薬剤師の転職

薬剤師の転職活動の流れとは?-内定獲得までのプロセスを解説する-

更新日:

 

最近、僕にとって2回目の転職活動がようやく終わった。

そこでこの記事では、転職初心者の薬剤師向けに「転職の流れ」についてまとめてみた。

 

これから転職を考えている薬剤師のお役に立てれば嬉しい。

では本題へ。

 

 

スポンサーリンク

薬剤師の転職活動の流れとは?

薬剤師の転職活動の流れとは?

 

冒頭にも書いた通り、僕は今までに3つの薬剤師転職サイトを利用したことがある。

その経験からいうと、どの薬剤師転職サイトを使っても以下のような流れで転職活動は進む。

 

【転職活動の流れ】

  1. 薬剤師転職サイトに登録する
  2. コンサルタントに希望条件を伝える
  3. 求人の紹介
  4. 面接を受ける
  5. 内定獲得

 

ステップ1:薬剤師転職サイトへ登録

まず薬剤師転職サイトへ登録しよう。

登録内容は「氏名」や「メールアドレス」、「生年月日」などを入力するだけなので1分ほどで終わる。

 

もちろん無料で利用できる。

登録したらすぐに転職しなければいけないというわけではないので、安心してほしい。

 

転職を検討しているのであれば、とりあえず登録しておこう。

登録しておくと、定期的に求人情報を送ってもらえるので便利だ。

 

どの薬剤師転職サイトに登録すべきか

僕は今までに「ファルマスタッフ」、「マイナビ薬剤師」、「リクナビ薬剤師」の3つを使ったことがある。

 

その経験から言うと、大手の薬剤師転職サイトであれば大きな違いはそこまでない。

なので、そこまで神経質に転職サイトを選ぶ必要はないと僕は考えている。

 

あえて1つオススメするのであれば、ファルマスタッフが良いと思う。

転職のミスマッチング防止に1番力を入れている印象を受けたので、個人的にはもっとも安心感のある転職サイトだなと感じた。

 

 

 

詳しいレビューについては、以下の記事に書いたので参考にしてほしい。

>> 【暴露】ファルマスタッフを使って転職したので感想を淡々と語る

 

ステップ2:コンサルタントに自分の希望を伝える

薬剤師転職サイトへの登録が終わると、転職コンサルタントから連絡がある。

この時、コンサルタントへ「どんな職場への転職を希望するか」伝えよう。

 

例えば、「土日祝日休みの職場が良い」とか「給料が良いところが良い」とか「在宅医療に力を入れているところ」といった具合だ。

 

コンサルタントとの連絡はメールまたは電話

コンサルタントとの連絡は、電話またはメールですることが多い。

僕は基本的にメールでやり取りをしていた。

 

ちなみに、希望すれば直接会って面談することも可能だ。

僕はファルマスタッフを使った時、はじめてコンサルタントと直接会ったのだけど、対面だと条件のすり合わせをちゃんとできると思ったので、けっこう良いなと思った。

 

なので、面倒でなければコンサルタントと直接会って、話をしてみるのもアリだと思う。

 

コンサルタントへ「人間関係がうまくいかなかったから転職したい」と言ってはいけない

コンサルタントとの話し合いで、「なぜ転職するのか」について聞かれることがある。

この時、「人間関係がうまくいかなかった」を理由に挙げるのは控えよう。

 

これは転職コンサルタントが言っていたのだが、「人間関係がうまくいかなかった」は印象が悪いそうだ。

本当に職場の人との相性が悪かった可能性もあるけど、転職者のコミュニケーション能力が低いことが原因という可能性もあるからだ。

 

薬剤師転職サイトは、転職者の想定年収の3割ほどを紹介した会社から紹介料としてもらうビジネスモデルである。

そのため、コミュニケーション能力に難があるかもしれない薬剤師を率先して紹介しづらいのだ。

 

以上のような理由から、「人間関係が悪いから」を転職理由にするのはやめた方が良い。

 

ちなみに「激務すぎて辞めた」などはOKだ。

これは環境を変えれば、確実に解決できる問題なので印象が悪くなることはない。

 

ステップ3:求人の紹介

コンサルタントに希望条件を伝えたら、その希望にマッチした求人を紹介してもらえる。

求人の紹介はメールで行われ、こんな感じで記載されている。

 

 

僕が転職した時は、20社くらいを紹介してもらった。

このメールをみて「どの会社の面接を受けるか」を決めることになる。

 

気になる求人がない場合の対処法

もし紹介された求人が気に入らなければ、「違う求人ないですか?」と返信すれば良い。

実際、僕自身も「もうちょっと違う求人はないですか?」と何度も聞いた。

 

 

薬剤師転職サイト側も、ビジネスなのでしっかりと対応してくれる。

遠慮せずにちゃんと伝えるよう。

 

紹介された求人のどこが気にいなかったかフィードバックしよう

「他の求人を紹介してください」と伝える時に、「どこが気に入らなかったか」を一緒に伝えよう。

理由を添えるだけで、薬剤師転職サイト側もよりマッチングした求人を探しやすい。

 

例えば、「20時までの勤務はキツイので19時までが良いです」とか「もうちょっと家から通いやすいところでお願いします」といった具合だ。

 

「なんとなく嫌」では、薬剤師転職サイト側も解決しようがない。

なので、できるだけ理由つきで「他の求人を紹介してください」と伝えよう。

 

ステップ4:面接を受ける

気になる求人が見つかったら、いよいよ面接を受けるステップに進む。

 

面接の希望日を薬剤師転職サイトに伝えよう。

そうすると、薬剤師転職サイトが面接のセッティングをやってくれる

 

一般的に2〜3社の面接を1週間程度で受けるのが普通のようだ。

 

僕は退職後に転職活動をしたので1週間の弾丸スケジュールだったが、会社に辞めずに転職活動をする場合は2〜3週くらいに分けて面接を受けることになるかもしれない。

 

面接というより雑談

ちなみに面接というよりは雑談に近い。

殺伐とした雰囲気は全くないので、自然体で話をできると思う。

 

僕は2015年の3月と2018年12月に転職活動をしているが、どちらの転職活動でも雑談のような転職活動となった。

なので、そこまで心配する必要はないだろう。

 

面接に不安があるならファルマスタッフを利用しよう

面接に不安がある場合は、ファルマスタッフを利用して転職活動をすると良いだろう。

なぜかというと、ファルマスタッフは面接同行サービスを無料で提供しているからだ。

 

面接同行サービスを利用すれば、面接会場に行くまでに迷子になったりもしない。

 

そして何より、採用面接における話の食い違いが起こらないようにしてくれる。

第三者が介入することにより、「言った・言わない」のトラブルが起こりにくくなるというわけだ。

 

先ほども書いた通り、ファルマスタッフは転職のミスマッチ防止に力を入れているので、転職に不安があるようならファルマスタッフを利用すると良いだろう。

 

 

 

詳しいレビューについては、以下の記事に書いたので参考にしてほしい。

>> 【暴露】ファルマスタッフを使って転職したので感想を淡々と語る

 

ステップ5:内定の獲得

面接をパスしたら、内定獲得となる。

内定獲得の連絡は、薬剤師転職サイトのコンサルタント経由でもらう。

 

ほぼ内定はもらえる

薬剤師は売り手市場だ。

そのため、面接でよっぽどのヘマをしない限りは、ほぼ内定を獲得できると思ってよい。

 

僕は今までに10社近くの面接を受けているが、1度も落とされたことがない。

なので、「落ちたらどうしよう。。」と心配する必要はないだろう。

 

転職先は自分で意思決定しよう

内定を獲得したら、その中から転職先を選ぶことになる。

この時に注意したいのが、コンサルタントのアドバイスを鵜呑みにしないということだ。

 

薬剤師転職サイトは、転職者の想定年収の3割ほどを紹介した会社から紹介料としてもらうビジネスモデルである。

 

そのため、どうしても高い年収を提示した会社への転職を勧めてきやすいのだ。

 

だからこそ、コンサルタントのアドバイスを鵜呑みにしないようにしよう。

最後の意思決定に関しては、コンサルタントのアドバイスは忘れ、自分の物差しで判断してほしい。

 

 

薬剤師が満足度の高い転職活動をするための注意点

 

では、満足度の高い転職活動をするには何に注意すべきか。

個人的には、「優先順位を明確にすること」がとても重要だと感じている。

 

転職の優先順位を明確にするべき理由

なぜ優先順位を明確にした方が良いかというと、100%理想的な職場なんてないからだ。

100%を求めると、いつまでたっても満足のいく転職はできない。

 

僕の経験上、優先順位の高い条件が満たされていれば、転職の満足度は高くなる。

だからこそ「自分にとって何が大事か」を明確にしておくことが重要だ。

 

「今回ので転職では、ワークライフバランスを重視する」とか「忙しくても良いから年収アップを狙いたい」とか「薬剤師としての専門性を磨けるところが良い」など、転職の軸をちゃんと作っておこう。

 

最優先事項以外は妥協しよう

ワークライフバランスを最優先したい場合。

その場合は「残業がなく定時で帰れる求人」を薬剤師転職サイトから重点的に紹介してもらえば良い。

 

ここでのポイントは、ワークライフバランス以外の条件は、ある程度の妥協が必要ということだ。

 

繰り返しになるが、自分の理想とする完璧な職場はこの世に存在しない。

理想を追い求めすぎると、「何か違う」と転職を繰り返すことになるだろう。

 

僕の話をすると、薬剤師以外の仕事もしているので、残業なしで帰れることが重要だった。

前職より待遇面では少し劣っていたものの、残業がなくなり自分の理想とするライフスタイルを送れるようになったので、結果的に満足のいく転職となった。

 

なので転職活動の最初に、必ず「今回の転職で何を最も重視するか」を明確にしておこう。

ここがブレてしまうと、納得のいく転職は難しくなってしまう。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

薬剤師の転職活動は、基本的に以下のようなステップで進む。

 

【転職活動の流れ】

  1. 薬剤師転職サイトに登録する
  2. コンサルタントに希望条件を伝える
  3. 求人の紹介
  4. 面接を受ける
  5. 内定獲得

 

転職活動の際は、「今回の転職で何を重視するか」優先順位をしっかり決めておこう。

100%理想的な職場は存在しないので、完璧な職場を追い求めるのは賢いやり方とは言えない。

 

僕の経験上、優先度の高い条件さえ満たしていれば、満足のいく転職となる。

なので、ワークライフバランスが大事ならワークライフバランス、年収が重要なら年収といった感じで、優先順位を明確にしておこう。

 

以上、あなたの転職が上手くいくことを祈っている。

では。

RELATED

-薬剤師の転職

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2019 All Rights Reserved.