薬剤師が転職を成功させるために気をつけるべきこととは?

転職しようと思った時、誰もが「転職を成功させたい」と思うだろう。

僕も転職活動をしていた時は、強くそう思った。

そこでこの記事では、僕の転職経験から「転職を成功させるために気をつけるべきこと」についてまとめた。

これから転職活動をする薬剤師の仲間に役立てば幸いだ。

薬剤師にとっての転職成功とは

薬剤師にとっての「転職成功」とはなんだろうか。

「年収アップ」や「キャリアアップ」、「ワークライフバランス」、「大企業への転職」など多くの考え方があるだろう。

このように転職成功の定義はたくさんある。

これらを簡単にまとめると、転職成功とは「ミスマッチしない」ことだ。

誰だって「自分の希望に合った職場で働きたい」と思うだろう。

転職のような一大イベントで、ミスマッチは避けたいはずだ。

では、どうすれば転職のミスマッチを減らせるのだろうか。

僕は「入社前」と「入社後」に気をつけるべきことが2つずつあると考えている。

入社前に気をつけること

入社前に気をつけるべきことは、以下の2つだ。

1:転職の優先順位を明確にする

1つ目のポイントが「転職の優先順位を明確にする」ということ。

例えばワークライフバランスを最も重視するのであれば、絶対にワークライフバランスという条件だけは絶対に妥協してはいけない。

一方でそれ以外の要素、つまりワークライフバランスよりも優先順位が低いものに関しては、ある程度の妥協が必要だ。

僕が転職活動をした時の話をしたい。

その時の僕にとって「ワークライフバランス」が最も優先順位が高かった。

そして「2位が年収」、「3位が薬剤師としてのキャリアアップ」だった。

そのため「残業のない会社」に焦点を絞り、年収やキャリアアップに関してはある程度妥協することにした。

具体的に言うと、年収に関しては前の会社が約500万くらいで、転職後が480万程度になった。

そしてキャリアアップに関しては在宅医療をやりたかったこともあり、在宅医療をやっている薬局を探していたのだが、ワークライフバランスの取れた職場かつ在宅医療に力を入れいてると言う会社が見つからなかった。

そこで在宅医療に力を入れている会社ではなく、「そこそこ在宅医療をやっている会社」で妥協することにした。

その結果、色々と妥協した転職ではあったが、最も優先順位の高いワークライフバランスが満たされていることもあり、おおむね満足のいく転職となった。

【Point!】

◆転職の優先順位を明確にすると、満足度の高い転職になりやすい

2:複数のルートから求人情報を手入する

2つ目のポイントが、「複数のルートから求人情報を手に入れる」ということだ。

要するに、薬剤師転職サイトは複数利用しようということである。

複数の薬剤師転職サイトを利用するメリットは、「求人情報を比較検討できる」という点だ。

大手の薬剤師転職サイトであっても、全ての求人を網羅しているわけではない。

例えば「リクナビ薬剤師」にある求人が、「マイナビ薬剤師」にもあるとは限らないのだ。

マイナビ薬剤師に自分に合う求人があったとしても、リクナビ薬剤師にしか登録してなければ応募はできない。

つまり複数ルートから求人情報を入手しなければ、選べる選択肢が極端に狭くなってしまうのである。

そもそも求人情報を比較しないことには、その求人は本当に良い求人なのかは分からない。

求人情報をできるだけ入手し、自分の優先順位と照らし合わせる。

その後、少しずつ面接を受ける会社を絞っていくのが、最も転職成功に効果的な方法なのだ。

ちなみに薬剤師転職サイトは、大手に登録しよう。

規模の小さい転職サイトだとサービスの質が落ちるので、避けた方が良い。

ちなみに大手の薬剤師転職サイトとしては、以下の3つが挙げられる。

【おすすめ薬剤師転職サイト】

マイナビ薬剤師 公式サイト

リクナビ薬剤師 公式サイト

ファルマスタッフ 公式サイト

それぞれの薬剤師転職サイトの違いについては、以下の記事にまとめた。

興味があればチェックしてほしい。

>>> 薬剤師転職サイトのおすすめはどれ?-現役薬剤師が徹底解説-

【Point!】

◆複数の薬剤師転職サイトに登録すると、求人情報を比較検討できる

◆大手の転職サイトを利用しよう

入社後に気をつけること

入社後に気をつけるべきことは、以下の2つだ。

1:新しい職場に馴染めるように努力する

あなたが薬局または病院、または製薬企業、どこへの転職を希望しているかは分からないが、職場が変わると人間関係や仕事のやり方も大きく変わることになる。

新しい環境に慣れるまでには、今までとのギャップに悩むこともあるかもしれない。

しかし転職に伴うギャップは、職場が変わる以上は仕方のないことだ。

まずは新しい職場に馴染むために、「良い人間関係を構築できるよう努力」しよう。

なぜなら、どんなに仕事のできる薬剤師だって、新しい環境でちゃんと仕事ができるようになるには、周りの協力が不可欠だからだ。

人間関係がよければ、仕事も円滑にいきやすくなる。

積極的に挨拶をしてコミュニケーションをとったり、その職場独自の文化を学ぶ姿勢をちゃんとアピールしよう。

こういったことをコツコツと積み重ねることにより、周りもあなたを認めてくれるようになるはずだ。

たまに、まだ馴染めていないだけなのに「この職場は自分に合っていない」と勘違いしてしまう薬剤師がいる。

しかしこの考えは、たいてい間違っている。

新しい環境なのだから、フィットするまでに時間がかかるのは当然だ。

最初から100%自分に合った理想通りの職場は、この世には存在しないということを忘れてはいけない。

この事実を忘れてしまうと、転職を繰り返すハメになるだろう。

少なくとも3ヶ月程度は、慣れるまでに時間がかかると思った方が良い。

【Point!】

◆慣れるのには時間がかかるので、早く馴染めるように努力する

2:聞いていたことと違うと思ったら早めに解決する

2つ目のポイントが「聞いていたことと違うと思ったら、早めに解決する」ということだ。

たとえば「残業がない」と聞いていたのに、実は残業のある会社だったなんてことがあったとしよう。

その場合は、会社の人に「残業がないと聞いていたんですけど」とちゃんと言う必要がある。

早いタイミングで言わなければ、どんどん言いにくくなるし、ストレスにもつながってしまう。

ミスマッチのリスクに備えるには、大手薬剤師転職サイトである「ファルマスタッフ」を利用するのも手だ。

薬剤師転職サイトのような人材紹介ビジネスは、入社が決定すると求人していた会社から紹介料が支払われる仕組みとなっている。

そのため転職後のミスマッチに対するフォローが、しっかりしていないケースがあるのだ。

その点ファルマスタッフは、「ミスマッチを許さない」という社風があり、アフターフォローがしっかりしている。

先ほど薬剤師転職サイトは複数使おうと書いたが、転職後のミスマッチが怖い場合は、サポート体制が充実しているファルマスタッフにとりあえず登録しておくと良いだろう。

>>> ファルマスタッフに無料登録する

まとめ

薬剤師にとって転職成功とは「ミスマッチが起こらないこと」だ。

ミスマッチを起こさないためには、入社前・入社後それぞれ2つずつやるべきことがある。

【入社前にやるべきこと】

◆転職の優先順位を明確にする

◆複数のルートから転職情報を入手する

【入社後にやるべきこと】

◆新しい職場に馴染めるよう努力する

◆「聞いていてことと違う」と思ったら早めに解決する

100%自分にフィットする職場はないが、以上を意識するだけで満足度の高い転職になりやすい。

参考になれば嬉しい。

>>> 他の薬剤師転職に関する記事はこちら