転職活動のみに専念できる。

 

また退職後に転職活動するのであれば、「海外旅行をした後に、リフレッシュしてから転職活動する」という選択肢も取ることができる。

 

このような「ちょっとリフレッシュしてから転職活動する」という選択肢は、就職先がたくさんある薬剤師だからこそできることだ。

僕の友人である某チェーン薬局の人事が「薬剤師は不足しているので、よっぽど変な人でなければ採用する」と言っていたので、就職先の心配をする必要は全くない。

 

ただしあまりにも空白期間があると、「退職した後に少し空白がありますが、何をやってたんですか」という質問はするらしい。

この場合は、正直に「遊んでました」と言うのではなく「次の就職先を慎重に選んでいたら、時間が空いてしまった」というように伝えれば問題ない。

 

▼デメリット

退職後に転職活動をするデメリットは「収入が途絶えること」だ。

もしかしたら「自分は十分な貯金があるから大丈夫」と考えている人もいるかもしれないが、十分な貯金があったとしても、精神衛生上ちょっと悪かったりする。

 

先ほどちょろっと書いたが、僕は語学留学するために、以前勤めていた薬局併設型ドラッグストアを退職した。

ちなみに、この時は500万くらい貯金をして辞めた。

 

実際1年くらい休むのには、かなり十分な額ではあったが、収入がなく支出だけが続くのは、正直あまり良い気がしない。

 

ここで忘れてはいけないのは、退職してから払わなければならないお金は、意外とたくさんあるということだ。

健康保険料や年金は、その最たる例だろう。

 

しかも健康保険料に関しては、今までは半分を会社が払ってくれていたが、退職後は全額を自分で払う必要がある。

これに家賃や食費、光熱費などが加わると、それなりの額になるのは言うまでもない。

そのため退職後の転職活動は、自分の貯金と相談した上でしてほしい。

スポンサーリンク

結局、退職後の転職活動ってアリ?

結局、退職後の転職活動はアリなのか。

退職後の転職活動はメリット・デメリットがあるものの、個人的には退職後の転職活動はアリだと考えている。

 

これは良い面でもあり悪い面でもあるのだが、薬剤師の給料は勤続年数が多ければ高くなるというわけではない。

つまり少しブランクがあったとしても、経験豊富な薬剤師とそこまで大差ない給与をもらうことができるのである。

 

そこまで給与が変わらないのであれば、少しリフレッシュする時間を設けるためにも、退職してから転職活動するのはアリだろう。

そもそも長い仕事人生において、リフレッシュせずに働き続けるのは、どうなのだろうと個人的には思う。

 

だいたい300万くらいあれば(つつましく生活するという条件付きではあるが)、1年くらいは仕事をせずに生活することは可能だ。

 

しかし前述の通り、収入がなく支出だけ続く状態は、精神衛生上あまり良くない。

そのため妥協した転職をしないためにも、貯金の余裕があるうちに転職活動を始めるのが個人的にはオススメだ。

>>> 薬剤師転職サイトのおすすめはどれ?-現役薬剤師が徹底解説-

 

薬剤師転職サイトの登録は退職前にしておこう

退職後に転職活動をするにしても、薬剤師転職サイトへの登録は、退職前にやっておいた方が良い。

なぜなら人間は、基本的に怠け者だからだ。

 

退職後に少し休んでから転職活動をしようと思っても、「あと少し」が続いて転職活動が後回しになってしまう可能性は十分ある。

 

ちなみに僕の話をすると、僕は留学をするために薬局併設型ドラッグストアを退職した。

そして僕は、基本的に怠け者である。

なので、退職する前に薬剤師転職サイトに登録し「留学から〇〇月に帰ってくるから、〇〇日に連絡ください」とあらかじめ伝えておき、強制的に転職活動をスタートできるようにしておいた。

 

帰国後、予想通り転職活動を面倒に思ったが、薬剤師転職サイトのスタッフがちゃんと連絡をくれたので、転職活動を先延ばしせずに済んだ。

 

このような理由から、退職後に転職活動をするにしても、薬剤師転職サイトへの登録は、退職前から絶対にしておいた方が良い。

特に自分が怠け者だと自覚している場合は、薬剤師転職サイトへの登録を強くオススメしたい。

 

退職する前に転職サイトへ登録し「〇〇月から転職活動を始めたいので、〇〇月になったら連絡ください」と、あらかじめ伝えておこう。

>>> 薬剤師転職サイトのおすすめはどれ?-現役薬剤師が徹底解説-

 

スポンサーリンク

薬剤師転職サイトの選び方

最後に薬剤師転職サイトの選び方について。

インターネットで検索してみると分かると思うが、薬剤師の転職サイトは、かなりたくさんある。

 

数が多すぎて「どの薬剤師転職サイトに登録すれば良いか分からない」という人がほとんどだろう。

僕の転職経験から言えるアドバイスとしては2つある。

 

1:複数の薬剤師転職サイトに登録する

1つ目のアドバイスが、複数の薬剤師転職サイトに登録するということ。

なぜかというと、多くの求人を比較しながら転職を進めることができるからだ。

 

比較できる求人が多ければ多いほど、自分に合った会社に巡り会える確率が高まる

そのため薬剤師転職サイトは複数登録し、比較検討しながら転職活動するのがオススメだ。

 

2:大手の薬剤師転職サイトに登録する

2つ目が「薬剤師転職サイトは大手を選ぶ」ということ。

なぜかというと、それは規模の小さい転職サイトでは、求人情報が更新されてなかったり、サービスがきめ細やかでなかったりと、使うメリットが少ないからだ。

 

ちなみに大手の薬剤師転職サイトであれば、以下の3つがオススメだ。

【大手の薬剤師転職サイト】

マイナビ薬剤師 公式サイト

リクナビ薬剤師 公式サイト

ファルマスタッフ 公式サイト

 

とりあえずこの3つに登録して、転職活動をすれば間違いないだろう。

この3つは薬剤師の転職サイトの中でも、大手に分類される。

全て無料で利用可能となっている。

 

 

ちなみに複数の転職サイトに登録したくない場合。

その場合は、今回の転職で何を重視するかを基準にして考えると良いだろう。

 

【ワークライフバランスを希望する場合】

1位:ファルマスタッフ

2位:マイナビ薬剤師

3位:リクナビ薬剤師

 

【大手の会社を希望する場合】

1位:リクナビ薬剤師

2位:ファルマスタッフ

3位:マイナビ薬剤師

 

【大手から小規模の会社まで幅広く考えている場合】

1位:マイナビ薬剤師

2位:ファルマスタッフ

3位:リクナビ薬剤師

 

【高収入を重視する場合】

1位:ファルマスタッフ

2位:リクナビ薬剤師

3位:マイナビ薬剤師

 

【派遣で働くのを希望する場合】

1位:ファルマスタッフ

*マイナビとリクナビは派遣を扱っていない

 

 

まだ「どの転職サイトに登録するか」迷っている場合。

その場合は、ファルマスタッフへの登録がオススメだ。

 

ファルマスタッフでは、「転職のミスマッチを許さない」という社風がある。

そのため転職後の「こんなはずじゃなかった」が起こらないよう、しっかりと転職をサポートしてもらえる。

>>> ファルマスタッフに無料登録する

 

まとめ

最後に、要点を簡単にまとめておく。

メリット・デメリットを考慮して転職活動しよう

退職前の転職活動と退職後の転職活動には、メリット・デメリットがある。

そのためメリット・デメリットを踏まえた上で、転職活動のタイミングを決めよう。

ちなみに僕が考えるメリット・デメリットは以下の通り。

 

【退職前】

メリット:お金の心配がいらない

デメリット:スケジュールがキツい

 

【退職後】

メリット:時間に余裕があり、リフレッシュしてから転職活動ができる

デメリット:貯金がないとプレッシャーがかかる

 

薬剤師転職サイトの選び方

薬剤師転職サイトを選ぶコツは2つ。

1つ目が、複数の転職サイトに登録するということ。

複数登録することにより、「比較」という視点を持つことが可能。

 

そして2つ目が、大手の転職サイトを使うということ。

小規模のサイトは、求人情報が更新されていなかったり、サービスの質が低い傾向にある。

 

大手の薬剤師転職サイトは、以下の3つがオススメ。

全て無料で利用可能となっている。

【大手の薬剤師転職サイト】

マイナビ薬剤師 公式サイト

リクナビ薬剤師 公式サイト

ファルマスタッフ 公式サイト

 

どうしても「複数のサイトに登録するのは抵抗がある」という場合。

その場合は、ファルマスタッフへの登録がオススメだ。

 

ファルマスタッフでは、「転職のミスマッチを許さない」という社風がある。

そのため転職後の「こんなはずじゃなかった」が起こらないよう、しっかりと転職をサポートしてもらえる。

>>> ファルマスタッフに無料登録する

 

以上、みなさんの転職が上手くいくことを祈っている。

では。

RELATED

-薬剤師の転職

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.