薬剤師転職サイトはなぜ無料?-仕組み・ビジネスモデルを徹底解説-

「薬剤師転職サイトはなんで無料なんだろう?」

確かに充実したサービスにも関わらず、無料で使えるのに少し違和感を覚えるかもしれない。

そこでこの記事では、「なぜ薬剤師転職サイトは無料で使えるのか」や「賢い転職サイトの使い方」についてまとめた。

では本題へ!

薬剤師転職サイトが無料の理由

薬剤師転職サイトを無料で利用できる理由。

それは「紹介料」という形で、求人企業から成功報酬をもらっているためだ。

転職サイトは、転職希望者が登録するだけでは利益を得ることはできない。

「企業への入社が決まって、はじめて成功報酬が発生する」という仕組みになっているのである。

このような仕組みであるため、企業側も変な人を採用するリスクが低くなるので、安心して採用活動を行うことができるというメリットがあるのだ。

薬剤師転職サイトの報酬相場とは?

では薬剤師転職サイトの報酬相場は、どれくらいなのだろうか。

これはだいたい転職者の年収の3割程度と言われている。

例えば年収500万の人が転職する場合、150万円が成功報酬となる。

要するに一人当たりの単価が非常に高いので、転職希望者が無料で転職サイトを利用できたとしても十分にペイできるのだ。

薬剤師転職サイトを使う時の注意点

薬剤師転職サイトを無料で使える理由は、ここまで読み進めて理解できたと思う。

しかし、この薬剤師転職サイトのビジネスモデルは、転職希望者にとってデメリットとなることもある。

1:年収が優先されやすい

先ほども書いた通り、薬剤師転職サイトの利益は、転職希望者の年収の約3割だ。

このビジネスモデルが原因となり、どうしても年収が優先されやすくなってしまう。

薬剤師転職サイトが利益を最大化するためには、年収は高ければ高いほど良い。

例えば年収600万の求人であれば180万、年収500万の求人であれば150万だ。

その差は30万円にもなる。

そのため、あなたの転職における優先度が「ワークライフバランス」や「経営方針」だったとしても、実際は年収優先で転職先を紹介される可能性がある。

また内定が複数出た場合も、年収が高い求人を勧められる可能性がある。

僕の話をすると、僕は5社から内定をもらったが、下から2番目に年収が低い会社を最終的に選んだ。

そのため「本当にそこで良いんですか?」とけっこう聞かれた。

このように「年収が優先されやすい」ということを知っておかないと、自分の希望とは違う会社に転職することになるので注意が必要だ。

2:内定後にじっくりと考える時間がない場合がある

そして2つ目の注意点が、「内定後にじっくりと考える時間を与えられない場合がある」ということだ。

これも薬剤師転職サイトのビジネルモデルに起因する。

繰り返しになるが、薬剤師転職サイトは内定が出なければ利益を確定できない。

さらに言えば、一人当たりに使える時間が短ければ短いほど、効率的に利益を上げることができる。

要するに内定を書くとしたら「早く転職先を決めてほしい」のが本音だ。

じっくり考えたい転職希望者と転職サイトの利害が一致しないのである。

薬剤師転職サイトのかしこい使い方

以上のように、薬剤師転職サイトは無料で使えるので利用価値は十分にある。

しかし、転職希望者と薬剤師転職サイトの利害が一致しない場合もあるので注意が必要だ。

ではどのように転職サイトを使えば、円滑に転職活動を行えるのか。

僕は以下の3点に気をつけることを提案したい。

1:複数の薬剤師転職サイトを使う

1つ目が複数の薬剤師を使うということ。

転職はコンサルタントとの相性が重要だ。

担当者との相性の良し悪しで、転職のやりやすさは大きく変わる。

そこで複数の転職サイトに登録し、相性の良いコンサルタントに出会える確率を上げるのだ。

まずは複数登録して色々と話をしつつ、徐々に転職を任せたいコンサルタントを見極める。

こういう使い方をすると、ハズレを引くリスクを減らすことができる。

コンサルタントとの相性は実際に比較してみないことには分からない。

比較対象をもつという意味でも、複数の転職サイトを使うのは戦略的にかなりオススメだ。

実際、僕も複数登録して転職活動をした。

ちなみに「なんか違うなぁ」と思ったら、「転職活動を一旦やめるから、また機会があればお願いします」と伝えれば問題ない。

または連絡を適当に放置しても良い。

転職サイトについては、以下の記事に詳しくまとめた。

興味があればチェックしてほしい。

>>> 薬剤師転職サイトのおすすめはどれ?-現役薬剤師が徹底解説-

2:コンサルタントの意見を100%鵜呑みにしない

2つ目がコンサルタントの意見を100%鵜呑みにしないということ。

前述の通り、どうしても年収によってコンサルタントの意見は決まってしまいがちだ。

そのため、「転職者に合いそうだが年収の低いA社」と「希望に合わないが年収の高いB社」があった場合、B社を推される可能性がある。

相性の良いコンサルタントが見つかった場合、なんでもアドバイスを受け入れたくなってしまうが、「最終的な意思決定は必ず自分でする」ということを忘れないようにしよう。

3:最終決定はじっくり考える

最後のアドバイスが、「最終決定はじっくり考える」ということ。

先ほども書いたが、転職が決定しないことには薬剤師転職サイトは利益を上げることができない。

そのため早く転職を決めてほしいと彼らは考えているので、決定を急かされる場合がある。

しかし、入社するかしないかの決定権はこちら側にある。

彼らの都合は、全く気にする必要はない。

転職は一大イベントなので、転職後に後悔しないようしっかりと考えてほしい。

仮にしつこく急かされるようなら「じっくり考えたい」とハッキリ伝えよう。

ちなみに転職の流れがよく分からないという場合は、以下の記事が参考になると思う。

興味があればチェックしてほしい。

>>> 薬剤師が転職する時の流れとは?-必ずやるべきことを解説する-

まとめ

この記事をまとめると、以下のようになる。

【Point!】

◆薬剤師転職サイトは、求人会社から報酬をもらっているため無料で利用できる

◆無料で使える反面、デメリットもある

◆利害関係を知った上で、賢く転職サイトを使おう

重要なことなので何度も書くが、薬剤師転職サイトは複数使うとリスクヘッジできる。

なので、基本的には複数の転職サイトに登録しておくことをオススメしたい。

オススメの薬剤師転職サイトについては、以下の記事を参照してほしい。

>>> 薬剤師転職サイトのおすすめはどれ?-現役薬剤師が徹底解説-

もしかしたら、この記事を読んで「転職のミスマッチが起こったらどうしよう」と思った人もいるかもしれない。

そのような場合は、大手薬剤師転職サイトである「ファルマスタッフ」を利用するのも手だ。

薬剤師転職サイトのような人材紹介ビジネスは、入社が決定すると求人していた会社から紹介料が支払われる仕組みとなっている。

そのため転職後のミスマッチに対するフォローが、しっかりしていないケースがある。

その点ファルマスタッフは、「ミスマッチを許さない」という社風があり、アフターフォローもしっかりしている。

先ほど薬剤師転職サイトは複数使おうと書いたが、転職後のミスマッチが怖い場合は、サポート体制が充実しているファルマスタッフにとりあえず登録しておくと良いだろう。

>>> ファルマスタッフに無料登録する

参考になれば幸いだ。

では!

>>> 他の薬剤師転職に関する記事はこちら