薬剤師の転職

薬剤師は転職すれば年収アップできるの?

更新日:

薬剤師が転職を考える動機の1つに「年収」がある。

おそらくほとんどの人が、より年収の良い職場で働きたいと考えているはずだ。

 

転職サイトの広告では「年収アップ」という言葉がよく使われているので、本当に転職で高い年収を狙えるのか疑問に思っている人もいると思う。

そこでこの記事では、「薬剤師は転職することにより年収アップを狙えるか」についてまとめた。

 

スポンサーリンク

転職で年収はアップできる?

結論から言うと確実ではないものの、転職による年収アップは可能だ。

例えば業界水準よりも低い年収である場合は、年収アップの実現は十分期待できる

 

薬剤師業界の平均年収は500万前後だが、それを下回っている場合は今よりよい待遇を得られる確率は比較的高い。

 

もし「今の会社の待遇は、低すぎなのではないか」と思っているなら、薬剤師転職サイトに登録して、薬剤師の求人情報をチェックしてみると良いだろう。

今の職場と求人情報を比較してみて、明らかに年収に開きがあるようならかなりの確率で年収アップを狙える。

 

例えば大手薬剤師転職サイトのファルマスタッフは、業界内でも高収入の求人案件に力を入れている。

そのため、より高い年収を得たいのであれば、ファルマスタッフの利用をオススメしたい。

>>> ファルマスタッフに無料登録する

 

相場よりも高すぎる年収には注意

誰だって年収は高い方が良いと考える、

それは当然のことだ。

ただし薬剤師業界の年収相場から大きくかけ離れている場合は、少し注意が必要となる。

 

なぜかというと年収とは、会社の期待を数値化したものだからだ。

要するに年収が高ければ高いほど、仕事内容はハードになりやすい。

 

例えば休む間もないくらい調剤や鑑査、投薬をしなければならなかったり、残業が日常茶飯事で薬剤師が定着しにくい職場という可能性がある。

また仕事内容はハードでないとしても、職場が僻地で車移動が必須な「ワケあり」な場合も多い。

 

先ほども書いたように、薬剤師業界の平均年収は500万円前後である。

つまり500万円からかけ離れればかけ離れるほど、仕事内容やワケあり求人になりがちなのだ。

 

例えばあなたが、年収よりもワークライフバランスを重視するのであれば、「年収は高ければ高いほど良い」という考えは捨てたほうが良いだろう。

>>> ワークライフバランスを求めて転職したい薬剤師のための情報収集術

 

スポンサーリンク

年収の交渉はコンサルタントに任せよう

「転職するのであれば、年収アップを狙いたい」

そう考えるのは、ごく自然のことだろう。

 

一方で、こうも思っているのではないだろうか。

「転職して年収が上がらなかったらどうしよう」と。

 

そんな場合にオススメしたいのが、薬剤師転職サイトのコンサルタントに「条件交渉を任せる」という方法だ。

 

条件交渉はコンサルタントが得意

薬剤師が転職活動をする場合、通常は5社程度の面接を受けることが多い。

そしてほぼ全ての会社から内定の獲得が可能だ。(薬剤師不足のため)

 

複数の会社から内定が出て、A社からは650万、B社から600万のオファーがあったとしよう。

こうなるとB社に対して「A社は650万と言ってますけど、もうちょっと年収アップをしてもらえませんか」と言いたくなるのではないだろうか。

 

ただ日本人は、こういった条件交渉が得意ではない。

「相手の気分を害して、印象が悪くならないだろうか」と心配してしまう人が多いのである。

 

そんな時に薬剤師転職サイトを利用していると、コンサルタント経由であなたの希望を会社側へ伝えることが容易に可能となる。

薬剤師転職サイトのコンサルタントは、条件交渉の強い味方なのである。

 

薬剤師転職サイトのビジネスモデルとは

もしかしたら「なぜ薬剤師転職サイトのコンサルタントが、代わりに交渉してくれるのだろう?」と思うかもしれない。

これは薬剤師転職サイトのビジネスモデルに由来する。

 

実は薬剤師転職サイトの収益は「薬剤師の紹介料」によって発生している。

具体的に言うと、転職する薬剤師の年収の約30%が、転職先の会社から薬剤師転職サイトへ支払われるのだ。

 

これが何を意味するかというと、「薬剤師転職サイトにとっても、転職する薬剤師の年収が高ければ高いほどが良い」ということである。

つまり転職したい薬剤師と薬剤師転職サイトの利害が一致するのだ。

 

あなたはB社に対して「A社は650万と言ってますけど、もうちょっと年収アップをしてもらえませんか」と言いにくいかもしれないが、薬剤師転職側からすると「むしろ伝えたい」のである。

 

このような理由により、年収の交渉に関しては薬剤師転職サイトのコンサルタントに任せるのがオススメだ。

餅は餅屋である。

 

ちなみに薬剤師転職サイトの選び方については、以下の記事を参考にしてほしい。

>>> 薬剤師転職サイトのおすすめはどれ?-現役薬剤師が徹底解説-

オススメの薬剤師転職サイトとは?

最後にお勧めの薬剤師転職サイトを紹介したい。

先ほども書いたように、転職サイトに登録すると待遇の交渉を代行してもらえる。

 

さらに言うと、求人の紹介や面接日程の調整、面接のアドバイスなど便利なサービスも無料で受けることができ、転職活動が格段にしやすくなるので、転職活動をするなら必ず利用しよう。

 

また現時点では転職を考えてなくても、薬剤師転職サイトに登録しておけば、定期的に求人情報を送ってくれるので何かと便利だ。

 

僕がオススメしている薬剤師転職サイトは、以下の3つである。

全て無料で利用可能となっている。

 

【おすすめ薬剤師転職サイト】

マイナビ薬剤師 公式サイト

リクナビ薬剤師 公式サイト

ファルマスタッフ 公式サイト

 

ちなみに1つだけ選ぶとしたら、高収入案件に強いファルマスタッフがオススメだ。

またファルマスタッフには「転職のミスマッチを許さない」という社風があるので、転職に不慣れな人にとって心強い味方となるだろう。

>>> ファルマスタッフに無料登録する

 

▼マイナビ薬剤師の特徴・おすすめポイント

マイナビ薬剤師のおすすめポイント

◆4年連続利用者満足度No.1

◆面談に力を入れているので、転職に関する不安を解消しやすい

◆大手から中小まで幅広く紹介してくれる

 

マイナビ薬剤師の詳細情報

求人数:40000件以上

応募できる職種:薬局、病院、ドラッグストア、臨床開発、学術、営業など

対応している雇用形態:正社員、契約社員、パートなど

 

【詳しくは公式サイトでチェック】

>>> マイナビ薬剤師に無料登録する

 

▼リクナビ薬剤師の特徴・おすすめポイント

リクナビ薬剤師のおすすめポイント

◆日本最大手の人材会社リクルートが運営

◆転職ノウハウが豊富

◆大手の求人に強い

 

リクナビ薬剤師の詳細情報

求人数:35000件以上

応募できる職種:薬局、病院、ドラッグストア、企業など

対応している雇用形態:正社員、アルバイト、パート

 

【詳しくは公式サイトでチェック】

>>> リクナビ薬剤師に無料登録する

 

▼ファルマスタッフの特徴・おすすめポイント

 

ファルマスタッフのおすすめポイント

◆転職後の「こんなはずでは」を防止するために力を入れている

◆調剤薬局に強いコネクションを持つ

◆派遣の求人も多数取り扱い

 

ファルマスタッフの詳細情報

求人数:70000件以上

応募できる職種:薬局、病院、ドラッグストア、企業など

対応している雇用形態:正社員、パート、派遣

 

【詳しくは公式サイトでチェック】

>>> ファルマスタッフに無料登録する

 

▼薬剤師転職サイトの選び方

基本的には、3つ全てに登録した上で転職活動をするのがオススメだ。

なぜかというと、掲載されている求人に違いがあるからだ。

 

複数登録することにより、比較検討しながら転職活動をできるので、自分にあった求人に巡り会いやすくなる。

【おすすめ薬剤師転職サイト】

マイナビ薬剤師 公式サイト

リクナビ薬剤師 公式サイト

ファルマスタッフ 公式サイト

 

 

ちなみに「複数のサイトに登録するのは抵抗がある」という場合。

その場合は、今回の転職で何を最も重視するかを基準にして考えると良いだろう。

 

【高収入を重視する場合】

1位:ファルマスタッフ

2位:リクナビ薬剤師

3位:マイナビ薬剤師

 

【大手の会社を希望する場合】

1位:リクナビ薬剤師

2位:ファルマスタッフ

3位:マイナビ薬剤師

 

【ワークライフバランスを希望する場合】

1位:ファルマスタッフ

2位:マイナビ薬剤師

3位:リクナビ薬剤師

 

【大手から小規模の会社まで幅広く考えている場合】

1位:マイナビ薬剤師

2位:ファルマスタッフ

3位:リクナビ薬剤師

 

【派遣で働くのを希望する場合】

1位:ファルマスタッフ

*マイナビとリクナビは派遣を扱っていない

 

ちなみに年収アップを本気で狙っている場合は、ファルマスタッフが最も良いだろう。

高収入の求人を多く取り扱っているため、年収アップを狙いやすい。

 

またファルマスタッフには「転職のミスマッチを許さない」という社風があるので、転職に不慣れな人にとって心強い味方となるだろう。

>>> ファルマスタッフに無料登録する

 

スポンサーリンク

まとめ

少し長くなったので要点だけまとめておく。

 

1:薬剤師は転職により年収アップを狙える

2:待遇の交渉は転職サイトのコンサルタントの任せよう

3:転職サイトは複数使って情報収集しよう

 

 

転職サイトは、複数登録すると「比較」という視点を持てるので、転職が失敗しにくくなる。

以下の3つは薬剤師転職サイトの中でも、大手に分類されるので、とりあえず3つは登録しておくのがオススメだ。

 

【おすすめ薬剤師転職サイト】

ファルマスタッフ 公式サイト

マイナビ薬剤師 公式サイト

リクナビ薬剤師 公式サイト

 

どうしても「複数のサイトに登録するのは抵抗がある」という場合。

その場合は、ファルマスタッフへの登録がオススメだ。

 

ファルマスタッフでは、「転職のミスマッチを許さない」という社風がある。

そのため転職後の「こんなはずじゃなかった」が起こらないよう、しっかりと転職をサポートしてもらえる。

>>> ファルマスタッフに無料登録する

 

以上、みなさんの転職が上手くいくことを祈っている。

では。

RELATED

-薬剤師の転職

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.