「婦人科の薬」 一覧

婦人科の薬 病気

妊娠高血圧に使われる薬とは?

2017/11/29  

妊娠高血圧とは? 妊娠中の血圧は、特に異常がなかったとしても妊娠週数によって変わる。   通常であれば、妊娠したばかりの時期は血圧が低下しやすく、20週〜30週にかけて妊娠する前の血圧に戻る ...

婦人科の薬

メノエイドコンビパッチの効果・特徴・副作用

2017/10/26  

メノエイドコンビパッチの効能・効果 メノエイドコンビパッチは、卵胞ホルモンである「エストラジオール」と黄体ホルモンである「ノルエチステロン」が配合されたホルモン製剤だ。   より簡単に言うと ...

婦人科の薬

クロミッド錠(クロミフェン)の効果・特徴・副作用

2017/8/16  

クロミッド錠(クロミフェン)の効能・効果 クロミッド錠(成分名:クロミフェン)は、排卵誘発薬に分類される婦人科の薬だ。 より具体的に言うと、クロミッド錠(成分名:クロミフェン)は、「卵巣を刺激し、排卵 ...

婦人科の薬

ルナベル配合錠の効果・特徴・副作用

2017/8/15  

ルナベル配合錠の効能・効果 ルナベル配合錠は、合成エストロゲン(卵胞ホルモン)である「エチニルエストラジオール」と合成プロゲステロン(黄体ホルモン)である「ノルエチステロン」が配合されたホルモン製剤だ ...

婦人科の薬

ソフィアA配合錠の効果・特徴・副作用

2017/8/15  

ソフィアA配合錠の効能・効果 ソフィアA配合錠は、合成エストロゲン(卵胞ホルモン)である「メストラノール」と合成プロゲステロン(黄体ホルモン)である「ノルエチステロン」が配合されたホルモン製剤だ。 & ...

婦人科の薬

プラノバール配合錠の効果・特徴・副作用

2017/8/15  

プラノバール配合錠の効能・効果 プラノバール配合錠は、合成エストロゲン(卵胞ホルモン)である「エチニルエストラジオール」と合成プロゲステロン(黄体ホルモン)である「ノルゲストレル」が配合されたホルモン ...

婦人科の薬

ルトラール錠(クロルマジノン)の効果・特徴・副作用

2017/8/14  

ルトラール錠(クロルマジノン)の効能・効果 ルトラール錠(成分名:クロルマジノン)は、黄体ホルモン製剤に分類されるホルモン製剤である。   より簡単に言うと、ルトラール錠(成分名:クロルマジ ...

婦人科の薬

デュファストン錠(ジドロゲステロン)の効果・特徴・副作用

2017/8/14  

デュファストン錠(ジドロゲステロン)の効能・効果 デュファストン錠(成分名:ジドロゲステロン)は、レトロ・プロゲステロン製剤に分類されるホルモン製剤である。   より簡単に言うと、デュファス ...

Copyright© 週刊 薬剤師日記 , 2018 All Rights Reserved.