薬剤師の転職

薬剤師の転職ではコンサルタントにどこまで本音を言うべき?

更新日:

薬剤師転職サイトへ登録すると、最初に「どんな職場へ転職したいか」コンサルタントと話すことになる。

 

この時、コンサルタントから「気になることや要望があったら、どんどん言って下さいね」と言われることがあるのだが、「実際どこまで本音を言って良いのか」気になる人もいるのではないだろうか。

 

そこでこの記事では、「薬剤師転職サイトのコンサルタントにどこまで本音を話して良いか」についてまとめた。

 

スポンサーリンク

ネガティブなことを言うのは控えよう

薬剤師転職サイトのコンサルタントと話す時に気をつけたいポイントは、たった1つだけだ。

それが「ネガティブな発言は控える」というものである。

 

例えば「薬局長と上手くいかない」とか「部下が言ったことをちゃんとできない」、「自分が周りに馴染めない」などの、人間関係に関するネガティブな発言は特に控えたほうが良い

いくら事実であったとしても、言うのは控えるべきだろう。

 

なぜかというと人間関係の問題は、薬剤師転職サイトが解決できる範囲を超えてしまっているからだ。

良好な人間関係を築けるかは、実際に入社しないことには分からない。

 

「人間関係が悪くて〜」と愚痴をこぼしたところで何も解決しないのなら、ネガティブなことをあえて言う理由なんてない。

愚痴を言いたい気持ちは分かるが、愚痴はコンサルタントではなく、友人や恋人、家族に言うようにしよう。

 

【Point!】

◆人間関係に関するネガティブな発言は控えよう

 

薬剤師転職サイトは100%味方ではない

「気になることや要望があったらなんでも言ってください」と薬剤師転職サイトのコンサルタントは言ってくれる。

 

しかし薬剤師転職サイトは、実は100%あなたの味方というわけではない

なぜかというと薬剤師転職サイトは、薬剤師を紹介した会社から「紹介料」としてお金をもらっているからだ。

 

転職が成功しないことには、薬剤師転職サイトは収益をあげられない。

そのため、求職者の転職が成功するように基本的には熱心に手伝ってくれる。

しかし、その一方で薬剤師転職サイトは、会社へ紹介する薬剤師の質を担保する必要があるのだ。

 

質の低い薬剤師を紹介し続ければ評判が悪くなり、ビジネスとして成り立たなくなってしまうので、薬剤師転職サイトは求職者と話した内容を会社側へある程度は伝えている。

要するに薬剤師転職サイトにとっては「転職の成功も重要」だが、「会社との信頼関係も同じくらい重要」なのである。

 

以上のような理由により「薬剤師転職サイトのコンサルタントは100%自分の味方」と勘違いしないように注意しよう。

「なんでもかんでもコンサルタントに本音を話してよい」というわけではないのだ。

 

スポンサーリンク

転職の希望条件に関しては話は別

ここまで「なんでもかんでも話すのはやめよう」と言ってきた。

しかし「転職の希望条件」に関しては話は別だ。

 

例えば「残業が多くて大変だから、ワークライフバランスの取れた職場に転職したい」といった内容ならば、ネガティブな側面があったとしても全く問題はない。

「残業が多くて大変」は、労働環境を変えれば解決する問題なので、薬剤師転職サイト側も喜んで探してくれる。(転職が成功すれば利益がでるので)

 

「もっと給料のよい職場に転職したい」も同じだ。

これも転職によって解決できることなので、薬剤師転職サイトのコンサルタントに伝えて全く問題ない。

 

要するに転職者と薬剤師転職サイトの利害一致している場合はドンドン言って良い

「残業の多さ」や「給与の安さ」が原因の転職なら、あなたは転職することによって残業が減り、給料が上がる。

そして転職サイト側は、転職が成功すればお金をもらえるので、WIN-WINの関係になれるのだ。

 

一方、「人間関係が原因の転職」は少し違う。

先ほども書いたように「部下が無能で〜」とか「上司と折が合わない」など人間関係の問題は、転職で解決できるかというと微妙な上、ネガティブな印象を与えるので言わない方がよい。

 

前述の通り、良好な人間関係を築けるかは入社しないことには分からないので、WIN-WINの関係を作るためのハードルが少し高いのだ。

もしかしたら「コミュニケーション能力のないやつを紹介しやがって」と文句を言われて、薬剤師転職サイトの評判が落ちる可能性すらある。

 

転職サイトのような仲介業は、基本的にどちらかの完全な味方ということはありえない

ある時は転職者の味方だし、ある時は会社側の味方となる。

 

これはビジネスである以上、仕方のないことだ。

なので、利害関係に注意しながら「本音を言う場面なのか・そうではないのか」を考えるべきだろう。

オススメの薬剤師転職サイトとは?

最後にお勧めの薬剤師転職サイトを紹介したい。

 

薬剤師転職サイトに登録すると「待遇の交渉」や「求人の紹介」、「面接日程の調整」、「面接のアドバイス」など便利なサービスを無料で受けることができる。

転職活動が格段にしやすくなるので、転職活動をするなら必ず利用しよう。

 

また現時点では転職を考えてなくても、薬剤師転職サイトに登録しておけば、定期的に求人情報を送ってくれるので何かと便利だ。

 

僕がオススメしている薬剤師転職サイトは、以下の3つである。

全て無料で利用可能となっている。

 

【おすすめ薬剤師転職サイト】

マイナビ薬剤師 公式サイト

リクナビ薬剤師 公式サイト

ファルマスタッフ 公式サイト

 

ちなみに1つだけ選ぶとしたら、「転職のミスマッチを許さない」社風であるファルマスタッフがオススメだ。

>>> ファルマスタッフに無料登録する

 

▼マイナビ薬剤師の特徴・おすすめポイント

マイナビ薬剤師のおすすめポイント

◆4年連続利用者満足度No.1

◆面談に力を入れているので、転職に関する不安を解消しやすい

◆大手から中小まで幅広く紹介してくれる

 

マイナビ薬剤師の詳細情報

求人数:40000件以上

応募できる職種:薬局、病院、ドラッグストア、臨床開発、学術、営業など

対応している雇用形態:正社員、契約社員、パートなど

 

【詳しくは公式サイトでチェック】

>>> マイナビ薬剤師に無料登録する

 

▼リクナビ薬剤師の特徴・おすすめポイント

リクナビ薬剤師のおすすめポイント

◆日本最大手の人材会社リクルートが運営

◆転職ノウハウが豊富

◆大手の求人に強い

 

リクナビ薬剤師の詳細情報

求人数:35000件以上

応募できる職種:薬局、病院、ドラッグストア、企業など

対応している雇用形態:正社員、アルバイト、パート

 

【詳しくは公式サイトでチェック】

>>> リクナビ薬剤師に無料登録する

 

▼ファルマスタッフの特徴・おすすめポイント

 

ファルマスタッフのおすすめポイント

◆転職後の「こんなはずでは」を防止するために力を入れている

◆調剤薬局に強いコネクションを持つ

◆派遣の求人も多数取り扱い

 

ファルマスタッフの詳細情報

求人数:70000件以上

応募できる職種:薬局、病院、ドラッグストア、企業など

対応している雇用形態:正社員、パート、派遣

 

【詳しくは公式サイトでチェック】

>>> ファルマスタッフに無料登録する

 

▼薬剤師転職サイトの選び方

基本的には、3つ全てに登録した上で転職活動をするのがオススメだ。

なぜかというと、掲載されている求人に違いがあるからだ。

 

複数登録することにより、比較検討しながら転職活動をできるので、自分にあった求人に巡り会いやすくなる。

【おすすめ薬剤師転職サイト】

マイナビ薬剤師 公式サイト

リクナビ薬剤師 公式サイト

ファルマスタッフ 公式サイト

 

 

ちなみに「複数のサイトに登録するのは抵抗がある」という場合。

その場合は、今回の転職で何を最も重視するかを基準にして考えると良いだろう。

 

【ワークライフバランスを希望する場合】

1位:ファルマスタッフ

2位:マイナビ薬剤師

3位:リクナビ薬剤師

 

【大手の会社を希望する場合】

1位:リクナビ薬剤師

2位:ファルマスタッフ

3位:マイナビ薬剤師

 

【大手から小規模の会社まで幅広く考えている場合】

1位:マイナビ薬剤師

2位:ファルマスタッフ

3位:リクナビ薬剤師

 

【高収入を重視する場合】

1位:ファルマスタッフ

2位:リクナビ薬剤師

3位:マイナビ薬剤師

 

【派遣で働くのを希望する場合】

1位:ファルマスタッフ

*マイナビとリクナビは派遣を扱っていない

 

まだ「どの転職サイトに登録するか」迷っている場合。

その場合は、ファルマスタッフへの登録がオススメだ。

 

ファルマスタッフでは、「転職のミスマッチを許さない」という社風がある。

そのため転職後の「こんなはずじゃなかった」が起こらないよう、しっかりと転職をサポートしてもらえる。

>>> ファルマスタッフに無料登録する

 

スポンサーリンク

まとめ

最後に要点を簡単にまとめておく。

 

【Point】

1:人間関係に関するネガティブな発言は控える

2:転職の希望条件はドンドン伝えるべき

3:薬剤師転職サイトを利用しないと転職活動で損をする

 

転職サイトは、複数登録すると「比較」という視点を持てるので、転職が失敗しにくくなる。

以下の3つは薬剤師転職サイトの中でも、大手に分類されるので、とりあえず3つは登録しておくのがオススメだ。

 

【おすすめ薬剤師転職サイト】

ファルマスタッフ 公式サイト

マイナビ薬剤師 公式サイト

リクナビ薬剤師 公式サイト

 

どうしても「複数のサイトに登録するのは抵抗がある」という場合。

その場合は、ファルマスタッフへの登録がオススメだ。

 

ファルマスタッフでは、「転職のミスマッチを許さない」という社風がある。

そのため転職後の「こんなはずじゃなかった」が起こらないよう、しっかりと転職をサポートしてもらえる。

>>> ファルマスタッフに無料登録する

 

以上、みなさんの転職が上手くいくことを祈っている。

では。

RELATED

-薬剤師の転職

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.