薬剤師の転職

【暴露】ファルマスタッフを使って転職したので感想を淡々と語る

更新日:

 

最近まで転職活動をしていたのだけど、ようやく転職活動がひと段落した。

 

僕にとって2回目の転職活動となるわけだが、前回の転職ではマイナビ薬剤師とリクナビ薬剤師を利用したので、今回はファルマスタッフを使ってみた。

 

そこで、ファルマスタッフを使った感想について簡単に書いておこうと思う。

この口コミが転職を考えている薬剤師の役に立てば嬉しい。

 

では本題へ。

 

 

スポンサーリンク

ファルマスタッフを使って転職した感想

ファルマスタッフを使って転職した感想

 

結論から言うと、ファルマスタッフを使った転職は満足のいくものになった。

 

とは言っても、良いところも悪いところもあったので、そういったことを踏まえてファルマスタッフを利用するかを決めてほしい。

 

ファルマスタッフの良いところ

まずはファルマスタッフを使ってみて良かったところから。

個人的に良いなと思ったところは2つある。

 

【ファルマスタッフの利点】

  • 転職のミスマッチをしないように力を入れている
  • 派遣の求人を取り扱っている

 

利点1:転職のミスマッチをしないように力を入れている

1つ目に良かった点が、転職のミスマッチが起こらないように力を入れているということ。

 

具体的には、以下の2つをやることによりミスマッチが起こらないようにしている。

 

【具体的な施策】

  1. 転職者と直接会ってのヒアリング
  2. 面接の同行

 

1:転職者と直接会ってのヒアリング

まずコンサルタントが転職者と直接会って、転職の希望条件をヒアリングをしている。

電話やメールのやりとりだけだと、話の食い違いを避けるために、できる限り会って話を聞くというスタンスだそうだ。

 

正直、最初に面談を提案された時は「は?だるっ。。」と思ったけど、求人を紹介してもらいながら条件のすり合わせをじっくりできるし、何より転職の裏話とかを聞けたので、けっこう面白かった。

 

直接あるのが遠慮したいという場合は電話やメールでやりとりすれば良いと思うけど、時間的にコンサルタントと会えそうなら直接会うことをオススメしたい。

 

2:面接の同行サービス

そして特に良いなと思ったのが、面接の同行サービスだ。

 

最初は「大人にもなって面接について来られるの、恥ずかしいんだが。。。」と思ったのだけど、なぜコンサルタントが面接に同行するかというとちゃんとした理由がある。

 

コンサルタントが面接の内容を記録することにより、入社後の条件に相違が出てしまうなどのトラブルを防いでくれるのだ。

 

これは言われてみれば確かに大事だなと思った。

第三者が介入することにより、聞いていた条件と実際の条件が食い違いが起こりにくくなる。

 

利点2:派遣の求人を扱っている

利点2が「派遣の求人を扱っている」ということ。

僕は薬剤師以外にも仕事をしているので、正社員ではなく「パート」または「派遣」での求人を探していた。

 

正社員を希望している薬剤師は関係ないけど、派遣の求人を扱っている薬剤師転職サイトは意外と少ない

 

ちなみに、僕が以前使ったマイナビ薬剤師とリクナビ薬剤師は、派遣求人を取り扱ってなかった。

 

なので、派遣の求人を探している場合は、ファルマスタッフを良い選択肢となると思う。

 

ファルマスタッフの悪いところ

次にファルマスタッフの悪いところについて。

「ちょっとなぁ」と思ったのは以下の1つだけだ。

 

【ファルマスタッフの難点】

  • メールの返信が遅いことがあった

 

1:メールの返信が遅いことがあった

唯一残念だなと思ったのが、メールの返信が遅いことがあった点だ。

 

2日間くらい音信不通になったことがあって、正直「あれっ?」と思った。

あとから聞いたら、連絡が遅れた理由は2つあったらしい。

 

1つ目が僕が希望した条件の求人があまりなかったということ。

 

ちなみに僕が希望したのは以下の条件だ。

特にネックとなったのが、週3勤務で在宅の経験を積めるところが少なさだったようだ。

 

【僕の希望条件】

  • 在宅医療の経験を積める
  • 残業なし
  • 自宅から30分以内
  • 1日4〜6時間 週3勤務

 

2つ目が某製薬会社をリストラされた人たちが薬剤師の転職市場に流れ込んできており、繁忙期を迎えていたとのことだった。

 

なので、イレギュラーな繁忙期に当たらず、あまり多くの希望条件を出さなければ返信が遅くなることはないと思う。

 

他の薬剤師転職サイトとの比較

冒頭に書いた通り、僕はファルマスタッフ以外にマイナビ薬剤師とリクナビ薬剤師を利用したことがある。

その経験から言うと、小さな差はたしかにちょっとあるけど、すごく大きな差はないように感じた。

 

僕が感じたファルマスタッフの特色は「転職のミスマッチが起こらないように力を入れている」ということ、そして「派遣の求人を取り扱っている」の2つだけだ。

 

この2つはマイナビ薬剤師とリクナビ薬剤師に比べると、たしかに差があるように思う。

ただし、それ以外の面(求人の数とかコンサルタントの質)に関しては、特に差はない気がする。

 

なので、以下の2点のどちらかでもメリットを感じるのなら、ファルマスタッフを利用するのはアリだと思う。

 

【ファルマスタッフの利点】

  • 転職のミスマッチをしないように力を入れている
  • 派遣の求人を取り扱っている

 

 

 

ファルマスタッフがオススメの人

ファルマスタッフがオススメの人

 

ここまでの話をまとめると、ファルマスタッフがオススメなのは以下に該当する人だ。

こんな方におすすめ

  • 転職活動に不安がある
  • 就活・転職で「こんなはずでは。。」と思ったことがある

おすすめ1:転職活動に不安がある薬剤師

最初にファルマスタッフをおすすめしたいのは、「転職活動に不安がある薬剤師」だ。

 

転職活動では「知らない人と会わなければいけない」、「行ったことのない場所に行く必要がある」など不慣れなことの連続だ。

 

その点、ファルマスタッフは転職活動のサポートがかなり充実している印象だった

例えば、先ほど書いた面接同行サービスは、転職活動に不安がある薬剤師にとってかなり心強いと思う。

 

おすすめ2:就活・転職で「こんなはずでは。。」と思ったことがある薬剤師

就活・転職で「こんなはずでは。。」と思ったことがある薬剤師もファルマスタッフはオススメだ。

 

先ほども書いた通り、ファルマスタッフは転職のミスマッチングが起こらないように力を入れている

 

これは就活・転職で失敗経験のある薬剤師にとって、かなり安心感があると思う。

ちなみに入社後にミスマッチングが起こった場合でも、違う会社を紹介してもらうことが可能だ。

 

このような理由により、就活・転職で失敗したことのある薬剤師にとってもファルマスタッフは良い選択肢となるだろう。

 

 

 

スポンサーリンク

ファルマスタッフを使った転職の流れ

ファルマスタッフを使った転職の流れ

 

ファルマスタッフに登録する

まずは公式サイトで登録を行う。

登録方法はとても簡単で1分程度で終わる。

 

1:『保有資格・経験』と『希望雇用形態』の入力

まず『保有資格・経験』と『希望雇用形態』を入力する。

 

ファルマスタッフ登録画面

 

ちなみに紹介予定派遣とは、「一定期間派遣で働きてから正社員・パートになる制度」である。

 

一定期間だけ派遣で働くことによって職場環境を確認できるので、転職後のミスマッチが起こりにくくなるというわけだ。

 

紹介予定派遣は、より慎重な転職スタイルと言えるだろう。

 

2:『希望業種』の入力

ステップ2が、希望業種の入力だ。

『調剤薬局』、『ドラッグストア』、『病院』、『企業』、『その他』の5種類がある。

 

ファルマスタッフ登録画面

 

3:『名前』と『生年月日』の入力

ステップ3が、『名前』と『生年月日の入力』だ。

ファルマスタッフ登録画面

 

4:『住所』、『電話番号』、『メールアドレス』の入力

最後のステップでは、『住所』、『電話番号』、『メールアドレス』を入力する。

何か気になる点などがあれば、質問や要望を記入することも可能だ。

 

ファルマスタッフ登録画面

 

お問い合わせボタンを押すと、下のような画面がでる。

ファルマスタッフ登録画面

 

 

 

2:転職コンサルタントから連絡がくる

登録が終わると、転職コンサルタントから連絡がくる。

なぜ連絡が来るかというと、以下の2つを確認するためだ。

 

【確認されること】

  • 現在の仕事状況
  • どんな転職先を希望するか

 

現在の仕事状況の確認

現在の仕事状況はそのままの意味で、「現在も働いているのか」とか「どういった会社で働いているか」といったことを聞かれる。

 

ちなみに働いている会社名を伝えても、転職サイト経由でバレることはないので安心してほしい。

 

どんな転職先を希望するかの確認

どんな転職先を希望するかも確認される。

 

ちなみに僕は「他の仕事もしているので1日4〜6時間 週3日労働」、「残業が少ない」、「在宅医療の経験ができる」、「自宅から30分以内」などの希望を伝えた。

 

3:転職コンサルタントと面談

ステップ3で転職コンサルタントとの対面での面談がある。

直接会いたくなければ、断ることもできる

 

僕の場合はファルマスタッフのオフィスが電車で10分程度と近かったので、実際にオフィスに行って話してきた。

 

ファルマスタッフのオフィスは全国にあるので、自宅から近いところが提案される。

(ちなみにオフィス以外にも近くの喫茶店でも面談可能とのこと)

 

【ファルマスタッフのオフィス】

  • 札幌支店
  • 東北支店(仙台)
  • 横浜支店
  • 名古屋支店
  • 大阪支店
  • 広島支店
  • 九州支店
  • 大宮営業所
  • 北千住営業所
  • 立川営業所
  • 新宿営業所
  • 町田営業所
  • 船橋営業所
  • 京都営業所
  • 神戸営業所

 

ファルマスタッフのオフィス

 

面談は60分くらいで、転職条件のすり合わせがメインだった。

電話だと細かいニュアンスが伝わらなかったりするので、直接会えるのなら会ってみると良いと思う。

 

ちなみにオフィスに行ったからといって、転職を強制されることはないので安心してほしい。

 

4:求人の紹介

ステップ3ですり合わせた希望条件をもとに、求人を紹介してもらえる。

 

求人の紹介は電話ではなく、以下のようなメールでやりとりをする。

ファルマスタッフからの求人紹介

 

1通のメールにつき、5社くらいが紹介される。

この中から、面接を受けてみたい会社を決めていく。

 

もしメールの中に気にいった求人がなければ、「違う求人あります?」と聞けば追加で教えてもらうことが可能だ。

 

僕は以下のような感じのメールを3〜4回送って、20社ほど求人を比較検討した。

 

 

5:気になる会社の面接を受ける

気になる会社が見つかったら、面接を受ける。

 

僕は2社に絞って面接をした。

ちなみに、2〜3社の面接を受ける薬剤師が多いらしい。

 

先ほども書いた通り、面接にはファルマスタッフのコンサルタントが同行してくれる。

面接会場まで迷うことなく行けるし、入社後に話が食い違わないよう面接時の会話をメモしてくれているので心強い。

 

ちなみに面接の時に確認し忘れたことがあれば、コンサルタントが代わりに聞いてくれる。

気になることがあれば、ちゃんと質問しておこう。

 

6:内定の獲得

面接が終わったら、ファルマスタッフのコンサルタント経由で合否の決定が知らされる。

 

内定をもらえたら、めでたく転職終了だ。

 

 

 

まとめ

まとめると、以下のようになる。

 

ファルマスタッフの利点は2つだ。

 

【ファルマスタッフの利点】

  • 転職のミスマッチをしないように力を入れている
  • 派遣の求人を取り扱っている

 

そして、ファルマスタッフがオススメなのは以下に該当する薬剤師だ。

 

こんな方におすすめ

  • 転職に不安がある
  • 就活・転職で失敗したことがある

 

 

これから転職活動をする薬剤師のお役に立てたら嬉しい。

では。

 

RELATED

-薬剤師の転職

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.