薬剤師の転職

薬剤師がドラッグストアへ転職するのってアリ?

更新日:

薬剤師の転職先の1つに「ドラッグストア」がある。

もしかしたら、あなたも転職先の候補としてドラッグストアを考えているかもしれない。

 

ドラッグストアには「給料が良い」だったり、「OTC医薬品の勉強ができる」といったイメージある一方、「レジ打ちや品出しなどの雑用が多い」という悪いイメージもある。

そのため、ドラッグストアへの転職を迷っている人もいるのではないだろうか。

 

そこでこの記事では、「ドラッグストアへの転職はアリなのか」についてまとめた。

僕自身、ドラッグストアで薬剤師として働いていたことがあるので、多少は参考になるはずだ。

 

スポンサーリンク

ドラッグストアへの転職が向いている人とは

では、ドラッグストアへの転職が向いている人とは、どんな人だろうか。

結論から言ってしまうと、僕は「給与重視の人」だと考えている。

ドラッグストアの年収は、薬剤師の中でもかなり高い。

 

病院薬剤師の年収は、だいたい300万〜400万円。

薬局薬剤師の年収は、約400万〜500万円。

そしてドラッグストアの薬剤師は、600万から700万円前後となる。

 

要するに同じ薬剤師でも、給与に倍近くの差があるのだ。

それだけドラッグストアの薬剤師は、稼ぐことができる。

 

なぜドラッグストア薬剤師の年収は高いのか

なぜドラッグストアで働く薬剤師の年収は高いのか。

理由は大きく分けて2つある。

 

1:勤務時間の長さ

1つ目の理由が「勤務時間の長さ」だ。

例えば調剤薬局は、夜の6時半や7時くらいで営業が終わることが多いが、ドラッグストアは違う。

22時、長いと23時まで営業していることも少なくない。

 

もちろん実働は8時間だ。

しかし僕の経験上、店舗にもよるのだが、ほぼ残業がある。

 

そのため1日の実働は、9時間から10時間と思って良いだろう。

このように勤務時間が長いので、ドラッグストアの薬剤師は年収が高くなる傾向がある。

 

2:薬剤師が集まりにくい

2つ目の理由としては「薬剤師が集まりにくい」ことが挙げられる。

ドラッグストアで働くと「大学で学んだ専門性を活かせない」というイメージがある。

 

例えば「レジ打ち」や「お菓子や日配品の品出し」、「POPの作成」を始めとする薬剤師らしくない仕事をしなければいけないというイメージが強いのだ。

 

このような理由により、ドラッグストアで働きたいと思う薬剤師が、どうしても少なくなる。

その結果、高めの給与設定をしなければ薬剤師を集められないのである。

 

スポンサーリンク

実際ドラッグストアは雑務が多いのか?

よくあるドラッグストアのイメージに、「レジ打ちや日配品、お菓子の品出しをやらなければならない」というものがある。

これは実際のところ、本当なのだろうか。

 

僕の経験から言うとこれは本当だ。

薬剤師でもレジ打ちや品出しをやらなければならない場合がある。

 

薬剤師の転職に関する記事を読んでいると、「ドラッグストアであっても、薬剤師ならレジ打ちはやらなくて済む」と書いてあるのをよく見かける。

しかしこれは、残念ながら事実ではない。

 

実際、僕はレジ打ちや品出しをやっていたので、自信を持って言える。

薬剤師であっても、レジ打ちや品出しはやることになる。

それゆえに薬剤師からの人気がなく、高い年収を提示しなければ採用が間に合わないのだ。

 

雑務をやらずにすむドラッグストアはあるのか

では「レジ打ち」や「品出し」をやらなくても良いドラッグストアはあるのだろうか。

結論から言うと、実は「レジ打ち」や「品出し」をやらなくても良いドラッグストアは存在する。

 

ドラッグストアには「調剤室のないドラッグストア」と「調剤併設のドラッグストア」がある。

言うまでもなく、調剤室のないドラッグストアでは、レジ打ちや品出しをやらなければならない

 

なぜかというと調剤室のないドラッグストアの薬剤師は「一類医薬品を販売するため」に常駐しているからだ。

一類医薬品を販売していない時間には、当然レジ打ちや品出しをすることになる。

 

一方、調剤併設のドラッグストアに関しては、レジ打ちや品出しをやることはないと思って問題ない。

そのため、もし「レジ打ちや品出しは絶対にやりたくない」というのであれば、調剤併設型のドラッグストアへ転職すると良いだろう。

 

ちなみに僕は「調剤のない店舗」と「調剤併設店舗」のどちらでも働いたことがあるが、調剤併設店の方が楽しく働けた。

というか調剤のない店舗は本当に面白くないので、個人的に全くオススメしない。(詳しくは下記の記事参照)

>>> ドラッグストアを辞めたい薬剤師向け転職の手引き

 

今は調剤併設店であれば「在宅医療」の経験をできる会社も増えてきた。

超高齢社会に突入しつつある日本では、在宅経験は後々ストロングポイントとなりうるので、ドラッグストアへの転職を考えているのなら、そういった店舗が個人的にはオススメだ。

 

在宅をこなしながら、たまにドラッグストアでOTCの接客ができるので、処方薬とOTCのどちらの勉強もできるし、ちょうど良いバランスで働けるだろう。

 

以上のように、調剤併設型のドラッグストアへ転職すれば、レジ打ちや品出しなどの雑務を避けつつ、高い年収を得ることが可能だ。

ただし営業時間は、調剤薬局よりもドラッグストアの方が長い。

そのため労働時間が、少し長くなってしまうことに注意が必要である。

 

スポンサーリンク

ドラッグストアは休みを取りにくいのか

ドラッグストアへの転職を考える上で、最も気になることの1つが「休みは取りにくいのか」ということだろう。

 

これに関しては心配しなくて大丈夫だ。

ドラッグストアであっても、ちゃんと休みは週2回取れる。

 

ただ連休に関しては、僕の経験から言うと、調剤薬局の方が取りやすいだろう。

なぜかというと、調剤薬局の場合は「日曜・祝日休み」の場合が多いが、ドラッグストアは年中無休で営業していることが多いからだ。

 

調剤薬局であれば、祝日と公休を組み合わせて連休も取りやすい。

しかしドラッグストアの場合、そうはいかないのが現実だ。

ドラッグストアは年中無休であるため、連休は比較的取りにくく、年末年始などを除けば3連休くらいが限度だろう。

 

要するに何が言いたいかというと、ドラッグストアは「ワークライフバランス重視の人」には向いていないということだ。

数年だけ働いてドカッと稼ぎたい人には良いが、それ以外の人には向いていない。

 

ドラッグストアへの転職はアリなのか

ではドラッグストアへの転職はアリなのか。

最初に僕が言いたいのは「ワークライフバランス重視の薬剤師には向かない」ということだ。

 

休みも不規則になりがちで、勤務時間も長めなので、ドラッグストアで働く場合、ワークライフバランスは考えない方が良いだろう。

しかし「稼げるかどうか」を重要視するのであれば、ドラッグストアで働くのは非常にオススメだ。

 

最初にも書いた通り、病院薬剤師とは200〜300万程度、薬局薬剤師とは100〜200万くらい年収で差がでてくる。

ドラッグストアは悪いイメージが先行しがちだが、稼ぐという面を考慮すれば全く悪いことはない。

 

さらに言えば「専門性を磨けない」と思われがちだが、調剤併設型ドラッグストアであれば処方薬に加えOTCも学べるので、専門性が磨けないなんてことはまずない。

 

先ほども書いたが在宅医療に力を入れているドラッグストアも増えてきているので、可能性という意味では、ドラッグストアはかなり高いポテンシャルを持っているだろう。

 

以上のような理由により、ワークライフバランス重視の人には全くオススメしないが、年収重視の人や処方薬だけでなくOTCや在宅も学びたい場合は、ドラッグストへの転職はアリだ。

 

薬剤師転職サイトに登録すれば、無料で相談に乗ってもらえるので、気になるようならとりあれず話だけ聞いてみるのも良いだろう。

>>> 薬剤師転職サイトのおすすめはどれ?-現役薬剤師が徹底解説-

スポンサーリンク

オススメの薬剤師転職サイトとは?

最後にオススメの薬剤師転職サイトについて。

薬剤師転職サイトを利用すると、「求人情報の収集」や「面接のセッティング」、「待遇の交渉」など煩わしい雑務を代行してもらえるので非常に便利だ。

 

転職を考えているのであれば、必ず登録しておこう。

僕がオススメしている薬剤師転職サイトは、以下の3つである。

全て無料で利用可能となっている。

 

【おすすめ薬剤師転職サイト】

マイナビ薬剤師 公式サイト

リクナビ薬剤師 公式サイト

ファルマスタッフ 公式サイト

 

ちなみに1つだけ選ぶとしたら、「転職のミスマッチを許さない」社風であるファルマスタッフがオススメだ。

>>> ファルマスタッフに無料登録する

 

▼マイナビ薬剤師の特徴・おすすめポイント

マイナビ薬剤師のおすすめポイント

◆4年連続利用者満足度No.1

◆面談に力を入れているので、転職に関する不安を解消しやすい

◆大手から中小まで幅広く紹介してくれる

 

マイナビ薬剤師の詳細情報

求人数:40000件以上

応募できる職種:薬局、病院、ドラッグストア、臨床開発、学術、営業など

対応している雇用形態:正社員、契約社員、パートなど

 

【詳しくは公式サイトでチェック】

>>> マイナビ薬剤師に無料登録する

 

▼リクナビ薬剤師の特徴・おすすめポイント

リクナビ薬剤師のおすすめポイント

◆日本最大手の人材会社リクルートが運営

◆転職ノウハウが豊富

◆大手の求人に強い

 

リクナビ薬剤師の詳細情報

求人数:35000件以上

応募できる職種:薬局、病院、ドラッグストア、企業など

対応している雇用形態:正社員、アルバイト、パート

 

【詳しくは公式サイトでチェック】

>>> リクナビ薬剤師に無料登録する

 

▼ファルマスタッフの特徴・おすすめポイント

 

ファルマスタッフのおすすめポイント

◆転職後の「こんなはずでは」を防止するために力を入れている

◆調剤薬局に強いコネクションを持つ

◆派遣の求人も多数取り扱い

 

ファルマスタッフの詳細情報

求人数:70000件以上

応募できる職種:薬局、病院、ドラッグストア、企業など

対応している雇用形態:正社員、パート、派遣

 

【詳しくは公式サイトでチェック】

>>> ファルマスタッフに無料登録する

 

▼薬剤師転職サイトの選び方

基本的には、3つ全てに登録した上で転職活動をするのがオススメである。

なぜかというと、薬剤師転職サイトに掲載されている求人には違いがあるからだ。

 

複数登録することにより、比較検討しながら転職活動をできるので、自分にあった求人に巡り会いやすくなる。

ちなみにすべて無料で可能だ。

 

【おすすめ薬剤師転職サイト】

マイナビ薬剤師 公式サイト

リクナビ薬剤師 公式サイト

ファルマスタッフ 公式サイト

 

それぞれの薬剤師転職サイトのより詳しい違いについては、以下の記事が詳しい。

興味があればチェックしてほしい。

>>> 薬剤師転職サイトのおすすめはどれ?-現役薬剤師が徹底解説-

 

 

どうしても「複数のサイトに登録するのは抵抗がある」という場合。

その場合は、今回の転職で何を最も重視するかを基準にして考えると良いだろう。

 

【高収入を重視する場合】

1位:ファルマスタッフ

2位:リクナビ薬剤師

3位:マイナビ薬剤師

 

【大手の会社を希望する場合】

1位:リクナビ薬剤師

2位:ファルマスタッフ

3位:マイナビ薬剤師

 

【大手から小規模の会社まで幅広く考えている場合】

1位:マイナビ薬剤師

2位:ファルマスタッフ

3位:リクナビ薬剤師

 

【ワークライフバランスを希望する場合】

1位:ファルマスタッフ

2位:マイナビ薬剤師

3位:リクナビ薬剤師

 

【派遣で働くのを希望する場合】

1位:ファルマスタッフ

*マイナビとリクナビは派遣を扱っていない

 

まだ「どの転職サイトに登録するか」迷っている場合。

その場合は、ファルマスタッフへの登録がオススメだ。

 

ファルマスタッフでは、「転職のミスマッチを許さない」という社風がある。

そのため転職後の「こんなはずじゃなかった」が起こらないよう、しっかりと転職をサポートしてもらえる。

>>> ファルマスタッフに無料登録する

 

まとめ

最後に要点を簡単にまとめておく。

 

【Point】

1:ドラッグストアは年収重視の人にオススメ

2:ワークライフバランス重視の人は調剤薬局が良い

3:薬剤師転職サイトは非常に便利なので、使わないと損をする

 

前述の通り、「比較」という視点を持ちながら転職活動をできるので、薬剤師転職サイトは複数登録するのが最も良い。

複数登録することにより、転職失敗のリスクを大幅に軽減できる。

 

以下の3つは薬剤師転職サイトの中でも、大手に分類されるので、とりあえず3つは登録しておくのがオススメだ。

 

【おすすめ薬剤師転職サイト】

ファルマスタッフ 公式サイト

マイナビ薬剤師 公式サイト

リクナビ薬剤師 公式サイト

 

どうしても「複数のサイトに登録するのは抵抗がある」という場合。

その場合は、ファルマスタッフへの登録がオススメだ。

 

ファルマスタッフでは、「転職のミスマッチを許さない」という社風がある。

そのため転職後の「こんなはずじゃなかった」が起こらないよう、しっかりと転職をサポートしてもらえる。

>>> ファルマスタッフに無料登録する

 

以上、みなさんの転職が上手くいくことを祈っている。

では。

RELATED

-薬剤師の転職

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.