薬剤師の転職

薬剤師が転職サイトを使うメリット・デメリット-実体験を赤裸々に語る-

更新日:

 

最近、転職活動をしていたのだけど、ようやくひと段落した。

 

結論から言うと、満足のいく転職活動になったので良かった。

色々と落ち着いたので、ブログの更新を引き続き頑張っていこうと思う。

 

さっそくだけど転職活動がひと段落したので、今回は「薬剤師が転職サイトを利用するメリット・デメリット」についてまとめてみた。

 

これから転職を考えている薬剤師の役に立てば嬉しい。

では本題へ。

 

 

スポンサーリンク

薬剤師が転職サイトを使うメリット

薬剤師が転職サイトを使うメリット

 

まずは薬剤師が転職サイトを使うメリットから。

僕が今回感じたメリットは4つある。

 

【転職サイトを使うメリット】

  • ちゃんと転職活動をできる
  • 面倒な雑務から解放される
  • 内定を獲得しやすい
  • 求人を比較検討できる

 

では、それぞれについて解説していく。

 

メリット1:ちゃんと転職をできる

1つ目のメリットが「ちゃんと転職できる」ということだ。

 

たぶん「転職サイトに登録してるんだから、ちゃんと転職できることなんて当たり前やんけ」と思った人が大半だと思うけど、僕がもっとも「転職サイトって良いな」と思ったポイントはこれだ。

 

面倒くさがり屋の薬剤師が転職サイトを使うメリットは絶大

例えば、僕みたいな面倒くさがり屋の場合、なかなか転職活動は気が進まない。

正直、途中で投げ出したくなる。

 

しかし転職サイトを使うと、転職コンサルタントが僕の転職活動に関わってくれるので、途中で転職活動を投げ出しにくくなるのだ。

 

薬剤師が転職サイトを利用するのはライザップに似ている

「結果にコミット」で有名なライザップに効果がある理由は、コーチと二人三脚でダイエットをやるからだそうだ。

 

要するに「せっかくコーチがついてくれているのだから、ちゃんとダイエットしよう」という意識が働くのである。

その結果、一人だと挫折しやすダイエットでも成果を上げられるというわけだ。

 

これは薬剤師が転職サイトを使うのと似ていると思う。

「せっかく転職コンサルタントがついているのだから、転職活動をちゃんとやろう」という意識が働きやすくなるのだ。

 

「転職活動、面倒だな」と思っている人は、とりあえず転職サイトに登録しておこう。

登録さえ終われば、そのままレールに乗ってスムーズに転職活動を進めることができる。

 

ポイント

転職サイトを使えば、面倒くさがりな人でもちゃんと転職できる

 

メリット2:面倒な雑務から解放される

2つ目のメリットが「面倒な雑務から解放される」ということ。

 

薬剤師用の転職サイトを使うと、以下のような雑務をする必要がなくなる。

代わりに転職コンサルタントがやってくれるからだ。

 

【コンサルタントがやってくれる雑務】

  • 求人情報を集める
  • 面接の日程調整
  • 入社時期の設定
  • 条件交渉(給与や勤務体系など)

 

転職サイトを使わないと、これらの雑務を自分でやる必要が出てくる。

履歴書の作成だって、経験豊富な転職サイトのコンサルタントと相談しながら作成できてしまうのだ。

 

働きながら転職活動をする薬剤師にとっては、特に大きなメリットだと思う。

 

「働きながら転職活動をすること」を少しだけ想像してみてほしい。

家に帰ってから求人情報を集め、履歴書を作り、休みの日に面接を受ける。

 

想像しただけで、大変だと分かるはずだ。

しかし薬剤師転職サイトを利用すれば、そういった雑務から解放され、効率的かつ効果的に転職活動を進められる。

 

ポイント

雑務をしなくて良いので、転職活動が楽になる

 

メリット3:内定をもらいやすい

3つ目のメリットが「内定をもらいやすい」ということだ。

 

薬剤師転職サイトに登録したら、まず以下の2つについてコンサルタントに伝えることになる。

 

【最初にやること】

  • どのような職場に転職したいのか
  • 自分の職歴

 

この2つをもとに、コンサルタントが転職先を探してくれるわけだ。

 

転職先の会社はあなたの職歴を見て「この人なら採用したい」と思ったら面接に呼んでくれるし、あなたは「この条件なら働きたい」と思った会社の面接を受けることになるわけだ。

 

これは言い換えると、マッチングサービスの1種である。

雇いたい人と雇われたい人を結びつけるのが、薬剤師の転職サイトなのだ。

 

面接を受ける前にお互いの条件がある程度マッチングしているので、内定をもらいやすいのである。

 

ポイント

転職サイトを使うと内定をもらいやすい

 

メリット4:求人を比較ができる

4つ目のメリットが「求人を比較検討できる」ことだ。

 

例えば、今回の僕は、以下のような条件で転職先を紹介してもらった。

 

【希望の転職先】

  • 自宅から30分以内
  • 副業可
  • 残業なし
  • 在宅医療の経験をできる

 

自分で言うのもアレなのが、なかなかワガママな条件だと思う。

しかし、薬剤師転職サイトは多くの求人案件を抱えているので、このような条件であっても複数紹介してもらえた。

 

より具体的に言うと、条件に合致した求人が12件あったので、その中から特に良いと思った3社の面接を受けることになった。

 

ワガママな転職条件でも、条件にあった複数の求人が意外と見つかる。

希望にあった求人の中から、さらに比較検討できるのは大きなメリットと言えるだろう。

 

ポイント

求人を比較検討できるので、良い転職先が見つかりやすい

 

 

薬剤師が転職サイトを使うデメリット

薬剤師が転職サイトを使うデメリット

 

次に転職サイトを使うデメリットについて。

僕がデメリットに感じたのは2つだ。

 

【転職サイトを使うデメリット】

  • どこに転職するかの意思決定を急がされる
  • 良いコンサルタントに巡り会えるかは運次第

 

デメリット1:どこに転職するかの意思決定を急がされる

1つ目のデメリットが「どこに転職するかの意思決定を急がされる」という点。

 

内定をもらった後、「どこに転職します?」と決定を急がされるのが少し気になった。

僕は今までに2回転職しているのだけど毎回決定を急がされる。

 

薬剤師転職サイトのビジネスモデルが原因

なぜ意思決定を急がされるかというと、薬剤師転職サイトのビジネスモデルが原因だ。

 

転職サイトがどのように稼いでいるかというと薬剤師の紹介料である。

薬剤師を紹介すると、転職先の会社が年収の30%程度を転職サイトに支払うことになっているのだ。

 

つまり転職先を決めてもらわなければ、薬剤師転職サイトは売り上げを確定できない

これが決定を急かされる理由である。

 

迷ったら断固たる決意で「ちょっと待って」と伝えよう

内定をもらうと、転職サイトのコンサルタントに

 

「どこにします?」(←露骨にではなく、遠回しに早く決めてと言われる)

 

と聞かれる。

 

もし転職先の決定に時間が必要ならば、断固たる決意でこう言おう。

 

「人生の重要な分岐点だからもう少し考えさせてくれ」

 

こんな風に言えば、必ず意思決定の時間をもらえる。

僕も「ちょっと待って」と伝えて、実際に考える時間を確保できた。

 

決定を急がされても、絶対に焦ってはいけない。

転職活動を失敗させないためにも、じっくりと考えて最終的な判断をしてほしい。

 

デメリット2:良いコンサルタントに巡り会えるかは運次第

デメリット2が「良いコンサルタントに巡り会えるかは運次第」ということ。

 

転職サイトのコンサルタントには当たり・ハズレがある

転職サイトのコンサルタントは、基本的に良い人が多い。

こちらの話も親身に乗ってくれるし、ワガママな希望条件でもちゃんと転職先を探してくれる。

 

しかし中には、メールの返信が遅かったり、話していて「なんか波長が合わないなぁ」ということはある。

こればかりは運次第なので、100%ハズレを避けることはできない。

 

それでも転職サイトの登録は1つだけで良いと思う

「コンサルタントには当たり・ハズレがあるから、転職サイトは複数登録しておこう」と書いている記事がネット上には溢れている。

 

しかし、転職サイトは1つだけ登録しておけば良いと僕は思っている。

なぜかというと、複数の転職サイトに登録すると、メールのやり取りが面倒になるからだ。

 

転職活動は、できるだけ煩わしさを排除した方が良い。

 

もしハズレのコンサルタントに当たってしまったら、「ちょっと転職は保留します」と伝えてしまおう。

その時、はじめて違う転職サイトに登録してしまえば良い。

 

 

スポンサーリンク

どの薬剤師転職サイトを使うべきか

どの薬剤師転職サイトを使うべきか

 

最後にどんな転職サイトを使うべきかを簡単に紹介したい。

 

利用者の多い薬剤師転職サイトを使おう

薬剤師専用の転職サイトはたくさんある。

 

では、どういう基準で転職サイトを選べば良いのか。

僕のオススメは、「利用者の多さ」で転職サイトを決めるという方法だ。

 

利用者が多いということは、それだけサービスが良いということでもある。

質の低いサービスであれば利用者は増えないのだから、この選び方は理にかなっていると思う。

 

利用者の多い薬剤師転職サイトとは?

利用者の多い薬剤師転職サイトとしては以下の4つがある。

 

【利用者の多い薬剤師転職サイト】

  • ファルマスタッフ
  • マイナビ薬剤師
  • リクナビ薬剤師
  • 薬キャリ

 

薬キャリは使ったことがないので詳しくは分からないのだけど、その他3つは使ったことがあるので、僕が実際に使った感想について簡単に書いておく。

 

ファルマスタッフを実際に使った感想

 

こんな方におすすめ

  • 転職活動に不安がある
  • 転職をして「こんなはずでは。。」と思ったことがある

 

ちなみに、僕は今回ファルマスタッフを使って転職活動をした。

個人的にはファルマスタッフが1番印象が良かった

 

ファルマスタッフは面接にコンサルタントが同行してくれるという特徴がある。

一緒に面接会場に来てくれるので、迷子になる心配もないし、安心して面接を受けられるので非常に良いなと思った。

 

ちなみに面接に同行する理由は、安心して面接を受けてもらう目的もあるが、入社後の「こんなはずでは。。」を防ぐためとのことだった。

 

なんでも面接の時に言っていたことと入社後で話が違うことがたまにあるらしい。

それを防ぐために、コンサルタントが面接に同行してくれるのである。

 

なので、「転職活動に不安がある」とか「転職活動をして、こんなはずでは。。と思ったことがある」という薬剤師に特に良いと思う。

 

ちなみに紹介してくれる求人は、大手に偏ってたり中小に偏ってたりということはなく、大手から中小まで幅広く紹介してくれる。

 

「転職後のこんなはずでは。。」を防ぐことに特に力を入れているので、転職の失敗を何としても避けたい場合は第一選択としてファルマスタッフをオススメしたい。

 

 

 

 

マイナビ薬剤師を実際に使った感想

 

こんな方におすすめ

  • 大手から中小まで転職先として考えている
  • コンサルタントとよく相談しながら転職活動をしたい

 

マイナビ薬剤師は、はじめて転職活動をした時にリクナビ薬剤師と一緒に利用した。

その時は、大手から中小まで幅広く求人を紹介してくれるという印象だった。

 

あとコンサルタントの感じが非常に良かった。

ことあるごとに「何か気になることがあったら遠慮せずにおっしゃってくださいね」と言ってくれるので、とても相談しやすい人だなと思ったのを覚えている。

 

ことあるごとに「何か気になることがあったら〜」と言われたので、最初は「しつこいな」と思ったけど、あれだけ繰り返し聞いてくれたから、ちょっとしたことでも質問しやすかったのだと今振り返ると思う。

 

僕は断ってしまったけど、コンサルタントに実際に会って相談することも可能だ。

じっくり相談しながら転職活動をしたいならマイナビ薬剤師を選ぶのもアリだと思う。

 

まとめると、「大手から中小まで転職先として考えている」とか「コンサルタントとじっくり相談しながら転職活動をしたい」という薬剤師にオススメだ。

 

 

 

 

リクナビ薬剤師を実際に使った感想

 

こんな方におすすめ

  • 大手しか転職先として考えていない
  • 転職の希望条件がある程度決まっている

 

リクナビ薬剤師の特徴は、「大手の求人に強い」ということが挙げられる。

先ほど書いたように、マイナビ薬剤師と同時並行で利用したのだが、明らかにリクナビ薬剤師は大手の求人が多かった。

 

僕の友人も同じようなことを言っていたので、おそらく大手中心に紹介しているのだと思う。

 

マイナビ薬剤師と同様、コンサルタントも感じは良い。

ただ、マイナビ薬剤師のように直接会ってコンサルタントと面談することには力を入れていないように感じた。

 

僕は会うのが面倒なので気にならないのだけど、実際に会って相談したい場合にはデメリットに感じるかもしれない。

 

大手志向が高いならリクナビ薬剤師、大手から中小まで幅広く考えているならマイナビ薬剤師という使い分けで良いと思う。

 

 

 

より詳しい比較については、以下の記事をどうぞ。

>> 徹底比較!「マイナビ薬剤師」と「リクナビ薬剤師」の違いとは?

 

ぶっちゃけ薬剤師転職サイトに大きな違いはない

ここまで薬剤師転職サイトの違いについて書いてきたけど、ぶっちゃけ大きな違いはない。

ちょっとした違いはあるものの、僕の経験上そんなに大きな差はないので、直感で決めても正直問題ないと思う。

 

僕が実際に利用した範囲の話にはなってしまうが、「ファルマスタッフ」、「マイナビ薬剤師」、「リクナビ薬剤師」は少なくともハズレの転職サイトではない

 

迷ったら、この3つの中から1つだけ選べば良いだろう。

 

ポイント

ファルマスタッフ、マイナビ薬剤師、リクナビ薬剤師はオススメ

 

もし最初に選んだ転職サイトのコンサルタントが微妙なら、違う転職サイトに登録し直せば良い。

 

これで問題なく転職はできる。

 

仮に迷っているのであれば、僕は1番バランスの取れているファルマスタッフをオススメしたい

 

 

 

 

まとめ

薬剤師の転職サイトは、メリット・デメリットがある。

けど、デメリットよりもメリットの方が明らかに大きいので、転職をするなら登録しておくのがオススメだ。

 

参考になれば嬉しい。

では。

 

RELATED

-薬剤師の転職

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.