仕事 薬剤師の転職

パワハラで悩む薬剤師は「逃げる」ことを考えるべき

投稿日:

「薬局」、「病院」、「ドラッグストア」など、薬剤師の職場は多岐にわたる。

しかし職場は違えど、少人数で業務を回している場合がほとんどだろう。

その結果、閉鎖的な空間で働くことになり、パワハラなどの問題に発展しやすい。

 

結論から言うと、僕はパワハラを受けたら「逃げる」という選択肢を考えるべきだと考えている。

そこでこの記事では「逃げる重要性」についてまとめた。

パワハラを受けて苦しんでいる薬剤師の役に立てれば幸いだ。

 

スポンサーリンク

そもそもパワハラとは

説明するまでもないと思うが、パワハラとは「職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、精神的・身体的苦痛を与える行為」だ。

大雑把に言ってしまえば、「イジメ」とも言えるだろう。

 

実は厚生労働省では、パワハラの定義がされている。

それによると、パワハラは大きく6つに分類できる。

それが以下の6つだ。

 

【パワハラの6分類】

1:身体的な攻撃(暴行・傷害)

2:精神的な攻撃(脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言)

3:人間関係からの切り離し(隔離・仲間外し・無視)

4:過大な要求(業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害)

5:過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)

6:個の侵害(私的なことに過度に立ち入ること)

 

もしかしたら、あなたも上記の6分類に当てはまっているかもしれない。

薬局長から「なんでこんなこともできないんだ!」と言われたり、同僚の薬剤師から無視される。

または先輩薬剤師から、明らかに終わらない量の仕事を「1人でやれ」と指示される。

 

例を挙げたらキリがないだろう。

もし上記の分類に当てはまるようなら、あなたはパワハラを受けていると考えて良い。

 

「逃げる」という選択肢を考えよう

あなたの職場が薬局、ドラッグストア、病院のどこなのかは分からないが、パワハラを受けている場合に考慮したいのが「逃げる」という選択肢だ。

 

「逃げる」と聞くと、悪いイメージを思い浮かべる人もいるかもしれない。

しかし僕は、全く悪いことだとは思わない。

 

よくブラック企業はこんなことを言う。

 

「逃げると成長の機会を逃す」

とか

「1度逃げたら、何度も逃げることになるよ」

と。

 

逃げなかったことにより、成長できた人は確かにいるだろう。

しかし忘れてはいけないのが、「精神的に壊れてしまった人も多い」ということだ。

むしろ成長できた人以上に、うつ病などで対象を崩してしまった人の方が多いだろう。

 

逃げると労働環境から一時的に退場することにはなるものの、それは壊れても同じことだ。

同じ結果ならば、壊れない方が何倍も良いのは言うまでもない。

 

「同じ働けない」でも、再起が早いのは当然「逃げるを選択した人」だ。

この事実を絶対に忘れてはならない。

 

スポンサーリンク

逃げる基準を持とう

以前の記事にも書いたけど、僕はいつも退職を意識しながら働いている。

>>> 薬剤師は常に「退職」を意識しながら働こう

 

投資の世界には「損切り」という考え方がある。

要するに「損が〇〇円になったら損を確定させる」とあらかじめ決めておき、損がさらに拡大しないようにするのだ。

 

この損切りという考え方は、仕事にも応用可能だと僕は考えている。

つまり「精神的にキツイ。」と思った時点で、退職するとあらかじめ決めておけば、精神的に壊れてしまうのを防止できるのだ。

 

ワタミの有名なコピペに、以下のようなものがある。

 

ワタミ社長「『無理』というのはですね、嘘吐きの言葉なんです。途中で止めてしまうから無理になるんですよ」
村上龍「?」
ワタミ「途中で止めるから無理になるんです。途中で止めなければ無理じゃ無くなります」
村上「いやいやいや、順序としては『無理だから→途中で止めてしまう』んですよね?」
ワタミ「いえ、途中で止めてしまうから無理になるんです」
村上「?」
ワタミ「止めさせないんです。鼻血を出そうがブッ倒れようが、とにかく一週間全力でやらせる」
村上「一週間」
ワタミ「そうすればその人はもう無理とは口が裂けても言えないでしょう」
村上「…んん??」
ワタミ「無理じゃなかったって事です。実際に一週間もやったのだから。『無理』という言葉は嘘だった」
村上「いや、一週間やったんじゃなくやらせたって事でしょ。鼻血が出ても倒れても」
ワタミ「しかし現実としてやったのですから無理じゃなかった。その後はもう『無理』なんて言葉は言わせません」
村上「それこそ僕には無理だなあ」

引用:http://blog.livedoor.jp/obaten/archives/51915911.html

 

1番まずいのは、このコピペのように「逃げる」という選択肢を排除することだ。

「逃げる」が選択肢に入ってないと、パワハラを受けている状況下では「壊れる」しか選択肢がなくなってしまう。

 

このように、壊れてしまうのを防ぐという意味で、損切りポイントをあらかじめ決めておくのは非常に重要だ。

 

僕の場合は「キツイなと思った時点で退職しよう」と考えながら働いている。

あらかじめ「〇〇になったら損切りする」と決めておけば、かなり精神的に楽になるので、全ての薬剤師に僕はこのような思考を持って働くのをオススメしたい。

 

環境を変えれば好転する可能性がある

いわゆるブラック企業では、会社に都合の悪いことがあると

「そんなじゃ、社会では通用しないぞ」

と言う。

 

しかしこれは僕の経験上、完全に間違っている。

そもそも「会社=社会」ではない。

 

会社とは社会を構成するごくごく一部分に過ぎないのだ。

1つの会社で通用しなかったからといって、他の会社で通用しないなんてことはまずない。

 

職場選びは一種のギャンブルのようなもので、運の要素が非常に強い。

例えば「A薬局ではダメだったけど、B薬局なら大丈夫だった」とか「C薬局は合わなかったけど、D病院では働きやすい」なんてことは珍しくないのだ。

 

それならば「1度逃げてしまって、もう1回サイコロを振り直す」のはかなり良い手段と言える。

幸い薬剤師の転職市場は売り手市場で、すぐに次の職場は見つかる。

サイコロを振り直すという選択をしないのは、非常にもったいない。

 

繰り返しになるが「逃げる」という選択肢は悪いことではない。

むしろ次のステップへ踏み出す良い機会なのだ。

壊れてしまったら、なかなか復帰できないということを忘れてはいけない。

 

薬剤師転職サイトでは、無料で転職に関する相談を受けられる。

「逃げるという選択肢」を考えているのなら、試しに登録してみると良いだろう。

>>> 薬剤師転職サイトのおすすめはどれ?-現役薬剤師が徹底解説-

[ad#ad-up]

スポンサーリンク

オススメの薬剤師転職サイトとは?

最後にオススメの薬剤師転職サイトについて。

薬剤師転職サイトを利用すると、「求人情報の収集」や「面接のセッティング」、「待遇の交渉」など煩わしい雑務を代行してもらえるので非常に便利だ。

 

パワハラで悩んでいるのであれば、「離職率の低い職場」を重点的に紹介してもらうのがオススメだ。

離職率が低いということは「長く働きたい」と思える職場環境である可能性が高いので、パワハラは起こりにくいだろう。

 

僕がオススメしている薬剤師転職サイトは、以下の3つである。

全て無料で利用可能となっている。

登録したらすぐに転職しなければいけないというわけではないので安心してほしい。

 

【おすすめ薬剤師転職サイト】

マイナビ薬剤師 公式サイト

リクナビ薬剤師 公式サイト

ファルマスタッフ 公式サイト

 

ちなみに1つだけ選ぶとしたら、「転職のミスマッチを許さない」社風であるファルマスタッフがオススメだ。

>>> ファルマスタッフに無料登録する

 

▼マイナビ薬剤師の特徴・おすすめポイント

マイナビ薬剤師のおすすめポイント

◆4年連続利用者満足度No.1

◆面談に力を入れているので、転職に関する不安を解消しやすい

◆大手から中小まで幅広く紹介してくれる

 

マイナビ薬剤師の詳細情報

求人数:40000件以上

応募できる職種:薬局、病院、ドラッグストア、臨床開発、学術、営業など

対応している雇用形態:正社員、契約社員、パートなど

 

【詳しくは公式サイトでチェック】

>>> マイナビ薬剤師に無料登録する

 

▼リクナビ薬剤師の特徴・おすすめポイント

リクナビ薬剤師のおすすめポイント

◆日本最大手の人材会社リクルートが運営

◆転職ノウハウが豊富

◆大手の求人に強い

 

リクナビ薬剤師の詳細情報

求人数:35000件以上

応募できる職種:薬局、病院、ドラッグストア、企業など

対応している雇用形態:正社員、アルバイト、パート

 

【詳しくは公式サイトでチェック】

>>> リクナビ薬剤師に無料登録する

 

▼ファルマスタッフの特徴・おすすめポイント

 

ファルマスタッフのおすすめポイント

◆転職後の「こんなはずでは」を防止するために力を入れている

◆調剤薬局に強いコネクションを持つ

◆派遣の求人も多数取り扱い

 

ファルマスタッフの詳細情報

求人数:70000件以上

応募できる職種:薬局、病院、ドラッグストア、企業など

対応している雇用形態:正社員、パート、派遣

 

【詳しくは公式サイトでチェック】

>>> ファルマスタッフに無料登録する

 

▼薬剤師転職サイトの選び方

基本的には、3つ全てに登録した上で転職活動をするのがオススメである。

なぜかというと、薬剤師転職サイトに掲載されている求人には違いがあるからだ。

 

複数登録することにより、比較検討しながら転職活動をできるので、自分にあった求人に巡り会いやすくなる。

ちなみにすべて無料で可能だ。

 

【おすすめ薬剤師転職サイト】

マイナビ薬剤師 公式サイト

リクナビ薬剤師 公式サイト

ファルマスタッフ 公式サイト

 

それぞれの薬剤師転職サイトのより詳しい違いについては、以下の記事が詳しい。

興味があればチェックしてほしい。

>>> 薬剤師転職サイトのおすすめはどれ?-現役薬剤師が徹底解説-

 

 

どうしても「複数のサイトに登録するのは抵抗がある」という場合。

その場合は、ファルマスタッフへの登録がオススメだ。

 

ファルマスタッフでは、「転職のミスマッチを許さない」という社風がある。

そのため転職後の「こんなはずじゃなかった」が起こらないよう、しっかりと転職をサポートしてもらえる。

>>> ファルマスタッフに無料登録する

 

まとめ

最後に要点を簡単にまとめておく。

 

【Point】

1:パワハラを受けている場合は「逃げる」ことを考慮する

2:あらかじめ逃げる時の撤退ポイントを決めておこう

3:「逃げる」は悪いことではない

4:薬剤師転職サイトは無料で利用可能なので転職するなら登録しておくと便利

 

前述の通り、「比較」という視点を持ちながら転職活動をできるので、薬剤師転職サイトは複数登録するのが最も良い。

複数登録することにより、転職失敗のリスクを大幅に軽減できる。

 

以下の3つは薬剤師転職サイトの中でも、大手に分類されるので、とりあえず3つは登録しておくのがオススメだ。

 

【おすすめ薬剤師転職サイト】

ファルマスタッフ 公式サイト

マイナビ薬剤師 公式サイト

リクナビ薬剤師 公式サイト

 

どうしても「複数のサイトに登録するのは抵抗がある」という場合。

その場合は、ファルマスタッフへの登録がオススメだ。

 

ファルマスタッフでは、「転職のミスマッチを許さない」という社風がある。

そのため転職後の「こんなはずじゃなかった」が起こらないよう、しっかりと転職をサポートしてもらえる。

>>> ファルマスタッフに無料登録する

 

以上、みなさんの転職が上手くいくことを祈っている。

では。

RELATED

-仕事, 薬剤師の転職

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.