薬剤師の転職

【感想】マイナビ薬剤師とリクナビ薬剤師の違いを比較してみた

更新日:

 

「マイナビ薬剤師とリクナビ薬剤師、どっちの方が良いんだろう?」

転職活動をする時、こんなことを思ったのではないだろうか。

 

実は僕もその一人だった。

インターネットで検索しても胡散臭そうな口コミしかないので、どの情報を信じて良いのか全く分からなかったのだ。

 

僕は初めて転職するとき、「マイナビ薬剤師」と「リクナビ薬剤師」を使った。

そこでこの記事では、その時の体験談(口コミ)についてまとめてみた。

 

実は、僕には転職経験があり、その時に「マイナビ薬剤師」と「リクナビ薬剤師」を実際に使ってみた。

そこでこの記事では、その時の体験談(口コミ)についてまとめてみた。

 

実際に使った僕だからこそ書けることなので、そこらへんの口コミ記事よりは確実に有益なものになっていると思う。

 

この記事がこれから転職活動を始める薬剤師の仲間の役に立てば嬉しい。

では本題へ。

 

 

スポンサーリンク

マイナビ薬剤師とリクナビ薬剤師の違いとは?

マイナビ薬剤師とリクナビ薬剤師の違いとは?

 

マイナビ薬剤師とリクナビ薬剤師には、どのような違いがあるのか?

 

マイナビ薬剤師とリクナビ薬剤師に大きな違いはない

僕が実際にマイナビ薬剤師とリクナビ薬剤師を使ってみた感想としては、そこまで大きな違いはなかった

 

どちらも希望条件にあった転職先を探してくれるし、転職コンサルタントの対応も丁寧だった。

 

なので、「マイナビ薬剤師とリクナビ薬剤師どっちを使うおう」と悩んでいる場合は、そこまで神経質に選ぶ必要はないと思う。

 

薬剤師転職サイトは選び方よりも使い方のほうが重要な件についてという記事にも書いたように、転職サイトは選び方よりも使い方の方がよっぽど重要だ。

 

マイナビ薬剤師とリクナビ薬剤師の違いは小さいもの

「マイナビ薬剤師とリクナビ薬剤師にに大きな違いはない」と言われたら、どっちを選ぶか迷ってしまう人もいると思う。

 

そこで、僕が使ってみた感想について簡単にまとめておきたい。

たしかに大きな違いはないのだけど、ちょっとした違いはある

 

なので、その違いを参考にマイナビ薬剤師とリクナビ薬剤師どちらを使うかを決めてほしい。

 

ちなみに、どちらも派遣求人の取り扱いをしていない。

そのため、派遣で働くことを希望している場合は、ファルマスタッフを利用するのがオススメだ。

 

 

 

 

より詳しい感想は、以下の記事をどうぞ。

>>【暴露】ファルマスタッフを使って転職したので感想を淡々と語る

 

 

マイナビ薬剤師を実際に使ってみた感想

 

マイナビ薬剤師は、就職情報サイト「マイナビ」が運営している薬剤師転職サイトである。

おそらく薬学生の時にお世話になった人も多いのではないだろうか。

 

僕がマイナビ薬剤師を使った感想は以下の3つだ。

 

【マイナビ薬剤師を実際に使った感想】

  • 転職コンサルタントの感じが良い
  • 転職者との面談に力を入れている
  • 大手から中小まで幅広く紹介してくれる

 

1:転職コンサルタントの感じが良い

僕がマイナビ薬剤師に抱いた1番の印象は、転職コンサルタントの感じがかなり良いということだ。

 

僕を担当としてくれたのは女性のコンサルタントだったのだけど、ことあるごとに「何かあったら遠慮せずに言ってくだいね」と言ってくれたので、だいぶ自分の要望を言いやすかった。

 

正直、最初は「ちょっとうっとうしいな」と思ったのだけど(すみません)、あれだけ聞いてくれたから自分の希望を言いやすかったというのはある気がする。

 

このようにマイナビ薬剤師では、転職者の希望条件をしっかりヒアリングしてくれる。

 

そのため「こんな希望条件の職場はないのではないか」と思って、本当の希望条件を言えないということにはならないだろう。

 

ちなみに僕が最終的にコンサルタントに伝えた要望は以下の通りだ。

 

【希望条件】

  • 在宅医療を経験できる
  • ダブルワークをしたいので正社員としては働けない
  • ダブルワークをするため、シフトの融通が利きやすい
  • 正社員じゃないけど、正社員と同じ内容の仕事がしたい
  • 週に4回くらいの勤務
  • 家から30分以内
  • ネクタイはしたくないので私服可が望ましい

 

これを見ていただければ分かると思うが、かなりワガママな希望である。

もし僕がマイナビ薬剤師のコンサルタントだったら「仕事ナメてんのか」とイライラしただろう。

 

しかし、マイナビ薬剤師のコンサルタントは、そういった雰囲気を出さずにちゃんと対応してくれた。

 

2:転職者との面談に力を入れている

そしてマイナビ薬剤師は、転職者との面談に力を入れているという特徴がある。

 

一般的な薬剤師転職サイトは、電話またはメールでのやりとりが基本となっている。

そのため、転職サイトのコンサルタントと実際に会って面談することは少ない。

 

しかし、マイナビ薬剤師は多くの都市に支店を持っているので、地方に住んでいる薬剤師でも直接会って面談することが可能となっている。

 

僕は面倒だったので直接会っての面談は断ってしまったのだけど、これは転職に不安がある薬剤師にとって非常に心強いと思う。

 

3:大手から中小まで幅広く紹介してくれる

マイナビ薬剤師には、大手から中小まで幅広く紹介してくれるという特徴もあった。

 

僕が転職活動した時は、クオールやウェルシア、日本調剤などの大手から、地域密着型の全部で1店舗しかないような小さな薬局まで、幅広く紹介してくれた。

 

僕は大手で働いていたので、次は小さな職場で働きたいと思っていた。

このような理由により、マイナビ薬剤師とリクナビ薬剤師を併用していたけど、最終的にはマイナビ薬剤師に紹介してもらった職場で働くことにした。

 

転職先として大手から中小まで幅広く考えているのであれば、マイナビ薬剤師を利用するのがオススメだ。

 

 

 

スポンサーリンク

リクナビ薬剤師を実際に使った感想

 

リクナビ薬剤師は、「リクルート」という超大手の会社が運営している薬剤師転職サイトだ。

マイナビと同様、薬学生の時にリクナビを使った人も多いのではないだろうか。

 

僕がリクナビ薬剤師を使った感想は以下の2つだ。

 

【リクナビ薬剤師を実際に使った感想】

  • 大手中心に求人を紹介してくれる
  • 転職の希望条件がある程度決まっている薬剤師向け

 

1:大手中心に求人を紹介してくれる

僕がリクナビ薬剤師を実際に使ってもっとも印象的だったのが、大手中心に求人を紹介してくれるということだった。

 

中小規模の薬局・病院の紹介はあまりないけど、日本調剤やイオン、アイン、マツキヨ、ココカラファインなどの大手チェーンを中心に紹介してくれた。

 

リクナビ薬剤師を運営しているリクルートは、日本最大手の人材会社である。

そのため大手有名企業に対するパイプがあるので、大手企業の求人に強いのではないかと思う。

 

【追記 2018.12】

最近、リクナビ薬剤師を利用した薬剤師の友人4人から口コミを聞いたので追記。

やはりリクナビ薬剤師は、大手の求人メインの紹介だったとのこと。

 

以上のような理由により、大手志向が強い場合はリクナビ薬剤師の利用がオススメだ。

 

2:転職の希望条件がある程度決まっている薬剤師向け

リクナビ薬剤師は、転職の希望条件がある程度決まっている薬剤師向けという印象も受けた。

 

なぜかというと、マイナビ薬剤師と違って直接会っての面談には力を入れていないからだ。

基本的にメール・電話でのやりとりとなる。

 

なので、転職コンサルタントとじっくり相談しながら転職するというより、ある程度希望条件が決まっていて、その希望に沿った求人を探してほしい薬剤師向けかなと思った。

 

ちなみに、リクナビ薬剤師も僕のワガママな要望をヒアリングして、希望に沿った薬局をちゃんと探してくれた

念のため、僕のワガママな希望をもう一度、書いておく。

 

【希望条件】

  • 在宅医療を経験できる
  • ダブルワークをしたいので正社員としては働けない
  • ダブルワークをするため、シフトの融通が利きやすい
  • 正社員じゃないけど、正社員と同じ内容の仕事がしたい
  • 週に4回くらいの勤務
  • 家から30分以内
  • ネクタイはしたくないので私服可が望ましい

 

リクナビ薬剤師は中小の求人が少なく、大手の求人が中心だったが、意外とこの条件でOKの求人を紹介してもらえた。

 

「大手でも、意外と僕のワガママな要望に応えてくれるものなのか」と、正直けっこう驚いたことを覚えている。

 

しかし先ほども書いたように、最終的に僕はマイナビ薬剤師が紹介してくれた薬局で働くことにした。

 

これには理由があって、リクナビ薬剤師がダメだったというわけではない。

前に働いていた会社が比較的大手だったので、規模が小さい薬局で働いてみたいと思ったからだ。

 

僕は仕事を辞めて留学してたのだけど、その時に自分が今まで関わったことのない様々なバックグラウンドを持つ人たち(バックパッカー、起業家、弁護士、年間1億円相当のバッグを売る人など)と交流を持つ機会があった。

 

このような人たちとの交流を通して思ったのは、自分を取り巻く環境を定期的に変えることは、人生を豊かにする上で非常に重要だということだ。

 

そのためリクナビ薬剤師が紹介してくれた大手の求人ではなく、マイナビ薬剤師が紹介してくれた小規模の薬局で働くことを選んだのである。

 

だから、繰り返しになるけど「リクナビ薬剤師がダメだった」というわけではない。

 

むしろリクナビ薬剤師のコンサルタントも、かなり真剣に転職の手助けをしてくれたので、僕はとても感謝している。

 

スタッフの質に関しては、マイナビ薬剤師と差はないように思う。

 

 

けっきょくマイナビ薬剤師とリクナビ薬剤師はどっちが良いか

 

ここまで読み進めたけど、どちらを選べば良いか分からないという薬剤師も多いと思う。

 

そんな薬剤師には「働きたい職場の規模」で、どちらの転職サイトを利用するか決めるのをオススメしたい。

 

大手への転職を希望する場合はリクナビ薬剤師がオススメ

大手で働くことを希望する場合は、リクナビ薬剤師の利用がオススメだ。

 

先ほども書いた通り、マイナビ薬剤師に比べて、リクナビ薬剤師は大手の求人に強いからだ。

 

つい最近リクナビ薬剤師を利用した薬剤師の友人4人からの口コミに加え、僕の実際に利用した経験上からも、リクナビ薬剤師はマイナビ薬剤師よりも大手の求人に強い。

 

大手志向が強いのであれば、リクナビ薬剤師を使わない理由はないと思う。

 

 

 

大手から中小まで幅広く考えている場合はマイナビ薬剤師がオススメ

大手から中小まで幅広く転職先を考えているのであれば、マイナビ薬剤師を使った方が良い

 

リクナビ薬剤師は、大手の紹介に偏っている印象を受けた。

なので、中小も転職先の候補として検討している場合は向いていないと思う。

 

前述の通り、僕は規模の小さい会社を希望したので、マイナビ薬剤師に紹介してもらった会社に転職した。

 

また「転職に不安がある」という場合も、マイナビ薬剤師の方がオススメだ

 

マイナビ薬剤師は転職希望者のヒアリングに力を入れているので、気になることをすぐ相談しやすい環境が整っている。

 

僕は初めての転職だったので、正直分からないことばかりだった。

そんな時に親身に相談に乗ってくる人がいるとかなり心強い

 

「ちゃんと相談しやすい環境があるって大事だな」と強く感じた。

 

ここまで読み進めて、まだリクナビ薬剤師かマイナビ薬剤師か迷っているのであれば、マイナビ薬剤師を使っておけば間違いないと思う

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

長くなったので、最後に簡単にまとめておく。

 

マイナビ薬剤とリクナビ薬剤師を使った感想

【マイナビ薬剤師を実際に使った感想】

  • 転職コンサルタントの感じが良い
  • 転職者との面談に力を入れている
  • 大手から中小まで幅広く紹介してくれる

 

【リクナビ薬剤師を実際に使った感想】

  • 大手中心に求人を紹介してくれる
  • 転職の希望条件がある程度決まっている薬剤師向け

 

マイナビ薬剤とリクナビ薬剤師どちらを使うかの決められない場合

マイナビ薬剤師とリクナビ薬剤師どちらを使うか迷っている場合は、「働きたい職場の規模」を基準にして決めるのがオススメだ。

 

大手への転職を希望する場合はリクナビ薬剤師がオススメ

大手への転職を希望する場合は、リクナビ薬剤師が第一選択だ。

リクナビ薬剤師の方が、大手への転職に力を入れている。

 

 

大手から中小まで幅広く考えている場合

大手から中小まで幅広く転職先を考えているのであれば、マイナビ薬剤師が良いだろう。

リクナビ薬剤師は大手の求人に偏っている印象を受けたので、中小も検討している場合は向かない。

 

 

 

迷ったらマイナビ薬剤師

どっちに登録すれば良いか決められない場合は、マイナビ薬剤師を利用しよう。

 

リクナビ薬剤師に比べて、マイナビ薬剤師はヒアリングに力を入れているので、転職に伴う不安を相談しやすい環境が整っているからだ。

 

そして、大手から中小まで幅広く紹介してくれるというバランスの良さもある。

 

2つ登録するのもアリかもしれないけど、コンサルタントとのやりとりが面倒になるので、基本的にはマイナビ薬剤師だけ使えば良いと思う。

 

マイナビ薬剤師を使って「なんかちょっと違うな」と思った時に、リクナビ薬剤師を利用するのがオススメだ。

 

 

【追記】

実はリクナビ薬剤師とマイナビ薬剤師は、派遣の求人は取り扱っていない。

そのため、派遣で働きたい場合はファルマスタッフを利用しよう。

 

 

 

より詳しい感想は、以下の記事をどうぞ。

>>【暴露】ファルマスタッフを使って転職したので感想を淡々と語る

 

 

以上、あなたの転職活動が上手くいくことを祈っている。

では。

RELATED

-薬剤師の転職

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2019 All Rights Reserved.