仕事 薬剤師の転職

今の職場に不満がある薬剤師にお勧めの不満解消法

更新日:

数年、同じ職場で働いていると不満がでてくるというのはよくある話だ。

 

「薬局で働いているけど、マンネリ化してきた」

 

「人間関係が悪い病院で働いてるからすぐに辞めたい」

 

「ドラッグストアでは専門性が活かせない」

 

これ以外にも色々と不満があることだろう。しかし不満はあるものの、どうやってこの不満を解消すればよいか分からないという人はかなり多い。そして不満を抱きながら、なんとなくそのまま働き続けてしまうのだ。この状態は時間を浪費しているようなものなので、あまり良い状態とは言えない。

 

そこで、この記事では今の職場に対する不満を解消するのに良い方法を紹介する。実はこれは僕の友人が実際に行ったことなのだけど、彼はこの方法で今の職場に対する不満がだいぶ解消されて、心のモヤモヤが和らいだようだった。

 

僕はこの話を聞いた時に「これはけっこう良い方法だな」と思わず感心してしまったので、ぜひ紹介させて欲しい。
[ad#ad-up]


 

スポンサーリンク

◎“とりあえず”の転職活動のススメ

僕の友人が実際に行った職場への不満解消法は「転職活動を行う」というものだ。これを聞いて「転職活動だなんて!」と驚いてしまった人もいるかもしれない。しかし安心してほしい。ここでいう転職活動は実際に転職をするというわけではない。

 

ここでいう転職活動とは転職をするという前提ではなく「とりあえず他社を見て回って、客観的に今の職場のことを考えてみるための転職活動」を意味する。言い方は悪くなってしまうのだけど、“とりあえずの転職活動”である。

 

隣の芝生は青く見えるとはよく言ったもので、友人の職場の話を聞いていると羨ましく思うことは少なくない。そこで、実際に転職活動をしてみて自分の会社以外も見て回る。そうすることによって、自分の職場をかなり客観的に観察できるようになる

 

例えば今の職場で抱えている不満が今の職場に特有のものなのか、それとも他の会社ではそういった不満は生じていないのかが分かるようになるのだ。

 

不満があるまま今の職場で働き続けることは、貴重な時間を浪費しているのと同じだ。それは、今の職場=自分の世界のようなもので、視野を非常に狭めてしまうことになる。しかし、転職活動をすることにより、外の世界はもっと広いということに気づくことが可能なのだ。

 

とりあえず転職活動をして視野を広げつつ今後のことを考えるのと、職場に不満を抱えながら将来のことを考えるのではどちらの方がより良い答えを導き出せるだろうか。僕は言うまでもなく前者だと思う。この方法は客観的に今の職場をみるための優れた方法なので、今の職場に不満がある場合はぜひお勧めしたい。

 

◎僕の友人の事例

僕の友人はドラッグストアで働いていた。調剤併設のドラッグストアだったので、全く専門性が活かせないという環境ではなかったが、「もっと薬剤師としての専門性を活かせたらなぁ」という考えにいたり、とりあえず転職活動をして多くの病院を見て回ったそうだ。

 

彼は無菌室での調剤やDI業務(医薬品に関する情報取り扱う)、チーム医療などに憧れがあったようで、それらを実際に見学して、これは本当に自分がやりたいことなのかをじっくりと考えた。そして色々と見て回った結果、彼は転職するのを辞めることになる。

 

なぜかというと、病院の業務を実際に見学してみて「これは自分がやりたいことではないかもしれない」と気づくことができたからだそうだ。そして、当直があることも彼にとってはネックだった。彼は規則正しい生活を望むタイプの人間なので、「当直は絶対にできない」と思ったそうだ。

 

このように彼の事例を見ていると、転職を前提としない転職活動はかなり有意義のように思う。なぜなら今の職場の外の世界をみることによって、かなり冷静に今の状況を分析することができるからだ。彼は完全に心のモヤモヤがなくなったわけではないが、この転職活動を通して不満はかなり解消されたと言っていた。

 

スポンサーリンク

◎どの転職サイトが良いか

実は僕も転職活動をした経験がある。僕は友人と違って、新卒で就職した会社を退職して実際に転職した。

 

僕が転職活動をしたときは、薬剤師の転職サイト大手であるマイナビ薬剤師リクナビ薬剤師を利用したのだけど、その時に思ったのはマイナビ薬剤師の方が、相談しやすい環境が整っていたということだ。

 

マイナビ薬剤師のスタッフはことあるごとに「何か気になることはないですか?」とか「不安なことがあればすぐ言ってくださいね」とかなり声がけをしてくれた。

 

あまりにも聞いてくれるので正直、最初は「ちょっとうっとうしいな」と思ったのだけど、あれくらいしつこく聞いてくれたから、マイナビ薬剤師は相談しやすかったのではないかと思う。

 

僕は基本的に遠慮しがちな人間で、ズカズカと質問するのが苦手だ。しかし、このように頻繁に聞いてくれたので、気になることをすぐに質問しやすかった。なので、どれか1つを選んで相談したいというのであれば、マイナビ薬剤師をお勧めしたい。

*情報を比較検討したい場合は、かつての僕のようにリクナビ薬剤師にも相談したほうが良い。

 

◎まとめ

今の職場に不満がある人は、転職を前提としない転職活動がお勧めである。とりあえず転職活動をして、職場の外の世界を見てみることにより、現状の不満をより客観的に観察することができるからだ。

 

そして、外の世界の方が素晴らしかったと思うなら、今の会社を辞めてそのまま転職すれば良いし、そうでなければ転職をする必要はない。リスクなんて全くない。

 

転職サイトを使うのであれば先程も書いたように、相談しやすい環境が整っているマイナビ薬剤師が1番オススメだ。多くの求人を比較検討したいなら、かつての僕のようにリクナビ薬剤師も併せて登録すると良いだろう。複数登録が面倒ならマイナビ薬剤師だけで十分のように思う。

【 マイナビ薬剤師 公式サイト 】

 

ちなみに登録したらすぐに転職活動を始めないといけないというわけではない。「良い求人があったらメールしてほしい」とか「転職の相談に乗ってほしい」という使い方もできるので、少しでも転職を考えているのであれば登録しておくと何かと便利だ。

 

では、あなたの職場への不満が和らぐことを祈る。


おすすめの薬剤師転職サイトはこちら!

自分に合った転職サイトを使うのが転職成功への第一歩!

オススメの転職サイトをチェックしよう!



RELATED

-仕事, 薬剤師の転職

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.