薬剤師の転職

薬剤師が「会社を辞めたい」と切り出せない時の解決策とは?

投稿日:

「会社を辞めたい」

こう思っているけど、上司になかなか切り出せない人は多いと思う。

 

その気持ちは、とてもよく分かる。

僕自身も新卒で入社した調剤併設型ドラッグストアを辞める時は、なかなか退職を切り出せなかった。

 

そこでこの記事では、会社を辞めたいけど「退職したい」と切り出せない薬剤師向けに、どうすれば「会社を辞めたいと切り出せるか」について、僕の経験談を元にまとめた。

 

スポンサーリンク

「会社を辞めたい」と言えない理由

僕自身も会社を辞めると決めた時は、なかなか切り出すことが出来なかった。

「今日こそ辞めると言うぞ」と思いつつ、実際に薬局長へ伝えるのには3週間くらいかかってしまった。

 

僕が「会社を辞めたい」と思いつつ、なかなか切り出せなかったのには主に2つの理由がある。

1つ目が「単純に気まずい」ということ、そして2つ目が「現場が人手不足」という点だ。

 

1:気まずい

多くの人が退職を決めても「気まずい」という理由で、なかなか「会社を辞めたい」と切り出せないのではないだろうか。

 

例えば「お世話になった職場だから言いにくい」とか「上司が威圧的な人だから、何を言われるか分からない」とか、色々な気まずさがあると思う。

 

僕の場合、ひょんなことから社内で僕を薬局長にする予定があるという話を聞いてしまい、「薬局長を引き受けたら辞めるのがどんどん遅くなってしまう」という危機感から、「気まずいのなんて一瞬だし」と思い切って辞意を伝えてしまった。

 

2:現場が人手不足

2つ目が「人手不足で現場に迷惑をかけてしまう」というものだ。

薬局や病院を始めとする薬剤師の職場は、最低限の人数で回していことが多い。

 

そのため「自分が抜けたら、現場が大変なことになるのでは?」と思って、会社を辞めると伝えることをためらってしまった。

 

しかしこの問題に関しては、「人手不足は会社の採用の問題だし、自分に人員配置の権限はないのだから悩んでも仕方がない」と思うことにした。

 

そもそも迷惑のかからない退職なんてない。

多かれ少なかれ、現場には負担をかけることになってしまう。

「これは退職する以上、仕方のないことだ」と割り切ることにした。

 

どのように「辞めます」と伝えたか

僕は直属の上司である薬局長に、「辞めようと思います」と伝えた。

正直、辞意を伝える前は非常に緊張したが、緊張は一瞬だけだった。

一言目が出てしまえば、あとはスルスルと言葉が出ていく。

 

ちなみに僕は「留学するから」という理由で、会社を辞めた。

(嘘ではなく本当に留学して、この前とうとう通訳案内士の資格も取得した)

 

突然のことだったので、かなり驚かれたが最終的には「頑張ってね」と応援してもらえる形で退職できたので、すごくホッとしたのを覚えている。

 

▼オススメの退職理由とは

基本的に「前向きな退職理由」を伝えることをオススメしたい。

例えば「例えば在宅医療に力を入れている薬局で働きたい」とか「もっと専門性を活かせる病院への転職を考えている」といった具合だ。

 

なぜかというと、「残業が多いから」とか「人間関係がうまくいかないから」のような理由だと、引き止めやすくなるからだ。

 

「残業が多い」や「人間関係がうまくいかない」は、どちらも店舗の異動で解決しやすい。

そのため会社に「じゃあ異動できるように手配するよ」と言われたら、退職する理由が取り除かれてしまう。

 

一方、前向きな理由を伝えた場合は違う。

前向きな理由であれば、否定をできないので、格段に引き止めるが難しい。

 

引き留めるのが難しいだけではない。

「じゃあ、次の職場でも頑張ってね」と応援もしてもらえる可能性も高い。

以上の理由により、退職理由はできるだけ「ポジティブ」にするのがオススメだ。

>>> 薬剤師が絶対に言ってはいけない退職理由とは?

 

▼退職を切り出すタイミング

僕は退職予定日の3ヶ月前に辞意を伝えた

具体的には、3月が最終出勤日だったので、「辞めます」と薬局長に伝えたのは年末だ。

このくらいの時間があると、引き継ぎなどに余裕がでてくるのでオススメである。

 

ブラック企業なら別だが、あまりにも急だと印象が悪いので、それはやめた方がいい。

薬剤師業界は狭いので、今の職場の知人が次の職場にいるなんてことは十分にありうる。

「もう辞めるし嫌われてもいいや」といった行動は、慎むことをオススメしたい。

 

ちなみに僕の場合、薬局長には業務終了後に辞意を伝えた。

色々と伝えるタイミングを考えたのだが、「朝一だと1日中気まずいし、昼休みに伝えるとちゃんと休めなくなるし」ということで、業務終了後がベストだと僕は判断した。

ただしこれは完全に好みの問題なので、伝えやすいタイミングで伝えれば良いだろう。

 

スポンサーリンク

「仕事を辞めたい」と伝えやすくなる方法とは

「仕事を辞めたい」と言いたいけど辞意を伝える勇気のない人のために、「退職したいです」と言いやすくなる2つの方法を紹介したい。

 

1つは僕が実際にやってみて良かったことなのだが、もう1つは僕の友人がやったことだ。

友人の話を聞いて「これは効果があるな」と思ったのでシェアしようと思う。

 

1:自分が退職すべき理由を考える

僕がやって効果的だと思ったのが「自分が退職すべき理由を考える」というものである。

ヒトはどうしても、「できる理由」よりも「できない理由」から考えてしまいがちだ。

 

そこで「なぜ自分は退職した方が良いのか」を棚卸ししてみる。

例えば、こんな感じで退職した方が良い理由をあげてみよう。

 

「これ以上この会社で学べることはないし、退職がステップアップにつながる」

 

「自分にはもっとワークライフバランスの取れた職場の方が合っている」

 

「病院で働いていたけど、薬局で在宅医療をしてみたい」

 

以上のように、「会社を辞るべきメリット」を考えていくと、早く辞意を伝えたい方が良いという気持ちが強くなってくる。

この方法は僕自身が実践してみて非常に効果的だったので、「辞めたいけど、辞意を伝える勇気がない」という人は、是非トライしてほしい。

 

2:転職活動を始めてしまう

2つ目が「転職活動を始めてしまう」という方法である。

これは僕の友人が実際にやったことなのだが、彼はどうしても「辞めたい」と伝えられなかったそうだ。

 

そこで「強制的に言わなければならない環境にしよう」と思い立ち、辞意を伝えることなく転職活動を始めた。

転職活動をして転職先が決まってしまえば、遅かれ早かれ「会社を辞めたい」と伝えなければならなくなるという寸法だ。

 

最初この話を聞いた時は「すごい発想だな」と思ったのだけど、たしかにこの方法なら確実に「退職したいです」と言わなけれならなくなるので、実効性の面で非常に良いなと思った。

彼は見切り発車をよくするタイプなのだが、それが良い感じで結果として現れたように思う。

 

この方法は実効性の面でも優れているのだが、個人的にはもう1つ大きなメリットがあると考えている。

それが「働きながら他社を比較検討できる」ということだ。

 

転職活動では病院・薬局見学をできるので、他の薬剤師がどのような環境で、どうのように働いているのかを見ることができる。

要するにリスクなしで他社と比較しながら転職活動をできるのだ。

 

仮に「今の会社の方が恵まれてるのかもな」と思えば残ればいいし、「ここで働きたい」と思える職場が見つかれば転職してしまえば良い。

在職中の転職活動は、今の職場を客観視する良い機会となる。

 

そういった意味で、在職中の転職活動は色々とメリットがあるので「とりあえず転職活動する」のも選択肢としては十分アリだろう。

>>> 薬剤師が転職する時の流れとは?-必ずやるべきことを解説する-

[ad#ad-up]

オススメの薬剤師転職サイトとは?

最後にお勧めの薬剤師転職サイトを紹介したい。

 

薬剤師転職サイトに登録すると「待遇の交渉」や「求人の紹介」、「面接日程の調整」、「面接のアドバイス」など便利なサービスを無料で受けることができる。

転職活動が格段にしやすくなるので、転職活動をするなら必ず利用しよう。

 

また現時点では転職を考えてなくても、薬剤師転職サイトに登録しておけば、定期的に求人情報を送ってくれるので何かと便利である。

とりあえず登録はしておくのがオススメだ。

 

僕がオススメしている薬剤師転職サイトは、以下の3つである。

全て無料で利用可能となっている。

 

【おすすめ薬剤師転職サイト】

マイナビ薬剤師 公式サイト

リクナビ薬剤師 公式サイト

ファルマスタッフ 公式サイト

 

ちなみに1つだけ選ぶとしたら、「転職のミスマッチを許さない」社風であるファルマスタッフがオススメだ。

>>> ファルマスタッフに無料登録する

 

▼マイナビ薬剤師の特徴・おすすめポイント

マイナビ薬剤師のおすすめポイント

◆4年連続利用者満足度No.1

◆面談に力を入れているので、転職に関する不安を解消しやすい

◆大手から中小まで幅広く紹介してくれる

 

マイナビ薬剤師の詳細情報

求人数:40000件以上

応募できる職種:薬局、病院、ドラッグストア、臨床開発、学術、営業など

対応している雇用形態:正社員、契約社員、パートなど

 

【詳しくは公式サイトでチェック】

>>> マイナビ薬剤師に無料登録する

 

▼リクナビ薬剤師の特徴・おすすめポイント

リクナビ薬剤師のおすすめポイント

◆日本最大手の人材会社リクルートが運営

◆転職ノウハウが豊富

◆大手の求人に強い

 

リクナビ薬剤師の詳細情報

求人数:35000件以上

応募できる職種:薬局、病院、ドラッグストア、企業など

対応している雇用形態:正社員、アルバイト、パート

 

【詳しくは公式サイトでチェック】

>>> リクナビ薬剤師に無料登録する

 

▼ファルマスタッフの特徴・おすすめポイント

 

ファルマスタッフのおすすめポイント

◆転職後の「こんなはずでは」を防止するために力を入れている

◆調剤薬局に強いコネクションを持つ

◆派遣の求人も多数取り扱い

 

ファルマスタッフの詳細情報

求人数:70000件以上

応募できる職種:薬局、病院、ドラッグストア、企業など

対応している雇用形態:正社員、パート、派遣

 

【詳しくは公式サイトでチェック】

>>> ファルマスタッフに無料登録する

 

▼薬剤師転職サイトの選び方

基本的には、3つ全てに登録した上で転職活動をするのがオススメだ。

なぜかというと、掲載されている求人に違いがあるからだ。

 

複数登録することにより、比較検討しながら転職活動をできるので、自分にあった求人に巡り会いやすくなる。

【おすすめ薬剤師転職サイト】

マイナビ薬剤師 公式サイト

リクナビ薬剤師 公式サイト

ファルマスタッフ 公式サイト

 

 

ちなみに「複数のサイトに登録するのは抵抗がある」という場合。

その場合は、今回の転職で何を最も重視するかを基準にして考えると良いだろう。

 

【ワークライフバランスを希望する場合】

1位:ファルマスタッフ

2位:マイナビ薬剤師

3位:リクナビ薬剤師

 

【大手の会社を希望する場合】

1位:リクナビ薬剤師

2位:ファルマスタッフ

3位:マイナビ薬剤師

 

【大手から小規模の会社まで幅広く考えている場合】

1位:マイナビ薬剤師

2位:ファルマスタッフ

3位:リクナビ薬剤師

 

【高収入を重視する場合】

1位:ファルマスタッフ

2位:リクナビ薬剤師

3位:マイナビ薬剤師

 

【派遣で働くのを希望する場合】

1位:ファルマスタッフ

*マイナビとリクナビは派遣を扱っていない

 

スポンサーリンク

「どの転職サイトに登録するか」迷っている場合

まだ「どの薬剤師転職サイトに登録するか」迷っている場合。

その場合は、「ファルマスタッフ」への登録がオススメだ。

 

僕がファルマスタッフをオススメする理由は3点。

1つ目が、「転職のミスマッチを許さない」という社風があること。

転職後の「こんなはずじゃなかった」が起こらないよう、しっかりと転職をサポートしてもらえる。

 

2つ目が、「転職面接のサポートがしっかりしている」という点。

ファルマスタッフでは面接対策の相談も無料で乗ってくれる上、面接に不安がある場合は、コンサルタントが面接に同行しサポートしてくれる。

 

3つ目が、転職後に起こった「面接の時と話が違う」にも、しっかりと対応してくれるという点。

転職後でもミスマッチがあった場合は、ミスマッチを解消するために力を貸してくれる。

 

以上のような理由により、複数の転職サイトに登録するのに抵抗があるなら、とりあえずファルマスタッフに登録するのがオススメだ。

>>> ファルマスタッフに無料登録する

 

まとめ

少し長くなったので、この記事の要点をまとめる。

 

【Point!】

1:退職するメリットを考えよう

2:在職中の転職活動は、自分の職場を客観視できるのでオススメ

3:転職活動をする時は複数の転職サイトに登録しよう

 

また転職サイトは、複数登録すると「比較」という視点を持てるので、転職が失敗しにくくなる。

以下の3つは薬剤師転職サイトの中でも、大手に分類されるので、とりあえず3つは登録しておくのがオススメだ。

 

【おすすめ薬剤師転職サイト】

ファルマスタッフ 公式サイト

マイナビ薬剤師 公式サイト

リクナビ薬剤師 公式サイト

 

どうしても「複数のサイトに登録するのは抵抗がある」という場合。

その場合は、ファルマスタッフへの登録がオススメだ。

 

ファルマスタッフでは、「転職のミスマッチを許さない」という社風がある。

そのため転職後の「こんなはずじゃなかった」が起こらないよう、しっかりと転職をサポートしてもらえる。

>>> ファルマスタッフに無料登録する

 

以上、みなさんの転職が上手くいくことを祈っている。

では。

RELATED

-薬剤師の転職

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.