転職

ブランクのある薬剤師でも復帰するのは全く難しくない件について

更新日:

 

「ブランクがあるけど薬剤師として復帰できるだろうか」

この記事では、こんな疑問にお答えしたい。

 

僕も語学留学していた関係で、薬剤師としてのブランクができてしまったことがあった。

 

けど、ブランクがあっても無事に薬剤師として復帰できたので、その経験を交えながら「ブランクがあっても復帰できるのか」についてまとめてみた。

 

「ブランクがあるけど薬剤師として復帰したい」という人の参考になれば嬉しい。

 

では本題へ。

 

 

スポンサーリンク

ブランクがあっても薬剤師として復帰できるのか?

 

そもそもブランクがあっても薬剤師として復帰できるのか?

 

結論から言うと、ブランクがあっても薬剤師として復帰することは十分可能だ。

 

薬剤師業界は人材不足なのでブランクがあっても復帰しやすい

なぜブランクがあっても薬剤師として復帰できるかというと、薬剤師は人材不足だからだ。

 

未経験の薬剤師にとってベストな転職先はどこなのかという記事でも書いたように、未経験の薬剤師でも働き口が見つかってしまうくらい薬剤師は足りていない。

 

先ほども書いた通り、僕も語学留学をした関係で1年くらいブランクがあった。

 

ブランクがあったにも関わらず、転職活動で面接を受けた5社全てから内定をもらえた

 

薬剤師免許を持っていれば、ブランクがあっても十分復帰できるのだ。

 

多少のブランクがあっても、薬剤師業界ではそこまで復帰できないほど問題になることは少ないだろう。

 

10年以上のブランクから復帰した薬剤師もいる

僕が前に働いていた職場では、10年以上のブランクから復帰した薬剤師もいた。

 

薬剤師はそれだけ人材不足で、面接をして「この人、コミュニケーション取れないな」と思われない限り、基本的には内定をもらえる

 

正直、当時の僕は「この人、大丈夫なの?」と思った。

けど、"未経験"と"ブランク"には大きな差があるように感じた。

 

未経験は本当にゼロから勉強する必要があるけど、少しでも薬剤師としての経験があれば「そういえば、こんな感じだったな。」と思い出すだけですむ。

 

実際、僕のかつての同僚も薬の知識は抜けてしまっていたけど、少しずつ現場に慣れていき、かつての勘をちゃんと取り戻せたようだった。

 

ブランクがあろうと、薬剤師として復帰は可能なのだ。

 

そもそも未経験でもOKの職場があるのだから、ブランクありの薬剤師が復帰できないわけがない

 

 

ブランクのある薬剤師が復帰を探す方法

 

ブランクのある薬剤師は、転職サイトを利用しよう。

 

転職サイトを利用するだけで、格段に仕事探しが楽になる。

 

ブランクのある薬剤師は転職コンサルタントに相談しよう

ブランクのある薬剤師は、転職サイトのコンサルタントに相談しながら転職活動するのがオススメだ。

 

転職コンサルタントは、薬剤師業界の求人動向にとても詳しい。

 

なので、気になることがあればすぐに教えてもらえる。

 

僕も最近まで転職活動をしていたので、コンサルタントにはとてもお世話になったのだけど、「〇〇社は楽な割に待遇が良い」とか「××社は法令遵守が行き届いていて残業代が1分単位で出る」のような裏話を教えてもらえて、とても心強かった。

 

ブランク可の薬剤師求人はどれくらいあるのか

ブランク可の薬剤師求人はどれくらいあるのかというと、実際かなり多い。

 

試しに大手転職サイトのファルマスタッフで、「未経験可」と「ブランク可」をチェックして求人を検索してみよう。

 

 

そうすると、僕が検索した時点では37000件以上も求人が見つかった。

 

 

薬剤師転職サイトは、公開求人と非公開求人に分かれていて、登録すると非公開求人の閲覧もできる。

 

つまり37000件は公開求人のみの数なので、実際は37000件よりも多いと考えて良い。

 

あなたが思っている以上に、ブランクのある薬剤師でも復職しやすいのだ。

 

どの転職サイトがブランクのある薬剤師におすすめか

僕は今までに「ファルマスタッフ」、「マイナビ薬剤師」、「リクナビ薬剤師」の3つを使ったことがある。

 

その経験から言うと、ブランクのある薬剤師にはファルマスタッフが1番オススメだ。

 

なぜファルマスタッフがオススメかというと、「転職後のこんなはずでは。。」が起こらないように1番力を入れていると感じたからである。

 

具体的に言うと、面接同行サービスを提供しており、コンサルタントが面接の内容を記録して、「言った・言わない」のトラブルを防止してくれる。

 

僕は2回目の転職活動のときにファルマスタッフを使ったのだけど、面接までの道のりも迷子にならずにすむし、面接も一緒に来てくれるので、とても心強く感じた。

 

ブランクのある薬剤師にとって、至れり尽くせりなので、個人的にはとてもオススメの転職サイトだ。

 

 

 

より詳しいレビューについては、以下の記事をチェックしてほしい。

>>【暴露】ファルマスタッフを使って転職したので感想を淡々と語る

 

他の転職サイトと比較したい場合は、以下の記事をどうぞ。

>> 薬剤師転職サイトの違いを徹底比較-実際に使った感想を本音で語る-

 

 

スポンサーリンク

ブランクのある薬剤師はどんな会社へ転職すべきか

 

ブランクのある薬剤師は、どんな会社に転職すれば良いか。

 

僕の意見としては、教育制度がしっかりしている会社への転職をオススメしたい

 

ブランクのある薬剤師は研修を受けた上で現場復帰するのが1番

ブランクがあると、「ちゃんと服薬指導できなかったらどうしよう。。」とか「まったく薬のことを覚えていないかもしれない。。」など不安に感じることが多いと思う。

 

なので、教育制度がしっかりした会社で、ちゃんと研修を受けることをオススメしたい。

 

研修を受けた上で現場復帰した方が、確実に安心して働ける。

 

ブランクのある薬剤師は、教育制度がしっかりしているか基準で復帰先を選ぼう

 

大手チェーンは教育制度がしっかりしている

大手チェーンは、教育制度がしっかりしている。

 

なので、ブランクのある薬剤師は、中小薬局よりも大手中心に転職活動をすると良いだろう。

 

僕が新卒で入社した会社も大手チェーンだったのだが、社内に模擬薬局があり、本番さながらの環境で調剤や鑑査、服薬指導の研修を受けることができた。

 

本当に恵まれた環境で研修を受けられるので、ブランクのある薬剤師には特に良いと思う。

 

ポイント

ブランクのある薬剤師は大手チェーンを中心に転職活動するのがオススメ

 

 

薬剤師の転職活動の流れ

薬剤師の転職活動の流れ

 

薬剤師の転職活動の流れとは?-内定獲得までのプロセスを解説する-という記事にも書いたけど、薬剤師の転職は以下のようなステップで進む。

 

【転職活動の流れ】

  1. 薬剤師転職サイトに登録する
  2. コンサルタントに希望条件を伝える
  3. 求人の紹介
  4. 面接を受ける
  5. 内定獲得

 

ステップ1:薬剤師転職サイトに登録する

まず薬剤師転職サイトに登録しよう。

 

先ほども書いた通り、僕は今までに「ファルマスタッフ」、「マイナビ薬剤師」、「リクナビ薬剤師」を使ったことがある。

 

その経験から言うと、転職のミスマッチング防止に力を入れているファルマスタッフが1番オススメだ。

 

もちろん無料で利用できる。

 

 

 

より詳しいレビューについては、以下の記事をチェックしてほしい。

>>【暴露】ファルマスタッフを使って転職したので感想を淡々と語る

 

 

他の転職サイトと比較したい場合は、以下の記事をどうぞ。

>> 薬剤師転職サイトの違いを徹底比較-実際に使った感想を本音で語る-

 

ステップ2:転職コンサルタントに希望条件を伝える

登録すると、転職コンサルタントから連絡が来るので、希望条件を伝えよう。

 

ブランクのある薬剤師の場合は、以下のような希望条件を伝えるのがオススメだ。

 

【希望条件】

  • 教育制度が整っている
  • 大手チェーン

 

以上2つは必ず伝えて、他に希望条件があれば追加で伝えるのが良いと思う。

 

例えば「自宅から30分以内」とか「残業なし」みたいな感じだ。

 

希望条件は遠慮せずに、ちゃんと転職コンサルタントへ伝えよう

 

転職コンサルタントも満足度の高い転職になるよう望んでいるので、正直な希望条件を伝えないと損だ。

 

ステップ3:求人の紹介

ステップ3で希望にそった求人を紹介してもらえる。

 

コンサルタントに希望条件を伝えたら、その希望にマッチした求人を紹介してもらえる。

求人の紹介はメールで行われ、こんな感じで記載されている。

 

 

僕が転職した時は、20社くらいを紹介してもらった。

このメールをみて「どの会社の面接を受けるか」を決めることになる。

 

もし気になる求人がなければ、「違う求人も紹介してもらえないですか?」と返信すればOKだ。

 

例えば、こんな感じでメールを送ろう。

 

ちなみに、違う求人を紹介してもらう場合は、「どこが気に入らなかったか」も合わせて伝えるとよい。

 

理由を添えると、転職コンサルタントも希望にそった求人を探しやすいからだ。

 

例えば、「終業時間は18時くらいが良いです」といった具合だ。

 

「なんとなく嫌」では、薬剤師転職サイト側も解決しようがないので注意しよう。

 

ステップ4:面接を受ける

気になる求人が見つかったら、面接を受けることになる。

 

面接の希望日を伝えれば、転職コンサルタントが面接のセッティングをしてくれる。

 

受ける会社の数としては、2〜3社の面接を1週間程度で受けるのが一般的のようだ。

 

ちなみに面接の雰囲気は、面接というより雑談みたいな感じで、重苦しい雰囲気はない。

 

なので、過度に心配する必要はないだろう。

 

ステップ5:内定獲得

面接をパスしたら、内定獲得だ。

内定獲得の連絡は、薬剤師転職サイトのコンサルタント経由でもらう。

 

先ほども書いたように、薬剤師は売り手市場だ。

なので、基本的にブランクがあってもほぼほぼ内定をもらえるだろう。

 

ブランクがあるから就職できないのではないかと、心配する必要は全くない。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

ブランクがある薬剤師であっても、薬剤師は売り手市場なので復帰は簡単だ。

 

1つ注意点を上げるとすれば、教育制度が整っている大手チェーンへの復帰が1番良いかと思う。

 

しっかり研修を受けてからの方が、安心して現場で働ける。

 

以上、ブランクから上手く復帰でことを祈っている

では。

RELATED

-転職

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2019 All Rights Reserved.