薬剤師の転職

徹底比較!「マイナビ薬剤師」と「リクナビ薬剤師」の違いとは?

更新日:

「マイナビ薬剤師とリクナビ薬剤師、どっちの方が良いんだろう?」

転職活動をする時、こんなことを思ったのではないだろうか。

 

実は僕もその一人だった。

インターネットで検索しても胡散臭そうな口コミしかないので、どの情報を信じて良いのか全く分からなかったのだ。

 

実は、僕には転職経験があり、その時に「マイナビ薬剤師」と「リクナビ薬剤師」を実際に使ってみた。

そこでこの記事では、その時の体験談(口コミ)についてまとめてみた。

 

実際に使った僕だからこそ書けることなので、そこらへんの転職サイトの口コミ記事より確実に有益なものとなっていると思う。

 

この記事がこれから転職活動を始める薬剤師の仲間の役に立てば嬉しい。

では本題へ。

スポンサーリンク

マイナビ薬剤師の特徴



マイナビ薬剤師は、就職情報サイト「マイナビ」が運営している薬剤師転職サイトである。

僕が実際にマイナビ薬剤師を使ってみて思ったこと。

 

それはクオール、ウェルシア、日本調剤などの大手企業から、地域密着型の全国に1店舗しかない小さな薬局まで幅広く紹介してくれるということだ。

 

【Point!】

大手から中小まで幅広く紹介してくれる

>>> マイナビ薬剤師に無料登録する

 

そのため、転職先として大手から中小まで幅広く考えているのであれば、マイナビ薬剤師は非常にオススメの転職サイトだ。

 

またマイナビ薬剤師は、転職希望者との面談に力を入れているという特徴がある。

通常、薬剤師転職サイトでは、電話でのやり取りが基本となっているため、転職サイトのスタッフと実際に会って、面談することは少ない。

 

正確には東京などのメジャーな都市に住んでいる場合は、実際に会って面談もできるのだが、地方都市に住んでいる場合は支店がないため、直接会っての面談をセッティングしづらいのだ。

その結果、電話でのやり取りが基本になってしまう。

 

その点、マイナビ薬剤師は、多くの都市に支店を持っている。

そのため東京以外の都市でも、面談をすることが可能なのだ。

これは転職に不安があるという人にとっては、非常に心強いメリットと言えるだろう。

 

▼マイナビ薬剤師のおすすめポイント

◆4年連続利用者満足度No.1

◆面談に力を入れているので、転職に関する不安を解消しやすい

◆大手から中小まで幅広く紹介してくれる

 

▼マイナビ薬剤師の詳細情報

求人数:40000件以上

応募できる職種:薬局、病院、ドラッグストア、臨床開発、学術、営業など

対応している雇用形態:正社員、契約社員、パートなど

 

【詳しくは公式サイトでチェック】

>>> マイナビ薬剤師に無料登録する


 

マイナビ薬剤師を実際に使った感想

 

転職した後に知ったのだが、マイナビ薬剤師は顧客満足度が業界No.1らしい。

実は僕が最終的に選んだ転職先も、マイナビ薬剤師から紹介してもらった薬局だった。

ちなみに僕の希望する転職先の条件は、以下のようなものだ。

 

【希望条件】

1:在宅医療を経験できる

2:ダブルワークをしたいので正社員としては働けない

3:ダブルワークをするため、シフトの融通が利きやすい

4:正社員じゃないけど、正社員と同じ内容の仕事がしたい

5:週に3〜4回くらいの勤務

6:家から30分以内

7:ネクタイはしたくないので私服可が望ましい

 

これを見ていただければ分かると思うが、かなりワガママな希望である。

もし僕がマイナビ薬剤師のコンサルタントだったら「仕事ナメてんのか」とイライラしただろう。

 

しかし僕の担当コンサルタントだった女性は、こんなワガママな希望を言っても「他にも希望がありましたら、遠慮せずにおっしゃってくださいね」と言ってくれる、とても優しい雰囲気の人だった。

 

正直、話すたびに「何かあったので遠慮せず行ってください」と言われたので、最初は「少し鬱陶しいな」と思ってたのだが、あれだけ聞いてくれたから希望を伝えやすかったというのはある気がする。(今、振り返ると言えることだが)

 

このようにマイナビ薬剤師では、ヒアリングにかなり力を入れている。

そのため遠慮がちな人だったとしても、「こんな希望条件の職場はないのではないか」と考えしまって、本当の希望条件を言えないということにはならないだろう。

 

というわけで初めて転職する場合」「相談しながら転職活動をしたい場合」は、マイナビ薬剤師が特にオススメだ。

 

ちなみに無料で利用可能だ。

転職活動を考えているのであれば、とりあえず登録しておくと良いだろう。

>>> マイナビ薬剤師に無料登録する



スポンサーリンク

リクナビ薬剤師の特徴



リクナビ薬剤師は、「リクルート」という超大手の会社が運営している薬剤師転職サイトだ。

ほとんどの学生が使ったであろう就活情報サイト「リクナビ」を運営している会社と言った方が分かりやすいかもしれない。

 

某サイトでは「リクナビ薬剤師は、大手から中小まで幅広く紹介してくれる」と書いてあったが、僕が使った時は、そんなことはなかった。

 

どちらかというと、大手中心の求人だったように思う。

要するに日本調剤やイオン、アインファーマシーズ、マツキヨ、ココカラファインなどの大手チェーンだ。

 

【Point!】

リクナビ薬剤師は大手チェーン中心に紹介してくれる

>>> リクナビ薬剤師に無料登録する

 

リクナビ薬剤師を運営しているリクルートは、日本最大手の人材会社である。

そのため大手有名企業に対するパイプがあるので、大手企業の求人に強いのではないかと思う。

 

中小薬局や病院の求人は少ないように感じたが、大手の会社に転職したいということであれば、リクナビ薬剤師はかなり良い転職サイトだと個人的には考えている。

というか、大手への転職を考えているのであればリクナビ薬剤師一択だろう。

 

【追記 2017.4】

最近、リクナビ薬剤師を利用した薬剤師の友人2人から口コミを聞いたので追記。

やはりリクナビ薬剤師は、大手の求人メインの紹介だったとのこと。

 

そのため大手への転職を希望している人は、マイナビ薬剤師よりもリクナビ薬剤師の方が良いだろう。

>>> リクナビ薬剤師に無料登録する

 

▼リクナビ薬剤師のおすすめポイント

◆日本最大手の人材会社リクルートが運営

◆転職ノウハウが豊富

◆大手の求人に強い

 

▼リクナビ薬剤師の詳細情報

求人数:35000件以上

応募できる職種:薬局、病院、ドラッグストア、企業など

対応している雇用形態:正社員、アルバイト、パート

 

【詳しくは公式サイトでチェック】

>>> リクナビ薬剤師に無料登録する



 

リクナビ薬剤師を実際に使った感想

 

ちなみにリクナビ薬剤師も、僕のワガママな要望をヒアリングして、希望に沿った薬局をちゃんと探してくれた。

念のため、僕のワガママな希望をもう一度、書いておく。

 

【希望条件】

1:在宅医療を経験できる

2:ダブルワークをしたいので正社員としては働けない

3:ダブルワークをするため、シフトの融通が利きやすい

4:正社員じゃないけど、正社員と同じ内容の仕事がしたい

5:週に3〜4回くらいの勤務

6:家から30分以内

7:ネクタイはしたくないので私服可が望ましい

 

先ほども書いたように、リクナビ薬剤師は中小薬局の求人が少なく、大手の求人が中心だったのだが、「大手でも、意外と僕のワガママな要望に応えてくれるものなのか」と、正直けっこう驚いた。

 

しかし先ほども書いたように、最終的に僕はマイナビ薬剤師が紹介してくれた薬局で働くことにした。

これには理由がある。

 

別にリクナビ薬剤師がダメだったというわけではなく、以前に僕が働いていた会社が比較的大手だったので、規模が小さい薬局で1度働いてみたいと思ったからだ。

 

僕は仕事を辞めて留学してたのだけど、その時に自分が今まで関わったことのない様々なバックグラウンドを持つ人たち(バックパッカー、起業家、弁護士、年間1億円相当のバッグを売る人など)と交流を持つ機会があった。

 

このような人たちとの交流を通して思ったのは、自分を取り巻く環境を定期的に大きく変えることは人生を豊かにする上で非常に重要だということだ。

 

そのためリクナビ薬剤師が紹介してくれた大手の求人ではなく、マイナビ薬剤師が紹介してくれた小規模の薬局で働くことを選んだのである。

 

だから「リクナビ薬剤師が良くなかった」というわけではない。

むしろリクナビ薬剤師のエージェントも、かなり真剣に転職の手助けをしてくれた。

スタッフの質に関しては、マイナビ薬剤師と差はないように感じた。

 

僕と違って大企業志向が強いのであれば、間違いなくマイナビ薬剤師よりもリクナビ薬剤師の方が良い

僕はマイナビ薬剤師に紹介してもらった求人を選んだが、大手で働くことを希望するなら、個人的にはリクナビ薬剤師を強くオススメしたい。

 

詳しい情報は公式サイトで、チェックしてほしい。

マイナビ薬剤師と同様に、リクナビ薬剤師も無料で利用可能となっている。

>>> リクナビ薬剤師に無料登録する



 

スポンサーリンク

マイナビ薬剤師とリクナビ薬剤師どちらが良いか

 

ここまで読み進めて、「結局どちらに登録すれば良いのだろう?」と悩んでいる人もいると思う。

 

個人的な意見を言わせてもらうと、僕が転職した時のように、マイナビ薬剤師とリクナビ薬剤師の2つに登録して、それぞれから紹介された求人を比較検討しながら転職活動するのが1番お勧めだ。

 

なぜかというと、マイナビ薬剤師とリクナビ薬剤師の求人には違いがあるからだ。

先ほども書いたように「マイナビ薬剤師は中小から大手まで幅広い求人」、「リクナビ薬剤師は大手中心の求人」となっている。

 

紹介してくれる求人の特色がそれぞれ異なるので、2つの転職サイトに登録すれば、「比較」という視点を持ちながら、転職活動を進められる。

 

当たり前だが、比較対象がないことには「良い求人なのか・良くない求人なのか」が分かりにくい。

要するに検討できる求人数が多ければ多いほど、自分の希望にマッチした職場に出会える確率も高くなるのだ。

 

このような理由から、複数の転職サイトを使うのが個人的にはオススメだ。

マイナビ薬剤師とリクナビ薬剤師は、どちらも無料で利用できる。

つまり「2つ使うと得」ではなく、「2つ使わないと損」なのだ。

 

色んな求人を見てから決めたいという場合は、複数の転職サイトを使った方が良いだろう。

複数の転職サイトを使うだけで、転職失敗のリスクを格段に減らすことができる。

 

【詳しくは公式サイトでチェック】

>>> マイナビ薬剤師に無料登録する

>>> リクナビ薬剤師に無料登録する

 

1つの薬剤師転職サイトに登録したい場合

 

とは言っても「2つの転職サイトに登録するのは面倒」という人もいると思う。

そんな場合は、「働きたい会社の規模」という視点で、「マイナビ薬剤師に登録するのか」それとも「リクナビ薬剤師に登録するのか」を選択するのがオススメだ。

 

▼大手を希望する場合

大手を希望する場合。

その場合は、リクナビ薬剤師が第一選択となる。

 

なぜならリクナビ薬剤師は、マイナビ薬剤師よりも大手の求人に強いからだ。

個人的には大手志向が強いのであれば、リクナビ薬剤師を使わない理由はないと考えている。

 

先ほども書いたが、つい最近リクナビ薬剤師を利用した薬剤師の友人2人からの口コミによると、やはりリクナビ薬剤師は、大手の求人がメインとのことだった。

そのためリクナビ薬剤師は、大手の転職に力を入れているのは間違いないだろう。

 

詳しい情報は公式サイトで、チェックしてほしい。

ちなみに無料で利用可能だ。

>>> リクナビ薬剤師に無料登録する



 

▼大手から中小まで幅広く考えている場合

大手から中小まで幅広く転職先を考えているのであれば、マイナビ薬剤師がオススメだ。

個人的にリクナビ薬剤師は、大手に偏っている印象を受けたので、中小も転職先の候補として検討している場合は向かないと思う。

 

前述の通り、僕は規模の小さい会社を希望したので、マイナビ薬剤師に紹介してもらった会社に転職した。

 

また「初めての転職で不安がある」という場合。

その場合もマイナビ薬剤師の方がオススメだ。

 

マイナビ薬剤師は転職希望者のヒアリングに力を入れているので、気になることをすぐに相談しやすい環境が整っている。

 

転職した後に知ったのだが、マイナビ薬剤師は業界内でも特に面談に力を入れている薬剤師転職サイトらしい。

たぶんその影響で、あんなに親身に相談に乗ってくれたのではないかと思う。

 

転職は人生の一大イベントの1つだ。

転職経験者だから分かるのだが、親身に相談に乗ってくる人がいるとかなり心強い

 

というか、僕のように転職活動を初めてする人間にとっては分からないことばかりなので、「ちゃんと相談しやすい環境があるって大事だな」と転職活動をしていた当時に強く感じた。

 

簡単にまとめると、リクナビ薬剤師かマイナビ薬剤師か迷っているのであれば、とりあえずマイナビ薬剤師を選んでおけば失敗することはないだろう。

 

詳しい情報は公式サイトで、チェックしてみてほしい。

繰り返しになるが無料で利用可能となっている。

>>> マイナビ薬剤師に無料登録する



 

スポンサーリンク

まとめ

長くなったので、最後に簡単にまとめておく。

▼基本的にはどちらも登録するのがお勧め

基本的には、かつての僕のようにマイナビ薬剤師・リクナビ薬剤師どちらも登録するのがお勧め。

理由は、多くの求人を比較検討しながら転職活動を行えるからだ。

比較検討できる求人が多いと、転職失敗のリスクを大きく減らすことができる。

 

【詳しくは公式サイトでチェック】

>>> マイナビ薬剤師に無料登録する

>>> リクナビ薬剤師に無料登録する

 

▼大手に転職すると決めている場合

大手を希望する場合は、リクナビ薬剤師が第一選択。

なぜならリクナビ薬剤師の方が、大手への転職に力を入れているからだ。

これは僕の転職経験からも言えるし、友人の薬剤師2人からの口コミから考えてもまず間違いない。

 

詳しくは、下記の公式サイト参照してほしい。

もちろん無料で利用可能だ。

>>> リクナビ薬剤師に無料登録する



 

▼大手から中小まで幅広く考えている場合

大手から中小まで幅広く転職先を考えているのであれば、マイナビ薬剤師がオススメ。

個人的に、リクナビ薬剤師は大手に偏っている印象を受けたので、中小も検討している場合は向かない。

 

詳しくは、下記の公式サイト参照してほしい。

マイナビ薬剤師も無料で利用可能だ。

>>> マイナビ薬剤師に無料登録する



▼迷ったらマイナビ薬剤師

どっちに登録すれば良いか絞れない場合。

その場合は、マイナビ薬剤師がお勧めだ。

 

なぜなら、マイナビ薬剤師は面談に力を入れているので、転職に伴う不安を相談しやすい環境が整っているからだ。

さらに大手から中小まで幅広く紹介してくれるのもポイントとなっている。

 

詳しくは、下記の公式サイト参照。

>>> マイナビ薬剤師に無料登録する



 

【追記】

派遣で働きたい場合。

実はリクナビ薬剤師とマイナビ薬剤師は、派遣の求人は取り扱っていない。

そのため、派遣で働くことを希望するのであればファルマスタッフがオススメだ。

 

ファルマスタッフの特徴は、何と言っても派遣事業にも力を入れていることだ。

時給も3500円以上と高く、福利厚生も充実している。

例えば交通費は全額支給だし、労災保険も完備されているので安心して働くことができる。

 

面接の同行サービスもあるので、面接に不安がある場合は、ファルマスタッフも選択肢として十分ありだろう。

マイナビ薬剤師、リクナビ薬剤師と同様に、ファルマスタッフも無料で利用可能だ。

 

詳しくは、下記の公式サイト参照してほしい。

>>> ファルマスタッフに無料登録する

 

 

以上、あなたの転職活動が上手くいくことを祈っている。

では!

RELATED

-薬剤師の転職

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.